PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

教えて『バイオ』先生! 『バイオハザード7 レジデント イービル』冬季集中講座【特集第2回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2017/12/08


"教えて『バイオ』先生!"と題し、「バイオハザード」シリーズ担当ライター(先生)とシリーズ未経験者(生徒)による対話形式で『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』を100倍楽しむための基礎知識と魅力の数々をレクチャーしていく特別企画。第2回となる今回は、ゲームの進め方、探索、謎解き、戦闘などについて解説していこう。

システム部分の大きな特徴のひとつとして、過去の作品では固定型やビハインドビューだったカメラが、ナンバリングタイトルでは初めて1人称視点「アイソレートビュー」を採用したことが挙げられる。これによって探索や戦闘に関しても臨場感や没入感をダイレクトに味わえ、スリルと恐怖に満ちた脱出劇が、より濃密に楽しめるようになっている。ただ、見た目は変わっていてもプレイ感覚や遊びの部分などは間違いなく「バイオハザード」だとわかる作りになっているところがポイント。その点を踏まえ、各種システムの解説を読み進めていってほしい。





『バイオハザード7 レジデント イービル』の進め方

生徒:先生こんにちは、みなさんこんにちは!


先生:はいこんにちは! 今日も絶好の「バイオハザード」びよりだな。さっそく始めていこうか。


生徒:それじゃ質問です。『バイオハザード7 レジデント イービル』は「サバイバルホラー」というジャンルですが、どういった手順で進めていくのですか?


先生:『バイオハザード7 レジデント イービル』ではプレイヤーとなる主人公が、妻のミアを捜して足を踏み入れたベイカー邸に囚われる。そのため、ミアを救出すること、そして邸から脱出することが目的となる。ゲームを開始したら左スティックで移動、右スティックで方向転換を行ないながら邸の隅々を見回り、あちこちで情報を集めたり、アイテムなどを回収。仕掛けを解除したり、鍵を見つけると閉ざされていた扉やルートが開くので、先のエリアへと進んでいく、とまあこんな感じだ。本作ではアイソレートビューにより、過去の作品よりも強く画面内の主人公(イーサン)との一体感が味わえるのも大きな魅力のひとつといえる。たった1人で邸に閉じ込められた主人公の恐怖感・緊張感・孤独感、それらをプレイヤー自身もリアルに感じながらプレイすることができるということだ。また本作はオープニングからエンディングまで全編PlayStation®VRに対応しており、こちらを利用してプレイすると自分自身がベイカー邸に迷い込み、邸内を探索しているかのような感覚でプレイできる。しかも物陰に隠れながら通路の奥を覗き込んだり、柵から身を乗り出して下を見たりなど、PS VRならではのアクションも用意されている。こちらも1度は体験してみてほしい。





アクションが苦手でもプレイできる?

生徒:このシリーズはアクション要素もあるようですが......じつは自分、ハードなものは苦手なんです。ついて行けるでしょうか?


先生:ゲームの難易度は、スタート時に「Casual」と「Normal」から選択できる。「Normal」と比べて「Casual」は敵の動きが遅く、受けるダメージも少ない。そのうえ、ゲームオーバーになったときに再スタートできるチェックポイントも多いので、ビギナーにはオススメしたい。また「Casual」と「Normal」ならデータのセーブが無制限に行なえるので、こまめにセーブしながら進めるのもうれしいポイントのひとつだ。そのほか絶対に覚えておいてほしいのが、敵の攻撃は、L1ボタンでガードできるということ! これだけで受けるダメージが大幅に軽減されるので、強敵と遭遇したらまずはガードをして、反撃のスキをうかがおう。





戦闘で勝てないときにはどうすればいいの?

生徒:どうもあせってしまい、銃で狙いをつけての攻撃がうまくできません。どうすれば上達しますか?


先生:アイソレートビューによって敵との距離が近く感じられ、不気味な姿のクリーチャーが目の前に迫ってくるとあせってしまう気持ちもわかる。だが、立ち向かわなくては道は開けない! まずは敵との距離をとり、動作や攻撃方法などを観察しよう。敵をじっくり見ることで少なからず恐怖が克服でき、なおかつ敵のリアクションや攻撃範囲、攻撃してこないタイミングや攻撃が大振りになる瞬間など、さまざまな情報を得られるはずだ。敵は基本的に頭部が弱点なので、落ち着いて狙って攻撃しよう。距離を詰められそうになったら、早めに逃げるのもポイント。なお、モールデッドと呼ばれる黒色のクリーチャーも頭部が弱点だが、腕を攻撃して破壊すると攻撃能力、足を破壊すると移動能力を下げることができるので覚えておいたほうがいい。


生徒:攻撃を受けるとパニック状態になって、もうわけがわからなくなってしまいます......。


先生:敵の攻撃を受けると体力が減少し、画面が徐々に赤色に変わっていく。画面の赤色が濃くなってきたら、無理をせずに敵から離れよう。そして回復薬を使って体力を回復してから改めて攻撃を仕掛けていくように! なお、持ち歩けるアイテムの数は限られているが、回復薬は多めに準備しておきたい。ただ銃器や弾薬を多く所持していれば精神的にも安心できるはずだ。あと、探索中に大事なアイテムを見つける場合もあるので、所持品の枠は少し空けておきたい。さて、ここで問題。何を重視するのがベストだと思う?


