PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【PS VR】『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』本日配信! VRで白熱のフィッシング体験を!

by PS.Blogスタッフ 2017/11/21

20171121-motdff15-01.jpg

『FFXV』の世界でVRフィッシング体験! 『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』本日11月21日(火)配信!

本格的なフィッシング体験ができることで、全世界から高い評価を受けた『FINAL FANTASY XV』(以下『FFXV』)のアクティビティ「釣り」が、さらなる進化を遂げて登場! PlayStation®VR専用のダウンロードタイトル『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV(モンスター オブ ザ ディープ: ファイナルファンタジーXV)』として、本日11月21日(火)に発売を迎えた。

プレイヤーは自らの分身であるアバターを作り、『FFXV』の世界で生きるハンターとなって本格フィッシングに挑戦。ノクト達おなじみのキャラクターとコミュニケーションを取りながら、時に釣りを楽しみ、時に水底に潜む魔物を討伐していく。



本作の配信開始に合わせ、最新映像のローンチトレーラーも公開されたので、さっそくチェック!


ストーリーから発展する各モードをプレイレビュー!

ここからは、フィッシングからストーリーまで楽しめる本作のプレイレビューをお届けしよう。

ゲームの初プレイ時は、プレイヤーの分身であるアバターの作成からスタートし、こちらは『FFXVオンライン拡張パック:戦友』と同様のアバターシステムが採用されている。VR空間での一人称視点なため、普段は自分の姿を見ることは少ないが、魚を釣り上げた際の撮影モードなどで全身が映る。撮影したシーンはシェアすることも可能なので、見た目にこだわって作り込むのも楽しい。




凶暴なシガイとのバトルやノクト達とコミュニケーションを楽しめる「ストーリー」

アバター作成後は、プロローグを経てストーリーが始まる。プレイヤーはメルダシオ協会の依頼を受けたハンターであり、シガイ化した凶暴な魔物の討伐が目的だ。さっそく愛車を走らせてターゲットのいる水辺に到着すると、そこには先客のノクトの姿が。『FFXV』本編で釣り好きとして知られるノクトは、ここでも釣りに興じていたようだ。プレイヤーの目的は魔物の討伐だが、そのターゲットをおびき出すには餌場の魚を釣り上げていく必要があり、それまでノクトと一緒に釣りをすることになった。


20171121-motdff15-07.jpg


本作はPlayStation®Move モーションコントローラーに対応し、2本のモーションコントローラーを使って直感的なプレイが可能だ。まずは左手に持ったソナーで魚の居場所を探知し、右手のロッドで狙いをつけてキャスト。スナップの利かせ具合で、軽く振っても遠くまで飛んでいくのが気持ちいい。

ルアーが着水したら左手を回してリールを巻き、アタリに合わせてロッドを立てる。右へ左へと暴れる魚から針が外れないようにロッドを操るなど、フィッシングアクションはかなり本格的で、臨場感たっぷりに楽しめる。また、ファイト中や釣果によって、ノクトがさまざまに声をかけてくれるのも嬉しいところだ。


20171121-motdff15-08.jpg


こうして魚を釣り上げることでゲージが溜まり、満タンになるとシガイ化した魔物が出現。凶暴な怪魚をすぐに釣り上げることはできないので、まずはボウガンで体力を奪わなければならない。高く跳ね上がったり陸上を這ったり、体力の減少によって行動パターンが変化したりと、ダイナミックに動き回る魔物を狙い撃つのはFPSのような迫力だ。体力を奪った後のフィッシングも一筋縄ではいかず、通常の魚より抵抗が激しく感じたが、なんとか釣り上げることで討伐成功。クエストクリアとなった。

拠点であるロッジに戻ると、さらなるクエストが追加され、ストーリーが展開されていく。シガイ化した魔物とのバトルも激しさがアップ。泥や泡を飛ばす攻撃をボウガンで迎撃したり、超高速で体当たりしてきたり、ダメージを受け続けるとゲームオーバーになる危険があり、討伐したときの達成感がたまらない!


20171121-motdff15-09.jpg

20171121-motdff15-11.jpg


また、プロンプトやイグニス、グラディオラスといったキャラクターが次々と登場し、釣りを通じてコミュニケーションを取れるのも大きな楽しみだ。


「討伐依頼」の賞金で道具をカスタマイズ

「ストーリー」の進行に伴い、さまざまなモードが解放されていく。その1つである「討伐依頼」は、指定された魚を釣り上げることで、賞金を獲得できるというモードだ。

獲得した賞金は、ロッジでアクセスできるショップで使用可能。ロッド、リール、ルアー、ラインといった釣り道具のほか、アバターの衣装を購入することができ、プレイヤーを自由にカスタマイズできるようになる。釣り道具の組み合わせによっては、特定の魚を釣り上げやすくすることもできる。獲物に応じたセッティングを考え、見事に釣り上げたときの喜びは釣り人として至高の瞬間!


20171121-motdff15-17.jpg



「フリー」でのんびり楽しむもよし、「大会」で全国のプレイヤーと競い合うのもよし!

「フリー」は、その名のとおり自由に釣りを楽しむためのモード。ボスバトルも特定のターゲットもないので、好きなロケーションで好きなだけ釣りに没頭できる。気分しだいでポイントを変え、雄大なロケーションを眺めながら水音を楽しんだり、あるいはのんびりと佇むモンスターを観察してみたりと、時間を忘れて癒されるには最適。自宅にいながら釣りを楽しむという点では、じつは最も贅沢なモードなのかもしれない。



また、「大会」では全国のプレイヤーと釣果を競い合うことが可能。レビュー用のプレイでは試すことができなかったが、さまざまな大会が定期的に開催され、釣り上げた魚の大きさでランキングを競うルールになるという。腕を磨き、挑戦するのが楽しみだ。


20171121-motdff15-20.jpg


「ストーリー」をベースに、さまざまなモードで遊べる『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』。それぞれのモードで楽しさを味わえるのは、ゲームの根幹であるフィッシングアクションが本格的に作り込まれているからにほかならない。

『FFXV』本編の世界観に魅了された人にはもちろんオススメ。また、『FFXV』本編を持っていなくても本作単体で起動できるので、臨場感たっぷりのVR空間で釣りを楽しみたい人にも最適だ。この雄大な世界で、釣りの醍醐味を心ゆくまで楽しんでほしい。

哀川翔さんがFFXVの世界に異世界転生したら、巨大魚を相手にその腕前は通用するのか!?

芸能界きっての釣り好きである俳優の哀川翔さんが『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』をプレイ! 「大物を釣り上げる」と語気を強める哀川さんですが、果たして......。

臨場感あふれる哀川さんの体験動画と、本作について語ったインタビュー動画はこちらの記事でお楽しみください。


------------------------------------------

MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV(モンスター オブ ザ ディープ: ファイナルファンタジーXV)

・発売元:スクウェア・エニックス
・プラットフォーム:PlayStation®4
・ジャンル:フィッシングアクション
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 4,100円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C (15才以上対象)

※PlayStation®VR専用
※PlayStation®Move モーションコントローラー対応
※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------

PS.Blogの『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』記事はこちら

------------------------------------------


『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』公式サイトはこちら

『FINAL FANTASY XV』公式サイトはこちら

©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

記事を探す
トップに戻るボタン