PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

伝説的疑似オンラインRPGがHDリマスター!『.hack//G.U. Last Recode』の新たな魅力をひもとく!【電撃PS】

by 電撃PS編集部 2017/11/01

◆2017年11月1日(水)更新 『.hack//G.U.』発売年に関する記載箇所を修正いたしました。



本日11月1日(水)、ついに『.hack//G.U. Last Recode』が発売されました。本作はPlayStation®2で発売された『.hack//G.U.』のビジュアルをHD画質にリマスターし、さらに数々の新要素を加えたタイトル。新要素のなかでもとくに注目となるのが、新シナリオ「Vol.4 あるいは世界を紡ぐ蛇たちの見る夢」でしょう。

そこで、この記事では電撃PlayStationが『Vol.4』を中心とした本作ならではの魅力を可能な限りネタバレを避けてお届けしていきます。


20171101-hackgul-01.jpg

そもそも『.hack//G.U.』とは?

本作の元となる『.hack//G.U.』は2006年より発売されたPS2®用RPG。「The World」というオンラインRPGを舞台に主人公・ハセヲの冒険を描いた作品です。


20171101-hackgul-02.jpg

ハセヲ(CV:櫻井 孝宏)



この「The World」内でPK(プレイヤーキル。プレイヤーを狙って交戦で倒すこと)されると、プレイヤーが現実で意識不明のまま目覚めなくなる「未帰還者」になるという現象が発生。ハセヲの憧れの人である志乃がその被害者となったことから、物語は現実と「The World」の双方を巻き込みながらしだいに大きなものとなっていきます。


20171101-hackgul-03.jpg

※こちらの画像はPS2®版『.hack//G.U.』のものです



PS2®版『.hack//G.U.』は「Vol.1 再誕」「Vol.2 君想フ声」「Vol.3 歩くような速さで」の3本の作品からなり、このすべてを通して大きな物語が描かれていきました。PS4®版ではこれらのすべてのシナリオに新規エピソード「Vol.4」が追加収録された作品になります。


20171101-hackgul-04.jpg

残された最後の約束を描く新規エピソード!

『.hack//G.U.』の物語は「Vol.3」で一応の大団円を迎えています。ですが、一歩間違えば未帰還者となってしまう「The World」での日々の結末は「すべてが丸く収まりました。めでたしめでたし」とはいきません。いくつもの戦いのなか、ハセヲや志乃が所属していたギルドのマスター・オーヴァンは物語の途中で未帰還者に。


20171101-hackgul-05.jpg

オーヴァン(CV:東地宏樹)



オーヴァンを取り戻すため「The World」を引退し奮闘するも、彼を助ける糸口を掴めないハセヲ。ですが、「The World」のサービス終了まであとわずかとなったある日オーヴァンの手がかりが見つかります。かつての所属ギルドのマスターであり、自分を導いたオーヴァンはハセヲの「The World」での日々に大きな影響を与えた人物。オーヴァンを目覚めさせるため、ハセヲの「The World」最後の冒険が幕を開けます。


20171101-hackgul-06.jpg

20171101-hackgul-07.jpg

「Vol.4」では新フォームが追加! さらにオーヴァンも仲間に!!

「The World」のハセヲの職業・錬装士(マルチウェポン)は、育成を重ねることで装備できる武器が増えていくのが大きな特徴。何種類の武器が使えるかによって「1stフォーム」「2ndフォーム」と呼び名が変わっていきます。『.hack//G.U.』をプレイした人は、物語が進むごとに多彩になっていく戦闘スタイルを覚えていることでしょう。


20171101-hackgul-08.jpg


そして「Vol.4」では新たに「5thフォーム」が追加。剣でありながら鞭状にも変化する独自の武器で、新たな立ち回りを見せてくれます。


20171101-hackgul-09.jpg

ハセヲ(5thフォーム)


20171101-hackgul-10.jpg



さらに「Vol.4」ではオーヴァンもハセヲの仲間として、ともに戦うことに! 上記のとおり『.hack//G.U.』では異なる道を歩んでいたハセヲとオーヴァン。2人が共闘する機会はほぼありませんでした。


20171101-hackgul-11.jpg


こういった追加シナリオ以外の新要素も「Vol.4」の注目ポイントでしょう。

どうしてこうなった!? 驚愕の追加シナリオ? 「パロディーモード」

さて、基本的にシリアスな物語が描かれる本作ですが、1つとんでもないものが用意されています。それが「パロディーモード」。このモードは本作のムービーシーンに本編とは関係のないセリフを当て込んだセルフパロディ。デスボイスのボーカリストが歓声とともに迎えられたり......。


20171101-hackgul-12.jpg


ハセヲの導き手であるオーヴァンがゆるーく自分を卑下したり。


20171101-hackgul-13.jpg


と、シリアスをどこかに放り投げたシーンが満載。用法容量を守って正しく楽しんでください。



オンラインRPGが現実を巻き込み、そのなかで現実とゲームを股にかけて世界の危機と戦っていく。元が15年前の作品でありながら、決して古さを感じさせないテーマを持つ本作。ぜひプレイしてその魅力に触れてみてください。

記念すべき2017年に『.hack』関連イベント展開中!

ここまで『.hack//G.U. Last Recode』の情報をお届けしてきましたが、今年2017年は『.hack//G.U.』の舞台となった年。それを記念して各種イベントも展開されています。

まず池袋の315カフェでは、11月12日(日)までの期間限定で『.hack//G.U. Last Recode』カフェが開催中。トレーディングカードやポストカードがノベルティとして手に入るコラボメニューの販売などが行なわれています。

また、カラオケの鉄人では「『.hack//G.U. Last Recode』×カラオケの鉄人」連動企画が開催。こちらではオリジナルコースターがもらえるドリンクの販売のほか、池袋東口サンシャイン通り店&神田店ではハセヲの等身大パネルが設置されています。

さらにコトブキヤ秋葉原館では「.hack」15th Anniversaryイベントも開催。そのほか、関連グッズの展開も力が入っていますので気になる方は特設サイトをチェックしてみてください。



▼『.hack//G.U. Last Recode』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

.hack//G.U. Last Recode(ラストリコード)

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションRPG
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,600円+税
    初回生産限定版「PREMIUM EDITION」 希望小売価格10,600円+税
    ダウンロード版 販売価格 8,208円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『.hack//G.U. Last Recode』ページはこちら

------------------------------------------


『.hack//G.U. Last Recode(ラストリコード)』公式サイトはこちら

電撃PlayStation 公式サイトはこちら

©.hack Conglomerate ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン