PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『風来のシレン』がPS Vitaに初登場! シリーズ20周年記念作品の魅力に迫る!【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2015/05/27

1995年に1作目が発売されて以来、日本のローグライクゲームの金字塔として多くの人たちに親しまれてきた『不思議のダンジョン 風来のシレン』シリーズ。1作目が発売されて20周年となる今年の6月4日(木)に、20周年記念作品として『風来のシレン5 plus』が発売される。特集1回目となる今回は、『風来のシレン』シリーズを遊んだことがない人のために、ゲームの魅力を改めて解説。さらに『5 plus』ならではの要素についても紹介しよう。




■入るたびに構造が変わる「1,000回遊べるRPG」!

『風来のシレン』最大の特徴は、入るたびにダンジョンの構造が変化する点。形はもちろん、敵の配置や罠の場所、拾えるアイテムの内容など変化する要素は多い。さらにほとんどの場合は入るたびにレベルも1になってしまうため、キャラクターを育てて攻略するのではなく、プレイヤー自身が知恵や経験を身に付けていくことで攻略しやすくなるのが大きな特徴。

一般的なRPGとは大きく異なるため最初は戸惑うかもしれないが、「このアイテムにはこんな使い方があったのか!」「あのモンスターはこうすると簡単に倒せる」といったように遊ぶたびに新たな発見があるので、ついつい「もう一回!」と遊んでしまうほど中毒性が高いゲームになっている。



本作のもうひとつの特徴は、ダンジョン内でシレンが倒されてしまうと、基本的に持っている装備品やアイテム、お金などがすべてなくなってしまうこと。とても厳しいペナルティだが、だからこそ緊張感が生まれてとても濃密な時間を過ごすことができる。

「でもやっぱり厳しい......」という人のために、シレンが倒されてもアイテムを失わずに済む「タグ」システムも用意されているので、これを利用すれば初心者でも安心。





■新種の道具を作ったり、モンスターと仲良くなることもできる

続いて『シレン4』以前のシリーズにはなかった、『シレン5』からの要素を紹介しよう。
本作では「秘伝の甕(かめ)」にアイテムを入れておくことで、通常では存在しない効果を持つ「新種道具」を作成することができる。ただし自分で好き勝手に作れるわけではなく、現実の時間経過に応じてアイテムの効果がランダムで変化。「毒を回復したあとにちからを増やす草」など便利なものから、「眠っている間はHPの回復が早くなる腕輪だが、睡眠状態になることを防ぐ効果もあるので眠らない」のような失敗作まで、さまざまなアイテムが生まれる可能性がある。

作成した新種道具を図鑑に登録すると、ダンジョン内で拾ったり、買ったりすることも可能に。何度も試して自分だけのアイテムを作り出そう。



また、「仲良しの証」というアイテムを所持して、証に対応したモンスターが出現するフロアに入ると、証に対応した種類のモンスターすべてが仲間として一緒に戦ってくれる。非常に心強いアイテムだが、間違って仲間のモンスターを攻撃してしまうと、友情は決裂して仲良しの証が壊れてしまう。とはいえ、苦手なモンスターの証を用意しておけば、冒険はグッとラクになるだろう。





■ほかにもポイントカードなどさまざまな要素が!

村のポイントショップでポイントカードをもらっておくと、ダンジョン内にある「ポイントスイッチ」を踏むことで、カードにポイントが溜まっていく。溜めたポイントはポイントショップで様々なアイテムと交換可能。なおダンジョン内で力尽きてしまっても溜めたポイントはリセットされない。コツコツとたくさんのポイントを溜めれば、激レアなアイテムが手に入るかも!?



ほかにも特徴的な要素はまだまだある。敵へ投げてダメージを与える「石」......かと思ったら、どこを向いて投げても必ず右に飛んでいく「右」のように、よく見ると名前がどこかヘンで効果も通常のものとは異なる「まがいものの道具」。アドホックモードを使った「協力・対戦プレイ」。持ち続けることで状態が変化する食料「仙桃」などなど、楽しい要素がこれでもかと盛り込まれている。

さらに『シレン4』から登場した、ダンジョン内の「昼と夜」は今回も健在。『シレン3』以前のシリーズでしか遊んだことがない人なら、たくさんのサプライズを楽しめるだろう。





■PS Vita版では新ダンジョンが追加され、ワイド画面に対応

『シレン5 plus』では、他機種版にはなかった新ダンジョンが追加されている。フロアにいられるターン数が極端に少ない「警告の谷」。全体が水地形で構成されていて、モンスターを倒さないとアイテムが手に入らない「ハンターの池」。ほとんどの道具が未識別で、モンスターを倒すと新たなモンスターがすぐに沸いてくる。

さらにフロアに1体、強力なモンスターまで用意されている「わくわくパラダイス」をはじめとした5つの追加ダンジョン。またPS Vitaサイズのワイド画面への対応やトロフィー機能の追加、右スティックで即座に部屋を見渡せるなどの便利機能も実装されている。

初めてプレイする人はもちろん、他機種版をプレイした人でも満足できる内容と言えるだろう。なお製品版へデータを引き継げる体験版が好評配信中なので、気になる人はまず体験版をプレイしてみよう。



▼『不思議のダンジョン 風来のシレン5 plus フォーチュンタワーと運命のダイス』体験版はこちら!



次回は『シレン5 plus』のディレクター・篠崎氏へ行ったインタビューを掲載。過去作品との違いや新要素についてなどさまざまなことを聞いているので、シリーズのファンはもちろん「最初の『シレン』は遊んだけど、最近は遊んでないなぁ」という人にもぜひ読んでもらいたい。


『不思議のダンジョン 風来のシレン5 plus フォーチュンタワーと運命のダイス』公式サイトはこちら


©Spike Chunsoft Co., Ltd. All Rights Reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン