PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

PS4®で遊ぶ『ワンダと巨像』の魅力とは? プレイヤーによる生の声を紹介!【特集第4回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2018/02/23

2月8日(木)に発売され、瞬く間に世界中のプレイヤーを虜にしたPlayStation®4用ソフトウェア『ワンダと巨像』。本作はすべてをイチから作り直したフルリメイク作品だが、PlayStation®2/PlayStation®3版を遊んだプレイヤー、そしてPS4®版で初めて遊んだプレイヤーはどう感じたのだろうか。

そんなプレイヤーたちの声を、"プレイステーション"公式Twitterでは「#ワンダと巨像と私」というハッシュタグで募集していた。今回はTwitterで寄せられたコメントに加え、2月4日(日)に開催された"電撃PSプレミアムイベント2018冬"でデモ版を遊んだプレイヤーの声をもとに、PS4®版『ワンダと巨像』の魅力を紹介していこう。




魅力1:ひと目で分かるグラフィックの進化に心奪われるプレイヤーが続出!

【寄せられたコメント】

PS4®のフルパワーを生かして描き直された美麗グラフィックは圧巻で、ワンダと巨像の本来あるべき姿が垣間見える。

グラフィックがとても綺麗になっている...!!記憶を消して、何も知らない状態から何度でもやりたいゲーム!!!

PS2®とは全く別物と言えるグラフィックの進化に驚かされました。

いやー画質といいクオリティーといい全てが高い品質っすわ。知ってる人は、なおたのしめる作品だとおもいますっ!


PS4®版の特徴であるグラフィックの進化は、経験者・初心者を問わずに多くのコメントが寄せられました。細部まで描画されるグラフィックは超絶美!のひと言ですが、原作にあった独特の空気感をこのグラフィックの中でも感じられる点も原作プレイヤーとしては嬉しい限り。PS2®/PS3®版で遊んだからPS4®版を遊ばないというのは本当にもったいないので、フルリメイクが実現した、より力強く美しくなった世界をぜひ体感してほしいですね。




魅力2:遊びやすく改善された操作性にも注目が集まる

【寄せられたコメント】

操作性が向上していて素晴らしい。PS4®Proと4KTVを買いたくなった。

とてもキレイで操作しやすくて遊びやすいと感じました。

操作系が大分変わっていたので覚え直しかなと思いましたが、操作のレスポンスの良さで遊びやすかったです!

ボタン配置が変わっていて慣れるまでなかなか難しかったが、ジャンプボタンが変わったことでアクションのやりやすさが上がったと思う。


「モダン」タイプをはじめとした操作方法の追加や、手触りの改善で遊びやすくなった点も細部まで手を加えられたPS4®版ならでは。初心者の方には馴染みやすく、経験者の方は新鮮な気分で楽しむことができたようです。

このほかにも遊びやすさへの工夫が随所に施されている本作。アクションゲームが苦手な人も安心してプレイすることができますよ!




魅力3:時間を忘れてしまうほどハマる「フォトモード」もアツい!

【寄せられたコメント】

十数年ぶりにプレイしましたが、今でもやっぱり楽しいゲーム!!古びないのがスゴい!フォトモードをいろいろと調整できるのも、すばらしいと思いました。

フォトモード万歳!!!!

フォトモードでスクリーンショット撮影時、ワンダが任意の方向を向いてくれたら素晴らしい写真が撮れるのにな~...っと思った事ありませんか?出来ます!L2ボタンを押しながら、右スティックで向きたい方を見るだけ。後はフォトモード起動すれば、ワンダの目線もあなたの物に!


PS4®版から追加された新要素「フォトモード」も世界中のプレイヤーに楽しまれており、こんなのも撮れるの!? と驚いてしまうような写真がSNSでシェアされ盛り上がりをみせています。

多彩なフィルターや細かなアングル調整など、自由に写真撮影を楽しめる本モード。さまざまな撮影テクニックがあるので、試行錯誤しつつベストショットが撮れたらどんどんシェアしてみましょう!



記事内では残念ながら紹介できませんでしたが、ツイートとともに「フォトモード」で撮影した魅力的な写真をアップしてくださった方も多かった本企画。ぜひコチラから熱いコメントとともに確認してみてください!




PS4®版『ワンダと巨像』の更なる追加要素を紹介!

PS4®版『ワンダと巨像』の特徴はグラフィックや操作性の改善だけにとどまらない。初めてプレイする人からやりこみ派まで嬉しい追加要素を紹介していきます。



アクションが苦手でも安心!「Easy」モード

PS4®版では、PS2®/PS3®版で選択可能だった「Normal」モードと「Hard」モードに加え、「Easy」モードが追加されています。

「Easy」モードは「Normal」モードと比較すると、巨像へのダメージ量が増加する一方で、巨像からのダメージ量が減少。さらに握力も「Normal」モードより多くなっているので、普段アクションゲームを遊ばない人や苦手な人は、まず「Easy」モードで巨像戦に慣れてから、他の難易度へステップアップしていくのがオススメです!




「ギャラリー」にはファン必見のアートが満載!

やり込み要素として、コンセプトアートなどの貴重なアートが見られる「ギャラリー」が追加! 各種アートはゲーム開始直後だとロックされているのですが、ゲーム内で一定の条件をクリアすることでアートがアンロックされていきます。

条件は巨像を倒すというシンプルなものから、ちょっとテクニックのいるものまでさまざま。すべてのアートのアンロックを目指してやり込んでみてください!




すべてが新鮮! 左右が反転する「ミラーモード」

ゲーム本編のクリア後は、左右が反転する「ミラーモード」が選択可能になります。
巨像の棲む場所はもちろん、弱点の位置などもすべてが逆という、やりこんだ人ほど混乱してしまいそうな本モード。いつもプレイしてきた世界とは一味違う『ワンダと巨像』も体験してみましょう!


左がオリジナル、右がミラーモード。


このようにPS4®版『ワンダと巨像』では、非常に多くの要素が追加されています。すでにプレイしている人はもちろん、これから遊ぶ人もPS4®版で追加されたモードを活用して、『ワンダと巨像』を遊び尽くしてください!

「『ワンダと巨像』コメントありがとう!」"プレイステーション"公式ツイッターでリツイートキャンペーン実施!

皆さんからたくさん頂いたハッシュタグ「#ワンダと巨像と私」のコメントへ感謝をこめて、"プレイステーション"公式ツイッターの該当ツイートでリツイートキャンペーンを実施!

該当のツイートをリツイートし、1週間のリツイートの数が16体の巨像にかけて1,600を越えたら、PS4®で使える『ワンダと巨像』プレミアムテーマのプロダクトコードをツイートします。




こちらのツイートをリツイートください。
・リツイート期間2018年2月23日(金)~3月1日(木)
・3月1日(木)までに1,600リツイートが達成された場合、準備が出来次第、プロダクトコードを記載したツイートを投稿いたします。"プレイステーション"公式ツイッターアカウントのフォローをお忘れなく。
・プロダクトコードはPlayStation®4をお持ちで、日本国内でのPlayStation™Storeの利用が可能な方であれば、どなたでもダウンロード可能です。

どしどし対象ツイートをリツイートしてくださいね!
※キャンペーンの内容は予告なく変更する場合がございます。



------------------------------------------

ワンダと巨像

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 4,900円+税
    ダウンロード版 販売価格 5,292円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 6,372円(税込)
    デジタルコンテンツパック 販売価格 1,620円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『ワンダと巨像』記事はこちら

------------------------------------------


『ワンダと巨像』公式スペシャルサイトはこちら

©2005-2018 Sony Interactive Entertainment Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン