PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-』で、ほのぼのカフェ経営&冒険ライフを満喫!

by PS.Blogスタッフ 2018/07/05

◆2018年7月6日(金)更新 記事中の画像に誤りがありましたので修正いたしました。


『牧場物語』の生みの親である和田康宏氏によるファンタジーライフ満喫ゲーム!

PlayStation®4で8月30日(木)に発売を予定している『リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-』。ファンタジー世界のカフェを中心に紡がれていく、心温まるストーリーが魅力の冒険生活ゲームだ。現在PVが公開中なのでまずはこちらをチェックしよう!

PS4『リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島- 』プロモーション映像はこちら



主人公たちのカフェを訪れるお客さんは、その多くが「打ち明けられない悩み」や「秘密」を抱えた人々......。そんな彼らと打ち解けていくことで、物語は大きな広がりを見せていく。

悩みや秘密の鍵を握るのは、カフェ自慢の「おいしい料理」! 新たなレシピを発見してお店の評判を上げながら、さまざまな問題を解決していこう!


カフェ兼宿屋の「リトルドラゴンズカフェ」。みんなの憩いの場!

倒れた母を救うヒントは......卵から生まれたドラゴンにあり!?

本作の主人公は大陸のはずれにある離島で小さなカフェを切り盛りする、双子の少年少女。

あるとき突然、目を覚まさなくなった母親に代わってお店経営に奮闘する2人は、訳を知るらしい謎の老人から不思議な卵を受け取る。

その卵から生まれたのは、なんと......ドラゴンの子供!? 老人いわく、そのドラゴンこそが、母親の命を救うヒントになるとのことだが......。それはいったい、どういうこと?


白いローブをまとった謎の「じいじ」。見た目は怪しいが、双子の身を何かと案じてくれる。

主人公(男の子&女の子)

目を覚まさなくなった母親を救うため、奮闘する本作の主人公。男の子をプレイヤーキャラとして選ぶと女の子がヘルパーとなってカフェを手伝ってくれ、女の子を選ぶと男の子がヘルパーになってくれる。素材集めなどの冒険の際には動きやすい服装になる。


プレイヤーは、レシピと食材探しの冒険を中心にお店をもり立てていく。



ドラゴン

カフェで双子が育てていくことになる、不思議な卵から孵ったドラゴン。物語とともに大きく成長し、冒険中さまざまな場面で主人公を助けてくれる。



お母さん

「私の体に流れるこの血......ついにこの日が来てしまったのね」

カフェを運営する双子の母親。ドラゴンとのハーフで普通の人間よりも寿命が短いと言われているが、詳しいことはわかっていない。ある日突然目を覚まさなくなった、その理由は......?

じいじ

「食いしん坊じゃのう。やはりこやつを育てるには、おいしい料理が必要みたいじゃな」

双子の母親の短命を案じ、ドラゴンの卵を持ってきてくれた謎の老人。ドラゴンの秘密を知っているらしい。

ビリー

「や、だって......、俺は今時の都会っ子だから......、根性とかあんまないんだよ」

ミュージシャンに憧れて家を飛び出したものの、毎日を適当に暮らしてしまっているダメな青年。ある日腹ペコで双子のカフェを訪れ、食い逃げをしようとするが......なぜかドラゴンに懐かれてしまい、住み込みで働くことになる。

イパネマ

「私はイパネマ。いつか自分のお店を持つことが夢なの。そのためにいろんなカフェでバイトしてきたわ」

いつの日か自分のカフェを持つ夢を抱く女性。カフェで働いていた経験を活かし、双子を手伝ってくれることになる。優しくて力持ち。頼りになるが、切れやすく、一度怒ると手がつけられない。

ルッコラ

「ええ、もうね。なんと言っても料理をしているワタシってとっても輝いてるの」

ふらっと双子のカフェに現れ、本人の思いつくまま(?)シェフになった男性。かつては高名なレストランのシェフだった......というわけでもなく、独学で料理をしていた。ナルシストでマイペースだが、意外にも料理の腕は立つ。

ポンチョ

「そ、そうだな。勇者は宿に泊まるものだ。おいらが泊まってやる。勇者さまがいたら心強いだろ?」

伝説の勇者「タイショー」に憧れ、世界をまたにかけて旅をしていると自称する勇者。自分に都合が悪いとすぐにお腹が痛くなり、トイレに駆け込む癖がある。本当はただの弱虫であることを、自分でもわかっているようだが......。

ロゼッタ

「許せない......許せない......許せないっ。ぜったいに許してなんかやらない!」

大好きだった母親に先立たれ、それをどうすることもできなかった父親に嫌気がさして家出をしてきた少女。なにごとにも後ろ向きにしか考えられなくなってしまっている。

ヒューイ

「俺はさ......途中なんだよ。旅の途中......"自分かくし"のな」

突然やってきた、やたらと元気のいい体育会系の青年。だが、彼には人には打ち明けられない大きな悩みがあるらしい。丸いものに過剰な反応をするようだが......?

モーリス

「イーーヒヒヒヒ! ウラメシヤー、ウラメシヤー! 恨みはねぇーけど、ウラメシヤー!」

イタズラ好きで、とてもうるさいユーレイ。突然カフェの中を真っ暗にしたり、テーブルや食器をガタガタと揺らしたりと、大暴れ!

シュシュ

「ううん。たべれない。たべられないの! だって、あたし......がんばれてないから!」

アイドル界で知らぬ者がないくらい、有名なグループのセンターを務めるアイドル猫。何が原因かわからないが、相当落ち込んでいるらしい。

セリス

「魔女のあたしがなにが悲しくて、人のものなんか!」

カフェの前に倒れていた魔女。助けてもらったにも関わらず、目を覚ますといきなり悪態をついて一堂を驚かせる少女。人間を、魔女より劣った存在と考えている。

ギンジ

「おいらは、世のため人のためー! 悪いやつからしか盗みを働かねぇーんだ!」

悪びれもせず堂々と、自らを大泥棒と名乗る男。だが、最初の威勢の良さとは裏腹に、テーブルの上でトントントントンと指をならして落ちつかない様子を見せる。どうも、何か心配事があるようだが?

ミエル

「終わる......終わる......、すべてが終わる! ああー、頭がおかしくなりそうよっ」

自分の占いに絶対の自信を持っているが、当たらないと評判の占い師。ある日の占いで世界はもう終わりだと出てしまい、彼女はパニックを起こしてしまう。しかし、騒いでいるのは当の本人だけのようだ。

ランシェ

「はーい! この、ギッザギザのキバで! がぶりといくのでーす!」

たくさんのコウモリを引き連れてやってきた女の子。見た目は子供だが、実は800歳のヴァンパイアだという。彼女には、どうしても会いたい人がいるとのことだが......。

Dr.ゼフ(右)

「まったく人というものは進歩せん。まったく非科学的で感情的でまったくもってポンコツじゃわい!」

効率を求めるあまり、自分の体の半分以上をサイボーグ化したというとんでもない老人、実は彼は、世界的に有名な薬学者だった。なにやらとても怒っているようだがどうしたのだろう。

チッタ(左)

博士曰くポンコツの役立たずな出来損ないのロボット。ずっと博士の助手をしていたのだが、なぜか博士は彼から逃げ出してしまったらしい。とても悪い奴には見えないけど何が...?

レシピと食材を求めて冒険へ!

プレイヤーの主な仕事は、料理のレシピと食材探し。舞台となる広大な離島は、食材の宝庫! 野鳥を連れ帰って卵を収穫したり、木や茂みでは果物・野菜・調味料が獲れるほか、海や川では魚釣りだって楽しめる。


ドラゴンと一緒に、食材探しの冒険へいざ出発!



冒険で一度手に入れた食材は、カフェの畑やいけすでも収穫できるようになる。



島には誰が残したのか、レシピのかけらがあちこちに隠されている。かけらを4つ集めてじいじに修復してもらえば、新たなレシピを覚えることができる。

ドラゴンの助けを借りれば、探索がもっと楽しく!

主人公の冒険を手助けしてくれるドラゴンは、洞穴から食材を拾ってきてくれたり、モンスターと戦ってくれるありがたい存在。


物語の進行とともにドラゴンはどんどん成長し、重い岩を押して動かしたり、障害物を破壊したり、空を飛ぶといったアクションなどが可能となる。



やれることが増えて行動範囲が広がれば、未知の食材やレシピが入手できるかも!



島のあちこちにいるモンスターは、狩れば食材が入手できる。プレイヤーが体当たりをすると食材を落として逃げていく者から、ドラゴンでないと倒せない相手もいる。



食べたものでドラゴンの体色も変化! 希少なアイテム「ドラゴン肥料」とは......?

ドラゴンの体力は料理で回復することができ、食べた料理によってドラゴンの色は変化していく。また、ドラゴンからは「ドラゴン肥料」と呼ばれる特別な肥料を得ることができ、これをフィールドや畑、いけすなどに使うと、珍しい食材や新たな食材が収穫できるようになる。

ドラゴンの色は全20種。同じ色素の料理を食べさせていけば、好みの色のドラゴンに育てることができる。



ドラゴンから取れる「ドラゴン肥料」を使って、レアな食材をゲット! レア食材を料理に使うと、より評価と満足度の高い料理を作ることができる!

新たなレシピと食材でカフェの評判をアップさせよう!

プレイヤーが冒険に出ている間、カフェは双子(ヘルパー担当)とスタッフたちが運営してくれる。昼と夜は忙しくなるので、忙しくなる時間帯は一度カフェに戻り、みんなを手伝ってあげよう。


食材を絶やさず、美味しい料理を提供していけば、カフェの評判がどんどんアップ! 評判が上がると、噂を聞きつけた新たなお客さんが来店することも......。



ゲームに登場するレシピはなんと100種類以上! お店の常連さんの評判がいいのはどの料理?



接客はお店のスタッフにおまかせ! 混み合う時間帯は、プレイヤーもお店を手伝って、評判アップに貢献!



個性豊かな来店者たちは、カフェの満足度が上がると次第に心を開いてくれる。彼らが抱える悩みとは......?



お客さんに話しかけると、余った食材を分けてもらえたり、料理の持ち帰りを頼まれることも。頼まれた料理を渡すと、お礼の食材がもらえる!



臆病な自称勇者や、国民的アイドル猫、大泥棒にヴァンパイア......カフェを訪れるお客さんたちを眺めるだけでも、なんだか楽しくなってくる『リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-』。ドラゴン育成やレシピ探しなど、お楽しみ要素もいっぱいの本作。8月の発売が、今から楽しみ!


------------------------------------------

リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-

・発売元:マーベラス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ドラマチック冒険生活ゲーム
・発売日:2018年8月30日(木)予定
・価格:PS4 パッケージ版 希望小売価格 5,800円+税
    PS4 ダウンロード版 販売価格 6,264円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------


『リトルドラゴンズカフェ -ひみつの竜とふしぎな島-』公式サイトはこちら

©Aksys Games Localization Inc / TOYBOX Inc.
Licensed to and published by Marvelous Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン