PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

今からでも遅くない!『モンスターハンター:ワールド』のマルチプレイの遊び方【特集第5回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2018/02/19

1月26日(金)に発売を迎え、すでに全世界で600万本の出荷を達成し、今なおその記録を伸ばしている『モンスターハンター:ワールド(以下、MHW)』。多くの人が初めてとなるPlayStation®4でのハンター生活を満喫していることでしょう。

ただ、PS4®の「モンハン」ということもあり、PS4®ならではのマルチプレイの手順がわからずに、しり込みしているという人もいるはず。そこでこの記事では『MHW』でマルチプレイを楽しむための流れやポイントを電撃PlayStationが解説していきます。


PS4®でオンラインプレイを楽しむには?

『MHW』のマルチプレイをするには、なによりもまずPS4®をインターネットに接続する必要があります。初めてPS4®を起動した際に設定してあれば問題ありませんが、初期設定時にインターネットへの接続をスキップしていた場合、あらためて設定を行ないましょう。



そしてPS4®をインターネットに接続したらPlayStation™Networkにアクセスするため、自分のPS4®とSony Entertainment Networkアカウント(以下、SENアカウント)をひもづけましょう。まだ、SENアカウントを取得していない人は新規に取得。すでにPlayStation®3などでSENアカウントを取得している場合は、そのアカウントにPS4®をひもづければOKです。



さらに『MHW』のマルチプレイをするにはもうひとつ、PlayStation®Plusへの加入が必要になります。PS Plusは利用権を購入することで加入できるサービス。PS4®タイトルのオンラインプレイをはじめとした、さまざまな特典を受けられます。利用権は利用期間と料金の異なる3種類が用意されていて、利用期間の長いものほど1カ月当たりの料金が安価になっています。



また、これまでに一度もPS Plusに加入したことがない人に向けて、無料で一定期間PS Plusに加入できるキャンペーンが実施されていることがあります。こういったキャンペーンを利用してPS Plusを体験してみるのもよいでしょう。ちなみに『MHW』のパッケージ版の早期購入特典やダウンロード版の予約購入特典を手に入れている人なら「PlayStation Plus 7日間無料体験」を利用するのもアリ。

PS Plus公式サイトはこちら

PS StoreのPS Plusページはこちら



この3つの手順を行なえばPS4®でオンラインプレイをする準備はOK。しかしひとつだけ例外があります。それはPS4®にペアレンタルコントロールを設定している場合です。『MHW』はCERO「C」(15才以上対象)のタイトル。そのため、子どもと『MHW』を楽しみたい場合にはペアレンタルコントロールレベルを7以上にする必要があります。PS4®は発売から5年がたつゲームハード。発売当時に設定したペアレンタルコントロールを子どもの成長に合わせて設定し直していないこともあるので、ペアレンタルコントロールを利用している人は一度確認しておきましょう。



なお、ここまでのPS4®をオンライン接続するまでの手順はこちらの記事に詳しく掲載されていますので、こちらも参考にしてください。

マルチプレイは少し「任務」を進めてから解禁!!

ここまで準備を済ませれば、オンラインで遊ぶ環境は整いました。ですが、『MHW』はゲーム開始直後はマルチプレイで遊べません。序盤に用意された操作やゲームの流れのチュートリアルを兼ねた「任務」を達成し、「ドスジャグラスを狩猟せよ」クリア後にマルチプレイが解禁されます。武器の使い方やゲームの流れなどをしっかり学んでマルチプレイに挑むとよいでしょう。




救難信号で気軽にマルチプレイ!

ここまでマルチプレイを始める手順について解説してきましたが、『MHW』のマルチプレイの特徴についても紹介していきましょう。『MHW』のマルチプレイで大きなポイントとなるのが、クエスト中にほかのプレイヤーが途中参加できること。クエスト受注者がクエスト中に「救難信号」を発信するとクエストボードに「救難信号クエスト」が用意され、途中参加者を募集できるようになっています。逆にクエスト参加者はクエストの難易度やターゲットなどで「救難信号クエスト」を検索して、目当てのクエストに参加できます。



「マルチプレイをする際は、クエストを開始する前にプレイヤー全員が同じクエストを受注する必要がある」。これまでのシリーズでは当たり前だったこのルールがなくなったことで、『MHW』のマルチプレイは非常に手軽。「このモンスター手ごわいな」と思ったらクエスト中に「救難信号」上げればいいですし、「なんとなくマルチプレイで狩りたいな」と思ったら「救難信号クエスト」を探せば、なにかしらのクエストが用意されています。実際に多くのプレイヤーが「救難信号クエスト」で見知らぬ人とのマルチプレイをメインに楽しんでいるようです。




同じ目的のプレイヤーとじっくり遊ぶなら集会エリアを活用!

ただ、いくら「救難信号クエスト」が気楽と言っても、家族や友人と繰り返しマルチプレイをしたいときもあるでしょう。そういうときは「集会エリア」を利用するのがオススメです。オンラインに接続していれば、クエストボードなどから「別の集会エリアに移動」が可能に。プレイヤー傾向や使用言語などを設定して「自分で集会エリアを作る」か「他人の集会エリアを探す」ことができます。



さらに「自分で集会エリアを作る」際に「プライベート設定」をオンにしておくと検索に引っかからないようにすることが可能。知りあいだけで集まりたいときなどは、こちらの方法がオススメです。「プライベート設定」がオンになっていても「他人の集会エリアを探す」際に「集会エリア番号(メニュー画面の「コミュニケーション」→「メンバーリスト」などで確認可能)」を入力すれば、その「集会エリア」に移動できるので、メールなどで「集会エリア番号」を送って合流しましょう。



マルチプレイをしたい相手がフレンド、最近遊んだプレイヤー、PSN IDがわかっている人なら、自分のいる集会エリアに招待することも可能。メニュー画面の「コミュニケーション」→「フレンドを招待する」から、PSN上でのフレンドを自分のいる集会エリアに招待できます。受けた招待はホーム画面のお知らせに届き、フレンドが「参加する」を選べば、晴れて同じ集会エリアに合流できる仕組みです。




さらに濃密なコミュニケーションを取るならサークルを作ろう

「集会エリア」は上記のとおり、同じ目的を持った仲間が集まるのに便利。ですが、「集会エリア番号」は数字とアルファベットの大文字と小文字が入り混じるため、入力が大変です。また、フレンドを「集会エリア」に呼ぶ場合も自分が狩りの最中だったらなかなかに大変でしょう。

そこでオススメするのが一緒に遊ぶメンバーと「サークル」を結成すること。サークルは最大50人が所属できるハンター同士のコミュニティ。結成したサークルにはサークル専用の集会エリアが与えられ、所属しているサークルの集会エリアにはオンライン状態でのゲーム開始時やクエストボードから「別の集会エリアに移動」→「所属サークルから探す」で簡単に移動することができます。



つまり一度知りあい同士でサークルを結成すれば、サークル専用の集会エリアが『MHW』内での待ち合わせ場所として機能するようになるんです。「アンジャナフを狩る人いる?」など、ゆるい感じの誘いをチャット上で気軽にかけられるのは、知りあいのみが集まるサークルの集会エリアならでは。1人のプレイヤーが所属できるサークルは最大8つまでと多いので、継続的にマルチプレイをする相手とは気軽にサークルを結成するのがオススメです。



サークルを結成する手順は非常に簡単。調査拠点アステラ4Fの集会エリアにある「サークル管理所」で「サークルの結成」を選び、サークルシンボルとサークル名を決めるだけ。



ただし、サークルへの新メンバーの招待を行なえるのはサークルを結成したリーダーだけ。そのため、サークルのリーダーになるのは「いつも物事を決めてくれる人」よりも「ログイン率の高い人」や「ほかの人のログインに合わせてログインできる人」がいいですよ。



ジェスチャーや定型文で自由なコミュニケーションを!

オンラインプレイが充実した『MHW』には、テキストチャットをはじめとしたコミュニケーション手段が豊富に用意されています。

まず特徴となるのが、ショートカットであらかじめ用意したテキストを表示する定型文。『MHW』はアクションゲームですから、正直狩りをしながらチャットを行なうというのは無理があります。ですが、定型文に狩りのさなかに使いたいセリフを登録してショートカットに登録しておけば、キーボードを打つことなくほかのプレイヤーとコミュニケーションが可能。

ちなみに、初期状態から用意されているいくつかの定型文には、自動でほかのプレイヤーの言語に変換される機能が搭載。イラストをチャット欄に表示するスタンプもあり、海外プレイヤーばかりのマルチプレイでも、最低限のコミュニケーションが取れるようになっています。



もちろんシリーズおなじみのジェスチャーも! なにかのジェスチャーを行ないながら同時に定型文を表示することもできます。



そして、今やマルチプレイに対応しているタイトルでは欠かせない存在となったボイスチャットも完備。メニュー画面の「オプション」→「AUDIO」→「ボイスチャット設定」をONにして、ヘッドセットやマイクをPS4®につなげば簡単にボイスチャットが楽しめます。



マルチプレイを楽しむときは、ここに注意!

ここまで書いてきたとおり、『MHW』のマルチプレイは気軽に楽しめるし、「サークル」を結成して濃密なコミュニケーションを取ることもできます。さらに、基本的にどんなクエストでもマルチプレイ可能。

ただし、「任務」で向かうクエストは、そのクエスト中に発生するデモシーンを見てから初めてマルチプレイができるようになります。ですから「フレンドと同じ任務を受けて同時に物語を進めたい」という場合は、まず自分とフレンドがそれぞれデモシーンを見てからマルチプレイで狩猟に向かいましょう。




機能が充実しているぶん、少々複雑に見えるかもしれない『MHW』のマルチプレイ。ですが、個々の手順や機能の使い方は非常にシンプルです。今までオンラインでゲームをプレイしたことがない人も『MHW』を機会にオンラインデビューしてみましょう。手ごわいモンスターを4人がかりで討伐するのも楽しいですし、2人プレイでオトモアイルーが2匹同行してくれるのも和みますよ。



▼PS4®『モンスターハンター:ワールド』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

MONSTER HUNTER: WORLD (モンスターハンター:ワールド)

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ハンティングアクション
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 8,980円+税
    パッケージ版 コレクターズ・エディション 希望小売価格 15,980円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,980円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 9,980円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン:1〜4人)
・CERO:C(15才以上対象)

※オンラインマルチプレイを楽しむには、PS Plusに加入していただく必要があります。

------------------------------------------

PS.Blogの『モンスターハンター:ワールド』記事はこちら

------------------------------------------


『モンスターハンター:ワールド』公式サイトはこちら

「モンスターハンター」シリーズ公式サイトはこちら

『モンスターハンター:ワールド』公式Twitterはこちら

「モンハン部」公式Instagramはこちら

「モンハン部」公式Facebookはこちら



©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

記事を探す
トップに戻るボタン