PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『モンスターハンター:ワールド』3月22日に無料大型アップデートを実施! メディア大会もレポート!

by PS.Blogスタッフ 2018/03/15


全世界で750万本を出荷(※)し、シリーズ最高出荷記録を更新した『モンスターハンター:ワールド』。PlayStation®4のオンラインマルチプレイでその腕前を競うメディア向けの大会が、3月14日(水)に開催された。ゲーム雑誌をはじめ、ゲームWEBサイトやエンタメ情報サイトなど、9つのメディアが繰り広げた激闘の模様と、本作の新情報をお届けしよう。
※現在発売されているプラットフォームの全てを含む/ダウンロード版販売実績を含む。


開会に先駆けて無料大型タイトルアップデート第一弾の最新情報を公開! 配信日は3月22日(木)に決定!!

メディア大会の開催に先駆けて、カプコンの開発スタッフであるプロデューサーの辻本良三氏と、ディレクターの徳田優也氏より、今年の春に実施予定と発表されていた大型無料タイトルアップデート第一弾の配信日が、3月22日(木)に決定したと明かされた。気になるアップデート内容を、さっそくチェック!


左から、プロデューサーの辻本良三氏、ディレクターの徳田優也氏。

恐暴竜「イビルジョー」が登場!

大型無料タイトルアップデート第一弾の目玉は、恐暴竜(きょうぼうりゅう)「イビルジョー」の追加! イビルジョーは代謝が激しいため、獲物を捕食し続ける必要があるという凶暴なモンスターだ。その貪欲さは、本作の生態系にどのような影響をおよぼすのだろうか?



上位の任務クエスト「不思議の国の女王」をクリアすると、イビルジョーが上位探索や★6、★7のクエストに乱入してくるようになり、条件を満たすと特別任務が発生するという。これまでにない、変わった趣向をこらした任務となっているそうなので、配信をお楽しみに!


各武器種の特性をより活かせるよう、ゲームバランスを調整

大型無料タイトルアップデート第一弾では各武器種に、より特性を活かせるような調整や不具合の修正が行なわれる。愛用している武器種がどのように調整されるのか、確認しておこう!



【大剣】溜め斬り威力をアップ

■溜め斬り2段階目の威力アップ
■溜め斬り3段階目の威力アップ
■強溜め斬り2段階目の威力アップ
■強溜め斬り3段階目の威力アップ



【太刀】見切り斬りの入力受付と判定範囲を緩和

■見切り 成功判定タイミング延長
■見切り 成功判定アタリの拡大
■見切り斬りのヒット判定拡大
■見切り斬りの攻撃時のレバー判定角度拡大
■気刃兜割の着地までのけぞり無効が適用されていなかった不具合を修正



【片手剣】剣の一部の威力をアップ。また抜刀時のスリンガーの有用性が向上

■回転斬りの威力アップ
■抜刀中のスリンガーでも楔虫を使用可能に



【ハンマー】気絶効果を調整

■溜め2段階目の溜めアッパーの気絶値アップ
■溜め2段階目の溜め強アッパーの気絶値アップ
■溜め3段階目の溜め叩きつけの気絶値アップ



【狩猟笛】攻撃力の底上げ

■自分強化の重ね掛け時の効果に、自分の攻撃力アップを追加
※自分強化の重ね掛けを「はじかれ無効&攻撃力UP」に変更。



【ガンランス】砲撃の斬れ味消費を緩和し、一部威力をアップ

■斬れ味が黄色以下の時の、砲撃威力補正値をアップ
■各種竜杭砲と竜撃砲の斬れ味の消耗を緩和
■竜杭砲の威力をアップ
■竜撃砲の威力をアップ



【スラッシュアックス】零距離解放突きをより使いやすく調整

■零距離解放突き中に、耳栓スキルLv4を付与
■剣:ジャンプ属性解放突き開始から、零距離解放突きにつながるように変更
■距離解放突きの威力をアップ
■乗り属性解放フィニッシュを斬れ味消費無しに変更
■零距離解放フィニッシュ後の着地までのけぞり無効が適用されていなかった不具合を修正



【チャージアックス】榴弾ビンと強属性ビンとのバランスを調整

■チャージアックスの榴弾ビンの爆発にのる「砲術」以外の各種攻撃力アップ効果を減少
■超高出力属性解放斬りの榴弾ビンの気絶値をダウン
■超高出力属性解放斬り以外のビンの気絶値をアップ
■強属性ビンの属性補正値をアップ
■超高出力属性解放斬りの強属性ビンの爆発をより当たりやすいように密集



【操虫棍】攻撃力アップ効果の上昇と、エキスの保持しやすさを緩和

■エキス取得時、赤白と赤白橙のときの攻撃力アップ効果を上昇
■エキス効果時間を全体的に延長
■乗り中、エキス効果時間が減らないように変更



【ランス】より使いやすく調整

■カウンター突き成功時に一定時間のけぞり無効を付与



【双剣】より鬼人ゲージを溜めやすく調整

■鬼人化時の回転斬りと鬼人突進連斬で、鬼人ゲージが上昇するように変更
■鬼人回避からの走り中に鬼人化解除ができなかった不具合を解除できるように修正



【弓】一部不具合の修正

■「散弾・剛射強化」のスキルが、弓の駆け上がり射撃の際に効果が二重に乗っていた不具合を修正
■竜の一矢が特定の操作で制限角度以上に発射できてしまう不具合があり、制限角度以上にカメラを向けて撃った場合、カメラの向きに関係なくプレイヤーの正面に撃つように修正



【ライトボウガン/ヘビィボウガン】調整項目はありません



システムの改善や追加機能を実装!

また、大型無料タイトルアップデート第一弾では、ロード時間の短縮や、字幕サイズの変更機能、クエストからの帰還先選択に「集会エリアに戻る」の追加など、システムの改善も行なわれる。


【主な追加機能】

■ロード処理の最適化を行ない、ロード待ち時間を軽減
■メンバーリストに「集会エリアから除外する」機能を追加
■スタートメニューに「字幕サイズ」の変更項目を追加
■クエストからの帰還先選択に「集会エリアに戻る(マルチプレイ時は、離脱して集会エリアに戻る)」を追加
■剥ぎ取りモーション中、仲間のハンターからの攻撃が当たらないように変更
■モンスターの研究レベルに応じて上昇するガイドレベルについて、1クエスト経過ごとのゲージ減少量を緩和



大型無料タイトルアップデート第一弾のさらなる詳細が公式サイトにて公開されているので、チェックしておこう。

『モンスターハンター:ワールド』公式サイトはこちら

今後配信予定のDLCや「狩王決定戦2018」の最新情報もチェック!

大型無料タイトルアップデート第一弾の詳細に続いて、今後配信予定のダウンロードコンテンツ(DLC)や、「モンスターハンター:ワールド 狩王決定戦2018」(以下「狩王決定戦2018」)の開催概要についても発表!

プレイヤーキャラクターを再編集できるコスメティックなDLCが登場! 3月16日に無料お試し版、今春に有料版を配信予定!

プレイヤーキャラクターの作成(キャラクタークリエイション)を再編集できるDLC「狩人の身だしなみチケット」が配信決定! まずはすべてのプレイヤーに向けて、3月16日(金)より無料のお試し版を配信。そして今春に有料版(価格未定)の配信がスタートする予定となっている。


セーブデータ選択画面からチケットを使用することで、作成済みハンターの性別や容姿、ボイスの変更、調整が可能に! 「ゲームの進行状況はそのままでハンターの容姿を変えたい」、「ギャラリーのイベントシーンをハンターの容姿を変えて楽しみたい」というときに活用しよう。
※ハンターの名前と、オトモの名前や容姿は変更できません。


■【無料お試し版】狩人の身だしなみチケット
2018年3月16日(金)配信予定

■狩人の身だしなみチケット:価格未定(有料)
2018年春 配信予定

※「【無料お試し版】狩人の身だしなみチケット」は、1枚のみ入手できます。
※「狩人の身だしなみチケット」1枚で更新できるのは、1キャラクターのみ、1回限りです。
※キャラクターを複数作成している場合、いずれか1キャラクターに使用した時点で消費されます。
※ハンターの名前と、オトモの名前や容姿は変更できません。
※髪/眉の色/ひげ/化粧・ペイント/インナーについては、本チケットを使わずとも「マイハウス」の「アイテムBOX」から「身だしなみの変更」で変更できます。

「狩王決定戦2018」の開催地区と日程が決定!! 地区大会決勝クエスト第1弾も公開!

最速ハンターの頂点"狩王"を目指して全国のハンターたちが腕を競い合う「狩王決定戦2018」の開催地区と日程が決定! 4月22日(日)の東京大会を皮切りに、全国7地区で予選大会が開催される。7月15日(日)の決勝大会を目指し、腕を磨いておこう!



「モンスターハンター:ワールド 狩王決定戦2018」開催概要

PS4®『モンスターハンター:ワールド』の最速ハンター"狩王"を決める公式大会! 2人1組でチームを組み、指定の大会クエストの討伐タイムを競い合うタイムアタック形式の大会だ。過去最多の全国7都市で行なう地区大会の上位チームが決勝大会に駒を進め、日本一の最速ハンターを決定!


<開催日程/会場>
地区大会
 ※事前応募制となります。
■東京大会:2018年4月22日(日) 東京都千代田区(一部一般開放エリア有)
■名古屋大会:2018年4月29日(日) 名古屋市中村区
■広島大会:2018年5月6日(日) 広島市南区
■仙台大会:2018年5月13日(日) 仙台市若林区
■福岡大会:2018年5月20日(日) 福岡市博多区
■大阪大会:2018年5月27日(日) 大阪市福島区
■札幌大会:2018年6月3日(日) 札幌市中央区

決勝大会
■決勝大会:2018年7月15日(日) 幕張メッセ


<応募受付>
【第1弾】東京大会/名古屋大会/広島大会 2018年3月22日(木) ~

※地区大会は事前応募制となります。
※仙台大会、福岡大会、大阪大会、札幌大会の応募受付開始日は続報をお待ちください。

「モンスターハンター:ワールド 狩王決定戦2018」公式サイトはこちら



なお、地区大会決勝クエストは大会の開催日程ごとに分割して配信される。先行3会場分(東京大会、名古屋大会、広島大会)である第1弾の配信は3月22日(木)を予定しており、それと同時に大会参加応募受付も開始! 大会参加者全員がもらえるオリジナルグッズを用意しているほか、大会以外でも楽しめるコンテンツが予定されているので、ぜひ参加を!



地区大会予選クエストの対象モンスターはプケプケ!

全地区大会予選共通のクエストは、ゲーム内ですでに実装されている「闘技大会01」だ。プケプケの討伐で最速タイムを目指せ!


地区大会決勝クエスト第1弾は3月22日(木)配信! 対象モンスターはネルギガンテ!!

先行3会場が対象の地区大会決勝クエスト第1弾は、ネルギガンテの討伐! 会場ごとに武器種やフィールドが異なるので、組み合わせによって戦略的な立ち回りが必要となる。配信は3月22日(木)の予定だ。



「狩王決定戦2018」記念グッズが発売! 本日3月15日(木)より予約受付開始

「狩王決定戦2018」の開催を記念して、Tシャツとマフラータオルの発売が決定! 本日3月15日(木)より、カプコンオフィシャル通販サイト「イーカプコン」にて予約受付中だ。どちらのグッズにも、ハンターにはおなじみとなった「狩人(かりんちゅ)」の文字を大きくデザイン。さらに地区大会と決勝大会の全日程も印刷された、まさにメモリアルなグッズとなっている。



4月4日(水)までに注文すると、大会開催前の4月13日(金)に届く予定。記念グッズを身に着けて、大会に挑もう!

イーカプコンの特設ページはこちら

9つのメディアが最速ハンターの栄冠をかけて激突! メディア大会予選スタート!!

新情報の発表が終わり、いよいよメディア大会が開幕! 本大会は2人1組のチームを組んでクエストの討伐タイムを競い合うという、「狩王決定戦2018」に近いルールとなっていた。9つのメディアによる9チームが参加し、予選クエストのクリアタイム上位4チームが決勝に進出する。



予選はクルルヤックを狩猟する「闘技大会02」、決勝はリオレイアを狩猟する「闘技大会03」という、どちらもストーリーの進行によって解放される闘技大会クエストで行なわれた。



クエストに挑む際は、カメラ操作やショートカットなどを自宅でプレイしている環境と同じ設定にする、約5分間の準備時間が用意された。大会は和気あいあいとした雰囲気で行なわれたものの、準備時間は真剣なまなざしのチームばかりで気合は十分! 「今日の午前4時まで練習してきましたよ!」というチームがいる一方で、「明け方まで校了作業をしてました......」というチームもおり、波乱を予感させる雰囲気も漂っていたのが印象深い。


ディレクターの徳田氏も、「本作でこういった大会が行なわれるのは初めてなので、どんなプレイが飛び出すのか楽しみです!」と、ワクワクした表情で各チームの挑戦を見守っていた。


予選クエストで注目を集めたのは、ゲーム以外の情報も扱っているエンタメ特化型情報メディアの「SPICE(スパイス)」チーム! 多くのチームがライトボウガンやハンマーといった武器をチョイスする中で、2人とも双剣という珍しい編成でチャレンジ。辻本氏と徳田氏もこれには驚いた様子だったが、怒涛の攻めと華麗な連携により、なんと2位のタイムで予選を通過! 会場からも大きな拍手が贈られた。


全チームによる予選クエストのタイムは写真の通り。決勝進出の分かれ目となった4位と5位の差は、わずか0.45秒という大接戦! 1位は1分を切るという驚きのタイムで、かなりの練習を積んできたことがよくわかる。

リオレイアを何もさせずに討伐!? 決勝はいきなりベストタイムが登場!


ついに迎えた決勝では、最初に挑んだ「電撃PlayStation」チームが驚異的なスピードでリオレイアを討伐し、会場からはどよめきの声が!


シビレ罠や落とし穴、閃光弾を効果的に使っているのはもちろん、狩猟笛とチャージアックスによる連携がうまく決まっているのを見て、辻本氏も「リオレイアに何もさせていませんよ!」と、興奮気味。



他のチームも健闘を見せたが、「電撃PlayStation」チームのタイムを上回ろうと無茶をし、力尽きてしまうハンターも......。終わってみれば2位に30秒以上の大差をつけ、「電撃PlayStation」チームが優勝を飾った。



徳田氏は大会を振り返り、「皆さんのレベルがとても高く、ショートカットなどもうまく使ってくれていてうれしかったです。「狩王決定戦2018」も盛り上がるのではないかという、期待を持たせていただきました」と笑顔でコメント。



辻本氏は「最近はゲーム大会がとても注目されています。やはり真剣にゲームを練習した人たちが力を発揮する勝負は、見応えがありますよね。「モンハン」シリーズも大会を長年やっていまして、プレイヤーの皆さんはすごく練習をして参加してくれます。また始まる「狩王」を、ぜひよろしくお願いします」と述べ、大会を締めくくった。



どのチームも練習の成果を発揮し、手に汗握る狩猟が続出したメディア大会。多くのプレイヤーが集まる通常の大会と比べると小規模とはいえ、会場は熱い盛り上がりを見せていた。これから開催される「狩王決定戦2018」では、これ以上の興奮が味わえるはず! 開催までにじっくりと腕を磨き、ぜひ参加してみよう!!



▼PS4®『モンスターハンター:ワールド』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

MONSTER HUNTER: WORLD (モンスターハンター:ワールド)

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ハンティングアクション
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 8,980円+税
    パッケージ版 コレクターズ・エディション 希望小売価格 15,980円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,980円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 9,980円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン:1〜4人)
・CERO:C(15才以上対象)

※オンラインマルチプレイを楽しむには、PS Plusに加入していただく必要があります。

------------------------------------------

PS.Blogの『モンスターハンター:ワールド』記事はこちら

------------------------------------------


『モンスターハンター:ワールド』公式サイトはこちら

「モンスターハンター」シリーズ公式サイトはこちら

『モンスターハンター:ワールド』公式Twitterはこちら

「モンハン部」公式Instagramはこちら

「モンハン部」公式Facebookはこちら



©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

記事を探す
トップに戻るボタン