PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

アーランドを舞台にした「アトリエ」シリーズ3作品がDX版で登場! DLCも多数収録した豪華版!

by PS.Blogスタッフ 2018/08/10

「アトリエ」シリーズ屈指の人気作「アーランド」3部作をPS4でプレイしよう!

キャラクターデザイン&イベントビジュアルをイラストレーターの岸田メル氏が担当し、今なお多くのファンを持つ、アーランドを舞台にした「アトリエ」シリーズ3部作がDX版となりPlayStation®4で9月20日(木)に発売される。

このDX版は、『新・ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~』、『トトリのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士2~』、『メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~』をベースに、当時配信されていたDLCなどを多数収録した豪華仕様。さらに3本のDX版をひとまとめにした『アトリエ ~アーランドの錬金術士1・2・3~ DX』もお得な価格設定で用意されている。

オリジナル版から追加された新モンスターや追加シナリオ、キャラクターのコスチュームなどなど、さまざまな要素もDX版ならまとめて楽しめるので、ぜひプレイしてみよう!


人気の「アーランド」シリーズがDX版になってお求めやすい価格で登場! 仲間との交流や錬金術を使った調合、強敵とのバトルなどさまざまな要素が楽しめるRPGだ。



パッケージ版にはオリジナルサウンドトラックのダウンロードシリアル付き!

パッケージ版に同梱の「オリジナルサウンドトラック」ダウンロードシリアルは、各タイトル60曲以上の楽曲をダウンロードして楽しめるスペシャルな特典。

なお、『ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ DX』には「ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ オリジナルサウンドトラック」と「新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~ オリジナルサウンドトラック」両方がダウンロードできるシリアルが同梱されている。これは、お得かも!?

あれもこれもまとめて収録! 「DX」な同梱DLCの数々を紹介!

オリジナル版の発売後に追加された数々のDLCを収録したDX版。その中身をこちらで一挙公開!



『ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ DX』収録内容

『新・ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~』をベースにDLCをさらに収録!


オリジナル版(「ロロナのアトリエ」)から追加された要素
・キャラクターの3Dモデルを一新
・クリア後から始まる延長戦シナリオを追加
・エンディングをはじめ、新たなイベントを追加
・未来からアイテムがやってくる!? タイムカプセルシステム追加
・種を植えて材料を手に入れる家庭菜園を追加
・調合したアイテムを飾る模様替えを追加
・アシストアタックなど戦闘システムを一新
・新たなモンスターを追加
・新たなマップを追加
・イベントイラスト、おまけ画像等追加
・新たなパーティーキャラクターを追加
 (トトリ&メルル&アストリッド&エスティ)
・王国依頼ではボーナスも取得できるよう依頼システムを一新


さらに追加されるコンテンツ
・『新・ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~』の追加コスチューム
 (ピーチバケイション・みかん色の水着・淑女のたしなみ)



追加コンテンツのひとつ・延長戦シナリオでは、トトリやメルルも登場!?



『トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ DX』収録内容

『トトリのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士2~』をベースにDLCをさらに収録!


オリジナル版(「トトリのアトリエ」)から追加された要素
・コスチューム切り替え機能を追加
・トトリのコスチュームなど調合アイテムを追加
・新たなボスモンスターや採取地を追加
・イベントイラスト、おまけ画像などを追加
・パーティーキャラクターを追加
 (ツェツィ&イクセル&クーデリア)
・モデル鑑賞モードなどのシステムを追加


さらに追加されるコンテンツ
・『トトリのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士2~』追加コスチューム
 (天使の水着・小悪魔のビキニ・ひまわりワンピ・しましまビキニ)



DLCで追加された仲間たちと一緒に、冒険を楽しもう!



『メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ DX』収録内容

『メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~』をベースにDLCをさらに収録!


オリジナル版(「メルルのアトリエ」)から追加された要素
・新たなコスチュームを追加
 (ミリタリースタイル、セーラーフリル、春色の衣装など)
・エンディングをはじめ新たなイベントを追加
・新たなボスモンスターを追加
・パーティーキャラクターを追加
 (フアナ&ルーフェス&パメラ)
・モデル鑑賞モードなどのシステムを追加


さらに追加されるコンテンツ
・『メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~』追加コスチューム
 (きのこ姫の水着・ミニわら帽子・ストライプヘヴン・サマーブロッサム)



フアナやルーフェス、そして「アトリエ」シリーズにたびたび登場する幽霊のパメラを、本作ではパーティに加えて遊ぶこともできる!

「アーランド」シリーズ各タイトルの特徴と登場キャラクターたち

ロロナ、トトリ、メルルという3人のヒロインを主役にした、「アーランド」シリーズの3部作。それぞれどんな内容のタイトルなのか、こちらでチェック!



『ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~』

「アーランド」シリーズの1作目。国からの通達で閉鎖の危機に追い込まれたアトリエを存続させるため、主人公のロロナが奮闘する物語。

期間内に王国依頼を達成しながらアトリエの評価を上げていくと、さまざまなエンディングを迎えることができる。街の人々の依頼をこなすと上昇する「街の人気」なども、エンディングに関わる重要な要素のひとつとなっている。


アトリエの存続を目指すロロナは、年に4回(計12回)発生する「王国依頼」をクリアすることで、アトリエの評価を高めることが可能だ。



また、王国依頼には任意の依頼も存在し、クリアすることで最大HPのアップや参考書といった魅力的なボーナスを得ることもできる。



レシピと材料を入手し、アイテムを組み合わせることで新たなアイテムを作成する調合は、『メルルのアトリエ Plus』のシステムを採用。特性の合成や高コストの特性の追加といった、工夫しがいのあるゲーム性となっている。



ロロライナ・フリクセル(ロロナ)

CV:門脇舞以

ちょっとのんびり屋なところがあるものの、元気で明るい錬金術好きの女の子。師匠であるアトリエの店主に代わり、王国からの依頼に挑むことになる。趣味はパイ作り。



クーデリア・フォン・フォイエルバッハ (左)

CV:喜多村英梨
アーランド屈指の資産家の令嬢で、ロロナの幼なじみ。世話焼きのしっかり者だが、少々短気で怒りっぽく、素直な気持ちを口に出せない性格をしている。

ステルケンブルク・クラナッハ (右)

CV:小杉十郎太
アーランド王国に仕える騎士。剣の腕が立つ真面目な青年ではあるが、不器用で口数が少ないため怖い人物だと思われている。



リオネラ・エインセ (左)

CV:真堂 圭
猫のぬいぐるみとともに人形劇をしながら旅をしている、極度の恥ずかしがり屋な少女。2匹のぬいぐるみと会話ができるが、それは彼女の「秘密」と関係が......。

タントリス (右)

CV:近藤孝行
大陸をきままに旅している吟遊詩人。女性を見かけると誰彼かまわず口説こうとする軽い性格をしている。そんな態度とは裏腹に、何か「特別な事情」を抱えているようだ。



アストリッド・ゼクセス (左)

CV:田中敦子
ロロナの錬金術の師匠であり、アトリエの前店主。若いころは天才錬金術士として名を馳せていたものの、最近は気が向いたときにしか仕事をしていない。

イクセル・ヤーン (右)

CV:立花慎之介
ロロナの幼なじみで、職人通りにある食堂で働く料理人。肩書は見習いだが、一人で店を任せられるほどの料理の腕前を持つ。明るく楽天家な性格で、負けず嫌いな性分。



エスティ・エアハルト (左)

CV:佐藤利奈
王宮にある受付で案内役をしている女性。ステルクの先輩であり、人々からの依頼をロロナたちに紹介している。

パメラ・イービス (右)

CV:谷井あすか
ロロナが拾ったクマのヌイグルミに宿っていた幽霊。おっとりとした性格で、のちに自分のお店である「パメラ屋さん」をオープンする。



『トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~』

「アーランド」シリーズの2作目。冒険者である母親が行方不明となってしまい、彼女の軌跡をたどるため旅立つ主人公のトトリ。錬金術の知識を活かし、一人前の冒険者兼錬金術士となるためアーランド中を駆け巡る。調合や探索を繰り返して冒険者ランクを上げていくと、新たな地域へと旅立つことができる。


舞台となるのは冒険者が制度化された世界となったアーランド共和国。冒険者ランクを上げて新たな未開の地域へ赴くことで、行方不明の母親の手掛かりへと近づくことができる。



一緒に冒険する仲間たちと絆を深めていくことも、物語の核心を知るために不可欠な要素といえる。



冒険者ポイントはダンジョンの攻略や強敵モンスターの討伐、探索でランドマークを発見する、未知のアイテムを発見するといった、さまざまな方法で獲得できる。自分のプレイスタイルに合ったランクアップ方法を探っていこう。



作ったアイテムの「引き継げる能力」を選択できたり、新たなアイテムが調合できるなど、本作では調合システムもパワーアップ。レシピを手に入れるとグラフィックが変化するコスチュームを調合でき、トトリの衣装変化も楽しめる。



トトゥーリア・ヘルモルト(トトリ)

CV:名塚佳織

アーランドの外れにある漁村で、姉と父の3人で暮らしている少女、元は内気で気弱な性格だったが、錬金術を始めてからは徐々に改善されつつある。



ミミ・ウリエ・フォン・シュヴァルツラング (左)

CV:井口裕香
とある名家のお嬢様。プライドが高く高飛車で、人を見下したような態度をとるものの、努力家で卑怯なことは大嫌いというタイプの女の子。

ツェツィーリア・ヘルモルト (右)

CV:今井麻美
トトリの姉で、愛称はツェツィ。真面目なしっかり者の女性であり、居なくなった母親の代わりに家事全般をこなしている。妹を溺愛し、かわいがっている。



メルヴィア・ジーベル (左)

CV:新谷良子
トトリの村の先輩冒険者。ツェツィの親友で、明るく開放的な性格をしている。生まれつき怪力の持ち主で斧を武器にしている。

マーク・マクブライン (右)

CV:千葉進歩
機械が好きというマニア気質の青年。遺跡から機械を勝手に発掘しては自分流に改造して楽しんでいる。性格は明るく、社交的。



ジーノ・クナープ (左)

CV:三瓶由布子
トトリの幼なじみの少年。純粋で前向きでひたすら明るい、裏表のない真っすぐな性格。「冒険者になって活躍したい」という冒険者に対する純粋な憧れと夢を持っている。

ステルケンブルク・クラナッハ (右)

CV:小杉十郎太
『ロロナのアトリエ』にも登場した、生真面目で苦労性の騎士。アーランド前国王を探し、各地を旅して周っている。



ロロライナ・フリクセル(ロロナ) (左)

CV:門脇舞以
『ロロナのアトリエ』の主人公であり、トトリの師匠。さまざまな経験を積んだことで、精神的にたくましく成長を遂げている。現在はいろいろな人に錬金術を教えるため、各地を旅している。

フィリー・エアハルト (右)

CV:大垣理香
アーランドにいるクエストの受付担当。婿探しに出た姉に押し付けられ、彼女の代わりに仕事を担当している。ドジっぽい性格で、おどおどしたタイプの女性。



『メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~』

小さな辺境国であるアールズ王国の姫・メルルが錬金術を使って、自国の発展のためがんばる「アーランド」シリーズの3作目。調合や探索を駆使して王国ランクを上げていけば、人口もどんどん増えて街が発展していく。


錬金術や探索、敵との戦闘やさまざまな人々との出会いが、自国の発展につながっていく本作。王国はメルルの行動次第で、さまざまな方向へと発展していく。



国の発展や新施設の建造に使う開拓ポイントは、国民から要望を集め、それを課題として達成することで獲得できる。ポイントが一定以上たまると、冒険できる場所が増えたり(開拓次第で)採取地のアイテムが変化するなど、冒険の楽しみも増えていく。



特性を組み合わせることで、より効果の高い特性が現れる可能性を秘めた「特性の合成」や、高コスト特性の追加など、工夫できる要素がオリジナル版より進化した調合システム。使用回数無限のアイテムや最高クラスの武器が作れる「エンゲルストン」など、調合にも新たな要素が加味されている。



メルルリンス・レーデ・アールズ(メルル)

CV:明坂聡美

明るく前向きで、考えるより先に行動しがちな性格というお姫様。アールズ王国をもっと豊かにしたいと考えており、錬金術を使って開拓事業に乗り出す。



ケイナ・スウェーヤ (左)

CV:佐藤香織
メルルお付きの世話係であり、メイドと侍女の中間のようなことをしているしっかり者。メルルとは幼なじみで、無二の親友でもある。

ルーフェス・フォールケン (右)

CV:子安武人
アールズ王国に仕える執事。非常に有能な人物で、ほぼひとりで国政を取り仕切り、さらにメルルの家庭教師まで兼任している。常に冷静沈着で、淡々とした口調で話す。



ロロライナ・フリクセル(ロロナ) (左)

CV:門脇舞以
『ロロナのアトリエ』の主人公であり、トトリの錬金術の先生。アールズを訪れたときにはすでにこの「小さな姿」となっており、その理由は不明なのだとか......。

ライアス・フォールケン (右)

CV:市来光弘
執事・ルーフェスの弟で、ルーフェスに崇拝にも似た感情を抱いている。兄からメルルの護衛を頼まれ、仕方なく協力することになる。



トトゥーリア・ヘルモルト(トトリ) (左)

CV:名塚佳織
母親探しの旅を経て、一流の錬金術士へと成長した『トトリのアトリエ』の主人公。悪気のない激しいツッコミは健在ではあるが、最近では気を付けている模様。

ステルケンブルク・クラナッハ (右)

CV:小杉十郎太
アーランドの元騎士で、自称騎士。冒険者たちの現場監督的な立場を続けており、放浪する元王も追い続けている。



フアナ・オルシズ (左)

CV:小林沙苗
アールズの露店雑貨店をひとりで切り盛りしている少女。細かいことは気にしない性格の子で、メルルとは友人同士。

ミミ・ウリエ・フォン・シュヴァルツラング (右)

CV:井口裕香
ギルドの冒険者でトトリの親友。トトリが派遣された後、後を追うようにアールズ王国へとやってくる。さまざまな経験を経て、冒険者としてかなりの実力を身につけている。

3作セットの『アトリエ ~アーランドの錬金術士1・2・3~ DX』プレミアムボックスには豪華な限定グッズがついてくる!

今回のDX版3タイトルをひとつにまとめ、豪華特典を同梱した『プレミアムボックス』は、アクリルチャームセットやミニクリスタルペーパーウェイトといった、ここでしか手に入らないオリジナルグッズを同梱! 数に限りがあるので、ほしい人は早めに予約しておこう。


『アトリエ ~アーランドの錬金術士1・2・3~ DX プレミアムボックス』特典内容

■ロロナ・トトリ・メルル つながるアクリルミニチャーム3体セット
3人の主人公をディフォルメ化した、まるっとかわいい「つながるアクリルミニチャーム3体セット」。チャーム1体のサイズは全長約30mmとなっている。



■アーランドの錬金術士 ミニクリスタルペーパーウェイト
「ミニクリスタルペーパーウェイト」の絵柄はこちら! サイズは幅約70mm×高さ約45mm×厚さ約20mm。

※画像はイメージです。
※プレミアムボックスの特典内容は、予告なく変更する場合がございます。



ファンに愛されてきた人気シリーズをDLCも含めて楽しめる今回のDX版。3作まとめてプレイしたい人は、個別に揃えるよりお買い得な『アトリエ ~アーランドの錬金術士1・2・3~ DX』がオススメだ。PS4でロロナやトトリ、メルルたちと一緒に冒険の旅へ出かけよう!


------------------------------------------

ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ DX
トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ DX
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ DX

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:新約錬金術RPG
・発売日:2018年9月20日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 各4,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 各5,184円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------

アトリエ ~アーランドの錬金術士1・2・3~ DX

・発売元:コーエーテクモゲームス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:新約錬金術RPG
・発売日:2018年9月20日(木)予定
・価格:プレミアムボックス 希望小売価格 13,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 11,664円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:B(12才以上対象)

------------------------------------------


『アトリエ ~アーランドの錬金術士1・2・3~ DX』の公式サイトはこちら

「アトリエ」シリーズの公式Twitterはこちら

※掲載されている画面写真はPlayStation®4で開発中のものです。
©コーエーテクモゲームス All rights reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン