PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

再誕する『龍が如く 極2』の"極"たる理由に迫る!!【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2017/11/29

PlayStation®を代表するタイトルとして、不動の人気を確立しているセガゲームスの「龍が如く」シリーズ。ナンバリングとしては『龍が如く6 命の詩。(以下龍6)』まで発売されていますが、この「極」シリーズは、過去の「龍が如く」シリーズを最先端のグラフィックとシステムで再構築する"極プロジェクト"となっています。その第1弾として昨年発売された『龍が如く 極(以下極)』は、追加エピソードなどのクオリティが非常に高く、早くも次回作への期待が高まるものでした。

そしてその声に応える形で、いよいよ12月7日(木)に『龍が如く 極2(以下極2)』が発売されます。そこでPlayStation®2で発売されたオリジナル版をプレイ済みの方も、本作ではじめて作品に触れる方も、読めばプレイしたくなる連載企画を電撃PlayStation編集部がお届けします。

20171129-ryuk2-00.png

『極2』の特徴は『龍6』で採用された新ゲームエンジン"ドラゴンエンジン"を使い、フルリメイクされていること。圧倒的なボリュームと、熱い人間ドラマが支持された本編のシナリオは基本そのままに、キャスト・ビジュアル・システム・音楽などなど、あらゆる部分が極まった形で体験できるのです。第1回はまずプロローグと主要人物を紹介しつつ、『極2』のウリとなる新要素について、どの部分が"極"であるのかをお伝えしていきます。

関東と関西......、龍を背負う2人の男が激突する!!

まずは『極2』のプロローグと、ドラマを紡ぐ重要人物たちをピックアップして紹介します。舞台となるのは東京・神室町と、大阪・蒼天堀の2大歓楽街で、東と西を含めて多くの人々が、桐生一馬の運命を翻弄していくのです。そんな登場キャラクターですが、『極2』では出演キャストが一部変更されています。ヒロインの狭山薫を声優の久川綾さんが担当し、俳優の白竜さん、木下ほうかさん、木村祐一さん、寺島進さんが、実際の顔を取り込んだ形で出演しています(寺島進さんはオリジナル版でも瓦の声を担当)。『龍6』でも話題をさらった、あまりにもリアルすぎる俳優陣の再現度は、彼らの持ち味を100%再現するほどに極まっているのです。

【プロローグ】

消えた100億円を巡る事件(前作のストーリー)から1年が経ち、桐生一馬は、事件で出会った少女・遥と共に慎ましくも幸せな日々を送っていた。だが、その平穏は1発の凶弾によって破られてしまう。東城会五代目会長・寺田行雄の死。"堂島の龍"と呼ばれた伝説の男は、運命の糸にたぐり寄せられるように、渡世へと戻っていく。一年前の事件により弱体化した東城会を救うべく、堂島大吾と一緒に関西へ向かう桐生。


20171129-ryuk2-01.jpg


東京・神室町と大阪・蒼天堀。二大都市を舞台に繰り広げられる覇権を巡る争い。神室町、そして東城会に隠された"語られぬ事件"、そこに秘められた、悲しみ、怒り、恨み。二十数年という時を経て、果たされていく復讐......。桐生を待ち受ける宿命とは? 隠された過去に秘められた真実とは? 最後に神室町を制するのは関東か関西か?


20171129-ryuk2-02.jpg

【主要人物】

桐生一馬

CV:黒田崇矢

裏社会では伝説の極道"堂島の龍"として知られる、元東城会四代目会長。非常に義理堅く弱きを助け強きを挫く筋の通った任侠者なうえに、圧倒的な(身体の)"強さ"を兼ね備えており、多くの人を惹きつけるカリスマ性を持つ。


20171129-ryuk2-03.jpg



狭山 薫

CV:久川 綾

準キャリアとして大阪府警に採用され、25歳という若さで警部補まで駆け上がり、第四課主任のポストに就く。その後は、裏社会の男たち相手に容赦ない取り締まりを続け、いつしか"ヤクザ狩りの女"と呼ばれるようになった。


20171129-ryuk2-04.jpg



郷田龍司

CV:岩崎征実

近江連合直参郷龍会二代目会長にして、近江連合五代目会長・郷田仁の息子。四神の長である黄龍の入れ墨を背負っており、桐生の"堂島の龍"の対として"関西の龍"と称されることもある。しかし、本人は「龍は唯一無二であるべき」と考えているため、この二つ名を嫌っている。


20171129-ryuk2-05.jpg



澤村 遥

CV:釘宮理恵

前作の事件で桐生に救われた少女。桐生の想い人であった澤村由美のひとり娘で、前作の事件後は桐生と2人で暮らしていた。前作の事件も含めて、過酷な過去を過ごしてきたためか非常に肝が据わっており、人質に取られることがあっても脅しに屈することはない。


20171129-ryuk2-06.jpg



堂島大吾

CV:徳重 聡

東城会直系堂島組組長・堂島宗兵の実子。桐生とは旧知の間柄でかつては彼の舎弟分だったが、11年前の事件で桐生を父の仇だと思い込み忌み嫌う。事件の真相を知ったあとは、目的を見失って自堕落な荒れた生活を送るようになる。


20171129-ryuk2-07.jpg



瓦 次郎

CV:寺島 進

警視庁公安部外事2課の刑事で伊達の先輩にあたる人物だが、その素性や経歴には不明な部分も多い。事件の容疑者を目の前にすると躊躇なく発砲する冷徹な性格から、"鬼瓦"と呼ばれることも。


20171129-ryuk2-08.jpg



高島 遼

CV:白竜

40歳という若さで近江連合執行部の本部長に上り詰めた、近江連合直参近江高島会会長にして"近江連合の頭脳"。策謀を巡らせて数々の功績をあげており、郷田仁からの信頼も厚い。


20171129-ryuk2-09.jpg



倉橋 渉

CV:木下ほうか

主に東アジアの外事事件関係を捜査する、警視庁公安部外事第2課の課長。階級は警視正。冷静沈着で感情を表に出さない性格を買われてか、公安部のなかでも秘匿性の高い任務を担当している。


20171129-ryuk2-10.jpg



別所 勉

CV:木村祐一

府警組織犯罪対策部第四課の課長で、狭山の上司にあたる人物。大阪一帯の裏社会を取り締まる屈強な刑事で、"マムシの別所"として極道者から恐れられている。


20171129-ryuk2-11.jpg



真島吾朗

CV:宇垣秀成

元東城会直系真島組組長で、現在は建設会社の社長。己の欲望に忠実な常軌を逸した行動も多いため"嶋野の狂犬"として恐れられているが、気に入った相手や子分への情は厚く面倒見もいいため、人として慕われることも多い。


20171129-ryuk2-12.jpg

『龍が如く 極2』が"極"である理由を新要素から探る!

作品の核となる"人間ドラマ"はそのままに、物語演出や舞台、新規プレイスポットなど、それ以外の部分はすべて一新された『極2』。ここからは目玉となる新要素を紹介し、どの部分が"極"たるのかをお伝えしましょう


【極ポイント①】"ドラゴンエンジン"が可能にした極上のゲーム体験!

"ドラゴンエンジン"の登場で、新たなステージへと昇った「龍が如く」シリーズ。そのエンジンがもたらした最たる部分は、なんといっても圧倒的なクオリティで生み出されるビジュアルでしょう。今回フルリメイクされるにあたり、キャラクターモデルはもとより、大阪・蒼天堀といった舞台もすべて作り直されています。なかでも歓楽街は外と建物がシームレスにつながる形になり、建物のスケールもリアルを追求したことで、街歩きの感覚がまったく異なっているのです。とくに大阪・蒼天堀はドラゴンエンジンでの再現が初となるため、見ごたえは抜群! もちろん、主観視点にしたままでの移動も可能で、街並みを見渡せば看板1つひとつまで作り込まれていることがわかります。通常のプレイでは気づかない部分まで作り込まれているこのこだわりは、まさに"極"と言えるでしょう。


20171129-ryuk2-13.jpg


「龍が如く」シリーズの華でもある、ド派手なバトルアクションも非常にスタイリッシュに進化。本作では自分や敵の位置で攻撃モーション・リアクションが変化する「フルコンタクト格闘アクション」を採用しています。常に変化があるので戦いが単調になることがなく、どんな状況でも桐生が様になるようなアクションが繰り出されます。


20171129-ryuk2-14.jpg


また、ヒートゲージをためて繰り出せる、いわゆる必殺技的なヒートアクションは50以上も登場します。そのなかでも『極2』ならではの要素が、顔なじみになった街の人々と繰り出せる馴染みヒートアクションです。威力もさることながらその演出も必見で、温度や痛さまでヒシヒシと伝える演出はまさに"極"!


20171129-ryuk2-15.jpg


加えて、本作では拾ったり購入した武器を所持し、戦闘中にいつでも取り出せる「懐武器」システムを採用しています。方向キーの入力で武器をカンタンに切り替えられ、例えば遠隔攻撃をしてくる相手には、こちらも遠隔武器で対応する、といった戦略が取れるようになっているのです。もちろん、武器ごとのヒートアクションも用意され、その威力と演出は目を見張るものばかりになっています。


20171129-ryuk2-16.jpg



【極ポイント②】追加エピソード「真島吾朗の真実」で真島の強さを再確認!

桐生一馬と肩を並べるほどの人気キャラクター、真島吾朗。オリジナル版ではなぜ彼が東城会を辞めて、真島建設を立ち上げていたのか、深く踏み込んで描かれてはいませんでした。しかし『極2』では追加のエピソードとして、真島吾朗の視点で物語を追う「真島吾朗の真実」が追加されています。こちらは本編から完全に独立したエピソードで、本編の進行具合に合わせて順次解禁されていく仕組みです。なお、真島には成長要素がありませんが、真島編で稼いだお金は、本編の桐生に送金することができます。


20171129-ryuk2-17.jpg


真島の戦闘スタイルは"嶋野の狂犬"と呼ばれ、常に鬼炎のドスを装備した状態で、スピーディーかつトリッキーな動きで相手を斬りまくるのが特徴です。ガードをした相手を力押しできるし、逆に武器で攻撃されてもガードできるため、攻守ともにスキがありません。複数人に囲まれてもものともしないその姿はまさに"鬼"!


