PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【E3 2018】『バイオハザード2 リメイク』がPS4®に登場!

by PS.Blogスタッフ 2018/06/12

◆6月12日(火) 記事中の誤字を修正いたしました。

米国・ロサンゼルスで6月11日(月)18時(現地時間)より開催された「PlayStation® E3 2018 Showcase」。同イベントで発表された『バイオハザード2リメイク』について、カプコンのSocial Media SpecialistであるKellen Haney氏からの寄稿をご紹介します。

※「E3 2018」での発表内容です、日本での発売など詳細は未定のものが含まれます。



アメリカの郊外のラクーンシティで奇怪な事件が起こった。アークレイ山の洋館事件は活気に満ちた一つの大都市を、住人やそこを訪れる人にとっての悪夢の様な状況にしてしまったのである。

そして今、オリジナルである『バイオハザード2』が発売されてから約20年の月日を経て、私達は再びラクーンシティに戻ってきたのです。『バイオハザード2 リメイク』が2019年1月25日(金)にPlayStation®4で発売されることが発表されました!
(日本国内での発売情報は追ってお伝えいたします)



サバイバルホラーの歴史

1998年に初代「プレイステーション」で発売された本作のオリジナル版は世界中の人々の記憶に残るゲームでした。サバイバルホラーという概念を生み出した初代『バイオハザード』の流れを踏襲し、続編として、さらに恐怖を煽るゾンビ、奇怪な生物兵器、そして謎のウィルスの感染者が大都市を死の街へと荒廃させていく様を描いていました。そして今のPlayStation®の技術が、荒廃した都市の様子やラクーンシティの警察署内をよりリアルに描き、ホラーゲームを愛して止まない勇気あるゲーマー達にさらなる恐怖を与えてくれる事でしょう。

PlayStation®がなければ「バイオハザード」は生まれてなかったと言っても過言ではないでしょう。1998年に発売された初代「プレイステーション」版は、カプコンの最も売れたゲームのひとつとして歴史に名を残しています。ラクーン警察署(R.P.D.)までの狂気に満ちた道のり、強大な敵が壁を突き抜けて出てきた恐怖の瞬間、初めて「リッカー」とエンカウントしたときの衝撃、そしてセーフルームの音を聴いて安堵したあの瞬間......その全てがこのゲームを特別な存在としている要素でしょう。そして今また再び、世界中のファンが、バイオハザードが描くサバイバルホラーに足を踏み入れる事となるのです。



これまでの軌跡

『バイオハザード2』がリメイクすると最初に発表されて以降、これが単にオリジナルのゲームを作り直すだけという作業にはとどまっていません。『バイオハザード7』で表現された恐怖を実現させてくれたREエンジンが、今作の『バイオハザード2』をより力強く表現してくれています。雨に濡れた通りが街灯に照らされる様子や、湿った洋服と、人やゾンビの皮膚の質感、月明かりに照らされたR.P.D.の回廊をうごめくゾンビの腐敗した肉体の感触-- 都市とその住民の全てが写実的なグラフィックで再現されているのです。かつてないほどの進化を遂げた「バイオハザード」がここにあります。



過去のラクーンシティ警察署の記憶がある人にとって、一部はその記憶に触れる部分もあるかもしれないが、その既視感に惑わされてはいけません。いくつかの舞台はオリジナル版との共通点がありますが、博物館を彷彿とさせるこの警察署は、オリジナルを体験したユーザーも、新規参入のユーザーにとっても驚きをもたらしてくれるでしょう。数々の謎と、完全新規のエリアがユーザーを待ち受けているのです。三人称視点となったカメラの動きでは、狭い通路や大きな広間などの異なるシチュエーションごとにふりかかるあらゆる悪夢から知恵を振り絞って生き延びなければなりません。



ファンならばオリジナルのゲームで、ショットガンを使い、ゾンビを文字通り真っ二つに打ちのめした時のような、必死になって戦うあの感覚は覚えているでしょう。それは今作でも変わらず存在しています。閉鎖的な回廊で神経を尖らせて、一発ごとに放った銃弾が敵にリアルタイムでダメージを与えてゆく様はバトルにさらなる臨場感を与えています。三人称視点によって世界観に浸れることに加え、限られたアイテムでのサバイバルは、より緊張感のあるものとなるでしょう。



レオンとクレアのふたりの存在は「バイオハザード」のストーリーで重要な鍵となっています。レオン・S・ケネディは新米警官で、自ら志願してラクーンシティに赴きます。一方、女子大生のクレア・レッドフィールドは音信不通になっていた兄のクリスを探しに危険な街に飛び込みました。それぞれのキャラクターがプレイ可能となっており、それぞれの通ってきた道で得た情報が、やがてひとつのストーリーにつながり、オリジナル版にもあった幾つかのモードと相まって『バイオハザード2』のストーリーの全貌を織り成していきます。




発売に向けて

当初から、この『バイオハザード2』という作品をファンの皆様にお見せできる事を楽しみにしていました。そしてファンの皆さんが熱望してくれたことで、1998年に発売された本作品のリメイクが実現したのです。発表当初から、今回のE3で『バイオハザード2』を発表するまで、このゲームに対するファンの皆様の情熱を伺えたことは本当に光栄でした。

『バイオハザード2』のリメイクの制作を発表してからおよそ2年が立とうとしていますが、このゲームが存在する最も大きな理由は、世界中のファンからの要望があるからこそです。これだけの熱望がなければ実現する事はなかったでしょうし、私達も本作、『バイオハザード2』をお届けできることを本当に嬉しく思っています。



ラクーンシティへようこそ

シリーズ未体験の方も、シリーズのファンの皆様にとっても『バイオハザード2』は見どころ満載です。REエンジンが都市に新しい命を与え、レオンとクレアの命がけのサバイバル劇を刷新してくれることでしょう。シリーズのファンの皆様にとっては、忠実にそして高画質で描かれた世界と新しい要素、新しい遊び方を堪能できるでしょう。まだシリーズを体験したことが無い方は、オリジナル版がなぜこんなにも愛されたのかを実感されることでしょう。ラクーンシティは皆様をお待ちしています。

------------------------------------------

PS.Blogの「E3 2018」記事はこちら

------------------------------------------

※「E3 2018」での発表内容です、日本での発売など詳細は未定のものが含まれます。

記事を探す
トップに戻るボタン