PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『グウェント ウィッチャーカードゲーム』に新モード「グウェント アリーナ」が実装!

by PS.Blogスタッフ 2018/03/09

アリーナで全世界のライバルたちと激突!

『ウィッチャー3 ワイルドハント』のゲーム内ミニゲームとして好評を博した「グウェント」が、1本の独立したソフトとして楽しめるようになった本作。基本プレイ無料のカードゲームでプレイヤーは1試合最大3ラウンドの対戦に挑み、さまざまな能力のユニットや呪文を駆使して勝利を目指す。

これまでもさまざまなアップデートが行なわれてきたが、今回、新モード「グウェントアリーナ」が実装された。アリーナには「鏡の破片」と呼ばれるゲーム内アイテムを使って入場し、全カードコレクションから提示されるカードを選んでデッキを構築、全世界のライバルたちと競い合うことになる。従来のモードにあるような勢力やカード別の枚数の縛りはなく、従来のモードではありえなかったようなコンボを出すことも可能になった。


入場に必要な「鏡の破片」はゲーム内通貨(鉱石×150)、もしくは240円(税込)で購入できる。一度アリーナに入場すると3敗もしくは9勝するまで戦い、勝ち星が多いほどもらえる報酬が豪華になる。


グウェント ウィッチャーカードゲーム | アリーナモード シネマティックトレーラー



グウェント ウィッチャーカードゲーム | アリーナモード ゲームプレイトレーラー



新たなカードが10枚が追加

アリーナの実装に伴うアップデートで、新カードも10枚追加! 「ゲラルト」や「イェネファー」「ダンディリオン」といった人気キャラクターたちの新バージョン、さらにユニークなアビリティを持ったカードが追加された。

新カード「ダンディリオン:虚像」


新カード「イェネファー:屍術師」

「グウェント アートコンテスト」が開催中!

現在、全世界を対象にしたイラストコンテストを開催中! 「ウィッチャー」シリーズに登場するキャラクターで『グウェント』ではまだカード化されていないものを選び、自由なテイストでイラストを描いて応募しよう。優秀作品にはワコムのタブレットや「ゲラルト」のフィギュアなど豪華な賞品を贈呈!! 詳しくは下記の応募要項をチェック!


<応募要項>
■「ウィッチャー」の世界に出てくるキャラクターの中で、まだ『グウェント』のカードになっていないものが対象
■3,500×5,000ピクセルの大きさで、2Dのみ、"JPG" もしくは "PNG" のフォーマットで応募
■対象はイラストのみ(フレームやアビリティテキストなどは含めないこと)

<応募締め切り>
2018年4月6日(金) 23時(日本時間)まで

優勝者に贈られる、Prime 1 Studio 制作「リヴィアのゲラルト」フィギュア、ワコムタブレット、グウェントアートブック、トロールのショープぬいぐるみ。

作品の応募はこちらから!



------------------------------------------

グウェント ウィッチャーカードゲーム

・配信元:CD PROJEKT RED
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:オンラインカードゲーム
・配信日:好評配信中
・価格:基本プレイ無料(一部アイテム課金制)
・プレイ人数:1人(オンライン時:2人)
・CERO:C(15才以上対象)

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------

PS.Blogの『グウェント ウィッチャーカードゲーム』記事はこちら

------------------------------------------


『グウェント ウィッチャーカードゲーム』公式サイトはこちら

『グウェント ウィッチャーカードゲーム』公式Twitterはこちら

CD PROJEKT RED JAPANのYouTubeチャンネルはこちら

© 2017 CD PROJEKT S.A. ALL RIGHTS RESERVED. CD PROJEKT®, The Witcher®, GWENT® are registered trademarks of CD PROJEKT Capital Group. GWENT game © CD PROJEKT S.A. All rights reserved. Developed by CD PROJEKT S.A. GWENT game is set in the universe created by Andrzej Sapkowski. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.

記事を探す
トップに戻るボタン