20171129-ryuk2-18.jpg


ちなみに、真島編は『龍が如く0 誓いの場所(以下龍0)』をプレイしている人ならば、アッと驚く展開が用意されています。それらのサプライズを含め、全盛期の真島の強さをその手で体感できるこのエピソードは、ファンにとって"極上"の体験となるに違いありません。


20171129-ryuk2-19.jpg



【極ポイント③】ドラマも遊びも熱い「新・クランクリエイター」「新・水商売アイランド」

『極2』ではシリーズで人気のプレイスポットが、さらに進化した形で登場します。1つ目は「新・クランクリエイター」で、これは『龍6』で新日本プロレスのレスラーたちが参戦して話題をさらった「クランクリエイター」をベースにした遊びです。今回はレジェンドレスラー(武藤敬司、蝶野正洋、長州力、天龍源一郎、藤波辰爾)たちが参戦。『龍6』でも証明されましたが、プロレス×「龍が如く」シリーズの相性のよさは折り紙付きで、今回もそのハマりっぷりに誰もが圧倒されるはずです。


20171129-ryuk2-20.jpg


ゲームシステムは神室町ヒルズ建設を目指す真島建設の一員として、彼らの侵攻を食い止める「防衛型」のリアルタイム戦略ゲームへと生まれ変わりました。相手を全滅させるだけでなく、施設を守る要素が加わったことで、最後まで緊張感のある戦闘が体験できます。


20171129-ryuk2-21.png


2つ目は『龍0』の真島編で楽しめた、キャバクラ経営バトル「水商売アイランド」がベースになった「新・水商売アイランド」。キャバクラ「フォーシャイン」の店長となった桐生が、来店客の好みに合わせてキャストをつけ、店の売上を上げていくゲームになっています。


20171129-ryuk2-22.jpg


お金がジャンジャン稼げるというゲーム性もさることながら、こちらの注目は『龍0』をプレイした方ならばニヤリとする演出が満載という点。先に挙げた「新・クランクリエイター」を含め、ストーリーは「龍が如く」らしい"極熱"の展開が待ち受けています。


20171129-ryuk2-23.jpg



【極ポイント④】新プレイスポットと新サブストーリーで新しい体験を!

「龍が如く」シリーズに欠かせない、プレイスポットでの遊び。『極2』ではセガ・インタラクティブの店舗用電子POP「トイレッツ」や、懐かしのアーケードゲーム「電脳戦機バーチャロン」など、いい意味でファンの予想を裏切るプレイスポットが多数追加されています。また、オリジナル版にあったプレイスポットも、ゲーム内容が一新されており、かつてやり込んだ方も未体験の興奮と快感を味わうことができます。


20171129-ryuk2-24.jpg


普段の桐生とはまた違う一面が見られることで人気のサブストーリー。『極2』では新規サブストーリーが多数ありますが、なかには『龍6』までシリーズが続いたからこそできる要素が盛り込まれています。もちろん、オリジナル版にあったサブストーリーも、"ドラゴンエンジン"だからこその演出に生まれ変わっているのです。知っているはずの展開だと油断していると、記憶が上書きされるほどの衝撃が待っていますよ。ちなみに、サブストーリーをクリアすることで、先に挙げた「新・クランクリエイター」の組員、「新・水商売アイランド」のキャストとして参加してくれるキャラクターもいます。


20171129-ryuk2-25.jpg

配信中の体験版でいち早く"極"の片鱗を味わおう!

現在PlayStation™Storeでは『極2』の体験版が配信中。メインストーリーの二章「関西の龍」の一部がプレイ可能です。"ドラゴンエンジン"で表現された蒼天堀の街並を満喫できたり、「懐武器」を使ったバトルも体験できたりします。今回お伝えした本作の"極"たる部分の鱗片を味わうことができるので、興味がある方はぜひダウンロードしてみてください。



"ドラゴンエンジン"によってフルリバイバルされた『龍が如く 極2』。特集第一回では、本作の"極"たるポイントを紹介しました。第二回では、桐生をはじめとする人物たちにさらにスポットを当て、『極2』のドラマ部分の魅力をひも解いていく予定です。



▼PS4®『龍が如く 極2』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

龍が如く 極2

・発売元:セガゲームス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2017年12月7日(木)
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,590円+税
    パッケージ版 限定版の極み 希望小売価格 11,590円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,197円(税込)
    ダウンロード版 限定版の極み 販売価格 11,437円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

-----------------------------------------

PS.Blogの『龍が如く 極2』記事はこちら

-----------------------------------------


『龍が如く 極2』公式サイトはこちら

「龍が如く」シリーズポータルサイトはこちら

「龍が如く」公式Twitterはこちら

©SEGA

記事を探す
トップに戻るボタン