PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

ファン待望の最新作! リアル野球とも連動する『実況パワフルプロ野球2018』に迫る!!【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2018/04/13

春の甲子園大会が開催され、プロ野球のペナントレースも開幕。多くの野球ファンが心躍らせている2018年の球春の4月26日(木)に、野球ゲームの決定版としてユーザーから長年親しまれている「パワプロ」シリーズ待望の最新作『実況パワフルプロ野球2018』が、いよいよ発売されます。

前作『実況パワフルプロ野球2016』から約2年越しということで、ユーザーからの注目度も高く、発売日を心待ちにしている方も多いことでしょう。そんな「パワプロ」最新作の魅力に迫る連載企画がスタート。注目のゲームモードや新たに追加された新規要素などについて、電撃PlayStation編集部があますことなく解説していきたいと思います。第1回の今回は、「パワプロ」シリーズの概要に加えて、最新作の目玉である「LIVEシナリオ」や「VR」を使った楽しみ方をチェック!

独自の操作方法とバラエティ豊かなモードがNo.1野球ゲームたる所以

「パワプロ」シリーズについてざっと説明しますと、2頭身にディフォルメされた選手を操作して、ミートカーソルでの打撃や、投球カーソルでストライクゾーンを狙う投球などを行なう、"リアル"を追求した操作感で野球が楽しめるゲーム。操作方法がやや独特ですが、慣れてしまえば投打も守備も思いのままにこなせます。思いどおりに選手を操作してホームランをかっ飛ばしたとき、三振を奪ったときには、実際の野球に勝るとも劣らない爽快感! 野球ファンはもちろん、野球を知らない人でも楽しめるゲームとして、多くのユーザーから支持されています。



また、シリーズ作品ごとに、当時のプロ野球12球団の支配下登録選手のデータを収録。実名で登場する選手たちのチームで、対人戦やCOM戦に挑む「対戦」や、長いペナントレースを戦っていく「ペナント」などが楽しめます。本作も2018年度プロ野球ペナントレースの開幕時予想データを搭載。ネットワークに接続すれば、ペナントレースの成績に応じた選手能力のアップデートも定期的に行なわれる予定です。また、「アレンジ」で自分の理想とする選手を編成したり、オリジナルのユニフォームを着たアレンジチームも作成でき、「対戦」や「ペナント」をプレイできるのも野球好きの人にはポイントですね。




「対戦」や「ペナント」に加えて、さまざまな形で野球を楽しめる、多彩なモードが収録されているのも「パワプロ」シリーズの特徴です。プロ野球選手を夢見る主人公を、ストーリーを楽しみながらオリジナル選手に育て上げる「サクセス」。歴代作品の「サクセス」に登場したキャラクター&チームが参戦する、お祭りトーナメントを戦っていく「パワフェス」。1人の野球選手となって、練習や試合、プライベートなど、その選手人生を追体験していく「マイライフ」。高校野球部の監督となって、部員たちに練習や試合の指示を出しながら1チームをまるごと育てていく「栄冠ナイン」。どれもひとつのゲームとして成立してしまうほどの完成度を持ったモードばかりです。なかには、野球部分の操作をしなくてもいいモードもあり、「野球は好きだけどアクションはちょっと......」なんて人でも大丈夫! ユーザー1人ひとりが、自分に合ったモードとプレイスタイルを選べるのです。




公式戦の興奮をその手で味わえる「LIVEシナリオ」が激アツ!

本作で追加された新要素のなかで、とくに注目度の高いものは「LIVEシナリオ」。もともと「パワプロ」シリーズには「シナリオ」というモードがあり、これはプロ野球ペナントレースの歴史に残るような名勝負のシチュエーションに挑む、というものでした。9回裏ツーアウトからの信じられないような大逆転勝利、1試合で走者を1人も出さない完全試合の達成をユーザーの手で再現、もしくは史実と逆の展開にするという、野球ファンの心を熱くさせる「シナリオ」。「LIVEシナリオ」は、この「シナリオ」をペナントレースの全試合でやってしまおう! という、まさに野球ファン垂涎のモードなのです。



プレイの流れを解説しますと、まず2018年度のペナントレースの公式戦が行なわれ、終了します。そのあと数時間で、公式戦ごとのターニングポイントとなったシチュエーションをプレイできるシナリオが配信開始。ユーザーがネットワークに接続することで、配信されたシナリオをプレイできるようになります。なお、過去に配信されたシナリオもすべてプレイ可能です。もちろんシナリオは12球団すべてに用意されており、ひいきチームの勝利を再現、もしくは敗退を勝利に変えることが可能。単純に難易度の高いシナリオで腕試しをするというのもありです。



また、配信シナリオにはクリア条件のほかにさまざまな達成項目が設定されており、クリア時にはプレイ内容に応じたスコアが表示されます。このスコアはオンラインランキングに表示され、全国のプレイヤーと順位を競うこともできるのです。プロ野球の公式戦を楽しみつつ、試合のシチュエーションを「LIVEシナリオ」で堪能。さらにはオンラインランキングを競う──。ペナントレース開催中、例年よりも充実した野球ライフを送れることは間違いなしです!


VRにより「パワプロ」の遊び方がさらに拡大する!

本作の大きな新要素としては、PlayStation®VRへの対応も挙げられます。PS VRの3D視点で「パワプロ」を楽しめるのは、もちろん本作が初めて。VRで遊べる試合部分では、バッターボックスからの視点での打撃、マウンドからの視点での投球という、かつてない臨場感でのプレイがPS VRにより実現するのです。また、「練習」モードにはVR用のものもあるので、視点に慣れるまではこちらで打撃や投球、守備の練習をするのもありでしょう。



「対戦」でCOM同士の戦いを見守る「観戦」もVRに対応しており、「VR観戦」として球場の客席からの視点で試合を見ることができます。客席から見るグラウンドの風景、周囲から聞こえる歓声やヤジ、売り子の声。実際にプレイしてみると、まるで本物の球場にいるかのような雰囲気を味わえること請け合いです。プロ野球12球団のフランチャイズ球場の形状や、球場内広告などの再現度の高さにも注目。


やり込みプレイを加速させる「チャレンジ」も新登場

各モードのプレイ履歴を閲覧できる「チャレンジ」も、注目の新要素のひとつ。ここでは、モードごとにプレイ時間はもちろん、さまざまな項目の達成状況や、達成度に応じたランクが表示されます。特定の目標を達成すれば、そのモードで使えるお役立ちアイテムまで入手可能。さらに、オンラインに接続すれば、ランクで全国のプレイヤーとランキングを競うことだってできます。「パワプロ」をやり込んだ人ほど評価されるランキングで、夢の頂点を目指しましょう!



新要素としては、ほかにもモードごとにいろいろとありますが、そちらは第2回以降で詳しく紹介します。以上、「パワプロ」シリーズの概要と最新作の新要素についてお贈りしました。最後に現在公開中の、12球団のプロ野球選手による『実況パワフルプロ野球2018』の対戦動画を紹介したいと思います。各動画の後半には、プロ野球選手たちによる「パワプロ」のVR体験も収録されているのでお楽しみに。これを見れば、経験者でも初心者でも楽しく遊べる「パワプロ」の魅力がまるわかりですので、ぜひご視聴ください。



オリックス・バファローズ パワプロ対決
西 勇輝選手VS 山﨑福也選手



阪神タイガース パワプロ対決
俊介選手 VS 糸井嘉男選手



埼玉西武ライオンズ パワプロ対決
山川穂高選手 VS 森 友哉選手



横浜DeNAベイスターズ パワプロ対決
倉本寿彦選手 VS 柴田竜拓選手



福岡ソフトバンクホークス パワプロ対決
嘉弥真 新也選手 VS 岩嵜 翔選手



中日ドラゴンズ パワプロ対決
又吉克樹選手 VS 小笠原 慎之介選手



▼PS4®/PS Vita『実況パワフルプロ野球2018』のPS Storeでの予約購入はこちらから


----------------------------------------

実況パワフルプロ野球2018

・発売元:KONAMI
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
・ジャンル:スポーツ
・発売日:2018年4月26日(木)予定
 PS4®:パッケージ版 通常版 希望小売価格 7,980円+税
     ダウンロード版 通常版 販売価格 8,618円(税込)
     ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 10,778円(税込)
 PS Vita:パッケージ版 通常版 希望小売価格 6,980円+税
      ダウンロード版 通常版 販売価格 7,538円(税込)
      ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 9,698円(税込)
・プレイ人数:1~2人(オンライン時:1~2人)
・CERO:A(全年齢対象)

※PlayStation®VR対応

----------------------------------------

PS.Blogの『実況パワフルプロ野球2018』記事はこちら

----------------------------------------


『実況パワフルプロ野球2018』公式サイトはこちら

一般社団法人日本野球機構承認 日本プロ野球名球会公認 (公社)全国野球振興会公認 プロ野球フランチャイズ球場公認
ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2017年プロ野球ペナントシーズン中のデータを基に制作しています。
データ提供:共同通信デジタル
データは(株)共同通信デジタルが独自に収集したものであり、公式記録とは異なる場合があります。
提供情報を手段を問わず、いかなる目的であれ無断で複製、転送、販売等を行う事を固く禁じます。
©Konami Digital Entertainment

記事を探す
トップに戻るボタン