PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『CODE VEIN』の歴史「クイーン討伐戦」の顛末とは? プレイヤーとの共闘を楽しめるマルチプレイの詳細も!

by PS.Blogスタッフ 2018/02/22


2018年発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『CODE VEIN』(コードヴェイン)は、数々の強敵と危険が待ち受ける広大なダンジョンに、パートナーとなる"バディ"と挑むドラマティック探索アクションRPG。バディとダンジョンに挑む中で、ともに恐れおののき、ともに支え合い困難を乗り越え、辿り着いた未知の光景にともに感動する──かつてないドラマティックな探索を楽しむことができる。

今回は、本作の世界を形成する歴史を語るうえで欠かせない「クイーン討伐戦」の詳細を筆頭に、頼れるバディたちの特性や、いよいよ公開されたマルチプレイの情報などを紹介しよう。

吸血鬼部隊が人類の存亡を賭けて戦った「クイーン討伐戦」

吸血鬼(レヴナント)の欠陥である「同種への血の渇き」を抑制し、完全なる戦士をつくり出すという目的で進められた「Q.U.E.E.N.(クイーン)計画」。そして、実験に耐えきれずに暴走したクイーンを倒すため、グレゴリオ・シルヴァの指揮のもと、多くの吸血鬼が戦士として投入された「クイーン討伐戦」。その戦いの中には、戦士として参加する主人公の姿があった。


歴史のターニングポイントとなった「クイーン討伐戦」を、実際にプレイしながら体験できるようだ。なお『CODE VEIN』では、主人公の容姿や性別は自分好みにカスタマイズすることが可能。


主人公は幾度目かの再生を経て、その戦いぶりが高く評価され、ジャック・ラザフォードのパートナーとして行動することになる。ジャックは、以前の記事でも紹介した吸血鬼。「クイーン討伐戦」の際は、討伐戦に参加した戦士たちをまとめる隊長のような立場だったようだ。


クイーン討伐戦のフィールド「軍事研究施設 外部」

クイーンの攻撃で倒されていく吸血鬼たち。フィールドのあちこちに突き刺さる白い棘は、その攻撃の名残だ。クイーンの暴走により、施設としての機能は崩壊。周囲には炎と黒煙が渦巻き、断続的に堕鬼(ロスト)との激しい戦いが続いている。




クイーンの侵攻を食い止めるべく、ジャックとともに死地へ

世界を崩壊に導いた「審判の棘」とクイーンの攻撃により、施設とその周辺は壊滅的な打撃を受けている。建物の内外には、クイーンのしもべとなった堕鬼たちがひしめく。


「女王の尖兵」と呼ばれる堕鬼。片手剣を扱うタイプや斧槍を扱うタイプが存在する。特殊能力の「錬血」をも使いこなす、最強の尖兵たちだ。




さらにボスとして、強大な力を持つ「女王の騎士」が主人公とジャックの前に立ちはだかる!



瘴気とヤドリギ

クイーンの周囲に発生する「瘴気」を吸ってしまうと、吸血鬼たちは激しい血の渇きに襲われ、堕鬼化の危険にさらされる。そのため戦いにおいては、瘴気を浄化するマスクを常に装備する必要がある。


活性化させた「ヤドリギ」には、周囲の瘴気を浄化する効果とともに、霧散した吸血鬼の肉体をこの世界につなぎ止め、再生する能力もある。吸血鬼たちにとっては、まさに命綱となるアイテム。


討伐戦決着! 死闘の果てに主人公が迎えた結末とは──


クイーンと対峙したジャックと主人公だったが、その強大な力の前に苦戦を強いられる。そこにシルヴァが駆けつけ、錬血による防壁でクイーンの攻撃を防いで2人を援護!

シルヴァの援護により攻勢に移った2人だったが、戦いの中で主人公のマスクが外れ、瘴気を吸い込んでしまう。



なんとかクイーンの撃破に成功したものの、主人公の堕鬼化が進行。堕鬼化から救う手立てはないと判断したジャックの手によって心臓を貫かれ、谷底へと落下してしまうのだった......。



クイーン討伐戦と、その後の物語に深く関わるキャラクター


カレン

CV:原 由実

「Q.U.E.E.N.計画」に協力していた研究者のひとりで、主人公と協力関係にあるルイの姉。クイーン暴走時に死亡するが、すぐに吸血鬼として蘇生する。討伐戦にも参加し、死に戻る吸血鬼の保護監視役を務め、戦いをサポートしていた。



不死の存在である吸血鬼たちは、クイーンとの戦いで何度も倒され、何度も蘇る。蘇生した吸血鬼たちを迎え、ケアやメンテナンスを行ない、戦闘をサポートするのが彼女の役目だ。




クルス・シルヴァ (クイーン)

「Q.U.E.E.N.計画」の被験者となった少女。ルイのスクールメイトであり、グレゴリオ・シルヴァの娘。皆を助けたいという想いからつらい実験にも耐えてきたが、成功しない重圧の中で些細なすれ違いによって暴走。破壊の権化となった。


バディの特性を把握して、過酷な戦いを切り抜けよう

本作の特徴のひとつが、頼れる仲間となる個性的なバディとともに繰り広げる共闘アクション。ここからは、ミア、ヤクモ、そしてルイのバディ特性を紹介しよう。

ミアのバディ特性

女性吸血鬼ミアは敵と距離を取り、銃剣での射撃をメインに戦いつつ、吸血や錬血の性能を強化することでプレイヤーをサポートしてくれる。他のバディと比べると、やや打たれ弱いため、サポート能力を活かしてプレイヤーが積極的に敵を倒していくといいだろう。ボス戦ではサポートだけでなく、攻撃系の錬血「ガードオブオナー」で大ダメージを狙ってくれる。


プレイヤーが敵に接近、ミアが後方から銃剣などによる遠距離攻撃で援護、という立ち位置が理想。



共錬血:トランスタイム

「共錬血」とは、バディとともに発動する特殊な錬血。ミアとの共錬血は一定時間、近接攻撃力を犠牲にすることで、錬血使用時の消費冥血を減少させる。

「トランスタイム」中は、消費冥血が多い高威力の錬血を効率よく使える。



ミアが使用する錬血例

■血喰いの太刀
一定時間、自身と同行者の武器攻撃による吸血性能が増加する。

■ガードオブオナー
生成された複数の氷柱が、時間差で標的に飛翔する。

ヤクモのバディ特性

ヤクモは敵に積極的に接近し、両手剣でダメージ与えながら敵をひるませるアタッカー。両手剣による攻撃の隙をプレイヤーがフォローできると、より効率よく戦うことができる。他のバディと比べて体力が高く、敵の強力な攻撃にも耐えやすい。また、攻撃や防御の性能を強化する錬血を使用して、プレイヤーをサポートしてくれる。


前衛向きなヤクモの特性を活かして、プレイヤーは後方からの攻撃に特化するという戦術も可能。



共錬血:ルピナスライブ

ヤクモが同行している場合に使用できる共錬血。一定時間、回避速度を犠牲にすることでガード時のスタミナ減少量を軽減させ、さらにガード後の一撃のみ与えるダメージを増加させる。ガード性能の上昇により、敵の攻撃にもひるまず、攻撃の間合いを維持できる。



ヤクモが使用する錬血例

■フラッシュファング
錬血発動後の一撃のみ、攻撃力が増加する。

■穢血の護り
冥血を限界まで凝縮させることによって自身と同行者の周囲に、一度だけダメージを大幅に軽減するバリアを生成する。強力な一撃を繰り出す敵との戦闘で、特に有効。



ルイのバディ特性

ルイは近接戦を主体としつつ、錬血でも攻撃するバランス型。敵と適度に間合いを取り、攻撃スピードの速さを活かしたヒット&アウェイで立ち回るため、生存能力が高い。また、コンボ時の攻撃能力を上昇させる錬血「ブレードダンス」で自身を強化。プレイヤーが敵をひるませやすい攻撃を使うことで、その効果をより発揮できる。さらにルイは、集中状態時の自身の攻撃に「スロウ」の状態異常効果を付与する。ルイの攻撃の手数が増えると敵を一気に弱体化させ、有利に戦うことが可能だ。


攻撃スピードが速くバランスの取れたルイとのコンビネーション攻撃。連携によってルイの攻撃を当てる隙をつくり出すことで、相乗効果が発揮される。



共錬血:ファントムゲイン

ルイが同行している場合に使用できる共錬血。一定時間、防御力を犠牲にすることで攻撃力を増加させ、さらに回避行動が変化する。

防御力は減少するが、攻撃力と回避能力が向上。ステップ回避をうまく活用し、ヒット&アウェイで敵にダメージを与えていこう。



ルイが使用する錬血例

■ブレードダンス
一定時間、敵にダメージを与える度に攻撃力が増加する。

プレイヤー同士のマルチプレイが可能!

瘴気が蔓延し、数多くの堕鬼がはびこる「霧の牢獄」では、吸血鬼同士の相互扶助が公式に推奨されている。ここからは、本作におけるマルチプレイについて紹介していく。


他のプレイヤーとともに、探索を行なうことができる。難易度の高いダンジョンの攻略では、力強い助けとなってくれるはずだ。


救援が欲しいエリアで救難信号を発すると、条件を満たしたプレイヤーが助けに入ってくれる。


救援に駆けつけるのはプレイヤーキャラクターのみとなる。そのため、救難信号を発したプレイヤーとそのバディ、そして救援プレイヤーの計3キャラクターで探索を行なうことに。バディが使用した錬血は、救援に入ったプレイヤーにも効果を及ぼす。



プレイヤー同士のコミュニケーション機能

「ジェスチャー」「スタンプ」「ボイス」を自由に組み合わせることが可能。自分だけのエモーションをつくり、コミュニケーションを取ろう。



作成したエモーションは、パレットに複数を保存可能。フィールド内やバトル中などでも、即座に使用できる。

2月24日(土)まで、秋葉原でコラボカフェが開催中! 『CODE VEIN』の試遊台も設置!!

「GOD EATER」シリーズの8周年を記念して、2月24日(土)まで東京・秋葉原のアニON STATION AKIHABARA本店でコラボカフェが開催中(25日はトークショーのみ開催)! 「GOD EATER」と『CODE VEIN』をイメージしたコラボドリンク(全4種・コースター付き)やランチョンマット(全3種)が付いたフードメニューが提供されているほか、『CODE VEIN』『GOD EATER 3』などのキャラクターパネルや衣装といった展示コーナーや、『CODE VEIN』の試遊台(TGS2017 Ver.)が2台設置されている。



まだ訪れていない人は、この週末に足を運んでみよう。詳細は、特設サイトでチェック!


「GOD EATER 8th ANNIVERSARY CAFE with CODE VEIN」

<開催期間>
2018年2月20日(火) ~ 2月25日(日)
時間:11:30 ~ 17:00 アルコールメニューなし
   17:00 ~ 21:30 アルコールメニューあり
   フリー入場+ワンオーダー制 混雑時のみ90分入替制
   ※2月25(日)はイベントのみの開催です。ご予約が必要になります。


<開催店舗>
アニON STATION AKIHABARA本店

「GOD EATER 8th ANNIVERSARY CAFE with CODE VEIN」特設サイトはこちら


------------------------------------------

CODE VEIN (コードヴェイン)

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ドラマティック探索アクションRPG
・発売日:2018年発売予定
・価格:未定
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『CODE VEIN』記事はこちら

------------------------------------------


『CODE VEIN』公式サイトはこちら

『CODE VEIN』公式Twitterはこちら

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン