PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『Warframe』がオープンワールド要素を導入! 大型アップデート「エイドロンの草原」が本日実装!

by PS.Blogスタッフ 2017/11/15

外骨格装甲"Warframe"をまとったキャラクターを自在に操りニンジャのような爽快アクションを繰り広げる、基本プレイ無料のPlayStation®4用オンライン配信専用タイトル『Warframe』。気軽にオンライン協力プレイが楽しめる、本格派シューティングとしても人気を集める本作に、本日11月15日(水)、大型アップデートとなる「エイドロンの草原」が実装された。


20171115-warframe-01.jpg


サービスが開始されてから4年。これまで数多くのアップデートが行なわれてきた本作だが、今回の「エイドロンの草原」はその中でも史上最大級のもの。無料で提供される同アップデートでは、広大なオープンワールド風マップが初めて実装されることに加えて多数の追加要素も導入され、今までにないスケールの冒険が楽しめるようになった。


Warframeをまとった戦士"テンノ"となって宇宙の調和を保つために戦え!

本作は、特殊な能力を備えた外骨格装甲"Warframe"を身に着けた戦士"テンノ"が、太陽系を支配するグリニア帝国や交易路を支配するコーパスなど、強大な敵との戦いに挑む姿を描いた三人称シューティング。プレイヤーはテンノとなって星々を巡り、強力なWarframeや武器、ニンジャのようなダイナミックなアクションを駆使して数多くのミッションをクリアしていく。


20171115-warframe-04.jpg


テンノがまとうWarframeには30以上もの種類が存在し、それぞれが敵を引き寄せたり、囮を作り出したりといった神秘的なアビリティを持っている。また、各ミッションの中で手に入る"MODカード"を使うことによって、プレイヤーがWarframeを自分好みに強化していける育成要素も用意されている。


20171115-warframe-05.jpg


プレイヤーが使用する武器には、銃や弓、ダガーといったプライマリ&セカンダリの2つの武器と、近接武器(メレーウェポン)の3カテゴリーがあり、こちらも膨大なバリエーションが存在。ミッションの内容に合わせてコレクションしたWarframeと武器を自由に組み合わせ、自分だけのプレイスタイルを追求していける。



ミッションは基本的にオンライン協力プレイ形式となり、初期設定の「パブリック」モードではミッションを選んだ際にほかのプレイヤーと自動的にマッチングが行なわれる。もちろん、モードを変更すればフレンドとの協力プレイや、1人プレイに挑戦することも可能だ。通常のミッションでは最大4人が参戦でき、役割を分担したり、倒れた仲間を復活させたりと、各プレイヤーが力を合わせて目標の達成を目指すことになる。

大型アップデート「エイドロンの草原」でオープンワールド要素を実装!

本日11月15日(水)に実装された大型アップデート「エイドロンの草原」では、タイトルにもなっているオープンワールド風マップ"エイドロンの草原"をはじめ、今までになかった数多くの新要素を導入している。新フィールドはオストロンと呼ばれる民が開拓し、故郷としている場所。現在、古代戦争の遺産を求めてグリニア軍が前哨基地を築いており、プレイヤーはオストロンからの依頼で、防衛・基地奪還などの新たなミッションに挑戦していくことになる。


20171115-warframe-08.jpg


エイドロンの草原は2.5平方キロにおよぶ広さを持ち、今までの『Warframe』には存在しなかった昼夜の時間変化が存在するフィールドだ。フィールドでの日中時間は100分、夜間は50分となる。夜明け・日中・夕暮れ・夜と時間帯で表情を変える自然豊かなこのフィールドには、モリを使って魚を獲れる湖や、古代戦争の残余エネルギーが注入された宝石が掘り出せる鉱脈が点在。財宝が隠された洞窟などもあり、起伏に富んだ広大なフィールドをくまなく探索する新たな楽しみを味わえる。


20171115-warframe-09.jpg


草原に登場する敵は、昼はグリニア軍、夜はセンティエントと、時間帯に応じて変化する。特に夜の水辺には、恐るべき力を持つ巨大センティエント「テラリスト・エイドロン」も出現。この強大な敵を討伐するには、プレイヤーが磨いたテクニックと、育て上げたWarframe、ともに立ち向かう仲間との協力が必要になるだろう。

プレイヤーの冒険の拠点となるシータス開拓地では、オストロンの民からの依頼を通じてさまざまな報酬が手に入り、複数の商人から多様なアイテムを購入することもできる。さらに、オリジナルの近接武器である「Zaw」が製作できる「HOKの鍛冶場」もあり、使ったパーツや素材で外見・性能が変化する自分だけの武器作りを存分に楽しめる。


20171115-warframe-10.jpg


ほかにも今回のアップデートでは、ガラスを使って華麗な攻撃を繰り出す新たなWarframe「Gara」や、より強力なMODの登場などシステム面にも数多くの追加要素が導入され、新生『Warframe』とも呼べる大きな進化がもたらされている。本作をまだ未体験の人は「エイドロンの草原」を機に、宇宙をまたにかけた壮大な冒険に挑戦してみよう!



▼PS4®『Warframe』のPS Storeでのダウンロードはこちらから


------------------------------------------

Warframe

・発売元:Digital Extremes Ltd.
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:シューティング
・発売日:好評配信中
・価格:基本プレイ無料(一部有料アイテムあり)
・プレイ人数:1~4人(*) (オンライン専用)
・CERO:D(17才以上対象)

※ダウンロード専用タイトル
*通常ミッションは4人まで。トライアルミッションとプレイヤー対戦のコンクレーブ/Lunaroでは8人までプレイ可能

------------------------------------------


『Warframe』公式サイトはこちら

©2013 Digital Extremes Ltd. All rights reserved. Warframe and the Warframe logo are trademarks of Digital Extremes Ltd.

記事を探す
トップに戻るボタン