PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『信長の野望・大志』の新システム「志」──豊臣秀吉、徳川家康、石田三成、竹中半兵衛の4人を紹介!

by PS.Blogスタッフ 2017/11/17

20171117-taishi-01.jpg

20171117-taishi-02.jpg


11月30日(木)発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『信長の野望・大志』は、歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」シリーズの最新作。本作では武将たちの「志」にスポットを当て、能力だけでなく人間性も表現。乱世を生きる武将たちと真に覇を競い合っているかのような、シリーズ最高の没入感を味わえるタイトルとなっている。

今回も「志」システムから、豊臣秀吉、徳川家康、石田三成、竹中半兵衛が掲げる「志」を紹介しよう。これまでの記事でも織田信長をはじめとする有力大名の「志」を取り上げているので、合わせてチェックしてほしい。

注目の新要素「志」システムとは

本作では基本的なゲームシステムに加え、新要素である「志」システムが大名家の特性を際立たせ、その戦略に多様性を与える。そのため、プレイヤーは自らが選んだ大名の志に備わっている特性を理解し、独自の戦略を練る必要がある。特性の効果はメリットだけでなく、収入減少などのデメリットも合わせ持つため、注意しよう。

もちろん敵大名も、NPCとして「志」の持つ特性を利用しながら、それぞれ独自のAIが作用し、各々の価値判断のもとに勢力の維持・拡大を行なうことになる。これにより、「志」を軸とした大名家ごとの違いが楽しめるというわけだ。


すべての大名・武将が「志」を持ち、乱世での生き様が描き出される『信長の野望・大志』。「志」に応じたさまざまな価値観や思惑が複雑に交錯し、まるで生身の大名と向き合っているかのようなプレイ体験が生まれるだろう。

豊臣秀吉の志「立身出世」──戦国の世を腕一本でのし上がる

下層階級の出身でありながら、関白の座を手に入れ、天下統一を果たすまでに出世を果たした豊臣秀吉。その「志」である「立身出世」は、「実測検地」と「城取名人」という2つの特性から成り立つ。「実測検地」は太閤検地とも呼ばれた農業政策から、「城取名人」は幾多の攻城戦を制した手腕からと、いずれも秀吉の功績に基づく特性となっている。


20171117-taishi-04.png



<豊臣秀吉の志「立身出世」 特性および効果>


特性 効果 説明
実測検地 検地帳 農民の納める兵糧が増える
家数人馬改帳 拠点の人口が増えやすくなる
近代兵装 足軽の戦闘力が上がる
一触即発 一揆が発生しやすくなる
城取名人 破城包囲 攻城戦で、包囲の威力が上がる
干殺し 攻城戦で包囲を続けると、敵勢力の兵糧が減る
心の駆け引き 攻城戦で包囲を続けると、敵勢力の戦意が下がる
血が苦手 決戦で、部隊の攻撃力が下がる

特性「実測検地」

20171117-taishi-05.png


「実測検地」は、秀吉が全国規模としては初の検地を行なったとされる逸話から設けられた特性。その効果は農業だけではなく、内政や軍事全般に影響を与えるものとなっている。

農業分野では「検地帳」の効果によって農民から納められる兵糧が増加し、軍事面では「近代兵装」によって足軽の戦闘力がアップ。織田信長の「兵農分離」と同様に、半農半士である農兵に頼らず、できるだけ農業は農民に、兵士は足軽とすることでメリットを最大化できる特性だ。

また、「家数人馬改帳」(いえかずじんばあらためちょう)には、拠点の人口が増加しやすくなる効果がある。本作における領民は、農民、農兵、足軽、流民に大別され、それぞれの割合をプレイヤーがコントロールするため、増加した領民の役割を明確にすることで、勢力の基盤はいっそう厚くなるだろう。


「実測検地」には「一触即発」というデメリット効果もあり、一揆が起きやすくなるという欠点を抱えている。一揆は農業を実行できる3月、6月、9月、12月に起こり、発生した拠点ではその月に農業の指示を出すことができなくなるので注意しよう。

特性「城取名人」

20171117-taishi-09.png


「城取名人」は、戦国時代でも稀代の城取の名手だった秀吉の戦歴を表した特性であり、その名の通り、敵拠点の包囲戦で絶大な効果を発揮する。「破城包囲」の効果によって敵拠点を包囲したときの威力が高いことに加え、包囲を続けると「干殺し」で敵勢力の兵糧を減少させ、「心の駆け引き」で戦意をも低下させる。


20171117-taishi-10.jpg


しかし、攻城で優れた効果を発揮する一方、決戦ではデメリットも。「血が苦手」の効果により、決戦での自勢力の部隊の攻撃力が軒並み低下してしまう。

敵対する場合


敵大名としての秀吉は、天下の覇権を手にするために上洛を目指すだろう。本能寺の変が起きた際には、明智勢や柴田勢などへ積極的に戦を仕掛けるため、周辺勢力はどの勢力に助力をするかが、その後の勢力拡大において大きな鍵を握ることになる。

自勢力の領地に侵攻してきた場合は、「城取名人」の効果が脅威となり、拠点が包囲される前に迎え撃つほかに良策はない。

徳川家康の志「欣求浄土」──天下を治めて乱世に終止符を打つ

徳川家康の「志」である「欣求浄土」(ごんぐじょうど)は、史実でも家康が掲げたとされる「厭離穢土(おんりえど) 欣求浄土」の馬印に由来する。人々が争う穢れた地を離れ、仏の世界である浄土のような平和を目指すことを意味しており、天下を統一して戦国時代に終止符を打った、家康の生き様を表わした言葉と言えるだろう。その特性は、家康を中心とした家臣団の強い結束を示す「三河武士」と、同盟勢力を巧みに利用する「織徳同盟」の2つがある。


20171117-taishi-12.png



<徳川家康の志「欣求浄土」 特性および効果>


特性 効果 説明
三河武士 旗本先手役 徳川四天王の誰かが部隊を率いて大名と同じ決戦に出ると、四天王部隊の戦闘力が上がる
堅忍不抜 決戦で、部隊の防御力が上がる
七転八起 潰走した部隊の復帰が早くなる
大黒柱 大名自らが出陣しないと、部隊の士気が下がる
織徳同盟 信頼 同盟勢力との交渉が有利になる
友軍 決戦時に他勢力との連合軍になると、部隊の戦闘力が上がる
共有 同盟勢力が実行済みの方策がある場合、実行に必要な施策力が減る
蚊帳の外 同盟勢力以外との交渉が不利になる

特性「三河武士」

20171117-taishi-13.png


「三河武士」は、合戦において効果を発揮する特性。特に防御面で優れており、部隊の防御力が高まる「堅忍不抜」に加えて、潰走しても部隊の戦線復帰が早まる「七転八起」の効果もあり、他勢力より粘り強い戦が可能だ。

さらに「旗本先手役」の効果により、家康と徳川四天王である酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政のいずれかがともに出陣することで、四天王が配属されている部隊の戦闘力がアップ。一方で、家康自身が出陣しないと部隊の士気が下がるという「大黒柱」のデメリット効果もあるため、家康でプレイする際の軍略は、家康と徳川四天王で出陣することが基本だ。


20171117-taishi-14.jpg

特性「織徳同盟」

20171117-taishi-15.png


織田家と徳川家の強固な同盟関係に由来する「織徳同盟」(しょくとくどうめい)は、同盟の効果をより引き出すことができる特性だ。物資の譲渡や婚姻、商圏の独占解除、援軍の派遣などの交渉が有利になる「信頼」、同盟勢力と同じ方策を実行する場合の施策力コストが低減する「共有」など、同盟勢力が大きければ大きいほど、勢力運営が楽になる。


20171117-taishi-16.jpg


また、「友軍」の効果によって、他勢力との連合軍では部隊の戦闘力がアップ。「信頼」の効果を活かして有利な条件で援軍を派遣してもらえば、武田家や今川家などの大勢力と渡り合えるだろう。信長のような心強い同盟勢力がある家康でのプレイは、史実通りに織田家との同盟を維持し、最大限に活用していきたい。



ただし、同盟勢力を有効活用できる一方で、それ以外との勢力の交渉は不利になる性質も持ち合わせている。同盟を結んでいない勢力との交渉は、難航する場合もあるため注意しよう。

敵対する場合


敵大名としての家康は、史実同様に信長との同盟を有効活用しながら東海の制圧、さらにその先にある甲斐の覇権を握るための運営を見せることになるだろう。

また、家康と戦う場合は、徳川家の優秀な家臣と織田家からの強力な援軍を一度に相手にすることが考えられるため、十分な戦力を整えて合戦に挑む必要がある。

石田三成の志「大一大万大吉」──頑なに正義を貫き泰平の世を願う

「志」は武将全員が必ずひとつ備え、一部武将にはオリジナルの「志」がある。固有の「志」を持つ武将の多くは大名クラスだが、有力武将にも用意されており、石田三成はそのひとりだ。

三成の「志」である「大一大万大吉」(だいいちだいまんだいきち)は、彼が旗印に使った言葉。「君臣分禄」と「天下奉行」という特性を持ち、我欲を捨てて行動した三成らしい「志」となっている。


20171117-taishi-20.png



<石田三成の志「大一大万大吉」 特性および効果>


特性 効果 説明
君臣分禄 過ぎたる主 家臣の忠誠が上がる
先懸衆 決戦で、部隊の士気が上がる
国友衆保護 鉄砲の購入時の価格が下がり、鉄砲を装備した部隊の攻撃力が上がる
狷介孤高 他勢力との連合軍で決戦に敗北すると、戦意が大きく下がる
天下奉行 合議行政 すべての家臣の施策力が増える
兵站整備 行軍時の兵糧消費が減る
外交取次 交渉が有利になる
唯我独尊 親善の効率が下がる

特性「君臣分禄」

20171117-taishi-21.png


猛将・島左近を配下に迎えるため、自身の禄高の半分を与えたという逸話が由来の特性。家臣の忠誠を引き上げる「過ぎたる主」は、その特徴を強く表わした効果だ。忠誠の高い家臣は能力が高まるため、より強力な家臣団となるだろう。


20171117-taishi-22.jpg


また、近江出身の三成らしく、「国友衆保護」の効果で鉄砲が安価で手に入るうえ、鉄砲部隊の攻撃力もアップ。高い能力を持つ島左近に鉄砲を装備させれば、史実通りの大きな活躍を見せてくれるはずだ。


特性「天下奉行」

20171117-taishi-25.png


「天下奉行」は、評定や合戦から外交まで、さまざまな場面において効果を発揮する特性。「合議行政」は、すべての家臣の施策力が増え、内政に長けていた三成の特性効果らしく、満遍なく国を発展させることが可能だ。


20171117-taishi-26.jpg


さらに「外交取次」の効果で、他勢力との交渉を有利に進められる。同盟や援軍の対価として求められるものの水準が下がり、大きな勢力も味方につけやすくなる。


20171117-taishi-27.jpg

「兵站整備」の効果によって、行軍時の消費兵糧が減少。軍事に不向きな印象を持たれる三成だが、兵糧を節約しながら部隊を運用することで、合戦においても貢献できる。

竹中半兵衛の志「天賦王佐」──比類なき知力が主君を天下へ導く

石田三成と同じく、竹中半兵衛も固有の「志」を持つ有力武将のひとり。天才軍師と謳われた半兵衛らしく、その「志」は天より授かった才能で主を補佐するという意味の「天賦王佐」(てんぷおうさ)だ。合戦面における索敵能力の向上や、部隊を指揮する武将たちの提案頻度の増加などで決戦を有利にする「今孔明」と、方策の実行コストが低減するだけでなく、滅亡させた敵勢力が利用していた方策を獲得してしまう「深竜水徹」という2つの特性を持つ。


20171117-taishi-29.png



<竹中半兵衛の志「天賦王佐」 特性および効果>


特性 効果 説明
今孔明 十六人の城取り 攻城戦で、包囲の威力が上がる
千里眼 部隊の視界が広くなる
文殊の知恵 決戦で、家臣が提案しやすくなる
名馬を望まず 軍馬の購入時の価格が上がる
深竜水徹 神の知識 方策実行に必要な施策力が減る
軍談の席立つべからず 家臣の成長が早くなる
悪魔の知恵 滅亡させた勢力の方策を獲得できる
竜の眠り 決戦に敗北すると、民忠が大きく下がる

特性「今孔明」

20171117-taishi-30.png


中国・三国時代の天才軍師、諸葛孔明の如き智略にちなんだ、攻城戦でも決戦でも効果を発揮する特性。攻城戦では「十六人の城取り」によって包囲の威力が上がり、制圧まで時間を要するものの、包囲中は兵数が減らない利点がある。


20171117-taishi-31.jpg


決戦においては、「千里眼」によって部隊の視界が広がり、敵部隊を先に発見すれば、奇襲や挟撃を狙いやすくなって戦術の幅が広がる。また、「文殊の知恵」には、決戦で家臣の提案が多くなる効果が。提案を実行すると、そのターンで部隊の能力が上昇する反面、命令を受け付けなくなるデメリットもある。


20171117-taishi-32.jpg

「今孔明」には軍事で有利に働く効果が多いが、「名馬を望まず」によって軍馬購入時の価格が上がってしまうというマイナス面も。機動力の高い騎馬隊を編制するにはデメリットとなり、金策が必要になるだろう。

特性「深竜水徹」

20171117-taishi-34.png


半兵衛の戒名である「深竜水徹」(しんりゅうすいてつ)。方策を獲得しやすくなる効果や家臣の成長が早くなる効果を持った、内政向きの特性だ。中でも「悪魔の知恵」は、滅亡させた敵勢力の方策を獲得できるという、非常に特徴的な効果となっている。


20171117-taishi-35.jpg


また、「神の知恵」の効果によって、方策実行に必要な施策力が減少。「悪魔の知恵」と合わせることで、方策の面で他勢力より優位に立てるだろう。


20171117-taishi-36.jpg

特定の条件で武将の「志」が変化! 秀吉は「天下惣無事」へ、家康は「天下泰平」へと変化してより強力に!!

一部の武将は、時代の違いや特定の条件を満たすことで「志」が変化し、特性効果がさらに強力になったり新しい効果が追加されたりと、特性や効果も変化する。今回紹介した豊臣秀吉や徳川家康も、「志」の変化が起こる武将だ。

秀吉は「立身出世」から「天下惣無事」(てんかそうぶじ)へと変化。「天下惣無事」は「立身出世」の効果をベースとしつつも、天下人に近づいた秀吉の立場を反映し、朝廷や弱小勢力へ影響を与える特性が新たに身に付く。


20171117-taishi-37.png


家康の「志」は、「欣求浄土」から「天下泰平」へと変わっていく。「天下泰平」も「欣求浄土」をベースとしながら、自立した大名として巨大な力を手にしていく家康の特徴を表し、譜代の家臣を優遇する傾向が強くなる。さらに、同盟関係への効果が薄れる代わりに、自勢力の内政効果を高めるといった変化が生まれる。


20171117-taishi-38.png

本多忠勝や前田慶次などの描き下ろしグラフィックを紹介!

シリーズ最多となる2,000名以上の武将には、新規描き下ろしの武将や姫たちも多数登場! 特定の武将たちは戦時と平時でグラフィックが描き分けられるという要素もあり、その人間性をより深く感じられることにも注目したい。今回は、本多忠勝や竹中半兵衛をはじめとする武将の描き下ろしグラフィックを紹介しよう。


20171117-taishi-39.jpg

竹中半兵衛

20171117-taishi-40.jpg

武田勝頼

20171117-taishi-41.jpg

本多忠勝

20171117-taishi-42.jpg

前田慶次

20171117-taishi-43.jpg

山内一豊

20171117-taishi-44.jpg

荒木村重

豪華賞品が抽選で当たる「兵よ、大志を抱けキャンペーン」実施中! 応募者数に応じて、伝説のあの男が・・・・・・!?

『信長の野望・大志』公式サイトにて、「兵(つわもの)よ、大志を抱けキャンペーン」を実施中。応募者の中から抽選で「信長の野望」に関連する豪華賞品がプレゼントされる。応募期間は、発売前日の11月29日(水)23:59までとなっている。忘れずに応募しよう!

また応募者数に応じて、志ランクがアップ。ランクアップにより、賞品がより豪華となるうえ、『のぶニャがの野望』ねこ武将モードや新シナリオが追加されるなど、応募者だけでなくプレイヤー全員に嬉しいご褒美も! さらに志ランクが「大志」を超えると、あの二階堂盛義が2017バージョンとなって登場する!!


20171117-taishi-45.png

「兵よ、大志を抱けキャンペーン」の応募ページはこちら

早期購入特典はシナリオ「次郎法師直虎」と「天王山」! 豪華特典満載のパッケージ『TREASURE BOX』も発売!

本作の早期購入特典は、シナリオ「次郎法師直虎」と「天王山」。発売日の11月30日(木)から12月13日(水)までの期間限定で、無料にてダウンロードすることができる。
※早期購入特典のシナリオ「次郎法師直虎」「天王山」は、後日有料販売する場合があります。

また、通常版のほか、豪華版『TREASURE BOX』も同時発売される。価格は12,800円+税で、全国の取扱店やネット通販サイトにて予約受付中。本作のコンセプトである「すべての戦国好きに捧げる、最高の戦国体験」にピッタリな特典が満載されている。



<『TREASURE BOX』特典内容>


  • 和を追求した美しい楽曲を収録した「オリジナルサウンドトラックCD(2枚組)」
  • ゲームの攻略データと新たに描き下ろした武将画満載の「シブサワ・コウ秘伝攻略データ&武将アートブック」
  • 『TREASURE BOX』でしか手に入らないシナリオ「大志繚乱」限定ダウンロードシリアル
  • 戦国知識がたくさん詰まった「信長の野望」戦国手帳(2018年版)

※『TREASURE BOX』に同梱されるシナリオ「大志繚乱」は、再販する予定はありません。

通販サイトだけの限定セットも!

コーエーテクモゲームスの通販サイト「GAMECITY オンラインショッピング」と「Amazon.co.jp」では、『TREASURE BOX』にさらなる特典「宗三左文字(模造刀/シリアルナンバー付)」「薬研藤四郎(模造刀)」を付けた、『信長の野望・大志 GAMECITY & Amazon.co.jp 限定セット』を発売! 価格は51,800円+税と高額ながら、戦国ファンにはたまらない内容となっている。限定生産品のため、購入には事前の予約が必要だ。



<『GAMECITY & Amazon.co.jp 限定セット』付属特典>


  • 宗三左文字(模造刀/シリアルナンバー付)
  • 薬研藤四郎(模造刀)

「宗三左文字」と「薬研藤四郎」は、どちらも織田信長の愛刀として知られる。「宗三左文字」は信長が今川義元を桶狭間で討った際に手に入れたものといわれ、刀の銘には「義元討捕刻彼所持刀」と刻まれている。「薬研藤四郎」は松永久秀が信長に献上した短刀として知られ、本能寺の変にて焼失したとされる。

PS Storeでダウンロード版の予約受付中! 『デジタルデラックス』にはシーズンパスや豪華特典が付属!

PlayStation™Storeでは、『信長の野望・大志』ダウンロード版の予約を受付中。予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日の午前0時よりダウンロードを待つことなくプレイできる。


20171117-taishi-46.jpg


ダウンロード版には、通常版と『デジタルデラックス』の2種類があり、通常版は、ダウンロード版予約購入特典として「姫衣装替えCGセット~愛に生きた姫君~(5点)」が、早期購入特典としてパッケージ版と同じくシナリオ「次郎法師直虎」「天王山」が付属。

さらなる豪華特典が満載の『デジタルデラックス』は、追加シナリオ5点をはじめ、『信長の野望・創造』のBGM(30曲)、武将顔CG(50点)、姫衣装替えCG(25点)が入ったシーズンパスが付属。通常版のダウンロード版予約購入特典および早期購入特典と同様のコンテンツも、『デジタルデラックス』購入特典として手に入れることができる。

また、12月13日(水)まで10%割引となる早期購入割引セールも実施中!

詳しくは、こちらの記事をチェック!



▼PS4®『信長の野望・大志』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

信長の野望・大志

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:歴史シミュレーション
・発売日:2017年11月30日(木)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 8,800円+税
    パッケージ版 TREASURE BOX 希望小売価格 12,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 9,504円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 12,744円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

※ダウンロード版は12月13日(水)まで、上記通常価格より10%OFFでご購入いただけます。

------------------------------------------

PS.Blogの『信長の野望・大志』記事はこちら

------------------------------------------


『信長の野望・大志』公式サイトはこちら

「信長の野望」シリーズ公式Twitterはこちら

「信長の野望」シリーズ公式Facebookはこちら

©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン