PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『DEATH STRANDING』最新トレーラー公開! 小島監督が「TGA 2017」「PlayStation® Presents」に登壇!

by PS.Blogスタッフ 2017/12/11

20171211-deathstranding-01.jpg

約8分にもおよぶ最新トレーラーをお披露目! 今回の映像にもあの幼児の姿が......?

米国・ロサンゼルスにて現地時間12月7日(木)に開催された、世界最大級のゲーム賞イベント「The Game Awards 2017」。各賞の表彰と共に、さまざまなゲームの最新情報が発表されるなか、小島秀夫監督率いるコジマプロダクションが開発中のPlayStation®4用ソフトウェア『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』の最新トレーラーが公開された。


20171211-deathstranding-02.JPG

20171211-deathstranding-03.JPG


約8分ものスケールで展開される映像は見ごたえたっぷり。さっそくチェックしてみよう。


※2017年12月14日(木)更新 トレーラー映像を12月13日(水)公開の日本語字幕版に変更しました。



今回のトレーラーには、俳優ノーマン・リーダス演じる主人公のほか、これまで公開されてきたティザー映像にも登場した幼児の姿が映し出されている。主人公とその仲間は幼児を保護、あるいは確保しているように見えるが、影のような何者かに襲われてしまったようだ。さまざまなモチーフが提示された最新映像。それらはどんな意味を持ち、どんな形で紡がれていくのか。いまだに詳細が明かされず、多くの謎に包まれる本作。さらなる新情報に期待が集まるところだ。




20171211-deathstranding-08.jpg

20171211-deathstranding-09.jpg



20171211-deathstranding-12.jpg

20171211-deathstranding-13.jpg



20171211-deathstranding-16.jpg



20171211-deathstranding-19.jpg

20171211-deathstranding-20.jpg

小島監督がギレルモ・デル・トロ、ノーマン・リーダスを伴って「The Game Awards 2017」に登場!

「The Game Awards 2017」では、小島監督が2度にわたって登場。"世界のリーダーであるデベロッパー"と紹介されたように、国内外で絶大な知名度のある小島監督がステージに現れると、会場からはスタンディングオベーションと共に大歓声が上がった。
※以下、敬称略

まずは表彰のプレゼンターとして、最新作『シェイプ・オブ・ウォーター』が2018年3月に日本公開される映画監督のギレルモ・デル・トロと登壇。デル・トロは以前より小島監督と親交があり、『DEATH STRANDING』のティザー映像第2弾にも出演している。

『シェイプ・オブ・ウォーター』の映像を観た小島監督は「ファンタスティック! 友人のデル・トロです」と紹介。デル・トロも「招待してくれてありがとう。私はいつも、みなさんが提供している芸術性に感謝しています」とコメント。受賞作品の発表時には「受賞作品は......彼(小島監督)ではなかったね」とジョークを飛ばし、2人の親しい間柄が感じられた。


20171211-deathstranding-21.JPG

20171211-deathstranding-22.JPG


イベント終盤、『DEATH STRANDING』の最新トレーラーが熱狂をもって迎えられたあと、映画『処刑人』『ブレイド2』やテレビドラマ『ウォーキング・デッド』で脚光を浴びた俳優のノーマン・リーダスとともに再度登壇。本作の主人公を演じるリーダスは最新トレーラーについて、「みんな、気に入ってくれたかな? 僕はとても気に入ったよ。(以前のティザー映像では裸だったが)服を着せてくれたからね。新しい世界を見せてくれて本当にありがとう。これから映像を見返して、今見たものが何なのかもう一度考え直さないとね」とコメントした。

さらに、「もう私たちを止めるものはない! あなたのような天才と一緒に仕事ができて、本当に光栄です。この人のためなら、僕はなんでもやりますよ!」と一気にまくし立てると、小島監督も「Oh Yeah!」と返し、会場の喝采を浴びた。


20171211-deathstranding-23.JPG

「PSX 2017」の「PlayStation® Presents」にもゲスト出演! トレーラーはPS4®Pro実機動作、水中シーンはプレイアブル!

「The Game Awards 2017」の翌日、小島監督は米国・アナハイムで開催された「PlayStation® Presents」にもゲスト出演。これはソニー・インタラクティブエンタテインメントアメリカ(SIEA)主催のコミュニティ・イベント「PlayStation® Experience 2017」に先駆けて行なわれた、特別な発表イベントだ。

最新トレーラーが改めて上映された後、小島監督は映像に出ていた装置を背負って登壇。SIE会長のアンドリュー・ハウスとSIEのリードシステムアーキテクトであるマーク・サーニーとトークを行なった。


20171211-deathstranding-24.JPG


冒頭、「あのトレーラーは、PS4®Proの実機で動いています。映像は4Kです」と解説。また、主人公が水中を漂い、体内に入っていくシーンはプレイアブルとのことだ。

その後、トークの話題はアンドリュー・ハウスとの関係におよび、「よく食事を一緒にしています。仕事の話はほとんどなく、70年代や80年代のテレビドラマについて語り合っています」と笑わせつつ、「独立する時にいろいろなところからオファーがありましたが、自由にものづくりがしたいので、僕のことを理解してくれているところと仕事をしたいと思いました。そこで、アンディさんにお会いして、こんなゲームを作りたいという相談をしたんです。普通は、役員室で何十人も前にして細かくプレゼンするものですが、アンディさんは口頭で2~3分話しただけで"OK!"と。アンディさんがいなければ『DEATH STRANDING』は生まれていないし、あの赤ちゃんもいなかった」と振り返った。

こうしてSIEとの連携が決まったが、2016年1月当時は「企画は考えていましたが、テクノロジーはまったくないし、エンジンもツールもない。事務所もなかった」という状態。そこで友人のサーニーに相談し、世界中のスタジオを回っているときにGuerrilla Games(ゲリラゲームズ)のハーマン・ハルストと出会った。それまでも多くのスタジオからプレゼンを受けていたが、Guerrilla Gamesからプレゼン後に渡されたひとつの箱の中には、「DECIMA(デシマ)」エンジンのソースコードがすべて入っていた、という。契約を交わすこともなく、ぜひ使ってほしいと渡されたことで、「泣きそうになって、こことゲームを作りたいと思いました」という熱いエピソードも語られた。

最後に小島監督は、「『DEATH STRANDING』のテーマは"つながり"です。最初にアンディさんとソニーさんとのつながりがあって、マークさんとのつながりがあって、ハーマンさんとのつながりがありました。みなさんとのつながりがあって、今ここで『DEATH STRANDING』を紹介できることをうれしく思います。ありがとうございます」と締めくくった。


20171211-deathstranding-25.JPG


世界中のゲームファン垂涎の小島監督の最新作『DEATH STRANDING』。ゲームの全容が明らかになる日を、楽しみに待とう。



※「The Game Awards 2017」および「PlayStation® Presents」での発表内容です、日本での発売など詳細は未定となります。


------------------------------------------

DEATH STRANDING(デス・ストランディング)

開発元:コジマプロダクション
発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
フォーマット:PlayStation®4
発売日:未定
価格:未定
CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの「DEATH STRANDING」記事はこちら

PS.Blogの「PlayStation® Experience 2017」記事はこちら

------------------------------------------


コジマプロダクション公式サイトはこちら

コジマプロダクション公式Twitterはこちら

© Sony Interactive Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン