PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

渋谷で『グランツーリスモSPORT』タイムアタック! 11月26日まで「Sony Square Grand Prix」開催中!

by PS.Blogスタッフ 2017/11/24

20171124-gtsport-01.JPG

都市対抗タイムアタックバトル「Sony Square Grand Prix」開催初日に松田次生選手が登場!

11月23日(木・祝)より26日(日)までの4日間、東京・渋谷モディの「Sony Square Shibuya Project(ソニースクエア渋谷プロジェクト)」にて、PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』のベストレコードを競う、都市対抗のタイムアタックバトル「Sony Square Grand Prix」を開催中!

米国・ニューヨークの「ソニースクエアNYC」でも同様のイベントが開催されており、ニューヨークで記録されたベストレコードに、「ソニースクエア渋谷プロジェクト」での参加者が挑戦するというものだ。

開催初日となった11月23日(木・祝)には、スーパーGTドライバーの松田次生選手がゲスト出演。モータースポーツ実況アナウンサーのピエール北川さんとともにスペシャルトークショーを行なった。


20171124-gtsport-05.JPG

松田次生(まつだ つぎお)

93年からカートを始め、95年全日本カート選手権FSAクラスに参戦。98年、全日本F3選手権で初優勝を果たす。2014年には7年ぶりにNISMOに復帰しスーパーGTに参戦。最終戦MOTEGIで優勝し自身初のスーパーGTタイトルを獲得。2015年は前年に引き続き「MOTUL AUTECH GT-R」でスーパーGTに参戦。最終戦で逆転し、2年連続のシリーズチャンピオンを獲得。スーパーGTと国内トップフォーミュラの両カテゴリでシーズン2連覇した唯一のドライバーとなる。



20171124-gtsport-06.JPG

ピエール北川(ピエール きたがわ)

モータースポーツ実況アナウンサー。日本で行なわれる、F1、MotoGPといった世界選手権から「スーパーGT」「スーパーフォーミュラ」の公式アナウンサーとして活躍する。F1日本グランプリ 鈴鹿サーキット オフィシャルアナウンサー(2004年~)、AUTOBACS SUPER GT オフィシャルアナウンサー(2013年~)、全日本スーパーフォーミュラ選手権 オフィシャルアナウンサー(2014年~)などのレース実況を担当。



20171124-gtsport-07.JPG


トークの冒頭で今シーズンを振り返った松田選手。「最終戦で優勝しましたが、シリーズタイトルに届かなかったのは残念でした。今年前半は本当に苦しかった。それでも最後に勝てたので、来年はタイトルを獲ります!」と宣言した。

「グランツーリスモ」については、スーパーGTドライバーとして活躍するヤン・マーデンボロー選手がGTアカデミー出身であることに触れ、「僕もビックリしましたが、それぐらいリアルなゲームです」とコメント。最新作の『グランツーリスモSPORT』も事前にプレイしたそうで、「本当にサーキットを走っているのではと思うくらい、景色がキレイ。鈴鹿サーキットには、ブレーキングポイントの目印にしている溝がありますが、そこまで再現しているのはすばらしい!」と興奮した様子で語っていた。


20171124-gtsport-08.JPG

松田選手もタイムアタックにチャレンジ! ニューヨークのレコードを大きく更新するドライビングを披露!

ここで、松田選手が実際に『グランツーリスモSPORT』のタイムアタックに挑戦することに。コースは三重県出身の松田選手が「走り込んでいる」と語る鈴鹿サーキット。2周走り、より速いラップが記録となる。目標タイムは、この時点での「ソニースクエアNYC」におけるベストレコード、2分12秒084だ。

「GTの予選前と同じくらい緊張している」と話していた松田選手だったが、スタートするとさすがプロという走りを披露する。北川さんの軽妙な実況を受けながら、1周目で早くも2分7秒台を計測すると、2周目はさらにペースアップ。1周目のゴーストを最初に一度見せただけで、2分6秒078でフィニッシュ! ニューヨークのレコードを大きく更新してみせた。

タイムアタックを終えた松田選手からは、「やっぱりすごくリアルですね。ゲームではあまりブレーキをかけなくても平気と思われるかもしれませんが、しっかり減速して曲がらないとダメ。僕たちが実際にやっている、クルマを曲げるための基本が忠実に再現されています」との感想が。初代『グランツーリスモ』からプレイし、走ったことのない海外コースのシミュレーションにも活用しているという松田選手も、シリーズ最新作に納得のリアリティを感じているようだ。


20171124-gtsport-09.JPG



続いて、イベントステージに「ソニースクエア渋谷プロジェクト」ナビゲーターの水森さんが参加。松田選手に「ソニースクエア渋谷プロジェクト」の宣伝活動を要請すべく、レースで勝負することとなった。プロのレーシングドライバーである松田選手に対し、水森さんは自動車免許も持っていないため、北川さんの提案でハンデキャップをつけてレース開始!

アクセル全開で飛び出した水森さんから遅れること20秒後、松田選手がスタートする。しかし、コースアウトあり、スピンありとてんやわんやの水森さんをすぐに捉えてしまう。途中、接触によって松田選手に10秒ストップのペナルティが与えられたり、あえて水森さんを先行させたりといったシーンも見られたが、「目の前のクルマを見ると、どうしても勝ちたくなってしまう」という松田選手が本能のままに快勝!


20171124-gtsport-10.JPG



さすがに分の悪い勝負となってしまったが、レース後に松田選手は「ソニースクエア渋谷プロジェクト」の宣伝活動を行なうことを了承。プロのレーシングドライバーであっても、免許を持っていなくても、誰もがクルマを走らせる楽しさを味わえる『グランツーリスモSPORT』らしい盛り上がりを見せたまま、ステージイベントは終了となった。


20171124-gtsport-13.JPG

ゲームの楽しさからクルマに興味を持ってほしい――。松田選手からのメッセージ

その後、インタビューに応じた松田選手はこの日のタイムアタックを振り返り、「会場の雰囲気に緊張して、安全な走りになってしまいました。普段の6割から7割程度だったので、もっと攻めれば5~6秒は縮められたと思います」とコメント。

また、最後に『グランツーリスモSPORT』を楽しむゲームユーザーへのメッセージが語られたので紹介しよう。

「ヤン・マーデンボロー選手のように、「グランツーリスモ」からレーシングドライバーになった人もいるので、プロになれる夢を持って楽しんでもらえたらと思います。また、最近は若者のスポーツカー離れやクルマ離れがありますが、「グランツーリスモ」からスポーツカーの魅力を知っていただいて、クルマにもっと興味を持ってもらえたらうれしいです」


20171124-gtsport-14.JPG




開催最終日の11月26日(日)にはタイムアタックファイナルを実施! 「Sony Square Grand Prix」で豪華賞品を手に入れよう!

今回紹介したイベント「Sony Square Grand Prix」は、11月26日(日)まで開催。誰でも参加できる「vs NYC Time Attack」が期間内に毎日実施されるほか、その日の渋谷チャンピオンを決める「Daily Championship」が11月25日(土)まで開催され、優勝者には「プレイステーション」をより楽しめる賞品がプレゼントされる。

イベントの最終日となる11月26日(日)には、ニューヨークのレコードタイムを超えたプレイヤーだけが参加でき、真のチャンピオンを決定する「vs NYC Final Round」を開催。優勝者には、オリジナルトロフィーと副賞のPlayStation®VRを贈呈!

さらに、表彰台にのぼってチャンピオン気分を味わえるフォトスポットで、記念撮影を楽しむことも可能。写真をSNSに投稿するとオリジナルグッズがもらえるほか、抽選で1名に『グランツーリスモSPORT リミテッドエディション』がプレゼントされる。


20171124-gtsport-15.jpg


タイムアタックでの真剣勝負はもちろん、参加するだけでも楽しい本イベント。豪華賞品も満載となっているので、ぜひ会場に足を運んでほしい。

「Sony Square Grand Prix」の詳細はこちら

Sony Square Grand Prix

<開催期間>
2017年11月23日(木・祝) ~ 11月26日(日)


<場所>
東京・渋谷モディ1階店頭プラザ(東京都渋谷区神南1-21-3)


<イベント内容>
◆タイムアタックバトル「vs NYC Time Attack」
前日までのニューヨークの最速タイムに挑戦するタイムアタック試遊会。どなたでも体験できます。挑戦していただいた方全員に、イベントオリジナルステッカープレゼント。ニューヨークのタイムを抜いた方には、ゴールドバージョンを差し上げます。また、26日(日)の「vs NYC Final Round」の参加資格も得ることができます。

【開催時間】
11月23日(木・祝)11:00 ~ 13:45、14:45 ~ 16:15 ※開催終了
11月24日(金) ~ 25日(土)11:00 ~ 16:15
11月26日(日)11:00 ~ 13:45、16:15 ~ 18:00



◆タイムアタックバトル「Daily Championship」
渋谷のチャンピオンを決定するタイムアタック。参加希望者は、11:00より参加整理券を配布します。

【開催時間】
11月23日(木・祝) ~ 25日(土)16:30 ~ 18:00

【賞品】
1位:プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット
2位:「プレイステーション ストアカード」(3,000円分)
3位:「ソニースクエア渋谷プロジェクト」グッズ



◆タイムアタックバトル「vs NYC Final Round」
ニューヨークのタイムレコードを超えたプレイヤーのみが参加できるタイムアタックチャンピオンシップ決勝戦。最終参加者を決めるため、11月26日(日)11:00より抽選券を配布しますので、「vs NYC Time Attack」のゴールドステッカーを持参してください。

【開催時間】
11月26日(日)14:00 ~ 16:00

【優勝賞品】
オリジナルトロフィー、副賞としてPlayStation®VR



◆フォトスポット
『グランツーリスモSPORT』の世界観を背景にして、表彰台にのぼりチャンピオンの気持ちで撮影を楽しめるフォトスポットを設置します。

「ソニースクエア渋谷プロジェクト」の公式Twitterか、インスタグラムをフォローし、ハッシュタグ「#SonySSP」を付けてSNSにアップロードいただくと、「ソニースクエア渋谷プロジェクト」のオリジナルトートバッグを差し上げます。さらに、抽選で1名様にPS4®『グランツーリスモSPORT リミテッドエディション』をプレゼント!

「ソニースクエア渋谷プロジェクト」公式Twitterはこちら

「ソニースクエア渋谷プロジェクト」インスタグラムはこちら




『グランツーリスモSPORT』オンラインアップデート1.06を11月27日に配信! クルマや新モードも順次追加

『グランツーリスモSPORT』のオンラインアップデート1.06の配信が11月27日(月)に決定。このアップデートにより、「リバリーエディター」「スケープス」「キャンペーン」モードが、オフライン状態でもプレイできるようになる(*)。また、レースの難易度など、さまざまなバランス調整も行なう予定だ。
*進行のセーブにはオンライン接続が必要です。

詳しくはこちらをチェック!


20171124-gtsport-16.jpg



▼PS4®『グランツーリスモSPORT』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

グランツーリスモSPORT (「グランツーリスモスポーツ」)

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・開発元:ポリフォニー・デジタル
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:リアルドライビングシミュレーター
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 通常版 6,900円+税
    パッケージ版 リミテッドエディション(初回限定) 9,900円+税
    ※初回生産限定の商品となります。無くなり次第終了となります。
    ダウンロード版 通常版 7,452円(税込)
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:1~24人)
・CERO:A(全年齢対象)

※PlayStation®VR対応

------------------------------------------

PS.Blogの『グランツーリスモSPORT』記事はこちら

------------------------------------------


「グランツーリスモ」オフィシャルサイトはこちら



20171124-gtsport-17.png

©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.
Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. "Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.
Produced under license of Ferrari Spa. The name FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are property of Ferrari Spa. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari Spa property under design, trademark and trade dress regulations

記事を探す
トップに戻るボタン