PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―』本日配信! スマホ操作でプレイヤー同士の駆け引きが楽しめる!

by PS.Blogスタッフ 2017/11/22

20171122-hiddenagenda-01.jpg

スマートフォンやタブレットで操作し、手軽なマルチプレイを楽しめる新感覚体験!

本日11月22日(水)配信のPlayStation®4ダウンロード専用タイトル『Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―』は、『Until Dawn -惨劇の山荘-』の開発チームが手掛ける新作サスペンスアドベンチャーゲームです。PS4®ならではの美しくリアルな映像、緊迫のストーリー、プレイヤーの行動や選択によって変化する展開や結末といった、前作でも好評のアドベンチャーゲームならではの楽しみに加え、本作では最大6人でのマルチプレイと、スマートフォンやタブレット等のモバイルデバイスを活用した気軽で直感的な操作方法を採用。これまでにない、カジュアルで新しいPS4®のゲーム体験をお楽しみください。


20171122-hiddenagenda-02.jpg

ストーリー

犠牲者の遺体に罠を仕掛け、第一発見者までも狙うという極めて残忍な手口で殺人を行なう「トラッパー」連続殺人事件。容疑者の逮捕で、ついに幕が引かれたかと思いきや、2日後に迫った死刑執行を前に突如容疑者が「真実を話す」と新たな供述を始めます......。「トラッパーは別にいる」のだ、と。

プレイヤーは2人の主人公である警官ベッキー・マーニーと検事フェリシティ・グレイプスの視点から、再び「トラッパー」事件の真相に迫ることになります。果たしてあなたはこの事件の本当の真実を暴くことができるでしょうか。


20171122-hiddenagenda-03.jpg



登場人物

ベッキー・マーニー刑事

「トラッパー連続殺人事件」の容疑者、ジョナサン・フィンを逮捕した刑事。同じ署のライバルから、トラッパー事件を処理した際の証拠品取扱いにミスがあったと言いがかりをつけられ、内部調査を受けることとなる。トラッパー事件の解決と自らの潔白を証明するために邁進する。



フェリシティ・グレイブス検事

「トラッパー連続殺人事件」を担当した検事。見事な手腕でジョナサン・フィンを死刑に追いやった検事だが、死刑執行の2日前に他に真犯人がいる可能性が浮上し、真実を明らかにするため事件の調査を始める。



ジョナサン・フィン

「トラッパー連続殺人事件」の容疑者として逮捕された後、事件の犯人だと自白したことで有罪が確定し、死刑を言い渡された。死刑執行の2日前に「真犯人は別にいる」と新たな供述を始める。



1人から、最大6人まで楽しめる、2つのゲームモード

本作では、2つのモードでゲームをお楽しみいただけます。1人から6人で物語を体験するストーリーモードと、2人以上でプレイし、その場のプレイヤー同士の駆け引きも楽しめる対戦モードです。


<ストーリーモード>

・プレイ人数
1~6人

・プレイスタイル
事件の真相解明と生き残りをかけて、主人公たちの行動を選択しながら物語を進めていきます。

・マルチプレイ
プレイヤー同士が協力し、証拠収集や選択を相談しながらゲームを進めます。意思決定の方法は単純な多数決のみでなく、プレイヤー同士の互いの印象(「最も信頼できるのは誰か」「プレッシャーに強いのは誰か」など)に基づいて選ばれたプレイヤーのみに選択権が委ねられる場面などもあります。


20171122-hiddenagenda-07.jpg



<対戦モード>

・プレイ人数
2~6人のマルチプレイ専用

・プレイスタイル
プレイヤー同士協力して物語を進めるだけでなく、プレイヤーに与えられたミッションの達成とポイントの獲得をかけて、プレイヤー同士で駆け引きをしながら競い合います。

チャプターごとに、プレイヤーの中で1人だけに「秘密の指令」が下されます。秘密裏の指令を受けたプレイヤーは他の仲間に気付かれないようにその指令を達成することで、自分だけがポイントを獲得することができます。一方、「秘密の指令」を受けていない他のプレイヤーは、この「裏切り者」を見抜くことで、ポイントを獲得することができます。

物語の中で展開する犯人との駆け引きと、プレイヤー同士の駆け引きを同時に繰り広げるという、新感覚のスリリングなゲームプレイをお楽しみください。


20171122-hiddenagenda-08.jpg



モバイルデバイスを活用し、直感的でこれまでにない遊び方を実現

本作では、コントローラーの代わりに、専用アプリケーション(無料)をインストールしたスマートフォンやタブレット等のモバイルデバイスを使って、ゲームをプレイします。これにより、普段ゲームやコントローラーの操作に慣れていない方でも、気軽に、直感的にゲームをお楽しみいただけます。

また、モバイルデバイスを手元のセカンドディスプレイとして活用することで、他のプレイヤーに対し秘密裏に指令やヒントを受けたり、プレイ中のゲームの進行を妨げることなく過去の出来事や登場人物などのさまざまな情報を自由に調べたりすることができるようになり、コントローラーのみでは実現できなかった新しいゲームプレイスタイルが可能になります。



20171122-hiddenagenda-11.png

※Wi-Fi接続可能な、Android 4.4.2以降、iOS 9.0以降のOSを搭載したスマートフォンおよびタブレットが必要です。対応機種に関しては後日の案内を予定しております。
※専用アプリケーションはGoogle Play ストアやApp storeからダウンロード可能です。専用アプリケーションのダウンロードには17歳以上の年齢制限がございます。
※オンラインマルチプレイには非対応です。

サスペンスアドベンチャーでパーティーゲーム!? 対戦モードプレイレビュー

ここからは、『Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―』の対戦モードを中心としたプレイレビューをお届けします。

ゲームの基本的な進行はストーリーモードと同様に、選択肢を選ぶことによって物語が分岐し、「トラッパー連続殺人事件」をめぐるサスペンスドラマが展開されていきますが、対戦モードではここに獲得ポイントを競い合う要素をプラス。参加プレイヤーのうち1人だけに「秘密の指令」が下され、そのプレイヤーは指令を達成すると100ポイントを獲得し、ほかのプレイヤーは誰が指令を受けていたかを暴くことで50ポイント獲得します。指令はストーリーのチャプターごとに発生し、エンディングまでに最も多くポイントを獲得したプレイヤーが勝者となるルールです。



「秘密の指令」を受けているのは誰!?

まずはチャプターの冒頭で「秘密の指令」が発生し、各プレイヤーのデバイスに伏せられたカードが1枚ずつ配られます。カードをめくると、物語を特定の展開に導くことが指令として書かれており、その内容を知っているのは指令を受けた当人だけ。ほかのプレイヤーは、自分以外の誰かが指令を受けたことしかわかりません。

対戦モードのルールはポイントをたくさん獲得すること。指令を受けたプレイヤーは、指令内容を達成しつつ自分が指令を受けていることがバレないように、ほかのプレイヤーは、指令を受けているのが誰かを見抜き、指令を達成させないようにと、それぞれの思惑を持ちながらプレイを進めていきます。



チャプターの終盤に、指令の内容に即した分岐を決定づける選択肢が表示されます。指令を受けたプレイヤーとしては思惑どおりの選択肢を選びたいところですが、選択は多数決で決まるため、ほかのプレイヤーをうまく誘導しなければなりません。とはいえ、ここで急に口数が多くなったり、あからさまに誘導したりすると、指令を受けているのは自分だと宣言しているようなもの。この選択に至るまでに、みんなに相談していると見せかけて決定の主導権を得る流れを作るなど、演技力や心理戦の巧みさが求められるというわけです。


20171122-hiddenagenda-14.jpg



「テイクオーバーカード」で心理戦がさらにアツくなる!

さらに、こうした駆け引きをもっと面白くする要素として、「テイクオーバーカード」が登場します。


20171122-hiddenagenda-15.jpg


「テイクオーバーカード」は最初に1枚ずつ配られ、使用したプレイヤーにのみ選択肢の決定権が与えられるというもの。多数決ではなく、1人の意思で選択肢を決定できるため、指令を達成するにはこれ以上ない強力なカードです。

ただし、最終決定の場面で使用すれば、ほかのプレイヤーに疑われるのは必至。それでも指令達成の100ポイントを獲得するために使用する戦略もありますが、複数のプレイヤーが「テイクオーバーカード」を使用した場合、後から使用したプレイヤーに決定権が移ってしまうという逆転要素も。

チャプターの途中には、選択の早押しで「テイクオーバーカード」をもらえるシーンがあるので、複数枚を所持した状態で最終決定に臨んだり、事前に何度か使用しておいて心理戦を仕掛けたりと、さらなる駆け引きが楽しめます。


20171122-hiddenagenda-16.jpg



親しい仲間と何度も夢中に! スマホの簡単操作で誰でも参加可能!!

こうした心理戦は、プレイヤー同士の会話やコミュニケーションが多いほど白熱するもの。本作がオンラインマルチプレイに対応せず、ローカル環境でのマルチプレイを前提としているのも、コミュニケーションの楽しさをより味わうための要素となっています。友達や家族など、親しい仲間が集まって遊ぶには最適と言えるでしょう。

エンディングまで2~3時間で達するほどよいプレイ時間に加え、選択によって多彩に分岐する奥深さがあり、同じ場面でも「秘密の指令」の内容がランダムに変化するなど、新鮮な気持ちで繰り返しプレイすることが可能。「今度は誰が、どんな指令を受けているのか?」と繰り返しプレイならではの遊び方も生まれてきます。

さらに、本作はスマートフォンやタブレットの簡単な操作でプレイできることも大きなメリット。モバイルデバイスは多くの人が扱い慣れており、ゲームコントローラーに複雑さを感じる人でも気軽に参加できます。

本作のローカライズ・アシスタントプロデューサーも、パーティープレイの楽しさについてコメントしているのでご紹介します。

「クリスマスに忘年会や新年会など、人が集まる機会が増えるこれからの時期、にぎやかなパーティープレイでサスペンスドラマを楽しんでみてはいかがでしょうか。誰も信じないで仲違いしながら、みんなで仲良く楽しんでください!」


20171122-hiddenagenda-17.jpg



▼PS4®『Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―』の購入はこちらから



▼モバイルデバイス用コンパニオンアプリの無料ダウンロードはこちらから


20171122-hiddenagenda-18.png

※Android 4.4.2以降の端末に対応

20171122-hiddenagenda-19.png

※iOS 9.0.以降の端末に対応


------------------------------------------

Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:サスペンスアドベンチャー
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 2,700円(税込)
・プレイ人数:1~6人
・CERO:D(17才以上対象)

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------

PS.Blogの『Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―』記事はこちら

------------------------------------------


『Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―』公式サイトはこちら

©2017 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Supermassive Games.

※Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。
※Apple および Apple ロゴは米国その他の国で登録された Apple Inc. の商標です。App Store は Apple Inc. のサービスマークです。

記事を探す
トップに戻るボタン