PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『魔界戦記ディスガイア Refine』のファンを虜にしてきた数々のやりこみ要素をPS4®でも体験!

by PS.Blogスタッフ 2018/07/19

最大レベルは9,999!? やりこみ要素満点のシミュレーションRPG!

PlayStation®4で7月26日(木)に発売となる『魔界戦記ディスガイア Refine』は、人気シリーズの原点を高解像度グラフィックでリファインし、PS4で楽しめるようになった移植作。

キャラクターの最大レベルはなんと9,999! 15年の時を経た今もなお、ユーザーを虜にする本作の「やりこみ要素」。今回は、そうしたやりこみを存分に楽しめるゲームシステムを紹介していこう。


プレイすればするほど、キャラクターはどんどん強くなる! アイテムの強化や分岐するストーリーなど、プレイヤーの数だけやりこめる要素は無限大!

強さの一部を引き継いだままレベル1に「転生」!

キャラクターのレベルを、9,999まであげることができる本作だが、「転生」システムを使えばさらにキャラクターの強さを底上げすることができる! 転生したキャラクターのレベルは1からのスタートとなるものの、一部のステータスや、転生前に習得した技などの引き継ぎも可能。そのため、同じレベルでも転生を行なったかどうかでキャラクターの強さがガラリと変わる。転生を繰り返し、最強のキャラクターを目指してみよう!


ATKやDEFなどの基本能力から、武器の習熟度(ウェポンマスタリー)まで、ありえない数値に鍛えることができる!

愛用の武器や防具を「イノセント」で強化し、最強のアイテムに!

本作のやりこみ要素は、アイテム強化も底知れない。それぞれのアイテムの中にある異世界「アイテム界」に潜り、そこに住む住人(イノセント)たちを倒すことで該当のアイテムを強化することができる。さらに、集めたイノセントたちは、ほかのアイテムへ移住や合体(数値の強化)も可能だ。


イノセントを移住させると、イノセントに応じた能力をパワーアップさせることができる。お気に入りのアイテムにイノセントを詰め込んで、最強アイテムを作り出せ!

高難易度の「EXダンジョン」に挑め!

次期魔王の座を狙う敵と戦う本編のほか、人間界や別世界を舞台とした、本編のストーリーとは関係のない「EXダンジョン」というエリアも存在する。

どのダンジョンも本編より難易度が高いエリアとなるが、育てたキャラクターの腕試しにはうってつけの場所だ。


趣向を凝らしたさまざまなステージが待ち受けるEXダンジョン。「暗黒議会」で議題を可決させることで出現する。これは人間界が舞台のEXダンジョンだ。



EXダンジョン「別魔界」には強力な敵がひしめいている。少数精鋭のドラゴンたちが待ち構えるこのダンジョン......中央奥の時空ゲート内には、更なる強敵も待ち受ける。



EXダンジョン「練武の洞窟」は、味方キャラクターのレベル上げに最適の場所。ここでもっとキャラクターたちを鍛えて、さらなるダンジョン攻略に役立てよう。

条件もさまざまな「エンディング」......君は、そのすべてを見ることができるか!?

「グッドエンド」から「バッドエンド」、さらには特定の条件で見ることができるエンディングなど、本作には複数のエンディングが存在する。中には、条件として「味方キャラで味方キャラを倒す」ことが必要なものや、「特定のステージを攻略する」、「とあるボスの撃破」といったさまざまな条件をクリアする必要があるものも......。いろいろなゲームプレイを試してみて、すべてのエンディングを体験しよう!


ここは地球勇者たちが待ち構える、SFチックなステージ。このルートでは、魔界だけでなく地球までもラハールのものになってしまう......!?



ゲーム序盤に戦う「中ボス」。意味深な彼のセリフが意図するストーリー展開とは......?

ラハールではなくエトナが主役の「エトナ編」! 特定の条件で見ることができるストーリーもあり!

主人公のラハールが中心の本編とは別に、エトナを主人公とした「エトナ編」という物語も存在する。特定の条件を達成すると出現するこのストーリーには、ここでしか仲間にできないキャラクターも存在する。


人気キャラクターのエトナが主役という、ファンにはたまらない「エトナ編」。本編では聞くことができない、エトナの気持ちなども見え隠れする。



本編の物語では終始「中ボス」扱いだった彼が、エトナ編では「バイアス」という本名で呼ばれる......なんて驚きの(?)シーンも。

膨大なアイテムのコンプリートを目指す!

