PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

内政面の施設開発実装など、遊びやすさがパワーアップ!『信長の野望・大志』アップデートが本日より配信!

by PS.Blogスタッフ 2018/03/08


好評発売中のPlayStation®4用ソフトウェア『信長の野望・大志』は、歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」シリーズの最新作。武将たちの「志」にスポットを当て、能力だけでなく人間性をも表現。乱世を生きる武将たちと真に覇を競い合っているかのような、シリーズ最高の没入感が味わえるタイトルだ。

本作をより遊びやすく改良するアップデートが、本日3月8日(木)より配信開始! 新コマンド「開発」が追加された内政面など、気になるアップデートの内容を詳しく紹介しよう。

【内政】
新コマンド「開発」を追加! 農業の一括選択も可能に

内政面では、いろいろな効果を持つ施設の建設や発展を行なうコマンド「開発」が新しく追加された。これにより、さらに細やかな国づくりを楽しめるようになった。また、農業の便利機能として、季節ごとに実行するコマンドに関しても、拠点を一括して選択できるようになっている。

「開発」で施設を建て、国を強化!

内政に追加されたコマンド「開発」では、配下武将に命じ、支配する郡にさまざまな施設を建てて国を強化できる。「開発」には「新設」「継続発展」「発展」「撤去」の4つのサブコマンドがあり、「新設」を選ぶことで施設を建設。17種類の施設ごとに異なる効果を受けられるようになる。

施設によっては、建設のための条件が設定されているものもある。自勢力の拠点に隣接していること、「商圏」があることといった条件があるので、新設の際には確認しておこう。

開発した施設は、マップ上のグラフィックにも描かれる。領内の発展する様子を、見た目でも実感できるだろう。

施設の開発は「奉行」が担当する。「奉行」となる武将の適性によって、施設が発展できるLV上限が変化するので、人選は重要だ。適性は武将の能力と個性が影響し、必要とされる要素は施設ごとに異なる。



「奉行」は「新設」や「発展」を行なった後も、武将の適性から決まるLV上限に達していなければ、奉行として留まり「継続発展」が可能な状態となる。

施設を発展させる方法は、「継続発展」と「発展」の2種類。「継続発展」では、「奉行」に命じて施設のLVをアップさせる。「奉行」を担当する武将が拠点を移動したり、出陣したりしても「奉行」は継続される。「発展」は、新しく「奉行」を任命して施設をLVアップさせるコマンドだ。




<施設の種類>

商人町

施設の効果:
毎月金銭を獲得

影響する能力:
内政

影響する個性:
商圏経営、交易商

建設条件:
商圏がある



漁村

施設の効果:
毎月兵糧を獲得

影響する能力:
内政

影響する個性:
水軍調練、利水上手

建設条件:
「漁港」の周辺



貯水池

施設の効果:
範囲内の洪水、干ばつの発生を抑え、拠点の兵糧収入を増加

影響する能力:
内政

影響する個性:
農事知見、利水上手

建設条件:
「川」地形



鍛冶村

施設の効果:
毎月、鉄砲を生産。鉄砲鍛冶がある場所は効果大

影響する能力:
内政

影響する個性:
鉄砲配備、鉄砲知見

建設条件:
なし



牧場

施設の効果:
毎月、軍馬を生産。馬産地がある場所は効果大

影響する能力:
内政

影響する個性:
騎馬配備、韋駄天

建設条件:
なし



宿場町

施設の効果:
隣接拠点の流民の増加量が上昇

影響する能力:
外政

影響する個性:
交易商、民衆統制

建設条件:
自勢力拠点に隣接



茶屋町

施設の効果:
隣接拠点の民忠が上昇

影響する能力:
外政

影響する個性:
教養人、堺人脈

建設条件:
自勢力拠点に隣接



用兵塾

施設の効果:
隣接拠点の武将の統率経験が上昇し、稀に個性を獲得

影響する能力:
統率

影響する個性:
韋駄天、士気向上

建設条件:
自勢力拠点に隣接



武芸塾

施設の効果:
隣接拠点の武将の武勇経験が上昇し、稀に個性を獲得

影響する能力:
武勇

影響する個性:
攻城心得、攻城達人

建設条件:
自勢力拠点に隣接



術策塾

施設の効果:
隣接拠点の武将の知略経験が上昇し、稀に個性を獲得

影響する能力:
知略

影響する個性:
守城心得、守り神

建設条件:
自勢力拠点に隣接



治世塾

施設の効果:
隣接拠点の武将の内政経験が上昇し、稀に個性を獲得

影響する能力:
内政

影響する個性:
新田開発、民政家

建設条件:
自勢力拠点に隣接



交渉塾

施設の効果:
隣接拠点の武将の外政経験が上昇し、稀に個性を獲得

影響する能力:
外政

影響する個性:
名奏者、講和巧者

建設条件:
自勢力拠点に隣接



練兵所

施設の効果:
隣接拠点から出陣する際の士気が上昇

影響する能力:
武勇

影響する個性:
剣豪調練、水軍調練

建設条件:
自勢力拠点に隣接



忍の里

施設の効果:
範囲内の敵軍勢を襲撃し、兵数と兵糧を減少

影響する能力:
知略

影響する個性:
忍斥候、間者諜報

建設条件:
なし



巡見所

施設の効果:
範囲内の戦場の兵数上限を、自勢力軍勢だけ上昇

影響する能力:
統率

影響する個性:
農兵動員、足軽動員

建設条件:
なし



防塁

施設の効果:
隣接郡まで戦場の兵数上限を、敵味方ともに低下

影響する能力:
統率

影響する個性:
築城名人、地形偵察

建設条件:
なし



施設の効果:
隣接郡まで決戦で必ず自陣に砦を配置し、戦況変化量と視界が拡大

影響する能力:
知略

影響する個性:
築城名人、地形偵察

建設条件:
なし

特徴的な効果を持つ施設をピックアップして紹介!

忍の暗躍で敵勢力にダメージを与える「忍の里」

「忍の里」は、一定の効果範囲を持つ施設。その範囲に入った敵に対して、一定期間に一度、忍の暗躍で兵糧と兵数にダメージを与える。




出陣する兵数上限を変化させる「防塁」と「巡見所」

施設によって、戦場に最初に出陣できる兵数上限が変化する。「防塁」は建設した郡の隣接郡まで兵数上限を小さくし、「巡見所」は一定範囲内の郡の兵数上限を大きくできる。攻め側、守り側を問わず、決戦が起こりそうな場所に建てることで、より優位な兵数で決戦に臨めるようになるのがメリット。




戦場で「砦」の強化効果を必ず受けられる

「砦」を建てた郡の隣接郡までで決戦になると、戦場に到着した順番に関係なく、必ず「砦」の効果が得られるようになる。「砦」の効果は、徐々に戦況が有利になる「陣」の効果をより強力にしたもの。決戦をスキップした際も、きちんと効果を受けられているので安心だ。


農業に拠点一括選択機能を追加

農業コマンドで季節ごとに実行できる2つのコマンドに、拠点を一括で選択できる機能が追加された。例えば、秋は「一括開墾」と「一括労役免除」が表示され、これを選ぶことで同じ指定を繰り返す必要がなくなる。

一括コマンドの画面には兵糧収入の増加や拠点の民忠など、コマンドごとに必要な情報がリスト化されており、どの拠点に命令を行なうと効率的かがわかりやすくなっている。

【軍事】
行軍マップや部隊編制画面に便利機能を実装!

軍事面では、編制を手軽で便利にする機能を実装。戦闘の準備をスムーズに、かつわかりやすく進められるようになっている。

行軍マップ画面で個別の部隊編制が可能に!

行軍コマンドが調整され、マップ上で個別の部隊の編制や解除を実行できるようになった。部隊の出陣場所や兵数が把握しやすくなることで、より戦略的な行軍を楽しめる。


兵数や兵装の一括変更機能も!

行軍の部隊編制画面にも便利な機能が追加されており、「兵数一括選択」では出陣中の全部隊の兵数を一律で変更できるようになっている。また「兵装一括変更」では、自動での兵装装備に加えて、一括での騎馬装備、鉄砲装備、全兵装の解除を行なえる。

【外交】
他勢力への新たな対処法として従属勢力の吸収が可能に!

外交面の新要素として、従属勢力を吸収できる機能が追加された。滅亡させるわけでもなく、同盟を結ぶわけでもない、他勢力への新しい対処法だ。

従属関係にある勢力を吸収して家臣に

一定期間、従属関係を続けていると、従属勢力を家臣として吸収できる機能が追加。従属の使い勝手が改善され、敵勢力を滅亡させる以外の選択肢もより有効になった。


------------------------------------------

信長の野望・大志

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:歴史シミュレーション
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 8,800円+税
    パッケージ版 TREASURE BOX 希望小売価格 12,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 9,504円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 12,744円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『信長の野望・大志』記事はこちら

------------------------------------------


『信長の野望・大志』公式サイトはこちら

「信長の野望」シリーズ公式Twitterはこちら

「信長の野望」シリーズ公式Facebookはこちら

©2017コーエーテクモゲームス All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン