PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

山田孝之がまさかのバーチャルYouTuber化!? 特別映像"PS4® Lineup Music Video「山田孝之4G、起動」"公開!

by PS.Blogスタッフ 2018/06/28

ゲーム解析AIとなった山田孝之が、この夏注目の18タイトルを一挙紹介! 音楽は「Pa's Lam System」が担当!

本日6月28日(木)、Web動画"PS4® Lineup Music Video「山田孝之4G、起動」ft. Pa's Lam System"を公開しました。本映像では、発売中の最新作および発売予定のPlayStation®4用ソフトウェアの中から、この夏注目の18タイトルを一挙に紹介しています。

トラックメーカーからミュージシャン、アイドル、落語家まで、さまざまなアーティストとのコラボレーションによってゲームタイトルを紹介してきた、PS4®のラインナップムービー。今回は、PS4®のCMの顔として大人気の山田孝之さんが登場。さっそくご覧ください!




これまでも、さまざまな遊び心あふれるキャラクターを演じてきた山田さんが、今回はなんと「バーチャルYouTuber」に!? 山田孝之さんご本人の表情を3Dスキャンして制作されたゲーム解析AIキャラクター「山田孝之4G : YAMADA TAKAYUKI FOR GAME」が多様な新作ラインナップを紹介します。しかしゲームを解析中、人工知能に「ある感情」が芽生えてシステムは大暴走してしまい――予想外の展開をお楽しみください。

楽曲は、3人組のトラックメーカーユニット「Pa's Lam System」(パズラムシステム)が担当。Porter RobinsonといったポストEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)世代のトラックメーカーや、SKRILLEX傘下のWebメディア「NEST HQ」、世界中に影響力を持つ音楽情報サイト「Pitchfork」といったさまざまなメディアなど、グローバルに注目されるトラックメーカーユニットです。山田さん演じるAIと、新進気鋭のエレクトリックミュージックとのコラボレーションにも注目してください。



【ストーリーボード】

あらゆるゲームを解析し、人類に提案する人工知能型バーチャルレコメンダー「YMD(山田孝之)4G」。PlayStation®VRに夢中になったり、サッカーボールに変化したり、興奮してオーバーヒートしたり。魅力的なゲームを解析していくなかで、ゲームに夢中になり、多様な変化を見せていく「山田孝之4G」。しかし、興奮のあまり、システムがシャットダウンしてしまいます。

システムが強制終了......と見せかけて、突如予期せぬ動作をはじめる「山田孝之4G」。暴走がはじまります。



遊び心に覚醒し、暴走する「山田孝之4G」。遊び心が赴くまま、ゲームを紹介していきます。




【制作秘話】

山田孝之さんの変幻自在な50パターンもの表情を3Dスキャン

「山田孝之4G」は、山田孝之さん本人の50パターンもの多種多様な表情を3Dスキャンして制作。 スキャニング時には、山田さんの豊かな表情にスタッフからも笑みがこぼれ、終始和やかな雰囲気で進みました。クールな表情、ドヤ顔、変顔まで、山田さん本人から生み出された変幻自在の表情に注目です。


あのキャラクターにそっくり!?

山田孝之さん本人によるナレーション録音は、数時間に及びましたが、シーンごとにキャラクターを演じ分ける演技力と集中力は圧巻。「殴ったね!」「ヤマダ、イキマース」のセリフでは、山田さんの演技があのキャラクターにそっくりで、収録現場も盛り上がりました。ぜひセリフにもご注目ください。



【出演情報】

山田孝之 (やまだ・たかゆき)

1983年10月20日生まれ。
1999年に俳優デビュー。代表作に『世界の中心で、愛をさけぶ』('04)、『WATER BOYS』('03)、『白夜行』('06)、『クローズ ZERO シリーズ』、『闇金ウシジマくん シリーズ』、『勇者ヨシヒコと導かれし七人』など。
2015年からPlayStation®4のCMキャラクターとして起用されている。
映画『50回目のファーストキス』が公開中、『ハード・コア』の公開も控える。7月からはテレビドラマ『dele(ディーリー)』(テレビ朝日)が放送される。

山田孝之 公式サイトはこちら

公式Instagramはこちら


Pa's Lam System (パズラムシステム)

3人組トラックメーカーユニット。クオリティーが高くキャッチーなダンスミュージックを制作し続けており、フロアライクなその楽曲は国内外のDJからも高い評価を得ている。Porter RobinsonといったポストEDM世代のトラックメーカーやDJ達によるサポート、SKRILLEX傘下のWEBメディア「NESTHQ」、世界中に影響力を持つアメリカのインディー系音楽情報サイト「Pitchfork」といったさまざまなメディアでも紹介されるなど、日本を越えてグローバルに知名度を広げている。

<「Pa's Lam System」からのコメント>
今回の作業は思っていたよりも大変だった部分もありますが、楽曲だけではなく映像のみなさんと協力してひとつの作品を作るというのが、とても新鮮でした。映像を見たときは、少しずつおかしくなっていくAIの山田さんが面白かったです。ちなみにこのあと、『Detroit: Become Human』を買いました(笑)。徐々にクレイジーになるAIと、それに合わせて変わっていく音楽が魅力! さらにゲーム紹介も面白さをバッチリ伝えられていると思いますので、興味を持ったゲームはぜひ遊んでみて欲しいです!!


Pa's Lam System公式サイトはこちら

公式Twitterはこちら



PlayStation®4オフィシャルサイトはこちら

Tag PS4
記事を探す
トップに戻るボタン