PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

世界よ、生まれ変われ。"大崩壊"の10年後を描く完全新作! スマホ向け『アークザラッド R』発表会レポート

"光と音のRPG"「アークザラッド」シリーズ最新作がスマホ向けゲームアプリとして近日配信!

スマートフォン向けタイトルを展開しているフォワードワークスが7月30日(月)、近日配信予定のゲームアプリ『アークザラッド R』のプレス発表会を開催した。

「アークザラッド」シリーズは、第1作が1995年にPlayStation®で発売され、"光と音のRPG"のキャッチフレーズのとおり、派手な演出、物語に深みを与える重厚なサウンド、そして圧倒的なやり込み要素などから多くのユーザーの支持を集め、全世界累計実売本数370万本以上(SIE調べ)を記録する人気RPGシリーズだ。

発表会に登壇したフォワードワークスのエグゼクティブディレクター川口智基は、「アークザラッド」が今なお多くのファンに愛されるシリーズであると紹介。『アークザラッド』『アークザラッドII』のストーリーを振り返り、その続きを新たな主人公の視点で描くシリーズ完全新作が今作『アークザラッド R』となる。


フォワードワークス エグゼクティブディレクター
川口智基




ここで、『アークザラッドII』と『アークザラッド R』の2つの物語をつなぐトレーラームービー、そして壮大な冒険を予感させるプロモーションムービー、2本の映像が披露された。なお、トレーラームービーは『アークザラッドII』のエンディングが含まれ、プレイしたことのない方にはネタバレとなるので注意してほしい。




プロモーションムービーでも紹介されているように、本作では企画・原案・ゲームデザインの土田俊郎氏をはじめ、シリーズのオリジナルスタッフが再集結。川口は「シリーズとして守るところは大事に守り、当時はできなかったことや、今の時代ならではのことにもチャレンジするなど、新しい「アークザラッド」の提供を目指して世界観の構築を進めています」と述べ、新作の手応えを力強くアピールした。




シリーズらしさを感じる戦略性の高いシミュレーションバトル

続いて、本作の開発を担当するオルトプラスから、新川はるか氏と佐藤悠平氏が登壇。実機を用いたバトルシーンのプレイを披露した。


オルトプラス 第3スタジオ スタジオ長
新川はるか氏


オルトプラス 第3スタジオ
佐藤悠平氏



バトルのゲームシステムは、シリーズの特徴である戦略性を重視したシミュレーションバトル。マス目で区切られたフィールドでのユニット操作はスマートフォン向けに最適化され、移動したい場所をタッチするか、指をスワイプさせることでキャラクターを移動させることができる。

攻撃可能な範囲にいる敵にターゲットを合わせ、攻撃ボタンを押すことで攻撃するが、正面から攻撃すると反撃を受けてしまうので、いかに敵の背後を取りつつ、自分の背後を見せないかがバトルの重要なポイントになるという。



一部のキャラクターには、範囲内にいる味方のHPを回復するなど、さまざまなオートスキルが実装される。また、必殺技となるアクティブスキルの発動にはMPが必要。MPの溜まり方はキャラクターごとのロールによって異なり、アタッカーなら敵を攻撃することでMPが早く溜まる仕組みになっている。

もちろん、アクティブスキル発動時の演出は迫力たっぷり。新川氏が「光と音のRPG「アークザラッド」の新作を名乗るに値する、素晴らしい出来栄え」と述べたように、戦略性と爽快感を備えた「アークザラッド」らしさを味わえるバトルだ。



ちなみに、発表会終了後には試遊する時間が設けられ、クエストやバトルを体験することができた。バトルもスムーズに操作でき、上記の移動方法のほかに、攻撃したい敵をタップすると自動的に移動する方法も。スマートフォンのサイズや扱い方はさまざまだが、これならどんな場面でも快適にプレイできるだろう。




タイトルの"R"に込められた意味とは?

発表会の最後には企画・原案・ゲームデザインを務める土田俊郎氏が登壇。ファンの多いシリーズの新作を手掛けるにあたり、「ファンの皆様の思い出を大事にしつつも、新作を作らせていただく以上、話のスケールを大きくしたい。このゲームをプレイしたことによって、新たな思い出になるような体験を提供したいと思いました」とコメント。また、スマートフォン向けのデザインには苦労することもあったが、「これって、ちゃんとアークだね、と言ってもらえるようなものになっていると思います」と自信の言葉も語られた。


『アークザラッド R』企画・原案・ゲームデザイン
土田俊郎氏



タイトルの"R"は、「リボーン(再生)」「リブート(再構築)」といった意味のほか、ストーリーに関わるキーワードにもなっている。そのキーワードが何なのかについては、「プレイしていただくことでわかってくるので、プレイしてのお楽しみ」とのことだ。

最後は、「新しい主人公とヒロインによるオリジナルストーリーでありつつ、『アークザラッドII』の続きの物語でもあるという両立ができたと思っています。ファンの皆様には、あの物語の続きをスマートフォンで手軽に始めていただきたいです。ストーリーとバトルでしっかりとしたプレイ体験ができるので、シリーズを体験したことがない方もこの機会に手に取っていただけると嬉しいです」と締めくくった。


登録者が増えるほど報酬が豪華に! 事前登録キャンペーン実施中!

現在、『アークザラッド R』の事前登録キャンペーンが実施中。登録者数が増えるほど特典内容が豪華になり、20万人突破ならシリーズの人気キャラクター「トッシュ(★4)」が全員にプレゼントされる。この機会に、ぜひ登録しよう!



<事前登録キャンペーン報酬>
1万人突破:精霊石(*1)100個
3万人突破:ゴッズ(*2)50,000G
5万人突破:精霊石200個
7万人突破:虹の大結晶5個
10万人突破:精霊石300個
20万人突破:トッシュ(★4)

*1 ガチャやアイテムの購入などに使用するゲーム内通貨
*2 キャラクターの強化、武器の作成や強化などに使用するゲーム内アイテム


Google Playでの登録はこちら

公式Twitterでの登録はこちら

公式LINEでの登録はこちら

限定ノベルティが抽選で当たるTwitterキャンペーンも開催!

復刻仕様『アークザラッド R』インフォメーションキットなどが抽選で当たるTwitterキャンペーンも開催中! インフォメーションキットは、懐かしのゲームパッケージを再現し、取扱説明書風の冊子や復刻シールなどが入った限定ノベルティとなっている。アプリの配信が開始されるまでに公式Twitterをフォローし、キャンペーン対象ツイートをリツイートすることで応募可能!



『アークザラッド R』公式Twitterはこちら

PS Storeにて『アークザラッド』『アークザラッドII』ゲームアーカイブスが50%OFF!

PlayStation™Storeでは8月22日(水)までの期間、『アークザラッド』『アークザラッドII』ゲームアーカイブスが半額で購入できるセールを開催! あの感動をもう一度味わいたい方、『アークザラッド R』につながる物語を体験しておきたい方は、この機会にぜひプレイを!

「JAPAN Studio音楽祭 2018」で『アークザラッド R』の楽曲演奏が決定!

11月3日(土・祝)に横浜みなとみらいホールにて開催される、オーケストラコンサート「GAME SYMPHONY JAPAN 41st CONCERT~PlayStation®を彩るJAPAN Studio音楽祭 2018~」。ここで『アークザラッド R』の楽曲が演奏されることが決定した。チケットの予約受付など、詳しくは公式サイトをチェック!

「GAME SYMPHONY JAPAN 41st Concert~PlayStation®を彩るJAPAN Studio音楽祭 2018~」公式サイトはこちら


------------------------------------------

アークザラッド R

・配信元:フォワードワークス
・対応:iPhone/Android
・ジャンル:光と音のRPG
・配信日:近日予定
・価格:基本プレイ無料(アプリ内課金あり)

------------------------------------------


『アークザラッド R』公式サイトはこちら

『アークザラッド R』公式Twitterはこちら

©Sony Interactive Entertainment Inc. ©ForwardWorks Corporation. Developed by AltPlus Inc.
※画面は開発中のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン