PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

人類よ再起せよ! 『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』は滅亡に瀕した世界の......もうひとつのEDF!

by PS.Blogスタッフ 2018/06/27

新たなスタッフが贈る、もうひとつのEDFがここに誕生!

人気のアクションシューティング「地球防衛軍(EDF)」シリーズが、新たな制作スタッフによる大胆な発想で生まれ変わる! PlayStation®4で2019年に発売を予定している『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』は、開発担当に株式会社ユークス、テーマ曲に新垣隆氏、クリーチャーデザインに大山竜氏を迎えて制作された、まったく新しいEDF! EDFと言えば30万本を超え、今なおヒットを記録している最新作『地球防衛軍5』が記憶に新しいが、これらナンバリング「地球防衛軍(EDF)」シリーズとは一線を画す新プロジェクトが登場する。



時は西暦2028年。突如として外宇宙から襲来した侵略者「アグレッサー」と全長1kmに及ぶ巨大な空中浮遊体「ハイヴクラフト」は、世界各地に巨大生物や侵略兵器を次々と投下。この未曾有の危機に、人類は国家の垣根を超えた組織・アースディフェンスフォース(通称EDF)を設立するが......あまりに強大な敵の戦力に、人類の生活圏はそのほとんどが蹂躙されてしまった......。


本作におけるEDFの主戦力は、対アグレッサー用に開発された戦闘用強化外骨格「PAギア」を装備した歩兵部隊。PAギアはエナジーコアと呼ばれる希少鉱石をエネルギー源に、装着者に超人的な運動能力を与える。




歩兵部隊が装着するPAギア「トルーパー」は、瞬間的に全出力を推進力とシールドに回す「E-ダッジ」と呼ばれる回避アクションが可能。巨大生物を跳ね飛ばすほどの衝撃を生み出し、装着者を守る。




主に偵察部隊や強襲部隊に配備される、飛行可能なPAギア「ジェットリフター」。このPAギアは機動性に優れる反面、防御力が格段に低くなっている。

人類の攻勢による「ハイヴクラフト」の初撃墜! だが、代償はあまりに大きく......

西暦2033年。それまで「アグレッサー」に蹂躙されるがままだったEDFは、ロサンゼルス上空で高度を下げた「ハイヴクラフト」に対し、逆転の一手として総力戦を開始する。残る戦力すべてを注ぎ込んだこの捨て身の作戦には、研究段階であった新型エナジーコアを装備したPAギアもが実戦に投入された。

この日、人類はついに敵母船「ハイヴクラフト」の撃墜に成功する。しかし、勝利の代償は大きかった。EDFは持てる戦力の大半と、作戦に参加したすべての精鋭部隊、そして新型エナジーコアのテクノロジーまでも失うこととなったのだ......。


敵は「ハイヴクラフト」という主を失いはしたが、地上に降りた巨大生物たちは繁殖を繰り返し、やがて人類に代わる地球の新たな支配者となっていく。EDFもまた壊滅的被害を受け、本部は瓦解。各地の兵士はかろうじて生き残った基地を拠点に、ゲリラ的な反抗を余儀なくされていくのだった......。

人類の敵・侵略者「アグレッサー」

アグレッサー。それは2028年に外宇宙から飛来した、人類に仇なす未知なる訪問者の総称である。ここでは、彼らの地球侵攻の主な戦力となる侵略生物や戦闘マシーンを紹介していく。


ハイヴクラフト

アグレッサーの母船と思われる、全長1kmの巨大飛行物体。円盤上部の巨大な大岩はエナジージェムの鉱山のような存在で、円盤部は巨大生物や侵略兵器を生み出すプラントになっていると考えられる。



ストームアント

アグレッサーが放った最初の巨大生物。コンクリートを砕くほど強力な上アゴを持ち、金属を瞬時に融解させるほど強力な酸を放出する。

ボムビートル

ストームアントに混じって出現する、ミイデラゴミムシに似た巨大生物。体内で発生させたガスを腹部甲殻の摩擦により引火させ、推進力として利用したり、火炎放射器のように攻撃に転用する。

シディロス

隕石のように空から降り注ぎ、出現する謎の巨大生物。非常に獰猛で俊敏、一撃でビルを破壊するほどの戦闘能力を持つが、体内に他の巨大生物よりも多くのエナジージェムを保有するため、EDFでは優先して倒すべき相手とされている。

スコージャー

開戦当初に放たれたアグレッサーの二足歩行型侵略兵器。腕部の先端には巨大なクローと高温のパルスレーザーを放つ発射装置が備えられている。胸部には一瞬で高層ビルを粉砕するほどの、高出力のビーム砲も搭載する。

アタックポッド

高い飛行能力を持ったアグレッサーの戦闘機。人の目にはワープしているようにしか見えない超高速飛行に加え、重力や慣性の影響を受けない空中制動を持ち、あらゆる面で地球製の飛行兵器を凌駕する。

ハーヴェスター

四足歩行の侵略兵器。これまでに出現した敵兵器はいずれも人類に対し無差別攻撃を行なっていたが、このハーヴェスターはドーム型の胴体上部からアームを伸ばし、人間を捕獲する機能を持っている。捕獲された味方を巻き添えにしかねない戦闘となるため、兵士への精神的負担は大きい。

主人公・クローサーと「ブラスト小隊」の仲間たち

プレイヤーが操作する本作の主人公・クローサーは、2033年のハイヴクラフトとの戦いに参加した際、偶然新型のエナジーコア使用者となった人物。ここでは彼・クローサーと、物語に深く関わるEDFの遊撃部隊「ブラスト小隊」のメンバーを紹介する。


ハイヴクラフト撃墜から7年......人類の新たな反撃が、ここから始まる!



クローサー(プレイヤー)

EDFの歩兵隊員。2033年のハイヴクラフト撃墜の現場にて、敵母船の崩落に巻き込まれ......7年もの間、昏睡状態となっていた。2040年に復隊し、再びアグレッサーと戦うことになる。
2033年に失われてしまったテクノロジーによって作られた、新型エナジーコアの使用者でもある。


クローサーの容姿は任意で変更可能!
プレイヤーの分身であるクローサーの外見は、任意でカスタマイズすることができる。男女の設定だけでなく、体格や声、顔、髪型などが自由に選べる。


戦闘コスチュームも選択できるので、自分好みのクローサーでアグレッサー共を相手に戦場を駆け抜けよう。

「ブラスト小隊」は過酷な地上戦を請け負うEDF総司令直属の遊撃部隊!

EDFの総司令、レナルド・キャンベル直属の遊撃部隊のひとつ。特定の管轄を持たず、戦況に応じて各地の戦闘に投入される遊撃部隊の中でも、特に過酷な地上戦闘を請け負っている。隊長タクマ・ヤガミの高い統率力によってブラスト小隊はEDFの中でも特に高いアグレッサー撃破数を誇る。



「ブラスト小隊」のメンバーはいずれも一芸に秀でてはいるが、非常にクセの強い人材ばかりが揃っている。

タクマ(タクマ ヤガミ)

EDF総司令直属の遊撃部隊「ブラスト小隊」の隊長。防衛学校を卒業し自衛官となるが、2028年にアグレッサーの攻撃で両親を失い、EDF日本支部へ参加する。7年前のハイヴクラフト掃討作戦に参加するために渡米。その後、EDF北米支部に転属した。

ブレンダ(ブレンダ セメンコ)

ブラスト小隊第1分隊長で、スナイパーライフルによる援護を得意とする。命令に忠実でなにごとにも熱心。真面目かつ強気な態度で、隊員たちの意見を代弁する。周囲との衝突が多い十代を過ごし、教師にEDF入りを進められ入隊する。なかなかの容姿で異性にモテるが、プライドの高さゆえ交際は長く続かないようだ。配給で配られるチョコレートを、密かな楽しみにしている。

マイク(マイケル モーリス)

ブラスト小隊の第2分隊長。明るい性格とふざけた言動が目立つ、部隊のムードメーカー。ぼやき発言が多いが正義感は強く、部下からの信頼は厚い人物。武器はロケットランチャーなど、重火器を好んで使用する。軍人である父をアグレッサーの攻撃で失い、2歳年上の兄もEDF隊員であったが、2035年に起こったEDFの内部紛争で失っている。また、閉所が大の苦手。

フィリップ

ブラスト小隊では最年少という、みんなの弟分。ラジオDJオリヴィアの熱心なファンで、放送を毎回楽しみにしている。やや気弱で頼りない面があるため、ブラスト小隊の男勝りな女性隊員たちによくからかわれている。

メルト

小隊メンバー最古参のひとり。出世欲がないのか、いまだ一般隊員のままでいる。若手に混じっての馬鹿話を楽しむ、愛すべき中年男性。多少抜けていて詰めが甘いところもあるが、隊のメンバーからは慕われている。2033年当時も、ブラスト小隊に所属していた。

タチアナ

若く真面目な女性隊員。男勝りな女性隊員が多い中で、珍しくおしとやかな性格。第2分隊の隊長であるマイクには、振り回され気味で気苦労が絶えない。小隊の女性の中では最年少である。



EDFとは異なる、謎の戦闘集団もゲームに登場!

EDFとは異なる、謎めいた武装組織が本作に登場することが判明。彼らは敵か、それとも味方か......。手にした奇妙な武器は、いったい?




ハリウッド映画的なダイナミズムも感じられるドラマチックなストーリー、未知なる強敵の出現に、ワクワクが止まらない! シリーズのファンはもちろん、アクションシューティング好きにはたまらないタイトルとなりそうだ。


------------------------------------------

EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN

・発売元:ディースリー・パブリッシャー
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:アクションTPS
・発売日:2019年予定
・価格:未定
・プレイ人数:未定
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』記事はこちら

------------------------------------------


『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』公式サイトはこちら

「地球防衛軍」シリーズポータルサイトはこちら

©YUKE'S ©D3 PUBLISHER

記事を探す
トップに戻るボタン