PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

文明はなぜ滅んだのか? 機械の獣が支配する地球を描く『Horizon Zero Dawn』【ネタバレなしレビュー】

by 電撃PS編集部 2017/12/01

20171201-yaruima-horizon-01.png


この年末年始のお休みに、ぜひプレイしたいPS4®の名作を、電撃PS編集部がネタバレなしで徹底レビュー!「やるなら今だ!あのゲーム」全14タイトル一挙公開中!

20171201-yaruima-horizon-02.jpg

高い没入感と壮大な世界観を肌身に感じる体験が詰まった『Horizon Zero Dawn』

人類の文明が崩壊してから1000年後の地球を描くという、独特の舞台で一躍話題となった『Horizon Zero Dawn』。人間の生活した痕跡は自然に飲み込まれ、世界は原始の世界へと逆行してしまった。旧世界から引き継いだいくつかの知識はあるものの、人間もまた同じく原始時代のように部族を作り、狩りを行なって生きるレベルまで退行してしまっている。一方で、現在地上を支配しているのは、獣を模した機械たち。この機械の獣たちはなぜ生まれたのか、そして人類の文明はなぜ滅んだのかという謎を、本作では追っていくことになる。


20171201-yaruima-horizon-03.png


本作の主人公・アーロイは、ノラ族という部族の女性。彼女は特殊な生まれのため、部族の仲間たちから忌み嫌われており、普通の生活をさせてもらえていない。そんな彼女がいろいろな悩みや葛藤を抱えながら成長していく過程は、誰でも共感&感情移入できるものとなっており、深く物語に没入できる。

彼女の目的は、本当の親を知ること。そのために機械の獣がうろつく危険な世界へと旅立つ決意を固める。そして、外の世界でさまざまな部族と出会い、ときには事件に巻き込まれつつも、自分の出生の秘密や世界の崩壊の真実に触れていく。


20171201-yaruima-horizon-04.png


本作で生態系の頂点に君臨している機械獣。その名の通り、姿や行動までも本当の獣のように作られた機械で、おとなしいものもいれば凶暴なものまでさまざま。例外はあるものの、現実に我々が生きている世界での動物を模しているため、プレイヤー視点では姿を見ただけで凶暴化そうでないかは見分けることができるだろう。無機物な機械が、有機的な姿をとって息づいているのは独特な魅力があり、眺めているだけでもおもしろい。

アーロイは戦闘になると、自前の弓矢や槍で戦う。まさに原始時代の狩りそのものだが、一方で機械獣は自身の爪や牙以外にも、銃器を装備しているものも存在するため、危険度はかなり高い。本作の戦闘では、正面から機械獣に立ち向かうのではなく、罠や属性の付加された矢を巧みに用いて、考えながら戦うことが必要だ。

加えて、機械獣はそれぞれ弱点となる属性や部位を持っていることがほとんど。アーロイは独自に手に入れた「フォーカス」という機器を用いることで、機械獣の構造や弱点などを視覚情報として得ることができる。これを活用して、角などの機械獣の攻撃手段となる部位を破壊したり、弱点の燃料タンクを起爆させたりなど、有利な状況作りだして戦っていくのが本作の基本だ。


20171201-yaruima-horizon-08.jpg

20171201-yaruima-horizon-09.jpg


なお物語を進めると、機械獣をハッキングして味方にする「オーバーライド」という能力を使えるようになる。味方にした機械獣にまたがってフィールドを駆け抜けられるだけでなく、戦闘時に味方としていっしょに戦わせることもできるため、大きな戦力としてアーロイを助けてくれるはずだ。




高い水準でまとめられたオープンワールドがプレイヤーを魅了する!

アクションゲームとしての完成度の高さが垣間見える、部位破壊の気持ちよさ

機械獣の多くは体を硬い装甲で覆っているため、闇雲に矢を撃つだけでは大きなダメージは与えられない。装甲は攻撃することではがすことも可能だが、それでも多くの場合は決定的なダメージとはならないだろう。そこで重要なのが本作での戦闘のキモともいえる"部位破壊"システム。弱点となる重要なパーツを射抜いたり、機械獣の燃料タンクである「キャニスター」という部分を撃って爆発させたりすることで、より多大なダメージを与えることができる。

また、破壊した部位によっては、周囲に電撃を放出して敵を痺れさせる、冷気で敵を凍らせるといった付加効果が付くことも。装甲のすき間を縫って矢を撃ち込み、誘爆を引き起こせたときの爽快さはバツグン! 部位破壊をすることで機械獣はその部位を使った攻撃ができなくなるため、敵の攻撃力を削ぐことにもつながり、まさにいいことずくめだ。

直接攻撃する弓以外にも、敵をロープで拘束する「ロープキャスター」や、ワイヤートラップをしかけられる「トラップキャスター」といった武器も登場する。容赦なく襲い掛かってくる機械獣の攻撃を回避しつつ、どの部位をどうやって破壊するかを考え、達成するかが戦闘において重要かつ、楽しいところだ。


20171201-yaruima-horizon-10.jpg

20171201-yaruima-horizon-11.jpg



フィールドを旅し、人類の歴史を紐解く楽しみも!

人間の文明が滅んでから1000年後が舞台なだけあり、本作のフィールドを旅していると、高層ビルや車など、我々がよく知るものが大自然に飲み込まれた姿をよく目にする。哀愁漂う姿ではあるが、それゆえの美しさというのもあり、廃墟好きにはたまらない一面でもある。

また、旧文明の遺産でなくとも、傷ついた機械獣の亡骸や、この時代の人間が放棄した集落の名残、世界を破壊したとされる機械の残骸など、自然の中にはさまざまなメッセージが隠されている。こういった面から、この世界に何が起こったのかを空想するのも楽しいだろう。

収集要素として、過去の時代に生きた人間たちが残したボイスメッセージや、テキストログなども存在する。これらの断片を集めて読み込んでいくと、旧世界に何が起こり、このような惨事に至ったかを紐解いていけるはず。メインストーリーと合わせることで、よりこの世界を深く知ることができるので、物語や舞台背景に目がない人はそちらにも注目してみよう。


20171201-yaruima-horizon-12.jpg

フォトモードは、メインの冒険を忘れて入れ込むほどのおもしろさ!

フォトモードとは、プレイ中のワンシーンを切り取って、スクリーンショットとして保存できるモード。ただゲーム画面を撮影するだけでなく、角度の調整やフィルターの適用、時間帯の変更など、さまざまな加工を施すこともできるのが特徴だ。構図や光の加減などにこだわって芸術的な一枚を撮ったり、おもしろ写真を撮ったりと、使い方はプレイヤーしだい!

誰でも手軽に綺麗なスクリーンショットが撮れるので、ストーリーそっちのけでいろいろな風景を撮ってしまうほど夢中になる人も少なくないはず。アップデートでアーロイに表情を付けたり、ポーズを取らせたりすることも可能になり、ますます表現の幅が広がっているので、ぜひお気に入りショットを目指して『Horizon Zero Dawn』の世界を旅してみよう。


20171201-yaruima-horizon-13.jpg

20171201-yaruima-horizon-14.jpg




DLC『Horizon Zero Dawn: 凍てついた大地』が好評配信中。本編とDLCがセットになったおトクなパッケージ版も発売!

本作の物語を拡張するDLC『Horizon Zero Dawn: 凍てついた大地』もPlayStation™Storeで好評配信中。DLCを導入すると本編で冒険することになるフィールドのさらに北、バヌーク族が暮らす地域を舞台にアーロイの新たな物語が紡がれていく。新規の機械獣や武器、クエストなども追加されているため、本編をクリアしたプレイヤーでも満足できるボリュームとなっているはずだ。なお、DLCを導入していれば本編をクリアしていなくても、ストーリーをある程度進めた時点で新たな土地へ行くことは可能だが、難易度は高めなので注意しよう。

DLCエリアに登場する新機械獣・スコーチャーの紹介映像が公開中!




▼PS4®『Horizon Zero Dawn: 凍てついた大地』のPS Storeでの購入はこちらから



12月7日(木)には、本編とDLCがセットになった『Horizon Zero Dawn Complete Edition』も発売される。これから『Horizon Zero Dawn』の世界に飛び込むならコチラがオススメ! 


20171201-yaruima-horizon-15.jpg



------------------------------------------

Horizon Zero Dawn (ホライゾン ゼロ ドーン):凍てついた大地

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:オープンワールド・アクションRPG
・発売日:好評発売中
・価格(ダウンロード販売のみ):2,160円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

------------------------------------------

Horizon Zero Dawn Complete Edition (ホライゾン ゼロ ドーン コンプリートエディション)

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:オープンワールド・アクションRPG
・発売日:2017年12月7日(木)
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 5,900円+税
 ダウンロード版 通常版 販売価格 6,372円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『Horizon Zero Dawn』記事はこちら

------------------------------------------


『Horizon Zero Dawn』公式サイトはこちら



この年末年始のお休みに、ぜひプレイしたいPS4®の名作を、電撃PS編集部がネタバレなしで徹底レビュー!「やるなら今だ!あのゲーム」全14タイトル一挙公開中!

20171201-yaruima-horizon-02.jpg

©2017 Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Guerrilla.

記事を探す
トップに戻るボタン