PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

4月12日に発売される『シティーズ:スカイライン』で街づくり! 都市発展に欠かせない区画整備とは?

by PS.Blogスタッフ 2018/02/05

都市の発展はあなたの手にかかっている! 「区画」を整え、高度な街づくりを

PlayStation®4用ソフトウェア『シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition』は、自由度の高い都市設計システムと、住民ひとりひとりの生活までシミュレートしたリアリティあふれる内容で、海外で高い評価を得ている都市開発シミュレーション。このたび、発売日が4月12日(木)に決定した。

プレイヤーは新たな都市の市長となり、市民生活の向上や産業の振興を行ない、都市を発展させていく。今回は、住民の生活の基礎となる「区画」について紹介しよう。




道路に面した土地を区画整備して、都市を発展!

都市に住民が定着するためには、彼らの住宅と仕事、そして商店が必要だ。本作では、道路に面した土地を市民生活の基盤となる「区画」に指定することで、都市が発展していく。区画には居住・商業・産業の3種類が存在し、それぞれ担う役割が異なる。また、各区画が密接な関わりを持っているため、需要に合わせて各区画をバランスよく整備する必要がある。



居住区画

市民のための住宅が建つ区画。居住区画には低密度と高密度が存在し、低密度区画には主にファミリーが住む戸建て住宅が、高密度区画には単身者が多く居住する高層建築が建てられる。



商業区画

商業区画には、多数の商店が建ち並ぶ。各商店は工場から商品を仕入れて顧客に販売するので、商店が経営を続けるためには安定的な商品の仕入れと十分な数の顧客が必要となる。居住区画と同様、商業区画にも低密度と高密度の2種類がある。



産業区画(工業・オフィス)

工業区画とオフィス区画は、市民に対する多くの雇用を創出する。工業区画は幅広い教育レベルの市民に仕事を提供し、商業区画へと製品を出荷するが、大きな騒音と環境汚染が発生してしまう。オフィス区画は教育レベルの高い市民向けの求人が多く、環境への影響が少ないのが利点。ただし、税収は少なくなる。



各区画が果たす役割



需要に応じて、居住・商業・産業の区画を割り当てよう

道路を敷設すると、その道路に面した土地を区画として指定できるようになる。画面右下に居住区画・商業区画・産業区画の需要を示すゲージがあるので、それを参考に現在必要な区画を整備していこう。


道路の両側にある、グリッド表示された部分が区画に指定できる土地。1本の道路に対して区画指定できる土地の奥行きは4マス分と決まっているため、土地を有効活用するには道路の引き方も重要となる。


画面右下にある緑・青・橙色のゲージが、それぞれ居住・商業・産業区画の需要を表わしている。



整備された区画には、ほどなくしてタイプに応じた建物が建ち始める。



建築物のレベルアップ

区画に建設される建築物は、そのひとつひとつにレベルが存在する。建物がレベルアップすることで、そこから排出されるゴミの減少や、店舗や工場であれば求人数が増え、より高学歴な人材も雇用するようになるといった効果が得られる。


個々の建築物の情報画面では、レベル以外にも住人や従業員の人数・年齢構成・教育レベルの分布などが確認できる。



レベルアップの条件は区画ごとに異なるが、主にそのエリアの公共サービスの充実度や地価が大きな影響を与える。また、高レベルの住宅に住む市民が多いほど、彼らを顧客に持つ商店のレベルも上昇するなど、ここでも各区画が相互に影響を及ぼすことになる。



特化地区のメリットとデメリット

商業区画と工業区画では、特定の業種に特化した区画(特区)を整備することもできる。これらの特化区画には通常の商業区画・工業区画より優れた経済効果をもたらすなどのメリットがあるが、同時に通常の区画にはない欠点も存在する。


左の画面のように、任意の範囲を特区指定ツールで囲うと特区を作り出すことができる。特区となった地域には、地理などに応じた名称が自動的に付与される。



商業区画

商業区画では、娯楽特区と観光特区を指定することができる。娯楽特区はレジャー施設や夜間営業を行なう飲食店が多く、低下しがちな夜間の税収を補う効果が期待できる。ただし、騒音などによる近隣住民とのトラブルに注意を払う必要がある。


観光特区は、観光客向けのホテルが多く建設される区画。経済効果は限定的だが、大都市を演出できる高層ビル群のビジュアルが魅力。



工業区画

工業区画には、林業・農業・鉱業・石油産業という4つの特区が用意されている。林業や農業は土壌汚染が少ないクリーンさが魅力だが、税収はやや減少し、高学歴の市民向けの雇用はあまり期待できない。対照的に、鉱業や石油産業は通常の工業区画よりも増収が見込めるが、土壌・水質の汚染度合も強くなってしまう。

工業区画の特区には天然資源を伐採・採掘する一次産業と、それを加工する二次産業の工場がある。特区に存在する天然資源が枯渇すると、一次産業はなくなり、以後は資源を都市外から輸入しての二次産業へ移行する。


同じ工業区画でも、特区ごとにビジュアルが大きく異なる。



情報ビューで都市周辺の天然資源を確認し、特区に適した場所を検討しよう。森林は植樹によって再生可能だが、鉱物や石油は再生できないため、いずれは枯渇してしまう。


----------------------------------------

シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition

・発売元:スパイク・チュンソフト
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:シミュレーション
・発売日:2018年4月12日(木)予定
・価格:希望小売価格 5,400円+税
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

----------------------------------------

PS.Blogの『シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition』記事はこちら

----------------------------------------


『シティーズ:スカイライン PlayStation®4 Edition』公式サイトはこちら

© 2015-2017 and published by Paradox Interactive AB, CITIES: SKYLINES and PARADOX INTERACTIVE are trademarks and/or registered trademarks of Paradox Interactive AB in Europe, the U.S., and other countries. Developed by Colossal Order Ltd. Adapted for PlayStation®4 by Tantalus Media Pty Ltd. All other trademarks, logos and copyrights are property of their respective owners.

記事を探す
トップに戻るボタン