PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『モンスターハンター:ワールド』ナナ・テスカトリの狩猟をレポート!!【特集第9回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2018/06/07

先日に無料アップデート第3弾が実施され、盛り上がりを見せている『モンスターハンター:ワールド(以下『MHW』)』。まずは5月31日(木)からナナ・テスカトリが登場しました。今回の記事では炎妃龍と呼ばれる、この古龍を中心に最新アップデートの見どころを電撃PlayStationがお届けします。

詳しいアップデート第3弾の内容はこちらの記事でチェック!


燃える!! 熱い!! とにかく手ごわいナナ・テスカトリ

今回のアップデートで実装された炎妃龍ナナ・テスカトリは『モンスターハンター2(ドス)』で初めて姿を見せたモンスター。すでに『MHW』に登場しているテオ・テスカトルとは、つがいの関係にあります。また、これまでに登場していた作品では物語中の事情などから1人でしか狩りにいけないモンスターとなっていたのも特徴。動きもテオ・テスカトルとほぼ同じで、いわばソロプレイ用のテオ・テスカトルという位置づけのモンスターでした。



そういった来歴があるので「テオ・テスカトルを討伐できる自分ならなんとかなるだろう」と思っていたのですが、これが大きな間違い。『MHW』のナナ・テスカトリはテオ・テスカトルとはまるで違う動きをするモンスターなんですよ。動きが全体的に速い、向きを変えながら尻尾を振るなど、特徴を書いていけばキリがありません。そして、とくに違うのは、さまざまな行動で青い炎が地面に滞留するという点。



この炎、ナナ・テスカトリの攻撃が触れると爆風を発生させるのが特徴。ナナ・テスカトリ→青い炎→ハンターという位置関係だと、相手の攻撃を避けられる場所でも爆風に当たるというケースが多々あります。



しかも、この青い炎に触れるとさらに悪化。溶岩と同じように、触れているハンターの体力をどんどん奪っていくように! こうなると、もう大惨事です。攻撃はしたいのに辺りは一面火の海ということはザラ。なんとか青い炎から逃れようと前転したら、そこにはまた別の青い炎が......。ということもしょっちゅうです。



そして、もうひとつ語っておきたいのがテオ・テスカトルのスーパーノヴァと同じような大技がナナ・テスカトリにもあるということ。その名も「ヘルフレア」。風圧を発生させながら周囲に高熱を発してハンターの体力を継続的に奪い、しかも定期的に爆風を起こすという、ナナ・テスカトリの持つ特性の集大成といえるアクションになっています。

スキルなどで対策をしていないとまともに動けないなか、どんどんなくなっていくハンターの体力。そこに爆風が起きることで、うかつなハンターもうかつじゃないハンターも容易に力尽きさせる。あらためて古龍の手ごわさを感じさせるアクションですね。



このナナ・テスカトリ、イビルジョーと同様に特別任務をこなしていくとフリークエストが解放され、調査クエストのターゲットにもなります。さらにイベントクエスト「誰が玉座に牙を剥く?」(6月1日(金)午前9:00から6月8日(金)午前8:59まで実施)では歴戦の個体も登場。このクエストでは、ネルギガンテ、ナナ・テスカトリ、テオ・テスカトルすべての歴戦の個体がターゲットのクエスト。ナナ・テスカトリがネルギガンテと縄張り争いをするさまや、ナナ・テスカトリとテオ・テスカトルが協力して繰り出す大技も見られます。



幸い歴戦ナナ・テスカトリは通常の個体が手ごわいためか、歴戦イビルジョーほど極端な強さにはなっていない印象。縄張り争い、テオ・テスカトルとの連携技ともに一見の価値があるので、ぜひ一度イベントクエストも触れてみてください。

新たな可能性を感じさせる新武器に、大ダメージを無効化できる新特殊装具が登場!

さて、ナナ・テスカトリが実装されたということで当然装備にも新たなものが追加されています。まず注目なのが、ナナ・テスカトリの素材を使った武器。これがなんと「武器にスキルが付与されている」という今までの武器にはない特徴があるんですよ。付与されるスキルは、3種類ある強化先によって異なり「根性」「加速再生」「業物/弾丸節約」のいずれか。どれも装飾品では発動できないのがポイントですね。

この特性によって、ナナ・テスカトリの武器は攻撃力や斬れ味だけでは図れない強さを秘めています。そして、なにより重要なのは「今後の『MHW』では武器にスキルが付与されうる」というのが判明したこと。今後実装される武器にも、新たなスキルが付与されるのかもと期待が高まりますよね。

もうひとつの注目ポイントは、ナナ・テスカトリが現れる特別任務「平伏するより他に無し」をクリアすると手に入る「転身の装衣」という特殊装具。この特殊装具の効果は、まとっているときに本来ならハンターが吹き飛ぶリアクションをとる攻撃を受けると、ダメージが無効化されて自動で回避行動を行なうというもの。

これがすごいんですよ。ただ立っているときはもちろん、アイテムの使用中でも攻撃中でも相手の攻撃を受ければ即回避に移行。咆哮や風圧には効果を発揮しないという欠点はありますが、効果時間中は相手の攻撃を避けることを考えずひたすら攻撃、攻撃、攻撃!! と立ち回れる逸品です!


歴戦の個体を超える"歴戦王"が6月8日(金)より登場!!

とんでもない強さのナナ・テスカトリの登場で盛り上がりを増した『MHW』ですが、さらに「歴戦王」という歴戦の個体の中でもさらに危険度が高い古龍の登場も決定しています。現在発表されているのは6月8日(金)午前9:00から6月22日(金)午前8:59にかけてイベントクエストに登場する歴戦王キリンと、続く6月22日(金)午前9:00から7月6日(金)午前8:59にかけて同じくイベントクエストに登場する歴戦王ヴァルハザク。「王」というだけあって、これまでの歴戦の個体よりも、さらに討伐難易度の高いモンスターであることが予想されます。



この歴戦王を討伐すると、新たな防具キリンγシリーズとハザクγシリーズの生産素材が入手可能。モンスターが手ごわそうなだけあって、その防具がどれだけ強力な性能になるのかも気になるところですね。




さて、振り返ってみれば追加モンスターに新特殊装具、「スキル付き」という新要素が盛り込まれた武器と新しいものづくしとなった今回のアップデート。発売日から狩りを続けている人はもちろん、ちょっと最近はハンター生活がご無沙汰だったという人もぜひ遊んでみてください。きっと「ナナ強い、すごく強い!」と感じてもらえると思います。



▼PS4®『モンスターハンター:ワールド』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

MONSTER HUNTER: WORLD (モンスターハンター:ワールド)

・発売元:カプコン
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:ハンティングアクション
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 8,980円+税
    パッケージ版 コレクターズ・エディション 希望小売価格 15,980円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,980円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 9,980円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン:1〜4人)
・CERO:C(15才以上対象)

※オンラインマルチプレイを楽しむには、PS Plusに加入していただく必要があります。

------------------------------------------

PS.Blogの『モンスターハンター:ワールド』記事はこちら

------------------------------------------


『モンスターハンター:ワールド』公式サイトはこちら

「モンスターハンター」シリーズ公式サイトはこちら

『モンスターハンター:ワールド』公式Twitterはこちら

「モンハン部」公式Instagramはこちら

「モンハン部」公式Facebookはこちら



©CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

記事を探す
トップに戻るボタン