PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【PS VR】今までにないスケールで体験する恐竜たちとの触れ合い! PS VR専用ソフト『ARK Park』本日発売!

by PS.Blogスタッフ 2018/03/22


恐竜が闊歩する島を舞台にしたサンドボックス型のオープンワールドサバイバルゲームとして人気を博し、これまで1,000万人ものユーザーがプレイした『ARK: Survival Evolved(アーク:サバイバル エボルブド)』。その派生的作品となるのが本日3月22日(木)発売のPlayStation®VR専用タイトル『ARK Park(アークパーク)』だ。

プレイヤーはさまざまな恐竜たちが暮らしている「ARK Park」内を探索。"恐竜の遺伝子(ゲノム)"や"材料"を採取して新たなアイテムを作成したり、手に入れた恐竜の卵を孵化させて飼育したりしながら恐竜たちとの触れ合いを楽しめる。また過酷なサバイバル要素はないものの、迫り来る恐竜たちと戦うことも。さらに最大4名のチームを組んでのオンライン協力プレイも可能。今回はそんな『ARK Park』を実際にプレイ! その魅力に迫る!!


パーク内は森林、沼地、洞窟などの複数のエリアに分かれており、各エリアにいろいろな恐竜たちが暮らしている。

PS VRで恐竜たちが暮らす世界に足を踏み入れる!

ゲームをスタートすると、「シングルプレイ」「マルチプレイ」「チュートリアル」を選択できる。まずは基本操作やゲームの大まかな内容を知るためチュートリアルをプレイしてみることに。ゲーム内にダイブすると、まずは専属のガイド"ジョーイ"が操作方法などを指南してくれた。そして"ジョーイ"に促されリニアモーターカー「クリスタル号」に乗り込み、いざ「ARK Park」へ出発!


トンボ(メガネウラ?)の姿をしたガイドの"ジョーイ"がいろいろと教えてくれる。また文字やアイコンでもフォローしてくれるので迷うことはないだろう。本作はPlayStation®Move モーションコントローラーにも対応しているが、今回はワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)でプレイしてみた。
※記事に使用している画面写真の一部は実機から簡易的に撮影したもので、VRヘッドセットでの実際の見え方とは異なります。



近未来のリニアモーターカー「クリスタル号」に乗って「ARK Park」を目指す。自動運転なので走行中は車内を移動したり車窓を眺めたりできる。途中メスのモササウルスがお出迎えしてくれたのだが、その迫力、演出に心を鷲づかみされた。



「クリスタル号」から降りると、「ARK Park」や恐竜たちについて詳しく知るためのプログラムが用意された「ビジターロビー」に到着。ここはいわゆる博物館で、広大なパークの模型やホログラムの恐竜たちが展示されている。恐竜の詳しい解説はもちろん、恐竜に餌を与えたり、"食べる""戦う"などの指示を出したりと、恐竜たちとの触れ合い方を知ることができる。


ホログラムとはいえ巨大な恐竜たちは迫力満点! パーク内のエリアも確認できるほか恐竜図鑑の機能もある。



「ビジターロビー」の次は「フォレストトレイル」に移動。ここではアイテムの作成や所持品の整理、着替えなどのほか、プレイヤー専用の恐竜たちを飼育できる。チュートリアルでは恐竜の卵をひとつ貰えたので、早速孵化させてみた。生まれたのは全身鎧のような鱗に覆われたトリケラトプス! まだ小さいトリケラトプスに餌(果物)を与えることで手懐けることができる。また時間が経過するとぐんぐん成長していき、その背中に乗ることもできる!


果物を手に持って傍に行くと小走りで近寄ってくるトリケラトプス。恐竜とはいえ、その仕草はどこか可愛らしい。



緊急事態発生! パーク内の安全を確保せよ

成竜となったトリケラトプスの背中に乗ってパーク内の探索に出発。恐竜たちの鳴き声や草を食む姿などVR視点で体験する『ARK Park』は臨場感バツグン! だが優雅に探索を楽しんでいたら、いきなりの轟音と共に森から恐竜たちが移動し始めた。そして「緊急事態発生!!」とのアナウンスが! どうやら恐竜の攻撃性を制御するための装置"エレクトリックウェーブ"にトラブルが発生して、観光客と一部のスタッフが凶暴な恐竜たちに囲まれた模様。チーフエンジニアからの依頼を受け、現場に急行することになった。しかし丸腰では危険だ。"ジョーイ"に促され、まずは銃を作るための"恐竜の遺伝子(ゲノム)や"材料"の入手をすることに。


「マウンテンパス」に移動して、ゲノムスキャナでサルの遺伝子(ゲノム)を入手。さらに石のツルハシ、グローブを使い木材や植物の繊維を手に入れた。



「フォレストトレイル」に戻りゲノムを使って銃の設計図をアンロックしたのち、素材を組み合わせてハンドガンを作成。そして早速"エレクトリックウェーブ"修復のため「静寂の森」に移動した。ここでは迫り来る恐竜たちをハンドガンで倒し、"ジョーイ"が修復を完了させるまで"エレクトリックウェーブ"を守りきらなくてはならない。先ほどまで大人しい草食恐竜ばかりを見ていた反動か、敵意を持ってこちらに襲い掛かってくる恐竜たちには恐怖すら感じられ、銃を持つ手も震えが......だが、なんとか"エレクトリックウェーブ"を守りきることに成功! 生存確率0.3333%から生還して、チュートリアルは終了となった。


「フォレストトレイル」には、射撃練習場も用意されており、作成した銃の試し撃ちができる。



銃の照準は視点で操作。突進してくる恐竜たちから目を背けず撃ち続けよう。

まだ見ぬ恐竜たちを求めて「ARK Park」の奥地へ......

チュートリアルを無事クリアしたので、次はシングルプレイに挑戦。基本操作などは同じだが、ゲームがスタートすると、「基本」「探索」「戦闘」から好きなエリアに移動できる。「基本」は「ビジターロビー」「フォレストレイル」などに、「探索」は恐竜たちの"ゲノム"やアイテムを作るための"材料"を探しに、「戦闘」ではチュートリアルと同じように"エレクトリックウェーブ"を守るための戦いをプレイできる。




ギミックを見つけて恐竜たちを探し出そう

「探索」ではゲノムスキャナを使って、恐竜や動物たちのゲノムを集めるのだが、遠くにいる恐竜などにはスキャナが届かない。その場合は石を投げたり、カエルを餌にしたりしておびき寄せるなどちょっとした工夫が必要となる。また最初はひとつ目のエリア(「マングローブの沼」)しか解放されていないが、恐竜や動物の"ゲノム""材料"などを収集することで、次のエリアが解放されて行けるようになる。


丸くマーキングをされているところは何らかのアクションができる場所だ。また、いろいろなところを調べる(視点を合わせる)ことで、ヒントが表示されることも。



作成した松明を使ってクモ巣を燃やしてみると......エンシェントスパイダーが出現! ゲノムスキャナを使って"ゲノム"を入手しよう。ちなみに"ゲノム"は恐竜や動物の種類によって手に入れられる数が異なり、対象の頭部に向けて一定時間スキャンしないと回収できない。



それぞれのエリアには"材料"を手に入れられる木や植物、鉱石があるので、見つけたら忘れずに採取しておこう。



凶暴な恐竜たちとの手に汗握る戦闘!

「戦闘」も、「探索」と同じでエリアをクリアすることで次のエリア(難度)に挑戦できる。また各エリアクリア時には"ゲノム"や恐竜たちの素材、恐竜の卵を手に入れられる。"ゲノム"や恐竜たちの素材を集めて強力な武器を作成しよう。武器はチュートリアルで作成したハンドガン以外にも、剣や弓、アサルトライフル、ガトリングガンなどが用意されている。


エリアによって登場する恐竜は異なる。エリアが進むごとに恐竜たちは強くなっていく。アサルトライフル、ガドリングガンなどの強力な武器で対抗しよう。



「戦闘」で"ゲノム"を入手できるのは、初回クリア時のみ。手に入れた素材や卵などは「探索」で採取した"材料"と同様に、「フォレストレイル」の倉庫に自動で送られる。

「ARK Park」での冒険旅はまだまだ続く!

今回プレイしたのはチュートリアルと序盤のみで、「ARK Park」にはまだまだ訪れていないエリア、出会えていない恐竜たちが多く残っている。子どものころに夢見た恐竜たちと出会い。それを可能にしたPS VRと『ARK Park』は今までにない感動と興奮を体験できるだろう。今回はプレイできなかったがオンライン協力プレイも楽しみな部分。さらにDLCとして海底や翼竜が飛び交う谷などの追加エリアも予定されているとのことで、今後の展開にも期待したい。


『ARK Park DELUXE EDITION』も好評発売中!

PS Plus加入者限定特典で、オンラインプレイ時に使用できるミリタリーアバターセットをプレゼント! さらにパッケージ版『ARK Park DELUXE EDITION』には特典として、ゲーム内でアバターに着せることのできる「ハンターアバターセット」とティラノサウルスの変異種「ティラノサウルス スケルトンVer.」の卵が入手できるプロダクトコードが封入されている。



『ARK Park』の映像はこちらから



▼PS4®『ARK Park』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

ARK Park

・発売元:Snail Games
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:シューティング/アドベンチャー
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 5,200円+税
    パッケージ版 デラックスエディション 6,200円+税
    ダウンロード版 販売価格 5,616円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:最大4名)
・CERO:B(12才以上対象)

※PlayStation®VR専用
※PlayStation®Move モーションコントローラー対応(2本必要)
※オンラインマルチプレイの利用にはPlayStation®Plusへの加入が必要です

------------------------------------------


『ARK Park』公式サイトはこちら



※記事に使用している画面写真の一部は実機から簡易的に撮影したもので、VRヘッドセットでの実際の見え方とは異なります。
© 2018 Snail Games. All rights reserved. ARK Park and the respective logos are trademarks or registered trademarks of Snail Games in the U.S. and/or other territories. All other trademarks are the property of their respective owners.

記事を探す
トップに戻るボタン