PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『Horizon Zero Dawn Complete Edition』発売!『凍てついた大地』も遊べてお得!【特集第2回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2017/12/07

20171207-horizon-00.jpg


機械の獣たちが地上を支配した世界で、自らの出自を知るために旅をする『Horizon Zero Dawn(以下、Horizon)』。11月7日(火)には新たなエリアや敵、物語を追加する拡張コンテンツ『凍てついた大地』が配信開始され、ふたたび大きな盛り上がりを見せている。そして本日12月7日(木)、本編と拡張コンテンツが同梱された『Horizon Zero Dawn Complete Edition』が発売! 本作を未体験の人にはお得なパッケージとなっている。そこで特集第2回は、『凍てついた大地』を含めた『Horizon』だからこその体験を、電撃PlayStation編集部がお伝えする。


◆『Horizon Zero Dawn Complete Edition』ローンチトレーラー


20171207-horizon-01.jpg


『Horizon Zero Dawn Complete Edition』で新たにスタートした場合は、すでに『凍てついた大地』も同梱されているため、最初から新スキルや主人公・アーロイのモーションなどの追加要素などは解放されている。なお、『凍てついた大地』の拡張内容は第1回で解説済みなので、そちらも合わせて読んでほしい。

『凍てついた大地』で広がる『Horizon Zero Dawn』の楽しみ方は?

ストーリーの掘り下げ、エリアや機械獣の追加など圧倒的な物量で、『Horizon』の世界を拡張して世界中のファンの心をつかんだ『凍てついた大地』。その面白さの根底にあるのは、『Horizon』本編が持つ圧倒的な世界設定から生み出された新たなゲーム体験だ。そこで、まだ本作を未体験の人に向けて、『Horizon』のどんな体験がファンを魅了するのかをピックアップ!

壮大な自然と無機質な獣たちが織り成す独自の世界観

『Horizon』の舞台となるのは、人類の文明が滅んでから約1000年後の地球。人類の文明レベルは大きく衰退し、いくつかの部族に別れ、集落を築いて生活している。人間に代わり生態系の頂点に立ったのは、機械の獣たち。崩壊し、自然に飲み込まれた人類の建造物と、機械でできた生物が同居した、退廃的ながらどこか美しい世界が『Horizon』の魅力のひとつだ。


20171207-horizon-02.jpg


本作のフィールドはオープンワールド形式。ストーリーをある程度進めると、自由にフィールドのすべての場所にアクセスできるようになる。当然、強力な敵がいるエリアは相応の危険を伴うものの、思うがままに行動できるのはオープンワールドならではの魅力だ。『Horizon』では、その独特な世界設定ゆえの美しい風景がいたるところに存在する。戦闘だけでなく、そうしたあるがままの景色を眺めて歩くだけでも非常に楽しめるだろう。



なお、これらの美しい風景を残せる「フォトモード」へのこだわりも『Horizon』の魅力であり、今も多くのファンが熱中している要素だ。単にその場を切り取るだけでなく、アーロイのポーズやフィルターのかけ方で、同じ風景でもまったく異なる印象の写真を撮ることができる。そこでここでは『凍てついた大地』で追加された"狭間エリア"での、見映えのするカットをいくつかお見せしよう。雪積もる白銀の大地は、昼夜の違いや光源の当たり具合で見せる顔が変わるので、いろいろと試してもらいたい。

感情移入しやすく、それでいて物語の広がりを感じさせるストーリー

本作の主人公・アーロイは、ノラ族と呼ばれる部族の女性。とある理由で異端者として隔離されたアーロイはさまざまな困難を乗り越えて、狩人として堅い意志や技能を身に付けていく。幼少期から自分が嫌われる理由もわからずに迫害されており、プレイを通じてそれを追体験することで、プレイヤーはよりアーロイの心情に深く感情移入していくことになる。自身の部族の掟のために世界から隔離され、それゆえ常識にとらわれない彼女の視点は、そのままゲームを遊ぶプレイヤーと視点が重なる形に。そのため、メインストーリーや多彩なサブクエストでアーロイが学ぶことは、そのままプレイヤーの知識となり、ムリなく自然にこの世界の文化や特徴を把握していけるようになる。


20171207-horizon-09.jpg


アーロイが旅に出る目的は、自分の出生の秘密を知ること。その道中でさまざまな部族の間にわだかまる問題や、禍ツ機と呼ばれる正体不明の機械の襲撃など、この世界の多くの問題に直面していく。そして、やがては崩壊した文明と機械の秘密にも迫ることに......。いかにして人類はここまで衰退したのか。機械獣の目的とは何なのか。謎に包まれた真実に迫るたび、この世界の景色が、また違って見えてくるだろう。もちろん『凍てついた大地』で追加されたバヌーク族との交流も、その世界観の深掘りにひと役買っている。ぜひ忘れずに"狭間"に足を踏み入れてほしい。


20171207-horizon-10.jpg



機械でありながも"生命"を感じる機械獣たち

アーロイの前に立ちふさがる機械獣のほとんどは、現実世界に存在する動物(本作の設定的には、崩壊前に存在した動物)をモチーフとしている。注目すべきは、姿を似せているだけでなく、元となった動物の生態すら模倣しているということだ。例えばワニ型の"スナップモウ"は、通常水の中に潜んでおり、頭の上半分を水面から出して獲物を探している。また、ハゲワシのような"グリントホーク"は、壊れた機械獣の残骸に群がり、その体をついばむ習性を持っている。体は機械なのに、行動は動物的な機械獣の生態を観察するのもおもしろい。


20171207-horizon-11.jpg

20171207-horizon-12.jpg



スピーディーなアクションと、部位破壊による戦術が同居する戦闘

スピード感溢れるバトルも、本作の持ち味。近接武器の槍や、さまざまな属性矢を扱える弓、ワイヤートラップを仕掛けられるトラップキャスターや、ワイヤーで相手を拘束して動きを止めるロープキャスター、複数のボルトを連射するラトラーなど、多彩な武器で敵と戦うことができる。スキルを習得すれば、ジャンプしながら弓を撃ったり、スライディングで敵の懐に潜りこみ、腹部の弱点を狙ったりというスタイリッシュなプレイも可能だ。


20171207-horizon-13.jpg

20171207-horizon-14.jpg


機械獣は多数の装甲のほかに、種別ごとに特殊なパーツを装備していることがある。これらのパーツは特定の攻撃で壊すことが可能で、破壊に成功すれば敵の攻撃手段を減らしたり、追加の素材パーツを入手したりもできる。また、一部の巨大な機械獣は装着中の特殊な武器パーツを落とすこともあり、これを拾って利用すればケタ違いのダメージをたたき出すことも! なお、アーロイは独自に手に入れた"フォーカス"と呼ばれる機器を使い、機械獣の構造や弱点、耐性などを視覚的に調査できる。これにより、激しいアクション中も狙う箇所が判別しやすくなっている。


20171207-horizon-15.jpg


この弱点に有効な攻撃はさまざまで、例えば動力源を雷の矢で撃ち抜くと、爆発して周囲の敵をまとめて感電させたり、ブレイズキャニスター(燃料タンク)を炎の矢で撃つと、燃料が誘爆して大爆発を起こしたりできる。たとえ複数の機械獣が相手になっても、有利に立ち回れるので狙う価値はかなり高い。ただし、これら弱点部位は装甲で守られていることが多い。そのため、あらかじめ通常攻撃でその装甲をはがしたり、装甲に覆われていない角度から弱点を攻撃したりするなどの工夫が必要だ。このように、自分の一射が大きく戦況を変えるのがとても爽快で、部位破壊の気持ちよさと戦術が両立しているのが、『Horizon』の魅力といっても過言ではないだろう。


20171207-horizon-16.jpg


また、ストーリーを進めると、機械獣をハッキングして味方にできる"オーバーライド"を習得できる。戦闘時に戦わせるだけでなく、特定の機械獣は騎乗して移動のために使うことができるように! 辛酸をなめさせられていた機械獣が一転して味方になったときの喜びと頼もしさは病み付きになること間違いなし!


20171207-horizon-17.jpg



退廃的かつ美しい世界で紡がれるドラマと、無機質ながらも生物的でもある機械獣と戦い......。『Horizon』で完成されたその世界は、初の拡張コンテンツ『凍てついた大地』でさらに花開き、多くの人々から絶賛された。間違いなくPlayStation®4の歴史に残る1本なので、まだ未体験の人は『Horizon Zero Dawn Complete Edition』を、ゲーム本編を体験済みの方は拡張コンテンツ『凍てついた大地』をぜひ手に取ってほしい。


------------------------------------------

Horizon Zero Dawn Complete Edition (ホライゾン ゼロ ドーン コンプリートエディション)

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:オープンワールド・アクションRPG
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 5,900円+税
 ダウンロード版 通常版 販売価格 6,372円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

※『Horizon Zero Dawn Complete Edition』には拡張コンテンツ「凍てついた大地」の内容が含まれます。

------------------------------------------

Horizon Zero Dawn (ホライゾン ゼロ ドーン):凍てついた大地

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:オープンワールド・アクションRPG
・発売日:好評発売中
・価格(ダウンロード販売のみ):2,160円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

※本コンテンツをご利用いただくには、別売りの製品版が必要です。また、製品版での最新アップデートをご利用ください。
※本コンテンツで追加されるクエストやエリアをプレイするには、製品版のメインクエスト「門前の使者」までゲームを進行する必要があります。

------------------------------------------

PS.Blogの『Horizon Zero Dawn』記事はこちら

------------------------------------------


『Horizon Zero Dawn』公式サイトはこちら

©2017 Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Guerrilla.

記事を探す
トップに戻るボタン