生徒:私は戦闘が苦手なので回復薬を重視したいですね。


先生:正解! といっても、答えはプレイヤーの技量しだい、状況しだいということだ。「バイオハザード」シリーズでは「アイテム管理」と呼ばれていて、すぐに使うもの、すぐに使わなさそうなものを見極め、限られた所持品枠をやりくりしながら進めていくとのも楽しみのひとつであり、攻略のポイントにもなっている。上達するとダメージを受けにくくなり、回復薬の所持数を減らせるので、より効率的に活動できるようになるだろう。





1度エンディングを迎えたあとの楽しみなどはありますか?

生徒:いろいろとフォローされていて、アクションが苦手な私でも先に進めそうな気がしてきました。そうそう! 1度エンディングを迎えたあと、2周目とかって何か変化があるのでしょうか?


先生:クリアした難易度やプレイ内容に応じて、2周目以降のプレイで使える特典が入手できる。まず、どの難易度でも1度クリアすると「アルバート-01R」という強力なハンドガンが手に入る。あと「Normal」以上なら、所持しているだけで防御力が上がる「防御の極意」が入手できるぞ。そのほか、ゲームを4時間以内にクリアすれば、さらに強力な武器がもらえるので、ぜひともそこまでがんばってほしい。


生徒:4時間でクリアできてしまうんですか? 『バイオハザード7 レジデント イービル』って、そんなに短いんですか?


先生:いやいや、勘違いしないでくれ。この4時間というのは1周目を終えて、すべてを知り尽くしたプレイヤーがテクニックを駆使し、時間を切り詰めてようやくたどり着くひとつの境地だ。普通にプレイすればもっと時間はかかるし、逆に最初のプレイでここまで急ぐ必要はまったくない。最初は時間をかけてプレイをして、細かい演出などをじっくり堪能しながら進めてほしい。最善の攻略ルートを模索したり、ボスについても倒し方が複数存在する相手もいるので、いろいろと試しながら楽しんでほしい。

あと、クリア後のお楽しみとしては、現在DLCとして配信されている「発禁フッテージ Vol.1」「発禁フッテージ Vol.2」。そして新たに追加される完全新規エピソードの「END OF ZOE」「NOT A HERO」も該当するが、なんと12月14日(木)に発売される『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』には、これらすべてが収録されている(※)! しかも4,990円(税込)という破格の値段でだ!!


生徒:それは、かなりオトクですよね。


先生:ものスゴイオトクだし大盤振る舞いともいえるだろう。これから挑戦しようと思っている人は『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』が間違いなくオススメだ。ちなみに追加コンテンツの「発禁フッテージ Vol.1」「発禁フッテージ Vol.2」と、「END OF ZOE」「NOT A HERO」については次回、特集第3回でみっちりレクチャーするので、楽しみにしていてほしい。

※無料エピソード「NOT A HERO」は別途ダウンロードが必要です


PS Storeでダウンロード版の予約受付中! 予約特典として「BIOHAZARD 7 resident evil - ジョー」テーマが付属!

PlayStation™Storeでは『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』ダウンロード版の予約を受付中です。予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるので、発売日の午前0時よりダウンロードを待つことなくプレイできます。

予約特典として、「BIOHAZARD 7 resident evil - ジョー」テーマが付属! この機会に、ぜひご予約ください。



▼PS4®『バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®VR
・ジャンル:サバイバルホラー
・発売日:2017年12月14日(木)
・価格:
 通常Ver. ダウンロード版 販売価格 4,990円(税込)
 グロテスクVer. パッケージ版 希望小売価格 4,990円+税
 グロテスクVer. ダウンロード版 販売価格 4,990円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO
 通常Ver.:D(17才以上対象)
 グロテスクVer.:Z(18才以上のみ対象)

※PlayStation®VR対応
※「通常Ver.」は、ダウンロード版のみの販売となります。

※「グロテスクVer.」ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

------------------------------------------

PS.Blogの『バイオハザード7 レジデント イービル』記事はこちら

------------------------------------------


『バイオハザード7 レジデント イービル』公式サイトはこちら

©CAPCOM CO., LTD. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

記事を探す
トップに戻るボタン