PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

異形の怪物と視力を失った王子が織り成す......優しい物語が魅力のアクションパズル『嘘つき姫と盲目王子』

by PS.Blogスタッフ 2018/02/15

化け物と人間が手を取り合って歩む......優しい物語を「体験」するアクションパズル

PlayStation®4/PlayStation®Vitaで5月31日(木)に発売される『嘘つき姫と盲目王子』は、心優しい化け物と視力を失った幼い王子を主役にしたアクションパズル。

プレイヤーが操作するのは、少女に変身する力を得た狼の化け物。狼の姿と少女の姿を使い分け、ときに王子と協力しながら、森の奥にある魔女の館を目指して進んでいく。絵本のように美しいビジュアルや、異形と人間という異種族間の心の交流といったテーマに心惹かれたなら、ぜひとも本作をプレイしてみてほしい。


姫の姿をした化け物(狼)と王子は、ともに手を取りながら恐ろしい森を攻略していく。

魔女の館への道のりには......さまざまな仕掛けが待ち受ける

本作のゲームシステムはステージクリア型のアクションゲーム。プレイヤーは「化け物」と「姫」の能力を使い分けて、パズル要素を持つギミックを解きながら、NPCである王子を導きつつゴールを目指していく。なお、本作にはステージスキップ機能が搭載されており、パズルやアクションが苦手というプレイヤーも気軽に挑戦できる内容となっている。どうしても難しいステージは、パスしてしまうのも手だ。


また、一度クリアしたステージは再挑戦が可能。サイドストーリーの解放に必要なアイテムの収集や、パズルの攻略を自分のペースで楽しめる。

まるで絵本のような温かみのあるグラフィック

本作で目を引く大きなポイントは、ペンで描かれたようなアナログ調のグラフィック。登場キャラクターやステージ演出、各種ユーザーインターフェイスなど、画面を構成する多くの要素がデザイナーによる手描きイラストによって構成されている。

アクションパートではクロスハッチングで表現された陰影表現、森の奥行きを感じさせる多重スクロール、柔らかな光の質感など、美しく繊細な2Dグラフィックが本作の世界に彩りを添えている。

ストーリーパートの一部には、アナログで描かれたイラストも使用されている。


イベントシーンには声優による朗読や、ページをめくるカットも挿入される本作。絵本を意識した演出にも注目だ。

それは人食いの化け物と王子の物語......

絵本のような優しげな語り口調で描かれていく、本作の物語。気になるストーリーの導入部をご紹介!

STORY

ある森に、狼によく似た人食いの化け物が住んでいました。その化け物は恐ろしい姿に似合わぬ美しい歌声を持ち、月夜の晩には誇らしげにその歌声を響かせていました。

しかし、その夜はいつもと様子が違いました。狼の化け物が小高い岩の上で歌を歌い終えると、どこからともなく拍手が聞こえてきます。

狼がそっと岩の下をのぞくと、身なりの良い少年がこちらを見上げていました。森のそばにある小国の王子が、狼の歌を聴きに来ていたのです。岩が邪魔で、王子からは狼の姿が見えていないようでした。

普段の狼ならば、すぐに王子を捕らえて食べてしまっていたことでしょう。しかし、狼は王子を見逃しました。それは単なる気まぐれでした。



それからというもの王子は毎晩、狼の歌を聴きにやって来ました。ふたりが言葉を交わすことはありません。けれども、いつしか狼は王子を食べようという気持ちを失っていました。

その夜も狼は王子に歌を聴かせていました。しかし、狼が歌い終えても拍手が聞こえてきません。不思議に思い足元をのぞくと、なんと王子が岩を登ってきているではありませんか。きっと歌声の主に会おうと思ったのでしょう。

自分の正体を知ったら、王子はもう歌を聴きに来なくなってしまう――そう思った狼は王子の顔に手を伸ばしました。目を覆い、姿を見られないようにするつもりでした。

しかし大きな爪がついた狼の手は、誰かに優しく触れるにはあまりにも不向きでした。

狼の意に反して、鋭い爪が王子の顔を切り裂きます。突然の痛みと化け物の大きな手に驚き、王子は地面に落下し気を失ってしまいました。

王子の叫び声を聞きつけたのでしょう。お城の兵士たちが王子を助けにやって来ました。兵士たちに矢を射かけられ、狼は森の奥へと逃げ込むしかありませんでした。



王子はもう、狼の歌を聴きに来ません。狼の歌を褒めてくれる者など、この森にはひとりもいませんでした。きっと、そんな変わり者はこの先もいないでしょう。

やがて狼は、王子が盲目となったこと、顔の傷を忌み嫌った王族によってお城の塔に幽閉されていることを知りました。狼はいてもたってもいられず塔に忍び込むことにしました。



薄暗い牢の前で狼が目にしたのは、ぼろぼろの服をまとった王子の姿でした。醜い傷を隠すためでしょうか。顔には粗末な布が巻かれています。

狼の胸は痛みました。しかし王子の目を切り裂いたのは自分です。今更どう声をかければ良いのでしょう。

聡明な王子は、牢の前にたたずんでいるのが、あの美しい声の主であることに気が付きました。ですが、それが自分を傷つけた化け物だとは知りません。

王子の目が見えないのをいいことに、狼はとっさに嘘をつきました。

「わたしは隣国の姫。あなたのお見舞いに来たの。その目、森の魔女に治してもらおうよ」

狼は知っていました。森の奥には恐ろしい魔女が住んでいることを。代償を支払えば、彼女はどんな願いも叶えてくれるのです。

そう。王子を魔女のもとへ連れて行けば、彼の目を元通りに治してくれるはずです。



けれども自分は化け物です。こんな体で王子に触れれば、きっとまた傷つけてしまうに違いありません。狼は後で迎えに来ることを王子に約束し、森の奥にある魔女の館へと走りました。

王子を、あの冷たく寂しい牢屋から連れ出す「姫」となるために。

『嘘つき姫と盲目王子』の登場人物

プレイヤーが操作するのは、少女に変身する力を持つ狼の化け物。自身を姫と名乗り、正体を隠して王子とともに旅立つが......。彼らは無事に、目指す魔女の元へとたどりつけるのだろうか......。


森に住む人食いの化け物。自慢の歌声を魔女に捧げ、人間の姿を手に入れた。

魔法で少女の姿となった狼。自分を隣国の姫と偽り、王子を連れ出す。王子に正体を知られるのを恐れている。

王子

森に囲まれた小国に暮らす王子。狼によって顔に深い傷を負い、視力を失ってしまう。自分を傷つけた化け物のことを恐れている。

魔女

森の奥深くに住まう魔女。あらゆる願いを叶えてくれるが、そのためには自分が「最も大事にしているもの」を差し出さなければならない。

化け物(狼)と少女......ふたつの姿を使い分けてステージクリアを目指そう

自分を人間にするよう願った狼に、魔女は代償として「歌声」を要求した。狼は女の子の姿へ変身する能力を得たものの、その細身の腕では道をふさぐ重たい障害物をどかすことも、森に住む異形の者から王子を守ることもできはしない......。

そのため、狼はときに元の姿に戻ることで、難所を突破しようと考える。


プレイヤーはこのふたつの姿を使い分けることで、ステージのギミックを解いていくこととなる。



狼の姿でできること

強い脚と鋭い爪を持つ狼は、高い場所へ登ったり、障害物をどかしたり、森を徘徊する化け物を倒すことができる。




姫の姿でできること

小さな体と器用な指先を持つ姫は、狼が入れない隙間をくぐり抜けたり、王子と協力して仕掛けを解いたり、本作の収集要素である「花」を摘むことができる。




盲目の王子を導く「手つなぎ」アクション

視力を失った王子は長い距離を1人で歩くことが難しく、姫の姿による誘導が不可欠。ゴールに向かうには、安全を確保して「手つなぎ」を行ない、ふたり一緒に行動する必要があるだろう。


世界観を表現するイメージボードを紹介!

本作の世界観を表現するために描かれたイメージイラストほかを、こちらで公開。 化け物たちが暮らす森や洞窟、目指す魔女がいる森といった風景は、ゲーム内にも生かされている。


幽閉された王子と姫の出会いを描いたイメージボード



店舗ごとの「オリジナル特典」の絵柄をチェック!

本作の店舗特典として製作されたアイテムは、ここでしか手に入らないオリジナルグッズばかり。特典の数には限りがあるので、欲しいアイテムがあったらぜひとも予約して入手しよう。


Amazon
オリジナルビジュアルブック

アニメイト
描きおろしアクリルキーホルダー

いまじん/いまじんWEBショップ
描きおろし大型布ポスター

エビテン
ファミ通DXパック
・描きおろしB2サイズ タペストリー
・オリジナルブックカバー
・オリジナルマイクロファイバークロス
※イラストはB2タペストリーのものです。

ステラワース
描きおろしイラスト 2L判ブロマイド&100mm缶バッジ

トレーダー
描きおろしアクリルスマホスタンド

WonderGOO
アイテム検討中(描きおろしイラスト使用)



キャンバスアートがセットになったNippon1.jpショップ限定版も発売!

本日2月15日(木)15時より、日本一ソフトウェアの公式通販サイト「Nippon1.jpショップ」にて、『嘘つき姫と盲目王子』のキャンバスアートが付属する通販限定版の予約もスタート。イラストは本タイトルの企画・キャラクターデザインを担当する小田沙耶佳氏による描き下ろし。付属アイテムの関係で再販が困難な商品となっているので、こちらも予約はお早めに!


特典の描き下ろしのキャンバスアート。サイズはW275mm×H220mm×D19mmとなっている。


『嘘つき姫と盲目王子』Nippon1.jpショップ限定版
価格:PS4®版 9,980円+税
   PS Vita版 8,980円+税


<セット内容>
・『嘘つき姫と盲目王子』ゲームソフト

・描き下ろしキャンバスアート
※特典の情報およびイラストは製作中のものです。内容が予告なく変更される場合もございます。予めご了承ください。

通販サイト「Nippon1.jpショップ」はこちら



本日2月15日(木)より公式サイトもオープンし、ゲームの世界観紹介やPVといった情報も順次公開されている『嘘つき姫と盲目王子』。絵本のようなあたたかみのある世界観や映像表現に興味を持ったら、公式サイトでPVなどをチェックしてみよう!


------------------------------------------

嘘つき姫と盲目王子

・発売元:日本一ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2018年5月31日(木)予定
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 6,980円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 7,538円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 5,980円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 6,458円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定

------------------------------------------


『嘘つき姫と盲目王子』公式サイトはこちら

©2018 Nippon Ichi Software, Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン