PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【PS VR】VRの基礎知識やVRの世界を楽しむためのポイントを総まとめ!

by PS.Blogスタッフ 2017/12/08

PS VRの世界へようこそ! 没入感を超えたまったく新しいゲーム体験

PlayStation®4の魅力を高め、ゲーム体験をさらに豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システム"PlayStation®VR"。これまでに味わったことのない、まったく新しい感動体験がきっとあなたを待っている!

※電子版フリーペーパー『Monthly PlayStation® 〜PlayStation®.ブログ スペシャルエディション〜』12月号の記事を再構成したものです。


そもそも"VR"って何?

"VR"はVirtual Reality(バーチャルリアリティ)の略で、"もうひとつの現実"を作り出す技術の総称。コンピュータでCGや実写の3D空間を描き出し、映像と音響により仮想世界を創出する。立体視が可能なディスプレイを備えたヘッドセット等を装着すると、その世界に入り込み、まるでその場にいるかのような体験が味わえる。頭を動かせば、3D空間の映像もリアルタイムに変化。上を向けば上部の映像が、下を見れば足元の映像が映し出される。さらに、立体音響が360度あらゆる方向からの音を再現し、臨場感を高めてくれるのだ。


没入感を超えたまったく新しいゲームプレイ感覚

VRヘッドセットをかぶると、プレイヤーの360度全方向を取り囲む迫力のある3D空間が出現。独自の3Dオーディオ技術との連動によって生まれる圧倒的な臨場感により、ゲームの世界に本当に入り込んでいるかのような体験ができる。

※3D立体視の見え方やPS VRヘッドセットの装着感には個人差があります。


誰でも手軽に遊べるゲームを計5種類収録! 『PlayStation®VR WORLDS』



家族や友達とも楽しめる多彩なVRゲーム

目の前に広がるVRの世界を1人で心ゆくまで楽しめるゲームはもちろん、VRヘッドセットをかぶったプレイヤーとTVモニターを見ているプレイヤーが対戦するパーティーゲームや、オンラインマルチプレイ対応ゲームなど、多彩なVRゲームを遊ぶことができる。


PS VRを買ってすぐにみんなでワイワイ遊べる! 『THE PLAYROOM VR』(無料)



PS VRがもたらす"センス オブ プレゼンス"

VRにおいて重要なのは、別の世界に自分が存在するという"センス オブ プレゼンス"(存在感、実在感)。PS VRでは、滑らかな映像表現を可能にするフルHD有機ELディスプレイ、視野角約100度の実現に貢献する光学レンズ、3Dオーディオ技術などにより、ゲームの世界に入り込んだかのような感覚を味わうことができる。映像をより滑らかに表示するために、最大120fpsで映像を表示するので、頭をすばやく振っても違和感なく美しい映像を楽しめる。




映画や360度映像などゲーム以外の楽しみも!


PS VRでは、PS VR対応タイトルだけでなく、PS VRに対応していないPS4®タイトルを遊んだり、CGムービー、ミュージックビデオ、360度実写映像などの多彩なVRコンテンツを観たり、「ナスネ」での番組・ビデオ視聴、PS Storeへのアクセス、フレンドとのコミュニケーションやSHARE機能を用いた体験の共有など、さまざまな楽しみ方ができる。



「ソーシャルスクリーン」機能で周りの人たちも楽しめる

PS VRは、「ソーシャルスクリーン」機能によりテレビモニターにも映像を出力できるので、VRヘッドセットを装着した人だけでなく、複数人で一緒にVRの世界を楽しむことができる。モードには以下の2種類がある。


ミラーリングモード
VRヘッドセットで見ているものと同じ映像をテレビモニターに出力。家族や友達が遊んでいるVRゲームの世界を見ながら、みんなで盛り上がれる。

セパレートモード
VRヘッドセットとは異なる映像をテレビモニターに出力。VRヘッドセットを装着していない人も、違った視点から一緒にゲームを遊ぶことが可能。



まるで映画館の特等席! 仮想空間内の大迫力スクリーン「シネマティックモード」

PS VRには「シネマティックモード」という機能があり、プレイヤーはVRヘッドセットに映し出される仮想空間内の巨大な画面でPS4®ゲームを含むコンテンツを2Dで楽しむことができる。



シネマティックモードでは、仮想空間内の約2.5メートル先にスクリーンが現われ、画面サイズは小(117インチ相当、視野角54度)、中(163インチ相当、視野角71.5度)、大(226インチ相当、視野角90度)の3段階から選択できる。LPCM2ch, 5.1ch, 7.1chのオーディオをバーチャルサラウンドサウンドとしてヘッドホンで楽しむこともできる。

※体感するサイズには個人差があります。 
※Blu-ray 3D™コンテンツ以外の3D映画や、3D立体視ゲームは仮想空間内のモニターに2Dで表示されます。
※PS4®からの3D映像出力をするためには、プロセッサーユニットを3D対応TVに接続する必要があります。



360度動画/写真コンテンツも楽しめる!

全天球カメラなどで撮影された360度全方向を見渡せる動画や写真も楽しむことができる。あたかもその空間に自分が存在しているかのような体験が手軽に味わえるのだ。




さまざまなVR映像が楽しめる無料アプリケーション



さまざまな著名人がPS VRを体験「VRラボ」

PS VRの楽しみ方を発信していくため、ゲーム好きの著名人、文化人、クリエーターたちがPS VRのさまざまなニュースを紹介中!


▼PS VRで人気のゲームや映像コンテンツはコチラをCheck!

PS VRで快適に遊ぶために

何が必要?

PS VRで遊ぶにはPlayStation®4とPlayStation®Cameraが必要。ほぼ全てのPS VRタイトルはワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)でプレイ可能だ。一部のタイトルにはPlayStation®Move(PS Move)モーションコントローラー専用のものがある。


PlayStation®4

PlayStation®Camera



対象年齢は?

PlayStation®VRの対象年齢は12歳以上。12歳未満はPS VRヘッドセットを使用しないよう注意が必要。



どういう環境が必要?


VRヘッドセットは座った状態で使用することが推奨されている。プレイエリア内は右の図を参照のこと。

独自のテクノロジーが実現する最先端のVR体験
VRヘッドセット

VRヘッドセットには、サイズ5.7インチ、1920×RGB×1080のOLEDディスプレイを搭載。ひとつのピクセルを構成するサブピクセルに赤、緑、青の3原色を間引くことなく使っているため、非常に豊かに色彩を描写できる。さらに加速度センサー、ジャイロセンサーを内蔵し、頭部の動きを把握。表面には9つのLEDライトを搭載し、ライトの位置情報をPS Cameraが取得することで頭部の位置を正確に認識する。こうしたテクノロジーにより、圧倒的な臨場感を生み出しているのだ。



さらに快適になった
最新モデルのPS VR(CUH-ZVR2)

VRヘッドセット後部にステレオヘッドホン端子を配置
同梱ステレオヘッドホンの接続でケーブル配線をVRヘッドセットに一体化

ヘッドバンドにヘッドホンを接続でき、顔周りのケーブルが気にならない快適な装着感を実現。未使用時にはヘッドホンをイヤーピースホルダーに収納することもできる。スコープ底面に音量ボタンがあり、装着時のボタン操作も簡単に行なえるようになった。VRヘッドセットとプロセッサーユニットをつなぐケーブルも、よりスリムな一本のケーブルに集約されている。



プロセッサーユニットがHDR映像のパススルーに対応

VRヘッドセットの電源がオフの状態でPS4®をTVモニター上で楽しみたい時も、HDR映像データのパススルー対応により、PS4®とTVモニターの間に接続されているプロセッサーユニットを取り外すことなく楽しむことができる。



<「PlayStation®VR PlayStation®Camera同梱版」 商品概要>


商品名 PlayStation®VR PlayStation®Camera同梱版
型番 CUHJ-16003
発売日 好評発売中
希望小売価格 44,980円+税
内容物 VRヘッドセット × 1
PlayStation®Camera × 1
プロセッサーユニット × 1
ステレオヘッドホン (イヤーピース一式) × 1
各種ケーブル/コード 、ACアダプター

<PlayStation®VR 本体概要>


型番 CUH-ZVR2 シリーズ
外形寸法 VRヘッドセット:約187 × 185 × 277 mm (幅×高さ×奥行き、最大突起部除く、ヘッドバンド長さ最短)
プロセッサーユニット:約150 x 39 × 114 mm (幅×高さ×奥行き、最大突起部除く)
質量 VRヘッドセット:約600g (ケーブル含まず)
プロセッサーユニット:約300g
ディスプレイ方式 OLED
ディスプレイサイズ 5.7インチ
ディスプレイ解像度 1920×RGB×1080 (左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)
リフレッシュレート 120Hz、90Hz
視野角 約100度
搭載センサー 6軸検出システム (3軸ジャイロ・3軸加速度)
接続端子 VRヘッドセット:HDMI端子、AUX端子、ステレオヘッドホン端子
プロセッサーユニット:HDMI TV端子、HDMI PS4端子、USB端子、HDMI出力端子、AUX端子
プロセッサーユニット機能 3Dオーディオプロセッシング、ソーシャルスクリーン (ミラーリングモード/セパレートモード)、シネマティックモード

PS VRのココが知りたい! Q&A

Q:メガネをしていても遊べますか?

A:個人差はありますが、基本的にメガネをかけた状態でも遊べます。PS VRは約2~3m先に焦点が合うように設計しています。お使いのメガネが、約2~3m先の物が正しく見えるよう視力を矯正するものであれば、見える映像は日常生活で見えているのと同様のものとなり、問題なくお使いいただける想定です。また、メガネ(視力矯正具)の大きさやデザインについてはPS VRのスコープ(ゴーグル様の部分)からはみ出さないものであれば使用可能です。



Q:PS VR は頭のサイズに合わせて調整することができますか?

A:ヘッドバンドを広げることでサイズの調整が可能です。



Q:PS4®にPS VRを接続した場合、TVに接続しなくても使えますか?

A:PS4®+PlayStation®Camera+PS VRでゲームなどをプレイすることは可能ですが、PlayStation®Cameraの初期設定などを行なう際にTVを見ながら設定していただく部分があります。ただし、『THE PLAYROOM VR』をはじめ、PS VRだけではプレイいただけないタイトルや設定いただけない項目もあり、基本的にはTVを接続してお使いいただくことを前提としています。



Q:PlayStation®Move モーションコントローラーが必須のタイトルもありますか?

A:ほぼ全てのPS VRタイトルはDUALSHOCK®4でプレイ可能です。一部のタイトルではPlayStation®Move モーションコントローラーを使用します。PlayStation®Moveは、CEJH-15018とUSBケーブル(Mini-B端子)を同梱したCECH-ZCM1JY、どちらもご使用いただけます。CEJH-15018を使用される場合、PS4®とのペアリングやUSB ケーブルを使用して充電を行なう場合は、PS3®とDUALSHOCK®3の接続に使用していただいたmini-Bタイプの端子形状のケーブルが必要となります。



Q:PlayStation®Moveを使用するためにPlayStation®Eye(PS3®専用USBカメラ)は必要ですか?

A:PlayStation®EyeはPS4®ではご利用いただけません。PS VRでPlayStation®Moveをお使いいただくためにはPlayStation®Cameraが必要です。



Q:PS VRではどのようなヘッドホンが使用可能ですか?

A:PS VRには内容物としてステレオヘッドホン(イヤーピース一式)が付属していますが、3.5mmステレオミニプラグのステレオヘッドホンであれば3D オーディオ出力でPS VRをお楽しみいただくことができます。ただし、お使いになるヘッドホンの形状によっては装着時にVR ヘッドセットと干渉する可能性がありますのでご注意ください。



Q:周辺機器のワイヤレスサラウンドヘッドセット(CUHJ-15001/CUHJ-15005)は対応していますか?

A:対応しています。PS VRでワイヤレスサラウンドヘッドセットを使用する際には、有線接続することでPS VRの3Dオーディオをお楽しみいただけます。
※サラウンドヘッドセットの機能である7.1chバーチャルサラウンドは、PS3®、もしくはPS4®にワイヤレスでの接続時のみ利用可能となります。PS VRを使用中はサラウンドヘッドセットの無線接続による音声出力およびマイク入力は使用できません。



Q:ヘッドホン使用時にTVから音声は出力できますか?

A:TVとヘッドホンどちらからも音声が出力可能です。



Q:PS VRを使用するためにはネットワーク接続は必須ですか?

A:ネットワーク接続は必須ではありませんが、PS VR が発売される前にご購入いただいたPS4®のシステムソフトウェアはPS VR に未対応のため、対応するシステムソフトウェアへアップデートを実施していただく必要があります。その際、ネットワーク接続ができない状況である場合には、プレイステーションカスタマーサポートへご連絡いただき、システムソフトウェアアップデートディスク(400円(税別))をお求めいただいて、それを使用してシステムソフトウェアのアップデートを実施していただく必要があります。



Q:PS VR対応ソフトウェアはダウンロード版のみの販売ですか?

A:現在販売されているPS4®対応ソフトウェアと同様に、パッケージ版も販売されるものとダウンロード版のみの両方の形態があります。(ソフトウェアにより異なります)


------------------------------------------

PS.BlogのPlayStation®VRページはこちら

------------------------------------------


PlayStation®VR公式サイトはこちら

PS.Blog特別編集・月刊電子版フリーペーパー「Monthly PlayStation®」12月号をReader Storeで限定無料配信中!

©2016 Sony Interactive Entertainment Europe

©2016 Sony Interactive Entertainment Inc.

©2016-2017 360Channel,Inc.

The Content on the Little Star Media Services (“Services”), including without limitation, the text, software, scripts, graphics, photos, sounds, music, videos, interactive features and the like (“Content”) and the trademarks, service marks and logos contained therein (“Marks”), are owned by or licensed to Little Star Media (“LSM”), subject to copyright and other intellectual property rights under the law.

Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.

©2014 Google

記事を探す
トップに戻るボタン