PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

教えて『バイオ』先生!『バイオハザード7 レジデント イービル』冬季集中講座・開講【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2017/12/04

20171204-biohazard7-00.png

20171204-biohazard7-logo.jpg


2017年1月26日(木)に発売された『バイオハザード7 レジデント イービル』をご存知だろうか? 新たなゲームエンジン「RE ENGINE」の採用や、シリーズのナンバリングタイトルでは初となる主観視点へのフルモデルチェンジ。さらにPlayStation®VRへの完全対応やフォトグラメトリをはじめとしたさまざまな新技術の導入など、数多くの変革に挑んだ意欲作だ。かつてない"恐怖"と未体験の"爽快感"を実現させたその作風は、世界中のゲームファンから喝采を浴び、シリーズ1作目から継承されてきたサバイバルホラーに新たなスタンダードを確立した。その『バイオハザード7 レジデント イービル』が、追加配信されたすべてのDLCと物語の真の最終章となるエピソードの新規DLC2本を収録し、『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』として帰ってくる! しかも4,990円(税込)と低価格なのも大きなポイントのひとつだ。

そこで今回から4回にわたって"教えて『バイオ』先生!"と題し、「バイオハザード」シリーズ担当ライター(先生)とシリーズ未経験者(生徒)による対話形式で『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』を100倍楽しむための基礎知識と魅力の数々をレクチャーしていく。特集第1回は世界設定、物語、登場人物などについて掘り下げていこう。


20171204-biohazard7-01.png

20171204-biohazard7-02.jpg




「バイオハザード」シリーズで一番の魅力といえば?

生徒:ハリウッドで映画化されたり、テーマパークやアミューズメント施設、飲食店とのコラボレーションも行なわれたりと、「バイオハザード」という名前は知っています。けれど、その起源となっているゲームのことはあまり知らなくて......。一番の魅力ってどんなところですか?


先生:なんといっても根幹である「恐怖(ホラー)」の部分だ。ときにはアミューズメント施設などにあるお化け屋敷で味わうようなドキッとする場面に遭遇したり、ときには正体不明の敵に追いかけられたり、扉が開かなくて閉じ込められたり、さらにサウンドでも緊迫感を増大させる効果音や楽曲が使われていたりと、日常では体験することのできない恐怖を存分に満喫することができる。それではなぜ、ほかにもホラーを題材にしたゲームがたくさんあるなかで、1996年3月22日にシリーズ第1弾が登場して以来、20周年を経過した現在もなお「バイオハザード」シリーズが世界中で愛され続けているのかわかるか?


生徒:......怖いけれど、萌えキャラみたいなのが登場するからでしょうか?


先生:ほんの少しだけ正解だな。萌えキャラではないが、魅力的なキャラはたくさんいることだし。正解をいうなら「怖さ+α」という点だ。単純に怖いだけではなく、現在の時間軸の少し未来を舞台にした世界設定、サスペンスドラマを思わせる謎に満ちたストーリー展開、登場人物たちによる人間ドラマ、ギリギリのところで生き延びていくサバイバル感、最善のルートを模索しながら進めていくゲーム性といった恐怖以外の部分も入念に作り込まれているからだ。それによって「怖いけど先が気になる!」とプレイ意欲が大いに掻き立てられ、また数々の恐怖や困難を乗り越えた先には開放感や達成感、そして至高のカタルシスが得られることもあり、エンターテイメント作品として非常に優れたゲーム内容に仕上げられている。


生徒:恐怖以外にも、たくさんの魅力があるんですね。


20171204-biohazard7-03.png

20171204-biohazard7-04.png

20171204-biohazard7-05.png




過去作をプレイしていなくても楽しめる?

生徒:シリーズとしてたくさんのタイトルが発売されていますが、『バイオハザード7 レジデント イービル』は過去作をプレイしていなくても楽しめますか?


先生:もちろんである! 「バイオハザード」シリーズは、現在までにナンバリング作品で7タイトル。スピンオフ作品などを合わせると膨大な数のタイトルが発売されている。シリーズの時間設定は現実世界とリンクしていて、ゲームが発売された年の1年後くらいが物語の時間軸となっているから、フィクションでありながらも現実味が感じられる設定になっているわけだ。それゆえに、現実世界で時間が経過するにつれ、物語の登場人物たちも年齢を重ねてゆく。また世界設定が共通で、過去の作品で活躍した人物が別の作品に登場したり、残されていた謎がその後に明かされる展開もある。そのあたりはシリーズ作品として当然のことなので、やはり「バイオハザード」シリーズの世界を隅々まで味わいつくすなら、過去の作品をプレイするのがオススメだ。今はHD版として、より美しい映像でしかも安価で楽しめるぞ!


生徒:ですよね。でも今から全タイトルをプレイするのはちょっとたいへんかも......。


先生:まあそうだな。ただ『バイオハザード7 レジデント イービル』は過去の作品と共通の世界が舞台になっているものの、映像表現やプレイヤーの視点をはじめ、大部分がリニューアルされた作りになっている。またストーリーに関しても前作の続編というわけではなく、主人公も過去の作品とかかわりのない人物だ。その点では予備知識がなくても十分楽しめる作りになっている。


生徒:この作品をきっかけに、少しずつシリーズを制覇していくのもよさそうですね。


20171204-biohazard7-06.png




『バイオハザード7 レジデント イービル』の舞台はどんな場所?

生徒:『バイオハザード7 レジデント イービル』の物語の舞台は、どこか特定の国や地域が設定されているんですか?


先生:過去の作品では、アメリカ中西部の都市ラクーンシティ周辺、南極、ヨーロッパ、アフリカ、東欧、中国など世界各地を舞台に、ウイルスの漏洩(ろうえい)やバイオテロによって発生したバイオハザード(生物学的危機)にヒーローたちが立ち向かう姿が描かれてきた。シリーズが進むにつれて世界がどんどん広がって、次はどうなるのか? と、先生も毎回気になっているが、なんと『バイオハザード7 レジデント イービル』ではアメリカ南部のルイジアナ州にある一軒の邸がメインの舞台になっている。


生徒:え? これまたずいぶん規模が縮小されましたね。


先生:そう! そこが本作のポイントでもある。本作ではあらためて「今のゲームファンのみなさんにもう1度「バイオハザード」の原点を楽しんでもらおう!」と見直され、"狭く・深く"というコンセプトのもとに制作されている。そのため舞台は1軒の邸がメインだが、そのリアリティを最大限に高めるため、スタッフをアメリカのルイジアナ州に派遣。プランテーションハウスと呼ばれる邸や廃屋、博物館などを取材し、その膨大な資料写真をもとに邸の構造、外装、壁、床板、部屋の作り、家具、農機具といったものまで、1つひとつ、ていねいに制作されている。おそらく実際にルイジアナ州に行ってみると、既視感に襲われる風景や場所があるかもしれないな。


生徒:アメリカなので気軽に「聖地巡礼」はできませんが、ちょっと訪れてみたくなりますね。


20171204-biohazard7-07.png

20171204-biohazard7-08.png




物語、主人公、登場人物についての基礎知識

生徒:プレイする前に物語や主人公についても知っておきたいのですが......。あ、でも知ってしまうと楽しみがなくなるような部分はNGで!


先生:それでは発売当時の状況を教えよう。『バイオハザード7 レジデント イービル』のプロモーションは「実際にプレイして探ってほしい」という方針のもとで進められ、発売前には断片的な情報のみで、物語や登場人物についてはほとんど公開されなかった。そのためユーザーは配信されたPVのセリフからキーワードを探したり、現在配信中の無料体験版『バイオハザード7 ティザー ~ビギニングアワー~』をプレイして情報を集めたりして発売日に備えていた。当時と同じ状況でプレイしたいなら、なるべく情報を仕入れずにプレイするのがいいな。


生徒:う~ん......。でもちょっと知っておきたいので軽くお願いします。


先生:ある日、主人公のイーサン・ウィンターズのもとに、3年前に消息を断った妻のミアからメールが届く。イーサンはその手がかりを頼りにルイジアナまで車を走らせ、とある一軒の古びた邸に足を踏み入れるのだった......と。


生徒:......それで?


先生:おいおい、これ以上は実際にプレイすればわかることだから。あ、でも登場人物くらいはいいかな? 邸で暮らしているのはベイカー一家で、父ジャック、母マーガレット、長男ルーカス、長女ゾイの4人。邸を訪れたイーサンを"ファミリー"の1人として、あの手この手で盛大に歓迎してくれる。ちなみにキャラクターのモデリングは、実際にアクターさんに特殊メイクをほどこして、膨大な数のカメラで撮影し、開発機材に取り込んで、それをさらに加工して、という手順でものすごく手間をかけて制作されている。それだけに肌の質感とか髪の毛のボサボサ具合とか細かい部分まで本当にリアルで、顔を近づけられると体臭まで感じられそうなクオリティだ。そのほか敵としてモールデッドと呼ばれる謎の存在が登場するが、この敵のデザインもかなり不気味でゲーム展開を盛り上げてくれる名脇役となっている。そんな感じで今回は世界設定、物語、登場人物についてレクチャーしたけど理解してもらえたかな?


生徒:怖さのほかにも魅力がありそうですし、過去の作品をプレイしていなくても楽しめそうで興味がわきました。


先生:うむ、興味をもつことはいいことだ! 次回は、本作のゲームシステム、探索、戦闘、謎解きなどについてレクチャーしてくぞ!


20171204-biohazard7-09.png

20171204-biohazard7-10.png

PS Storeでダウンロード版の予約受付中! 予約特典として「BIOHAZARD 7 resident evil - ジョー」テーマが付属!

PlayStation™Storeでは『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』ダウンロード版の予約を受付中です。予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日の午前0時よりダウンロードを待つことなくプレイできます。

予約特典として、「BIOHAZARD 7 resident evil - ジョー」テーマが付属! この機会に、ぜひご予約ください。



▼PS4®『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®VR
・ジャンル:サバイバルホラー
・発売日:2017年12月14日(木)
・価格:
 通常Ver. ダウンロード版 販売価格 4,990円(税込)
 グロテスクVer. パッケージ版 希望小売価格 4,990円+税
 グロテスクVer. ダウンロード版 販売価格 4,990円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO
 通常Ver.:D(17才以上対象)
 グロテスクVer.:Z(18才以上のみ対象)

※PlayStation®VR対応
※「通常Ver.」は、ダウンロード版のみの販売となります。

※「グロテスクVer.」ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

------------------------------------------

PS.Blogの『バイオハザード7 レジデント イービル』記事はこちら

------------------------------------------


『バイオハザード7 レジデント イービル』公式サイトはこちら

©CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

記事を探す
トップに戻るボタン