PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『魔界戦記ディスガイア Refine』で初代シリーズの激戦を楽しむ! SFチックな地球勇者も魔王退治に参戦!?

by PS.Blogスタッフ 2018/06/21

地球勇者一行が参上!? 魔界に迫る脅威(?)に一丸となって立ち向かえ!

PlayStation®4で7月26日(木)に発売を予定している『魔界戦記ディスガイア Refine』は、人気シリーズの原点をPS4®の高解像度グラフィックで体験できる移植作。

今なお高い評価を受けるシリーズ一作目のシナリオを、PS4®でも楽しめる本作。次期魔王をめぐる争いの中......なんと地球から勇者一行が空気も読まずに現れる!? しかもその勇者たちはなんだか妙なノリの人々で......。今回はそんな彼ら勇者一行と、仲間としても作成できる魔物型キャラクターを中心に紹介していこう。


魔界に突如現れた、SFヒーローのようないでたちの地球勇者一行。ノリはとってもアメリカン。

地球勇者一行が魔界を訪れるそのわけは......?

ゴードンたち地球勇者の目的は、地球の平和を守るため、魔界にいる魔王を退治すること。だが、魔界到着の際にスペースシップが破損してしまい、しばらく魔界にとどまることとなる。


ゴードン

CV:飛田展男

地球勇者キャプテン・ゴードンは、人間界の子どもたちにも人気の正真正銘のヒーローである。常に陽気で正義感が人一倍強い彼は、魔王退治も自らの使命と意気込むが......?

ジェニファー

CV:斎藤千和

ゴードンの助手を努める金髪美女。見た目こそ派手だが、5才でサーズデイを開発し、10才にしてありとあらゆる博士号を手にしたという才女。ナイスバディの持ち主のため、「ムチムチした女性が苦手」なラハールには煙たがられる。

サーズデイ

CV:長谷優里奈

生命探知モードや匂い探知機を搭載した、万能型ムテキロボット。変形して巨大なランチャーになることもできるほか、会話や意思の疎通も可能である。

カーチス

CV:鳥海浩輔

ゴードンのライバルを名乗る、もうひとりの地球勇者。口先だけでなく実力も確かなものを持ち、魔王を倒しているであろうゴードンを倒すのは、自分しかいない......と、ゴードンを追って魔界にやって来る。

魔物型キャラクターだって仲間にできる! 個性豊かな彼らをどう従える?

アーチャーや格闘家といった汎用キャラクターのほか、本作ではさまざまな特殊技をもった魔物型キャラクターを仲間にすることができる。

普段は敵としても登場する彼らをキャラクターメイクで仲間にすれば、心強い味方となってくれること間違いなし!


容姿も能力もさまざまな魔物型キャラクター。彼らは剣や槍といった武器を扱えないが、魔物用武器という魔物型専用のアイテムが装備できる。



魔物用武器はウェポンマスタリー(武器の習熟度)がない代わりに、魔物自身の強さ(レベル)がダイレクトに武器性能に反映される。強そうな魔物用武器が手に入ったら、彼らを仲間に加えて活用していこう。



小悪魔族

平均的な能力を持つ小悪魔族。特出した能力こそないが、上空からダメージと毒をふりまく「トモダチイッパイ」など、厄介な技が多い。




ゴーレム族

高いHPとATK(攻撃力)が魅力。「ゴーレムビーム」や「ゴーレムマッチョ」など、迫力のある演出が見ものの特殊技を多く持つ。




猫娘族

キュートな見た目に油断して手を出すと、強烈な反撃を受けて一気にHPを削られる。特殊技「ネコネコ百烈拳」は、百裂拳といいつつ、連続パンチに加えてハイキックをお見舞いする技だ。




竜王族

巨大な身体から繰り出される特殊技は、いずれも広範囲を攻撃できる点が魅力的。彼らが敵として出てきた際は、仲間を密集させないようにしたい。




妖魔族

軽快な身のこなしが信条の妖魔族。特殊技「ジャックナイフ」は自身の身軽さを駆使して、ドリルのように回転しながら相手の頭上を急襲する。




魔界貴族

剛健な図体から繰り出す豪快な攻撃が魅力の彼ら。見掛け倒しではないパワーは、けっして侮れない。




ヴァンパイア族

魔界でもトップクラスの総合力を誇るヴァンパイア族。非常に強力な力を秘めているため、仲間にできれば頼れる戦力となるだろう。




夜魔族

セクシーな見た目の夜魔族は、自身のお尻で攻撃をする「ヒップアタック」など、繰り出す技もセクシーなものが多い。




屍族

ヒョロヒョロの見た目とは裏腹に、耐久力と攻撃力はなかなかのもの。腕の包帯を砲身に見立てたエネルギー波による攻撃や、口から体液を吐き出すなど、攻撃パターンは多彩。




妖騎士族

高い攻撃力を誇り、接近戦を得意とする彼ら。右手に持った剣で敵を地面に叩きつけたり、一撃で「みじん斬り」にするなど、華麗な剣技で敵と戦う。


拠点の施設・ローゼンクイーン商会でお買い物!

ラハールたちの居城・魔王城の中には、手に入れたアイテムの売り買いができる「ローゼンクイーン商会」が存在する。武器を扱う「武器屋」に防具や回復アイテムなどを扱う「防具・よろず屋」から構成され、たくさん利用して「お得意様」になると、品揃えに関わる「商品レベル」をあげることができる。


「ヘル」と呼ばれる魔界のお金を使ってお買い物。お得意様ランクを上げていけば、議題を通して商品レベルをあげることも!



ショップの品揃えだって暗黒議会の議決次第で変化する!

店売りのアイテムはそれぞれランク付けがされており、お店の「商品レベル」が該当のランクに達していないと店頭には並ばないものもある。

だが、暗黒議会で「お店にもっと高い物が欲しい」と提案すれば、その結果次第で商品レベルをアップさせ、お店の品揃えをよりよくすることもできてしまう。


可決されれば商品レベルがアップし、より高価で質のいいアイテムが購入できるように。ただし、アップさせすぎると店に高いものしか並ばなくなるので注意が必要!?

お店にないアイテムは......「ハンド系アイテム」で敵から強奪! パラメータだって盗めてしまう!

敵が装備しているアイテムの中に、何やらいいものがある? そんなときは、お店で買える「ハンド系アイテム」を使い、敵から盗んでしまうことも可能だ。

さらに盗賊系の職業なら、装備品アイテムのほかにキャラクターの能力値である「パラメータ」を盗んでしまうこともできる。ハンド系アイテムは盗みが成功するまで消費しないので、積極的に試していこう。


敵から「かわいさ」まで盗めるなんて、まさに前代未聞!

初回限定版にはここでしか手に入らない限定グッズも付属!

本タイトルのパッケージ版には豪華な特典が満載の「初回限定版」も用意されている。数に限りがあるため、確実に欲しい人は必ず予約しよう! また、日本一ソフトウェア公式通販サイト「Nippon1.jpショップ」では、ここでしか手に入らないお宝グッズが同梱された「Nippon1.jpショップ限定版」の予約もスタートしているので、こちらもチェック!


『魔界戦記ディスガイア Refine』初回限定版特典

■オリジナルサウンドトラック・セレクション(音楽:佐藤天平)
ゲーム内楽曲を厳選して収録したオリジナルサウンドトラック

■日めくり卓上カレンダー
『魔界戦記ディスガイア』の名(迷?)台詞やシーンを抜粋した日めくりカレンダー

さらに初回限定版は、同梱アイテムをシリーズの歴代イラストでデザインした「特製三方背BOX」に収めた豪華な仕様に!

※同梱物、特典の情報はともに制作中のものです。内容が予告なく変更になる場合がございますので、ご了承下さい。

「Nippon1.jpショップ限定版」には、特別アイテム・ラハールの録り下ろしボイス入りカード型USBメモリが付属!

『魔界戦記ディスガイア Refine』 Nippon1.jpショップ特典付きセット

通常版 特典付きセット:10,900円+税
限定版 特典付きセット:12,900円+税


Nippon1.jpショップだけの特典「ラハールの録り下ろしボイス入りカード型USBメモリ」のイメージ画像がこちら!

※Nippon1.jpショップ特典付きセットの数には限りがございます。
※画像はイメージです。

Nippon1.jpショップはこちら



初代シリーズの物語を改めてプレイできる『魔界戦記ディスガイア Refine』は、シリーズのファンはもちろんシミュレーションRPGファンにもおすすめのソフト。魔物キャラクターを引き連れて攻略したり、敵のパラメータを盗んだりと、一風変わった遊びも楽しい一作だ。


------------------------------------------

魔界戦記ディスガイア Refine

・発売元:日本一ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:シミュレーションRPG
・発売日:2018年7月26日(木)予定
・価格:通常パッケージ版 希望小売価格 7,200円+税
    限定パッケージ版 希望小売価格 9,200円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,776円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『魔界戦記ディスガイア Refine』記事はこちら

------------------------------------------


『魔界戦記ディスガイア Refine』公式サイトはこちら

©2003-2018 Nippon Ichi Software, Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン