PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

12年の時を経てPS4®に蘇った『ワンダと巨像』の魅力に迫る!!【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2018/01/23

2005年にPlayStation®2で発売され、2011年にはPlayStation®3でHDリマスター版も発売された『ワンダと巨像』が、最新の技術でフルリメイクされてPlayStation®4に登場する。電撃PlayStation編集部が全4回にわたってお届けする特集の第1回目は、本作ならではのゲーム性やPS4®版の特徴を一挙紹介!


1人の青年が少女を救うため、各地に棲む16体の巨像に挑む!

斬新なゲーム性と幻想的な美しいグラフィックで、世界の多くの人々を夢中にしたアクションアドベンチャー『ワンダと巨像』。プレイヤーは1人の青年・ワンダとなり、魂を失った少女を救うため、愛馬のアグロとともに広大な「古えの地」をめぐり、謎の巨像との壮絶な戦いへ身を投じる。

舞台となる「古えの地」は、望めば死者の魂を呼び戻せるとされ、立ち入ることを禁じられた場所。そのため、ワンダと少女のほかに人影はなく、倒すべき敵も全16体の巨像のみ。このようなシンプルな作りが、当時のプレイヤーに大きな衝撃を与えた。



少女を生き返らせるため、言い伝えを頼りに「古えの地」の祠を訪れたワンダ。祭壇に少女を横たえると謎の声が響き、魂を呼び戻す方法は「古えの地」のどこかに存在する16体の巨像を倒すことだと知る。



オープンフィールドの「古えの地」は非常に広大。ワンダは謎の声を頼りに倒すべき巨像を探し、アグロに乗って各地をめぐる。神秘的な雰囲気の美しいグラフィックも必見!

弱点を探すことから始まる、圧倒的な大きさを誇る巨像との戦闘!

大人と子どものサイズ差どころではない、見上げんばかりの巨像との戦い。ワンダは主に剣と弓を武器に戦うが、致命傷を与えるには体のどこかにある弱点を攻撃するしか方法は存在しない。

そのため本作の戦闘では、まず弱点を探し、体をよじ登るといった手段で弱点までたどり着く必要がある。当然、弱点の位置は巨像ごとにバラバラで、そこにたどり着くまでの最適な方法も異なる。

一般的なアクションゲームのように、敵のスキを突いて攻撃するのではなく、弱点を見つけ、そこへたどり着くための"道"を探す(=ひらめく)ことが、本作の醍醐味だ。



圧倒的なスケールを誇る巨像。人型に獣型、空を飛ぶものなどさまざまなタイプが存在。基本的な行動はもちろん、弱点の位置も異なる。



剣を持って近づくと、弱点が光る。この巨像は頭頂部にあるようだ。巨大な相手の頭部にどのように登るか、プレイヤーの観察力とひらめきが試される!

トレーラーで比較! "フルリメイク"のスゴさ!!

PS4®版『ワンダと巨像』は、PS3®版のHDリマスターとは異なり、最新の技術ですべてをイチから作り直したフルリメイクというのが最大の特徴。まずはこちらの比較トレーラーを見てほしい。


PS4®版では、キャラクターから背景までゲーム内のモデルがすべて作り直され、かつ遠景まで綺麗に描き出されていることがわかるだろうか。細かい部分では、砂煙や光の差し込み方などの表現もリッチになり、巨像の迫力も格段にアップしている。

ここまで手が加えられていると、たとえ原作をプレイし尽くしていたとしても、新生した『ワンダと巨像』に感動できることだろう。

また本作はPS4®Proでプレイすると「解像度優先」か、「フレームレート優先」かを選択できることも忘れてはならない。超美麗なグラフィックか、滑らかなゲームプレイか、プレイスタイルに合わせて好きな方法を選べるのも魅力だ。

さらに昨今のゲームタイトルで人気の「フォトモード」も搭載されており、本作の美しい光景を自分の好みに合わせて自由に撮影して楽しむことができる。明るさや視点の調整に加え、色味を変えることもできるので「古えの地」の美しい景色をとっておきの1枚に残そう。

こちらはフィルターの一例。同じシーンでもかなり印象が変化するため、うまく活用してこだわりの一枚を撮影しよう!

豪華DLCがゲットできる早期購入特典やDL版限定のデジタルデラックスも必見

本作はパッケージ版、ダウンロード版の早期購入特典としてゲーム内で使用できるアイテムの「生命の剣」、さらにPS4®用オリジナルテーマが付属する。



生命の剣(ゲーム内アイテム)

ワンダの体力の回復速度が上がるアイテム。



PS4®用オリジナルテーマ



なお、ダウンロード版には、さらに多くのDLCが付属するデジタルデラックスも用意されているので、より本作を楽しみたいならぜひゲットしよう!

詳細はこちらの記事でチェック!



▼PS4®『ワンダと巨像』のPS Storeでの予約購入はこちらから

PS2®やPS3®で『ワンダと巨像』を楽しんだファンの方のコメントを大募集!

2005年に原作が発売され、PS3®版でリマスター化もされているため、すでにこの世界を体験している人も多いであろう本作。そこで、PS2®やPS3®でプレイ済みのユーザーの意見を募集し、『ワンダと巨像』の魅力を紹介する特別企画を開催! 原作を未体験の人に"これだけは伝えたい"という想い出や見どころ、どれだけハマったかなど、ファンならではのコメントをぜひTwitterで「#ワンダと巨像と私」というハッシュタグを付けて発信してほしい。もちろん、このブログ記事のコメント欄に投稿してもOK。また、いただいたコメントは、後日PS.Blogで紹介予定。想いの詰まったコメントをどんどん送ろう!


▼Twitterへの投稿はこちらから


<募集期間>
2018年1月23日(火)~1月29日(月)まで

※なお、ツイートは当社の販促物やPR等にも活用させていただきます。掲載時には、一部抜粋または修正させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。



------------------------------------------

ワンダと巨像

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2018年2月8日(木)
・価格:パッケージ版 希望小売価格 4,900円+税
    ダウンロード版 販売価格 5,292円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 6,372円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『ワンダと巨像』記事はこちら

------------------------------------------


『ワンダと巨像』公式サイトはこちら

©Sony Interactive Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン