PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』本日発売! スタッフおすすめ曲&超難度曲に挑戦♪【特集第3回】

by PS.Blogスタッフ 2017/10/26

20171026-taikosession-blog-01.jpg


本日10月26日(木)、PlayStation®4用ソフトウェア『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』がついに発売! 収録楽曲は、定番ソングやヒット曲を含む70曲以上! 友達や家族の演奏データとセッションする「フレンドセッション演奏」、全国のプレイヤーの演奏データと腕前を競い合う「太鼓ランクマッチ」など、PS4®ならではの新機能も搭載している。演奏ゲームでアイテムを集め、ドンちゃんをカスタマイズする楽しみも!

今回も、前回の記事に続いて開発スタッフが登場。それぞれのおすすめ曲3曲を紹介するほか、超難度曲の攻略アドバイスもお届けしよう。



20171026-taikosession-blog-05.JPG

左からバンダイナムコスタジオ 太鼓チーム プロデューサー・笹岡武仁氏、バンダイナムコエンターテインメント 家庭用太鼓チーム プロデューサー・上田彩乃氏、バンダイナムコスタジオ 太鼓チーム サウンド・増渕裕二氏。




開発スタッフ3人のおすすめ曲ベスト3はこれだ!

開発スタッフがおすすめの楽曲を3曲ずつ紹介。どの曲を遊ぶか迷ったら、まずはこの9曲からスタート!

【上田彩乃さんのおすすめ曲】

20171026-taikosession-blog-06.JPG

今回のPS4®版でプロデューサーを務める。太鼓の腕前も、めきめき上達中!



前前前世

国内だけでなく、海外でイベント出展した時にも大人気の曲でした。個人的にも、大好きな曲です。テンポが良くて叩いていて楽しいので、ぜひプレイしてください!


20171026-taikosession-blog-07.jpg



夏祭り

「太鼓の達人」と言えば、やっぱりこの曲! 私も現在「おに」を練習中です。たまにクリアできるようになりました。ちなみに、譜面を作成したのは笹岡プロデューサーです!


20171026-taikosession-blog-08.jpg



Heat Haze Shadow 2

『鉄拳7』の楽曲です。ハードでカッコいい曲ですし、今回は三島平八とのゲストセッション演奏も。親子喧嘩を繰り広げる演出も楽しいですよ。


20171026-taikosession-blog-09.jpg



【笹岡武仁さんのおすすめ曲】

20171026-taikosession-blog-10.JPG

「太鼓の達人」シリーズの開発プロデューサー。シリーズに関わり、早10数年。もともとデザイン担当だったが、その後企画職に。デザイナーのころから譜面の制作には携わっていた。



つながれ!ひろがれ!打ち上がれ!

今回のメインテーマソングです。私が歌詞と譜面を作成したからというわけではありませんが、とてもいい曲なんです! 難度は少々高めですが、叩きやすさを意識しているので気持ちよく演奏できるはず。ぜひチャレンジしていただきたいですね。


20171026-taikosession-blog-11.jpg



アポロ

疾走感が気持ちの良い大人気の定番曲です。こちらも私が譜面を担当しました。太鼓の達人に収録される以前から好きで何度も聞いていたので、楽曲への思い入れもひとしお。曲中のキメの部分などバシッと気持ちの良い構成を心掛けました。


20171026-taikosession-blog-12.jpg



ハローキティ

ショッピングモールなどで香ばしい香りと共に耳にしたことがある方も多いんじゃないでしょうか。あの曲です! 曲調も懐かしく、牧歌的な雰囲気がたまりません。キティちゃんの応援と共に演奏を楽しんでください。


20171026-taikosession-blog-13.jpg



【増渕裕二さんのおすすめ曲】

20171026-taikosession-blog-14.JPG

サウンド担当。アーケード版『太鼓の達人3』から制作に加わり、ナムコオリジナル曲の作曲やディレクション、譜面の作成、楽曲データの管理、演奏ゲームの監修などを行なっている。



桜花爛漫

「画竜点睛シリーズ」と言われる和風の曲です。「おに」コースでは最初に短い連打があり、そこで何発叩くかによってその後の譜面が変化します。譜面のパターンは3種類あり、そのうちのひとつを作ったのが私。事前にどの制作者に譜面を作ってほしいかユーザーのみなさまからアンケートを取ったところ、ありがたいことに私も選んでいただきました。同じ曲でも譜面によって違った楽しみを味わえるので、ぜひ挑戦してください。


トラストゲーム

作曲は、「ブレイクライン」「クロス・ブルー」を作った蓮尾理之さん。歌は、「FooFooカセット」や「時空庁捜査2課」のSaChi(harineko)さん。ドンだーさんにはおなじみの方々が手掛けた、ハードでカッコいい曲です。一部変拍子ですが、その割に疾走感があるのが面白いところ。変拍子入門曲として、一風変わったリズムをお楽しみください。


20171026-taikosession-blog-19.jpg



マジカル・パフェ

ちょっとした問題作です(笑)。前衛的な現代音楽でありながらかわいいという、曲名の通り不思議な楽曲なんです。アニメやマンガで、かわいい子がとてつもなく変な料理を出しちゃった......みたいなイメージでしょうか。料理の味がどうかはさておき、普段の生活ではなかなか聴かないタイプの曲だと思います。この曲に限らず、実は「太鼓の達人」には変わった曲がたくさん収録されているんです。「太鼓の達人」をきっかけに、新しい音楽に出会っていただけるとうれしいです。なお、譜面を担当したのは私。叩いているうちにボーッとしてきて、「あれ? 拍はどうなっているんだ?」とわからなくなってくるような不思議な譜面にしました。


20171026-taikosession-blog-20.jpg

超難度曲「VICTORIA」に挑戦! 開発スタッフの攻略アドバイスも!!

開発スタッフが「ぜひプレイしてほしい!」とおすすめする超難度曲が、ナムコオリジナルの「VICTORIA」。この曲は、アーケード版の世界大会「ドンだー! 世界一決定戦2016」の3位決定戦の課題曲として、お披露目した楽曲。家庭用ゲームに収録されるのは、今回が初となる。

「対戦者には、この曲の『おに』コース(☆10)を初見で叩いていただきました。テンポはBPM185。☆10の曲としては、そこまで早くありません。☆10はオートプレイを見ただけであきらめる曲も多いのですが、この曲は『頑張ればクリアできるかも?』と思わせてくれるんです。まあ、実際にプレイするとクリアできないのですが(笑)。何とかなりそうな難度ですし、ぜひ練習してクリアを目指してほしいですね。ちなみにその3位決定戦では、初見なのにフルコンボを達成していました。さすがです!」(増渕氏)


20171026-taikosession-blog-21.jpg



【攻略のアドバイス】

①まずは曲を覚えるのが第一!

「どの曲にも言えることですが、まずは曲を覚えることが重要です。何度も曲を聴いて、繰り返し出てくるフレーズをしっかり覚えてください」(上田氏)



②「トレーニング演奏」をフル活用

「この曲には8分音符裏拍のアクセントでリズムに引っかかりを感じるようなポイントがあります。そこでミスをしやすいのではないかと思います。楽器の練習と同じように、テンポを落として正確に裏拍を感じながら叩くのがおすすめ。。「トレーニング演奏」を活用し、リズムを体で覚えるまで叩いてみてください」(増渕氏)


トレーニング演奏とは?

早送り、巻き戻しなど自分に合った方法で、苦手なポイントをトレーニングできる。速度変更もできるので、高速スピードの曲もテンポを落としてじっくり練習できる。



③苦手なポイントを克服しよう

「自分の演奏データを振り返り、どこで失敗したか研究することも大切です。「ベストリプレイ演奏」で自分の演奏データを下レーンで再生できるため、ミスしがちなポイントを見つけることができます。そのうえで、「トレーニング演奏」でじっくり練習すると上達できますよ」(笹岡氏)


ベストリプレイ演奏とは?

自分のベストスコアに挑戦できる。自己ベストと比較しながらスコアアタックに挑めるうえ、自分が間違いやすいポイントを解析できる。



④連続する音符の一打目は左右どちらから?

「音符が連続する時に、左右どちらの手から打ち始めるか決めておくのも重要です。うまく連続音符に入れると、その後の流れもスムーズです。入り方を研究すれば、『おに』コースもクリアできるかもしれません」(上田氏)



「最終的には神頼みです」と笑う増渕氏だが、じっくり練習すればクリアできるかも? アドバイスをもとに何度もチャレンジし、「おに」コースでのクリアを目指そう!




無料体験版も好評配信中! 新要素「ゲストセッション演奏」もできる!

現在、PlayStation™Storeでは『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』無料体験版を配信中。メインテーマソング「つながれ!ひろがれ!打ち上がれ!」に加え、「カルメン 組曲一番終曲」「EAT'EM UP!」の3曲を先行プレイできる。

しかも「EAT'EM UP!」は、PS4®ならではの新機能「ゲストセッション演奏」にも対応。パックマンといっしょに、演奏を楽しめる。購入前に試遊したい方は、ぜひダウンロードしよう。


20171026-taikosession-blog-24.jpg



▼PS4®『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』体験版の無料ダウンロードはこちらから




追加ダウンロードコンテンツ『ドンだーパック』も続々配信!

『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』では、ダウンロードコンテンツ(DLC)『ドンだーパック』をVol.1~Vol.6まで配信予定。追加DLCの単体価格はそれぞれ540円(税込)。6つの追加DLCパックをダウンロードできるシーズンパス『ドンだーパックVol.1~Vol.6セット』の価格は2,700円(税込)と、お得に購入できる。

『ドンだーパック』の収録曲については、こちらの記事をチェック!

今なら早期購入特典が手に入る! シーズンパスが付属する『デラックス版』も!

PS Storeでは、ダウンロード版『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』の通常版に加えて、シーズンパス『ドンだーパックVol.1~Vol.6セット』と、ゲーム本編とシーズンパスがセットになった『デラックス版』を配信中。今なら、早期購入特典のナムコオリジナル楽曲「竜と黒炎の姫君」が付属!

さらに、通常版と『デラックス版』には、ダウンロード版限定特典としてゲームミュージック楽曲「バーニングフォースメドレー」も入手できる!


20171026-taikosession-blog-25.jpg


詳しくは、こちらの記事をチェック!



▼PS4®『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』のPS Storeでの購入はこちらから

専用太鼓コントローラー「太鼓とバチ for PlayStation®4」同梱版も発売中!

20171026-taikosession-blog-26.jpg


専用太鼓コントローラー「太鼓とバチ for PlayStation®4」と、PS4®ソフト『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』がセットになった同梱版も好評発売中!

「太鼓とバチ for PlayStation®4」前面には、ボタンが付いている。そのため、USBケーブルでPS4®本体に接続すれば、「太鼓とバチ for PlayStation®4」だけで『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』をプレイできる。ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)なしで、手軽に操作できるのがうれしい。

なお「太鼓とバチ for PlayStation®4」単品版も、HORIより発売中!


20171026-taikosession-blog-27.jpg

※「太鼓とバチ for PlayStation®4」の画像は開発中のものです。
※PlayStation®4公式ライセンス商品です。


------------------------------------------

太鼓の達人 セッションでドドンがドン!

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:和太鼓リズムゲーム
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,100円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 6,588円(税込)
    ダウンロード版 デラックス版 販売価格 9,288円(税込)
    「太鼓とバチ for PlayStation®4」同梱版 希望小売価格 9,980円+税
・プレイ人数:1~2人
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』記事はこちら

------------------------------------------


『太鼓の達人 セッションでドドンがドン!』公式サイトはこちら

「太鼓の達人」シリーズ公式サイト「ドンだーページ」はこちら

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※画面は開発中のものです。

©1976, 2017 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO.S581391
TEKKEN™7 &©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン