PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』直前まとめ&開発陣インタビュー!【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2018/07/24


来たる7月26日(木)、MSパイロットとなって数多の戦場を駆けるオンラインアクション『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2(以下『バトオペ2』)』がPlayStation®4でサービスを開始します。それに合わせてPS.Blogでは『バトオペ2』の魅力をお届けする連載記事がスタート!! 第1回となる今回は、そもそも『バトオペ2』とはどんなゲームなのかや、その注目ポイントなどを電撃PlayStationが紹介していきます。


『バトオペ』の戦場はMSもパイロットも活躍する!!

タイトルに『2』と付いていることからわかるとおり『バトオペ2』は『機動戦士ガンダム バトルオペレーション(以下『バトオペ』)』の正統続編にあたります。『バトオペ』自体はすでにサービスが終了していますが、『バトオペ2』を語るうえでは欠かせないタイトルですので、まずは軽く『バトオペ』について振り返っていきましょう。


※前作『バトオペ』の画像です。


2012年から2017年にかけてPlayStation®3で配信されていた『バトオペ』は、MSのパイロットとなり、最大6 VS 6でのチーム戦が楽しめたタイトルです。MSを操り対戦プレイを楽しむ"ガンダム"ゲームは当時も今も多々ありますが、『バトオペ』はそのなかでも独自性の強いタイトルでした。『バトオペ』には大きな特徴がいくつかあります。そのひとつが一年戦争期に開発されたMSがこれでもかというほど登場したということです。

例えば"ジム"と名の付くMSだけでも、ジム、ジム改、ジム・コマンド、ジム・ナイトシーカーにジム・キャノンなどなど。今挙げたのもほんの一部に過ぎません。映像作品、MSV、ほかの"ガンダム"ゲーム作品など、少しマニアックなものも含めたさまざまなMSを自分の手で操れたのが『バトオペ』の魅力です!!


※前作『バトオペ』の画像です。


そして、もうひとつの魅力がMSから降りた状態、つまりパイロットの活躍でも戦況に大きな影響を及ぼせるという点です。戦場には中継地点という撃破されたMSおよびパイロットの再出撃場所として使える場所があり、MSから降りたパイロット状態でのみ制圧ができます。主戦場に近い中継地点を制圧できれば、それだけ戦況は有利に! ですが、パイロットは当然、MSに比べればひ弱な存在です。MSに搭載された兵装に当たれば簡単に力尽きるし、走っているMSに踏まれるだけでもあっさり倒されてしまいます。MS同士のチームワークはもちろん、MSがパイロットを守るという意味でもチームワークが重要になります。また、一発逆転を狙える敵拠点の爆破もパイロットのみが行なえるアクションです。MSで行動するメリットとパイロットで行動するメリットがしっかり用意されているのが『バトオペ』の特徴です。


※前作『バトオペ』の画像です。

『バトオペ2』の戦場は無限の可能性を秘めている!!

そんな独自の魅力を持った『バトオペ』の続編となる『バトオペ2』。ハードをPS4に移したこともあり、数々のパワーアップを遂げています。まず、地上戦が主体だった『バトオペ』とは異なり、『バトオペ2』には宇宙戦が実装。前後左右だけでなく上下にも展開する戦場は、地上よりも新たな緊張感が生まれています。



そして『バトオペ2』では『バトオペ』よりも広い範囲の"ガンダム"作品の機体が参戦することが決定済みなことも注目点のひとつです。4月に行なわれたβテストではジムⅢが登場し、すでに新時代のMSへの期待は高まるばかりです。



さらにオンラインロビー「ベースキャンプ」が追加されたことで、ほかのプレイヤーとのコミュニケーションもとりやすくなっています。ロビー内には『バトオペ2』に限らず"ガンダム"ゲームなどの最新情報を流すことができるモニターもあり、『バトオペ2』のオンラインロビーが"ガンダム"ゲーム全体のロビーとなる可能性を秘めています。もちろんハードがPS4になったことにより、グラフィックも大幅進化! 『バトオペ』以上に精細に描かれたMSの重厚感は"ガンダム"ゲーム史上最高峰といってもいいでしょう!!


事前登録&事前購入で最大3機のMSが追加配備!

さて、7月26日(木)にいよいよサービス開始となる『バトオペ2』ですが、7月25日(水)までの期間限定でPS Store上で事前登録が行なえます。事前登録を行なうとリリース時に陸戦型ガンダムが入手可能。さらにPS4用のオリジナルテーマも付属します。




▼事前登録『オリジナルテーマ&「陸戦型ガンダム」先行配信券』の無料ダウンロードはこちらから



さらに同じく7月25日(水)までの期間限定で、『事前購入スペシャルパック(パワード・ジム)』と『事前購入スペシャルパック(ドム・トローペン)』の2種類のスペシャルパックがそれぞれ3,240円(税込)で販売中。

こちらは、MSや兵装などが抽選で手に入る"抽選配給"で使用するトークン3,240円(税込)分に、パイロットが着られるコスチュームとMS1機が付属したものです。有償コンテンツを利用しつつ『バトオペ2』を楽しむ予定なら、手に入れて損はないでしょう。




▼PS4『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2 事前購入スペシャルパック』のPS Storeでの購入はこちらから

事前購入アイテムの価値はいかほど? 開発スタッフに問う!!

事前登録に事前購入と、サービス開始前から精力的に展開している『バトオペ2』。陸戦型ガンダムにパワード・ジム、ドム・トローペンと聞いたら前作の『バトオペ』ユーザーなら、心惹かれることでしょう。ですが、『バトオペ2』から戦場に飛び込もうという人のなかには「パワード・ジムって強いの?」「そもそも抽選配給に使うトークンは、お金をかけないと手に入らないの?」などと疑問を持っている人もいるはずです。そんな有償コンテンツに関する疑問も含めて、電撃PSスタッフが開発陣に直接インタビューを試みました。ここからは、その模様をお届けします。


<インタビューに参加した開発スタッフ陣>

藤山賢彦氏
『バトオペ2』のプロデューサー。『バトオペ』の運営後期のプロデューサーも務めた。

神戸秋義氏
『バトオペ2』のディレクター。『バトオペ』でも運営初期のディレクターを担った。

徳島雅彦氏
数々の"ガンダム"ゲームを手掛けてきた人物。『バトオペ2』ではメインプランナー&MSを含むビジュアルの統括を務める。

舟谷貴史氏
『バトオペ』では神戸氏のあとを継いでディレクターを担当。『バトオペ2』ではデザイン面を中心に辣腕を振るう。



――まずは陸戦型ガンダムなど、3機のMSが先行配信という形で選ばれた経緯を聞かせてください。


神戸秋義氏(以下、敬称略):流れとしては、まず我々B.B.スタジオ側からいくつかのMSのリストを出して、そのなかからバンダイナムコエンターテインメントさんに決めてもらいました。


徳島雅彦氏(以下、敬称略):我々のチョイス基準は『バトオペ』で人気があり、前作からのファン層と新しく始める新規層のそれぞれに向けたものになっています。


――バンダイナムコエンターテインメントさんは、どういった基準でこの3機を選ばれたのでしょう?


藤山賢彦氏(以下、敬称略):まず事前登録の陸戦型ガンダムは、新規ユーザーさんに向けた面が強いです。前作の『バトオペ』ユーザーならまだしも、ほかの"ガンダム"ゲームやアニメなどから『バトオペ2』を遊びにきたユーザーは、やはりまずはガンダムを動かしたいという気持ちが強いと考えました。"ガンダム"という名を冠していて見た目からもガンダムとわかり、しかも知名度も十分ある機体のなかから陸戦型ガンダムを今回選出しました。一方で事前購入キャンペーンの2機は『バトオペ』らしさを重視しています。このようなキャンペーンでパワード・ジムとドム・トローペンの2機を打ち出すというのは、なかなかほかの"ガンダム"ゲームではできないことだと思います。


――事前登録および事前購入に対するユーザーさんの反応はいかがでしょうか?


徳島:やはり無料ということもあり、陸戦型ガンダムに対する反応が一番大きいですね。スペシャルパックに含まれる2機を比較するなら、パワード・ジムのほうが好評です。『バトオペ』での使いやすさが印象に残っている人が多いようですね。


神戸:スペシャルパックに付属するトークンは、サービス開始後にひとつ108円(税込)で販売予定のトークンを事前に30個。つまり3,240円(税込)分がついてきます。そのうえさらに、MS1機とパイロット用のコスチュームが付属するので、かなりお得ではあります。


――開発スタッフのなかで一押しの機体はありますか?


神戸:陸戦型ガンダムは無料で手に入るし、使いやすく仕上がっているのでぜひ手に入れてほしいですね。


徳島:スペシャルパックだと、パワード・ジムを推したいですね。扱いやすいのもさることながら、事前に手に入る3機のなかで『バトオペ2』の新要素である宇宙に出撃できるのはパワード・ジムだけですので、『バトオペ』プレイヤーも『バトオペ2』から参戦するユーザーにもオススメです。ドム・トローペンは、性能こそ高いですが、ホバー移動の制御に慣れが必要なMSですので、どちらかというと『バトオペ』でドム系統のMSを愛した人に向いていますね。ちなみに、どちらのMSにも今回から新たなスキルが追加され、経験者の方々にも新鮮な気持ちで運用方法を模索してもらえると思います。


――この3機は、サービス開始当初どの程度の位置づけの強さに設定されているのでしょうか?


舟谷貴史氏(以下、敬称略):機体の強さの基準として、撃破された際に相手に与えるスコアになるコストという概念があります。サービス開始当初に実装されるMSはコスト100からコスト450の範囲に収めています。先ほど挙がった初代ガンダムはLV1がコスト400、LV2がコスト450です。そのなかで陸戦型ガンダムはコスト300、ほかの2機はコスト350という割り振りになっています。ですから『バトオペ2』を遊ぶすべてのユーザーに配備されるジムやザクⅡなどと比べるとかなり強力な機体になります。


――事前登録や事前購入の3機は、サービス開始後も手に入るものなのですか?


藤山:PS Storeで配信している"事前〇〇"についてはいずれも、7月25日(水)までのキャンペーン期間にダウンロードや購入ができるものなので、早めに手に入れていただきたいですね。ただ、サービス開始からそれほど期間をあけることなく抽選配給のラインナップに加える予定でいます。


――『バトオペ2』では同じMSでも、より高性能になるLVという概念がありますが、これらの3機にはLV2以降の機体は存在するのでしょうか?


舟谷:サービス開始当初は事前登録および、事前購入で手に入るLVの機体のみの実装となります。ですが、これらの機体を他の手段で入手できるようになるタイミングに合わせてLV2以降の機体も順次実装していく予定です。


――事前登録や事前購入の3機がすべて汎用型という点を考えると、サービス開始当初、少し強襲型の肩身が狭くなってしまうことはないでしょうか?


舟谷:あり得る話だとは思います。ですが『バトオペ2』ではメインとなるコンテンツのレーティングマッチやクイックマッチで、一定以下のコストのMSしか参加できないように制限のかかったルームで遊ぶことができます。ですから、事前登録を逃した人が陸戦型ガンダムなどに蹂躙されるということは避けられるようになっています。


徳島:コスト無制限や、コスト400以下のルームでは、ほぼパワード・ジムやドム・トローペンが敵味方にいると思います。ですが、抽選配給で同程度のコストのMSが手に入ることもあるので、逆に強力な支援型が手に入ればパワード・ジムやドム・トローペンだらけの戦場で大活躍できるはずです。


神戸:レーティングマッチやクイックマッチは、常にコスト別に3種類のルームに入場できるようになっています。例えばある時間は墜落跡地がコスト200以下のMSのみ、暗礁宙域はコスト300以下のみ、そして港湾基地はコスト無制限といった具合です。そしてこのコストとマップの紐付きは2時間ごとに新たな内容に更新されます。時間帯ごとに自分に合った戦場に出撃しつつ、望んだ条件に合ったものがなければカスタムマッチを利用してもらう形です。また、今後実装予定のランクマッチでも同様にコスト別に条件を設ける予定です。いろいろなMSに乗り慣れながら実装をお待ちください。


徳島:あとユーザーの動向しだいですが、前作の『バトオペ』を踏まえて考えると、エースマッチは無制限のルームが多く作られることになりそうです。エースマッチはどうしても上級者向けという側面が強いので。初心者の方は慣れるまではベーシックルール&低コストのレーティングマッチやクイックマッチをオススメします。


――トークンは108円(税込)で販売されるというお話がありましたが、購入する以外ではどの程度手に入るものなのでしょうか?


神戸:βテストでは抽選配給とはどんなものかに触れてもらうため、数試合ごとにトークンが手に入るような形にしていましたが、製品版では毎日更新される"日替任務"をすべてクリアすると、トークンを合計3つもらえるようにしています。これは抽選配給1回で消費する数と同じです。任務の内容はそれほど難しいものではなく、うまい人なら1、2試合、初心者でも1時間~2時間程度遊んでもらえれば達成できるような任務を想定しています。また、サービス開始後はログインするだけでトークンがもらえたり、任務でもらえるトークンが2倍になったりするといったキャンペーンも実施する予定ですので、トークンを購入しなくても抽選配給を利用できるようになっています。また、抽選配給で手に入るものはすべて、一定の期間を置いてゲーム内通貨であるDPやリサイクルチケットと交換できるようにしていきます。


――毎日任務で手に入るトークンと有償で購入したトークンに差はありますか?


神戸:少なくともサービス開始時点では、有償無償の差はありません。同じように抽選配給に利用できます。お金をかけないとできないこと、というのはなるべく避ける方針です。


徳島:私と神戸、舟谷はとくに自腹で『バトオペ』を遊んでいましたし、『バトオペ2』も遊ぶ予定です。前作で我々が厳しいと感じたのは、最前線に居るためにはとにかく毎日遊び続けるしかないということでした。個人的に今回のサービス形態は、時短の意味合いが強く、ライフスタイルに合わせて適度にお金をかければ毎日長時間遊ばなくても巻き返せるものともいえると思います。


――MSなどの入手方法はトークンによる抽選配給と、DPとの交換だけなのでしょうか?


神戸:先々のことはまだいえませんが、夏には"週間任務キャンペーン"というイベントを予定しています。この期間中には特別な任務が与えられ、そのすべてをクリアすると「ズゴックLV1」が手に入ります! ぜひ、夏も『バトオペ2』を遊んでもらいたいです。


――『バトオペ』で週間任務というと、厳しいものを想像してしまいますが。


徳島:そう厳しいものにはなっていません。プレイしていれば腕前を問わずに、なんとかなるラインです。


神戸:前作の『バトオペ』をプレイしたプレイヤーは、週間任務というと腕前と時間の必要なものと思うでしょうが、前作『バトオペ』の場合、出撃エネルギーを購入していただくというのが主な収入源になっていました。ですから、週間任務のハードルも、ある程度出撃エネルギーが必要となるボーダーラインを意識せざるを得なかったんです。ですが、『バトオペ2』は出撃エネルギーの概念がなくなり、出撃し放題です。それにともない週間任務の難易度も普通に遊んでもらえれば報酬を獲得できるだろうというラインに調整することができるようになっています。


――新MSはどの程度のペースで実装されていくのでしょうか?


神戸:サービス開始からしばらくの間は、毎週MSを追加していきます。コスト帯の幅を広げることも同時に行なっていき、コスト500程度のMSまでは配信から1カ月くらいまでの間に随時実装していく予定です。また、どのコスト帯も必ず複数のMSの選択肢があるようにしていくつもりです。


――そのほか『バトオペ2』の新要素として話せることがあれば教えてください。


藤山:よくぞ聞いてくれました!! 『バトオペ2』では"ガンダム"ゲームとしては初の試みとして、シェア機能で動画の記録や配信を行なえるようになっています。ですから自分のプレイを確認したり、新たな『バトオペ2』ユーザーを増やしたりするのにドンドン活用してほしいです。



------------------------------------------

機動戦士ガンダム バトルオペレーション2

・配信元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:チームバトルアクション
・配信日:2018年7月26日(木)予定
     ※事前ダウンロード開始は2018年7月25日(水)予定
・価格:基本プレイ無料(一部アイテム課金)
    事前購入スペシャルパック(パワード・ジム) 3,240円(税込)
    事前購入スペシャルパック(ドム・トローペン) 3,240円(税込)
・プレイ人数:12人(オンライン専用)
・CERO:B(12才以上対象)

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------

PS.Blogの『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』記事はこちら

------------------------------------------


『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』公式サイトはこちら

『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』公式Twitterはこちら

©創通・サンライズ

記事を探す
トップに戻るボタン