キャラクターの育成などを極める一方で、入手可能なアイテムのコンプリートを目指す、なんてこともオツなもの。

魔王城内のショップ「ローゼンクイーン商会」で購入できるアイテムのほかにも、本作には敵から盗んだり、アイテム界でゲットしたりと、ショップには並ばないレアなアイテムも多数存在する。

特定の条件を満たさなければ出現すらしない、本当に希少なアイテムもあるので、あの手この手で収集率を上げていこう!


盗賊キャラが扱う「いただきハンド」で、敵からアイテムをゲット! 敵からしか盗めない、希少なアイテムも数多く存在する。



魔王城内にある「記録屋」には、アイテムの収集率や与えたダメージなどを数値として見ることができる。特に収集率が埋まっていく様子は、やりこみ派にはたまらない!

ゲームクリア後に育成可能な追加キャラクターも登場!

ゲームクリア後のお楽しみ要素のひとつに、新たに育成可能となるキャラクターの存在がある。ここでは、その中の一部のキャラクターを紹介!


アサギ

PSP®「プレイステーション・ポータブル」の『魔界戦記ディスガイア PORTABLE 通信対戦はじめました。』にて「アサギ人形」として登場し、現在はアプリゲーム『魔界ウォーズ』の主人公としても活躍中の彼女。今回の彼女は魔物キャラクター扱いとしての登場となり、本編のクリア後に暗黒議会で該当の議題を可決することで仲間になる。




プレネールさん

本作の魔王城で受付嬢を務める彼女・プレネールさんも、クリア後は味方にすることが可能。彼女が扱う技「うさぎさん落とし」は下僕兼食用の「うさぎ」さんを、派手に落として攻撃する。




虹色戦隊ニジレンジャー

「ディスガイア」シリーズで頻繁に登場する、戦隊ヒーローのようなキャラクター「ニジレンジャー」。その中から、虹レッド、虹ブルー、虹イエローの3人が仲間ユニットとして登場。

虹レッドは熱血漢でATKが高く、虹ブルーはキザなタイプでSPDが高い、そして虹イエローは好物がカレーという高DEFを誇るキャラクターだ。


初回限定版にはここでしか手に入らない限定グッズも付属!

本タイトルのパッケージ版には豪華な特典が満載の「初回限定版」も用意されている。また、日本一ソフトウェア公式通販サイト「Nippon1.jpショップ」では、ここでしか手に入らないお宝グッズが同梱された「Nippon1.jpショップ限定版」も発売される。予約してぜひ入手しよう!


『魔界戦記ディスガイア Refine』初回限定版特典

■オリジナルサウンドトラック・セレクション(音楽:佐藤天平)
ゲーム内楽曲を厳選して収録したオリジナルサウンドトラック

■日めくり卓上カレンダー
『魔界戦記ディスガイア』の名(迷?)台詞やシーンを抜粋した日めくりカレンダー


さらに初回限定版は、同梱アイテムをシリーズの歴代イラストでデザインした「特製三方背BOX」に収めた豪華な仕様に!

※同梱物、特典の情報はともに制作中のものです。内容が予告なく変更になる場合がございますので、ご了承下さい。

「Nippon1.jpショップ限定版」には、特別アイテム・ラハールの録り下ろしボイス入りカード型USBメモリが付属!

『魔界戦記ディスガイア Refine』 Nippon1.jpショップ特典付きセット

通常版 特典付きセット:10,900円+税
限定版 特典付きセット:12,900円+税


Nippon1.jpショップだけの特典「ラハールの録り下ろしボイス入りカード型USBメモリ」のイメージ画像がこちら!

※Nippon1.jpショップ特典付きセットの数には限りがございます。
※画像はイメージです。

Nippon1.jpショップはこちら



キャラクターの育成やアイテム探し、エンディングコンプリートなど、やりこみの手応えも悪魔級! プレイするたびに楽しみが増える『魔界戦記ディスガイア Refine』は、7月26日(木)発売! 脅威のやりこみ要素を、PS4で体験しよう!


------------------------------------------

魔界戦記ディスガイア Refine

・発売元:日本一ソフトウェア
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:シミュレーションRPG
・発売日:2018年7月26日(木)予定
・価格:通常パッケージ版 希望小売価格 7,200円+税
    限定パッケージ版 希望小売価格 9,200円+税
    ダウンロード版 販売価格 7,776円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『魔界戦記ディスガイア Refine』記事はこちら

------------------------------------------


『魔界戦記ディスガイア Refine』公式サイトはこちら

©2003-2018 Nippon Ichi Software, Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン