PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』今始めても大丈夫! リブート3部作を振り返る【特集第1回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2018/08/24

スクウェア・エニックスより9月14日(金)発売のPlayStation®4用ソフトウェア『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』。本作は、20年以上の長きにわたって数多くのプレイヤーから支持されてきたアクションアドベンチャーの最新作です。現在の「トゥームレイダー」シリーズは、主人公のララ・クロフトが新人の考古学者だったころを描いており、本作は2013年発売の『トゥームレイダー』、2016年発売の『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』に続く、3部作の完結編でもあります。



今回は、「前の2作をプレイしていないんだけど、このゲーム楽しめますか?」という人に向けて、3部作のストーリーや特徴について電撃PlayStation編集部が解説していきます。ちなみに、「トゥームレイダー」シリーズはそれぞれ独立した作品として完結しているので、どのタイトルから始めてもそれほど違和感なくゲームを楽しむことができます。「ララ・クロフトという名前の女性考古学者が、遺跡の探検を通じて世界の神秘(たいてい危険)を垣間見るゲームだよ」ということと、「今のシリーズはジョナっていう気は優しくて力持ち系の相棒がいるよ」という2点さえ押さえていれば大丈夫です。

舞台は邪馬台国!? ララ・クロフトはじめての冒険を描く『トゥームレイダー』


2013年発売の『トゥームレイダー』は、ララ・クロフトが大学を出たばかりの新人考古学者だったころが描かれます。亡き父・クロフト卿の跡を継ぐかのように考古学者となった彼女は、調査船エンジュランス号で日本南方海上の海域"ドラゴントライアングル"に向かいます。その目的は、古代の文献に名前こそあるものの、実際の所在地はいまだ明らかとなっていない謎の王国"邪馬台国"。しかし、船はドラゴントライアングルに近づくと急な嵐に遭遇、ララたちエンジュランス号のメンバーは遭難してしまいます。



ドラゴントライアングル内の孤島に流れ着いた彼女たちが見たものは、古代から現在にいたるまであらゆる文明の建造物の廃墟に加え、この島に流れ着いたさまざまな時代の船舶や航空機の残骸がおりなす奇怪な光景でした。主人公たちと同じくこの島に流れ着いた人々は独自のコミュニティを形成していて、ララたち新参者に対して容赦なく襲いかかってきます。ララは散り散りになったエンジュランス号の仲間と協力しつつ、島から脱出の方法を探ります。



「トゥームレイダー」リブート1作目として登場した本作は、ピッケルを使った垂直登攀(クライミング)をはじめとするアスレチック要素のほか、ララの直感を研ぎ澄ますことで利用可能なオブジェクトをハイライトする「インスティクト」と呼ばれる特殊能力といった基本システムが確立された内容と言えます。

また、本作のララ・クロフトは、大学を出たばかりということもあって、のちに彼女の代名詞となるトゥームレイダー(墓荒らしの意味)の雰囲気はありません。仲間を助けるために献身的に行動するけなげな一面を垣間見ることができるあたりも見どころです。



なお、本作は当初PlayStation®3向けに発売されましたが、2014年にはグラフィックを今世代向けに作り直したPS4版の『トゥームレイダー ディフィニティブエディション』が登場。現在プレイしてもそん色のないクオリティでゲームを楽しむことが可能です。


志半ばにして倒れた父の研究をララは追う『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』


2作目となる『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』でのララは、不死をもたらす力"神秘の源"の存在を主張して学会を追われた父・クロフト卿の研究を追う冒険に旅立ちます。父の書斎に残る研究資料から神秘の力のカギを握る"預言者"の存在を知った彼女は、預言者の墓があるとされるシリアへ。周囲から隠されるように建造された預言者の墓を発見した彼女は、そこで見つけた遺物から神秘の源は、シベリアにあるとされる幻の都市・キーテジにあると確信します。



相棒のジョナとシベリアへ向かった彼女は、キーテジへ向かう道中で雪崩に見舞われ、単独行動を余儀なくされます。14世紀にユーラシア大陸を席捲したモンゴル帝国の遺跡に残る、キーテジに対する記述を頼りにララはキーテジへ向かいますが、そんな彼女の前に古代から歴史の影で暗躍する組織"トリニティ"がたちはだかります。



『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』は、ララが考古学者を志すきっかけとなった父・クロフト卿のあとを受け継ぐ物語であるとともに、完結編の『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』にも登場する組織・トリニティが姿を現す3部作の重要なポイントとなる作品でもあります。

トリニティは、人類の未来を操ろうと計画する謎の組織で、そのルーツははるか古代にまでさかのぼります。現代に残るトリニティは、かつて預言者を追ってシリアからシベリアへと渡った組織のメンバーの記録を追い、神秘の源をこの手に収めるべくララと対立するのです。



システム面は、1作目をベースにさらなるブラッシュアップがほどこされ、水中や木の上でのアクションが可能となったほか、遺跡や遺物の調査によってララの言語レベルを向上させるといった要素を追加。よりマップの探索が楽しい作品となっています。

トゥームレイダー誕生の瞬間を描く完結編『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』


2013年より続く、3部作の完結編となる『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』の舞台は、マヤやインカといった古代文明の遺跡が残る中南米です。マヤ暦に記された"滅びの予言"が起こりうるものであるとの確信を持ったララは、相棒のジョナとともに南米・ペルーへと向かいます。目指すのは、マヤ文明の古代都市。ララとともに滅びの予言を知り、その力をものにしようとたくらむトリニティと相争うように、彼女はジャングルや危険に満ちた遺跡を駆け抜けていきます。



本作では、新米の考古学者だったララ・クロフトが、ついにトゥームレイダーになるエピソードが描かれます。トゥームレイダーになるとはどういうことなのか? トリニティとの決着は? そしてマヤの滅びの予言とは? さまざまな謎の決着に期待したいところです。



シリーズ完結編にふさわしく、本作はアスレチックから戦闘まであらゆるアクションがパワーアップ。水中での行動の幅が広がったほか、ジャングルの地形そのものを味方につけて戦う、ステルス要素も見逃せないポイントです。さらに、シークレットトゥームに限らずパズル要素の高い謎解きも数多く用意されていて、より充実したゲームプレイが楽しめます。



古代遺跡をめぐる冒険とスリリングなアクションを堪能できる「トゥームレイダー」シリーズ。もちろん、最新作の『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』から遊んでも十分楽しめますし、どこか弱いところもあるリブート1作目からたくましく成長していく彼女を見守るのもオススメです。完結編が発売されるこの機会に、3部作の気になるタイトルに挑戦してみてはいかがでしょうか。

8月29日(水)まで、PlayStation™Storeにて前2作のセールが開催!

リブート2作『トゥームレイダー』と『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』が、PS Storeにてセールを開催中! 8月23日(木)から8月29日(水)まで、『トゥームレイダー ディフィニティブエディション』を39%OFFの2,999円(税込)、そして『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』をなんと68%OFFの1,999円(税込)で購入することができます。まだ「トゥームレイダー」シリーズをプレイしていない人は、この機会にぜひ! 最新作をプレイする前にチェックしてみては?



▼PS4『トゥームレイダー ディフィニティブエディション』の購入はこちらから



▼PS4『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』の購入はこちらから



▼PS4『SHADOW OF THE TOMB RAIDER』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

SHADOW OF THE TOMB RAIDER (シャドウ オブ ザ トゥームレイダー)

・発売元:スクウェア・エニックス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:サバイバルアクション
・発売日:2018年9月14日(金)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,980円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,618円(税込)
    ダウンロード版 DIGITAL DELUXE EDITION 販売価格 9,720円(税込)
    ダウンロード版 CROFT EDITION 販売価格 12,830円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

------------------------------------------

PS.Blogの『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』記事はこちら

------------------------------------------


「トゥームレイダー」公式サイトはこちら

「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」公式サイトはこちら

「SQUARE ENIX EXTREME EDGES」公式Twitterはこちら

SHADOW OF THE TOMB RAIDER © 2018 Square Enix Ltd. All rights reserved. Published by Square Enix Co., Ltd. SHADOW OF THE TOMB RAIDER and TOMB RAIDER are registered trademarks or trademarks of Square Enix Ltd. SQUARE ENIX and the SQUARE ENIX logo are registered trademarks or trademarks of Square Enix Holdings Co., Ltd.

TOMB RAIDER © 2014 SQUARE ENIX LTD. Published by Square Enix Co., Ltd. CRYSTAL DYNAMICS, the CRYSTAL DYNAMICS logo, EIDOS, the EIDOS logo, LARA CROFT and TOMB RAIDER are registered trademarks or trademarks of Square Enix Ltd. SQUARE ENIX and the SQUARE ENIX logo are registered trademarks or trademarks of Square Enix Holdings Co, Ltd.

Tomb Raider © 2016 Square Enix Ltd. Published by Square Enix Co., Ltd. Square Enix and the Square Enix logo are registered trademarks of Square Enix Holdings Co., Ltd. Lara Croft, Tomb Raider, Crystal Dynamics, the Crystal Dynamics logo, Eidos, and the Eidos logo are trademarks of Square Enix Ltd.

記事を探す
トップに戻るボタン