PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

昭和初期のレトロモダンな雰囲気が素敵な恋愛アドベンチャー『天涯ニ舞ウ、粋ナ花』4月26日発売!

by PS.Blogスタッフ 2018/03/09

昭和の赤坂を舞台に繰り広げられる、ドラマチックな恋愛活劇

PlayStation®Vitaで4月26日(木)に発売となる『天涯ニ舞ウ、粋ナ花』は、時代小説を彷彿とさせるストーリーが話題となった乙女ゲーム『華ヤカ哉、我ガ一族』スタッフが贈る、戦前の昭和初期を舞台とした「割烹奮闘記」。

粋な街、赤坂に暖簾を掲げる明治創業の割烹「弥島」。二代目店主・弥島幸太が病に臥したため、息子の幸介が三代目店主の座に就いた......のだが、幸介は長年抱いてきたホテル経営の夢を実現させるべく、割烹「弥島」の土地を狙っていた。

看板さえ残せばいいと考える幸介と、店と看板を残したい父・幸太は真っ向対立。そんな中、田舎で料理旅館を手伝っていた主人公は、渦中の人物・幸介氏との縁談が持ち上がる......。さまざまな思惑が入り乱れる、割烹「弥島」をめぐる物語。どんな展開が待ち受けているのか、こうご期待!


戦前の昭和という時代背景を含めて楽しみたい、主人公・りつ(名前変更可能)を中心とした割烹奮闘記。昭和戦前当時の赤坂花街(本作では「あかさかはなまち」と呼称)の割烹が主な舞台!

自由行動でミニゲームをクリアすると、ごほうびがゲットできる!

物語がある程度進行すると、「午前」「午後」「夜」の時間帯を指定して行動することができる。時間を決定すると自室に移動し、ミニゲームをプレイできるようになる。ゲームをクリアしてレベルを上げていくと、「ラジオ番組」「ドラマレコード」「ラフ・壁紙」といったお楽しみ要素が入手できる。


自室を訪れる時間によって、サブイベントの内容やミニゲームの種類が変化する。



ミニゲームのひとつ、料理を作るゲームはゲージのつまみが移動するタイミングを見計らって黒い範囲のところでボタンを押すと成功となる。レベルが上昇すると、タイミングがどんどんシビアに......。



制限時間内に星をつなげ、星座を完成させるミニゲーム。レベルが上がると星の数が増え、配置もより難しいものとなっていく。

割烹「弥島」をめぐる物語の登場人物たち

主人公は田舎にある料理旅館を営む両親を手伝いつつ、いつか店を継ぎたいといった夢を抱いていた女性。父と「弥島」の先代店主が旧知の間柄だったために持ち上がった、幸介との縁談がきっかけで......主人公の運命は大きく動き出すのだった。


弥島 幸介

やじま こうすけ

「田舎の料理屋の娘など願い下げだからな」

職業:割烹「弥島」副店主
年齢:30歳
身長:174㎝
体重:65㎏
誕生日:5月2日
趣味:特になし


弥島家の長男で主人公の許婚。父が倒れてからは店主を務めていたが、主人公が店主になったために副店主となる。ゆくゆくは店をホテルにしようと画策しており、父とは意見の違いで対立中。野心家で計算高いが、卑劣なことは嫌うタイプ。重要なことを決める際に「賭け」を用いることが多い。




弥島 裕介

やじま ゆうすけ

「シュウクリームを三つ。これでいいんだな?」

職業:内閣調査局調査官
年齢:28歳
身長:176㎝
体重:68㎏
誕生日:2月3日
趣味:仕事


弥島家の次男。一度こうと決めたらテコでも動かない頑固者。仕事一筋の真面目人間で、仕事では上手く立ち回るが、私生活はまったくダメ。勤務中の自分と家庭での自分があまりにも違うことを自覚しているため、知り合い(特に身内)には仕事場を見られたくないと思っている。かなりの近眼であり、眼鏡がないと何も見えない。




弥島 惣介

やじま そうすけ

「俺から三歩以内に入るな!」

職業:帝國大学理学部天文学科講師
年齢:23歳
身長:177㎝
体重:62㎏
誕生日:3月10日
趣味:特になし


弥島家の三男。非常にマイペースで、自分のペースを乱されることを何よりも嫌う。冷たく見られがちだが本人は自覚しておらず、会話する言葉が少な目なだけ。星しか自分を理解する物がないと思っているため、活動のメイン時間は夜。幼い頃のトラウマが原因で、一定距離に女性が近づくと吐き気を催してしまう。




弥島 恭介

やじま きょうすけ

「努力って見えない所でするモンだろ?」

職業:料理人
年齢:21歳
身長:171㎝
体重:61㎏
誕生日:8月26日
趣味:食べ歩き


弥島家の四男。面倒見がいい性格で、誰にでも優しいが強面で口が悪いのが玉にキズ。仕事は一切妥協しないタイプで、こつこつと努力を積み重ね、板長目指して修行中。料理、裁縫が得意で意外とマメなところもある。女性には奥手であり、いつもチャンスを逃してしまう。




弥島 俊介

やじま しゅんすけ

「俺の価値が分からない女はお前ぐらいだぜ?」

職業:高等学校2年生
年齢:17歳
身長:180㎝
体重:67㎏
誕生日:6月30日
趣味:特になし


弥島家の五男。自信家で自分好き。しかしただのナルシストではなく、自分に厳しいストイックな一面も持ち合わせる。兄弟の中でも長身で端正な顔立ちの上、年齢に関係なく女性に優しいためいつも注目の的となっている。ファンクラブ「俊様倶楽部」を持つ。




安住 りつ

あずみ りつ(名前変更可能)

「待ってください! その勝負、受けて立ちます......!!」

職業:割烹「弥島」期間限定店主
年齢:17歳
身長:156㎝
体重:45㎏
誕生日:2月28日
趣味:千代紙集め


海沿いの田舎町にある料理旅館の娘で、本作の主人公。三姉妹の長女で、明るく家族思いな女性。幼い頃から忙しい両親を手伝ってきたため、家事は一通り満足にこなすことができ、料理は自己流だが料理人である父親の味を受け継いでいる。

時代背景を知るためのキーワード

ゲームの舞台となる時代は戦前の昭和初期。大正時代とも違い、また一般的に知られる昭和とも違う、戦前ならではの独特の雰囲気が漂う時代である。作中には本作の時代感を表すワードがいくつか登場し、ここではその一部を紹介する。



「電話機」
昭和初期になると交換手を必要としない、相手に直接掛ける電話機が最新型として登場。弥島家にはこのタイプの電話機が置いてあり、掛け方が分からない主人公が戸惑うシーンもある。

「冷蔵機」
電気の普及率が少しずつ上がってきている時代、それまで家庭では大きな氷を入れて物を冷やす冷蔵箱と呼ばれるものを一般的に使用していたが、この時代に入るといよいよ冷蔵庫が登場。当時は冷蔵機と呼称され、かなり高価だったため通常の家庭では使用されることなく、これからというときに世界大戦が勃発しため一時期は市場から商品が消滅していた。

「銀座」
当時の銀座は年配者、裕福な人たち向けの街として知られており、この頃になると新宿や渋谷の方に人気が集中。百貨店のほか新しいカフェーなどが続々と登場していたため、若者らは皆そちらに足を向けていた。主人公は銀座の方が近いためときどき出掛けることがあるものの、話題の中心はやはり新宿、渋谷であった。

「割烹店」
現在では料亭と呼ばれている高級料理店のことを、当時は割烹店と呼んでいた。この頃の赤坂花街には割烹店・待合が合わせて140軒あったが、いまでは数軒しか残っていない。割烹「弥島」は赤坂花街の中にある老舗割烹店のひとつで、人気ではトップ3に入るほど。場所柄、政治家などのお偉いさんたちが利用しており、普通の人はあまり利用しない。

『華ヤカ哉、我ガ一族』の舞台との連動も!

銀座や財閥といった『華ヤカ哉、我ガ一族』に関連するワードをはじめ、本作には『華ヤカ哉、我ガ一族』でも見られた場所が本作にも登場する。「志栄堂パーラー」や「帝國華月ホテル」など、ファンにはなじみのある場所が登場することも......。

限定版は特製冊子とドラマCD&サウンドトラックデータCDが付属! 予約特典CDもお見逃しなく!

本作の限定版には主人公が作中でもらう手帳を模した特製の冊子・「店主ノ覚ヱ書キ手帳」と、豪華2枚組のCDが付属する。冊子は登場人物や本編物語を主人公が解説する内容で、企画・監修担当の高木氏書き下ろしSSに、原画担当のユウヤ氏描き下ろしの挿絵を収録した逸品となっている。ショートストーリーには宮ノ杜家の御兄弟たちも登場!


左は限定版のパッケージアート、右は通常版のパッケージアートとなっている。店頭ではこちらのイラストを目印にご購入あれ!



冊子「店主ノ覚ヱ書キ手帳」



限定版特典の2枚組CDジャケットも、原画担当のユウヤ氏描き下ろし!



サウンドトラックデータCD



ドラマCD「或る日、庭にて埋蔵金」

≪声の出演≫
弥島 幸介:平川 大輔
弥島 裕介:間島 淳司
弥島 惣介:立花 慎之介
弥島 恭介:櫻井 トオル
弥島 俊介:河西 健吾

弥島兄弟たちによる深夜の飲み会。珍しく全員が集まったところで俊介が1枚の紙を取り出した。百年前の弥島家周辺が記されたという地図には、なぜか徳川家の家紋、葵の御紋が描かれている。そして、埋蔵金が家の庭に埋まっていることを知った兄弟たちは......!?

予約特典のドラマCDは風邪で倒れた主人公の看病を兄弟たちがすることに!?

ゲームの予約特典として用意されたドラマCDは、限定版とは異なる「弥島ぱんでみっく」と題された特別なストーリー。特典は数量が一定数に達し次第終了となるので、予約の際には必ず店舗でご確認を!


ドラマCD「弥島ぱんでみっく」

≪声の出演≫
弥島 幸介:平川 大輔
弥島 裕介:間島 淳司
弥島 惣介:立花 慎之介
弥島 恭介:櫻井 トオル
弥島 俊介:河西 健吾

風邪で寝込んだ主人公を、恭介と俊介が看病を試みる......が、一向に熱が下がらない。薬も効かず、これは世界中で恐れられた流行風邪ではないかという疑いが持ち上がる。どの道、誰かひとりが感染すれば全員が伝染るということで、交代で看病する兄弟たちだが......もちろん誰も看病の経験はない。医者が来ない状況の中、彼らはどうなってしまうのか!?



戦前の銀座を舞台に、さまざまな人物の思惑が入り乱れる波乱万丈な乙女ゲーム『天涯ニ舞ウ、粋ナ花』。作品世界や登場人物たちのパーソナリティに興味が湧いたら、ぜひともプレイしてみよう。


------------------------------------------

天涯ニ舞ウ、粋ナ花

・発売元:アイディアファクトリー(オトメイト)
・フォーマット:PlayStation®Vita
・ジャンル:女性向け恋愛AVG
・発売日:2018年4月26日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,300円+税
    限定版 希望小売価格 8,300円+税
    ダウンロード版 販売価格 6,264円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------


『天涯ニ舞ウ、粋ナ花』公式サイトはこちら

「オトメイト」公式サイトはこちら

©2018 IDEA FACTORY/ichicolumn inc.

記事を探す
トップに戻るボタン