PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

一匹と一人が手を取り合うファンタジー『嘘つき姫と盲目王子』の物語&アクション要素をチェック!

by PS.Blogスタッフ 2018/05/17

まるで絵本のような世界が舞台の「異形」と「人間」の物語

PlayStation®4/PlayStation®Vitaで5月31日(木)に発売となる『嘘つき姫と盲目王子』は、狼の化け物と幼い王子を中心に展開する2D横スクロール型のアクションアドベンチャー。プレイヤーが操作する少女(姫)は、狼の化け物が変身した姿という、異形の存在。自分が原因で光を失った人間の王子のため、狼は森の奥に住む魔女に王子の目を治してもらうべく、王子を連れ出す。

本作は、そんな狼の化け物と人間の王子の心の交流を、さまざまなギミックに満ちた森を攻略しながら描いていくタイトルだ。今回は、パズルゲーム的な考えも必要なステージギミックや、キャラクターたちのアクションといったゲームシステムをお伝えしていく。


異質な存在同士が歩み寄り......自己を犠牲にできるほどの強い想いを抱くさまや、他者に言えない秘密がもたらす孤独といったテーマをゲームを通じて描く、深みのあるストーリーにも注目の『嘘つき姫と盲目王子』。



自分が傷つけてしまった王子のことを想い、自慢の歌声を代償に人の姿を手に入れた狼。



幽閉されていた王子を救い出し、姫を名乗って魔女の元を目指すことにした狼。一匹と一人の物語が、こうして始まる。

姫(狼)と王子が協力し合うことで道が開けるアクションパート

プレイヤーが操作する姫は元の姿(狼)に戻ることで、ジャンプや攻撃といったアクションが可能になる。また、姫は姫のときにしかできないアクションがあるため、うまく使い分けてステージクリアを目指していこう。



狼のアクション

化け物である狼は高所へのジャンプや、障害物や敵を攻撃して排除することができる。




姫のアクション

人間の姿=姫の状態では、王子と手をつなぎ、目の見えない王子を誘導することができる。また、王子に協力を求める「おねがい」というコマンドを使い、ギミックを解く手伝いをしてもらうことができる。




王子(NPC)のアクション

プレイヤーが導く存在である王子は、プレイヤーが直接操作しないNPC(ノンプレイヤーキャラクター)。彼は姫と手をつないでいる状態なら一緒に走ったりジャンプをすることが可能で、さらに姫の「おねがい」に従って、ステージ上のオブジェクトを持ったり、短い距離を歩いてもらうことができる。


手をつないだ状態なら、王子も一緒にジャンプができる。また、手を離すことで王子はその場で待機する。プレイヤーは別行動をとったり、狼に変身することができるようになる。



ステージの構造やギミックを考慮し、おねがいを使いながら王子を誘導。しかし......。



もしも王子が化け物にやられたり、高いところから落ちてしまったらゲームオーバーになってしまう。誘導の際はくれぐれも慎重に。

2人が旅するステージと多彩な仕掛け

森の奥を目指すふたりの行く手には、さまざまな障害が待ち受けている。また、森の中は複数のエリアに分かれており、エリアごとに異なる数々の仕掛けが登場する。



入らずの森

2人が最初に訪れる森。人里が近くにあるためか、狂暴な化け物は少ない。




巨大笠の苗床

大きなキノコが生い茂る森。地面に生えているキノコを踏み台にすると、いつもより高くジャンプができる。




魔女の庭

魔力に満ちた不気味な森。人を惑わすような仕掛けが多数存在する。


パズルのような仕掛けを解いてゴールを目指そう

森には奇妙な化け物たちが徘徊しており、さらにパズルのような不思議な仕掛けが行く手を阻む。化け物を避けながら、仕掛けを解いてゴールまで辿り着こう。



大きな腕を持つ化け物

優れた腕力を持つ化け物で、近づいた者を投げ飛ばしてしまう習性を持っている。これをうまく利用すれば、高い段差を乗り越えることができるだろう。

種飛ばしの花

叩くと種を飛ばすこの花は、遠くのスイッチを押したり、離れた敵を攻撃するのに利用できる。

菌糸の床

ネバネバとした菌糸まみれの床。この上では菌糸に足を取られ、走ることができなくなる。単体では特に怖くない仕掛けだが......?

ゲームの世界観を堪能できるコレクション要素

『嘘つき姫と盲目王子』には「花びら」の収集と「花畑」での花摘みという2種類のコレクション要素が存在する。これはゲームの攻略には直接関係ないものの、より多くの要素をオープンすることで、本作の世界観をさらに深く知ることができるコンテンツとなっている。



花びら

ステージのあちこちには舞っている花びらを集めると、入手した枚数に応じてキャラクターやステージの設定資料が解放されていく。


ゲームの設定画やアイデアスケッチなど、コレクションの内容は興味深いものがいっぱい。



花畑

ステージ内の花畑に咲いている花を王子にプレゼントすると、王国に伝わる「魔女のおとぎ話」を聞くことができる。


ひとつの読み物として楽しめる、魔女にまつわる物語。花畑にたどりつくには、ステージ内のギミックを上手に利用する必要が......。

メニューページではイベントシーンの回想やステージスキップなども可能

メニューの項目からは一度見たイベントシーンを見返したり、クリアしたステージに再挑戦することができる。なお、本作のステージは一定の時間が経過すると「スキップ」することも可能なので、自分のペースでステージ攻略やコレクション集めを楽しむといいだろう。


メニューページのデザインも、絵本を意識したユニークなものとなっている。ステージセレクト画面では、花びらや花畑を発見できたかどうかのチェックもできる。



プレイヤー扮する狼の化け物が姿を偽り、王子の手を取って魔女のもとを目指すアクションアドベンチャー『嘘つき姫と盲目王子』。絆を深め合う道中のストーリーはもちろん、その結末も大いに気になるところ。5月31日(木)の発売まで、あと少し!


------------------------------------------

嘘つき姫と盲目王子

・発売元:日本一ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation®4/PlayStation®Vita
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:2018年5月31日(木)予定
・価格:PS4® パッケージ版 希望小売価格 6,980円+税
    PS4® ダウンロード版 販売価格 7,538円(税込)
    PS Vita パッケージ版 希望小売価格 5,980円+税
    PS Vita ダウンロード版 販売価格 6,458円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上)

------------------------------------------

PS.Blogの『嘘つき姫と盲目王子』記事はこちら

------------------------------------------


『嘘つき姫と盲目王子』公式サイトはこちら

©2018 Nippon Ichi Software, Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン