PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

重厚な物語で描く空の戦い。『ACE COMBAT™ 7: SKIES UNKNOWN』の登場人物や新機体を公開!

by PS.Blogスタッフ 2018/08/30


2019年1月17日(木)発売のPlayStation®4用ソフトウェア『ACE COMBAT™ 7: SKIES UNKNOWN』は、シリーズ累計1,400万本以上の出荷本数を誇る「エースコンバット」の最新作。プレイヤーがエースパイロットとなり、リアルな空を追求したグラフィック空間を360度自由に飛び回る爽快感と、自身の判断で次々に敵を定めて撃破する快感、難局を勝ち抜ける達成感が楽しめるフライトシューティングゲームだ。

「空の革新」をテーマに、空を埋め尽くした雲の広がりと細密に表現された地形・景観を表現し、シリーズ20周年の歴史において最も魅力的な空中戦と速度感を楽しむことができる。


エルジアの王女コゼットや敵エースパイロットのミハイなど、4人の登場人物を紹介!

本作では、世界的に評価されたストレンジリアルと呼ばれるシリーズ共通の架空世界を舞台に、"有人機と無人機"や"エルジアとオーシア"といったテーマから登場人物の内面までを描き、勧善懲悪ではない物語が展開される。

今回は、この重厚なドラマを彩る登場人物の中からコゼット、ミハイ、シュローデル、エイブリルの4人を紹介。現在公開中のストーリートレーラーでも、彼らの姿を見ることができる。まだ視聴していない人はチェックしておこう。

『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』Gamescom2018 ストーリーTRAILER(Dark Blue)はこちら



【ストーリー】
舞台は「第二次大陸戦争」が勃発した2019年のユージア大陸
プレイヤーはオーシア国防空軍、対する敵軍はエルジア王国(旧エルジア共和国)


ユージア大陸では、大国オーシア連邦とエルジア王国との間で緊張が高まりつつあった。

2019年、オーシア国内で無人機を使用したテロが勃発。その同刻、エルジアはオーシアとユージア諸国の共同開発で進めていた宇宙太陽発電の基盤となる「軌道エレベーター」及び周辺施設を占拠。オーシアの行き過ぎた干渉と利害独占に反旗を翻し、エルジアは宣戦を布告した。

強大な軍事力を持つオーシア軍に対し、エルジアは無数の攻撃無人機で対抗。瞬く間にオーシアの勢力は、ユージア大陸の東沿岸部へ追いやられてしまう。市街地に影響を与えないエルジアのクリーンな戦争に対し、オーシア軍は誤爆を繰り返す。エルジア王女は放送でオーシアの行動を批判、世論はエルジア側に傾いていく。

──戦場では無人機が台頭し、有人機の落日が近づいている──



エルジア王国王女

ローザ・コゼット・ド・エルーゼ

エルジア王国の王女。平民に近い家の出身であったが、大陸戦争後の王政復古により、父親がエルジア王となる。


かつての戦争の伝説的なエースパイロット

ミハイ・ア・シラージ

現在はエルジア実験部隊のパイロット。数多くの戦場で長きにわたり、敵勢力の実力パイロットを葬ってきた絶対的エース。


EASA実験基地エンジニア

ドクター・シュローデル

エルジア軍の無人機開発に関わる人物。典型的な科学者気質の持ち主。


オーシア懲罰基地エンジニア

エイブリル・ミード

数多くの機体をレストアさせ、その腕前から、「スクラップ・クィーン」の異名を取る。根っからの個人主義者。

TACネームと部隊章の一部を公開!

プレイヤーはオーシア国防空軍の「懲罰部隊」に所属し、「トリガー」というTACネーム(部隊内の愛称)で呼ばれる。また、各勢力に属する部隊の部隊章が公開された。


プレイヤーのパーソナルマーク。プレイヤーのTACネームはトリガーとなる。

懲罰部隊に描かれる「罪線」。その数が多いほど、犯した罪は重い。



さまざまな部隊がそれぞれの思惑を抱えて登場する。オーシアもエルジアも一枚岩ではない。

新たに判明した13機のプレイアブル機体。「MiG-21bis Fishbed」はアジア先行でお披露目!

実際の航空機メーカーにライセンス許諾を受けた、本物の戦闘機をリアルなグラフィックで操作できる本作。アジア先行公開となる「MiG-21bis Fishbed」や、欧州先行公開の「Rafale M」、アメリカ先行公開の「F/A-18F Super Hornet」など、 新たに公開された13機のプレイアブル機体を紹介しよう。


MiG-21bis Fishbed

デルタ翼と水平尾翼が合わさった、旧式の小型軽戦闘機。旋回操作に特有の癖があり操縦に注意を要するが、幾多の実戦で証明された高い機動力には定評がある。


Rafale M

空海軍共用使用の高性能オムニロール艦載機。M型は海軍仕様機。対地対空どちらとも長射程兵装の運用能力を持ち、戦場の主導権を握る。


F/A-18F Super Hornet

艦隊防空から近接航空支援まで、多彩な任務を遂行可能な艦上戦闘攻撃機。高速度戦闘よりも中速域の運動性能に強みがあり、対地攻撃に有効に働く。


F-16C Fighting Falcon

大型主力制空戦闘機の補佐を目的のひとつとして開発された小型軽量戦闘機。フライ・バイ・ワイヤなど当時の最先端技術を導入し、高いレベルの機動性と安定性を獲得している。


F-14D Super Tomcat

超長射程の対空ミサイル運用能力を持つ大型艦上戦闘機。自動制御の可変翼によって、高低両方の速度域で高い格闘性能を発揮する。


F-15E Strike Eagle

複座型F-15に大幅改修を施した戦闘爆撃機。本職の攻撃機以上の兵装搭載量と、ベース機由来の空戦能力の両立を達成した強力な機体。


F-104C Starfighter

センチュリーシリーズの中の一機である、痩身の超音速迎撃機。小さく薄い台形翼と大推力エンジンによって生み出される高速飛行性能は、現用機にも見劣りしない。


Su-33 Flanker-D

空母上での運用を想定して開発された、Su-27ベースの大型艦上戦闘機。カナード翼の追加などにより、中低速度域での運動性能と安定性能が優秀な機体。


F-15C Eagle

優れた運用実績を誇る双発の大型制空戦闘機。空戦を制するための速度性、運動性、生存性──そのすべてを高いレベルで備えている。


MiG-29A Fulcrum

MiG-21などの当時の主力機を代替するために開発された中型戦闘機。優れた旋回性能が生んだ、高い格闘戦適正を持つ。


YF-23 Black Widow II

先進戦術戦闘機計画において選定機の座を争った大型ステルス戦闘機。ステルス性能と速度性能が秀でており、高い先制攻撃能力を有する。


Gripen E

小型軽量の多目的戦闘機。E型は再設計が行なわれた最新型。機体の大型化、大推力化エンジンの換装、新型アビオニクスの搭載など、多数の変更が加えられている。


Su-57

現行の制空戦闘機に置き換わる予定の、最新鋭ステルス主力戦闘機。PAK FAプログラムに基づいて開発され、推力偏向ノズルなどの機構による極めて高い機体制御性能を持つ。


------------------------------------------

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン

・発売元:バンダイナムコエンターテインメント
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:フライトシューティング
・発売日:2019年1月17日(木)予定
・価格:未定
・CERO:A(全年齢対象)

※一部コンテンツはPlayStation®VRに対応

------------------------------------------

PS.Blogの『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』記事はこちら

------------------------------------------


『エースコンバット7 スカイズ・アンノウン』公式サイトはこちら

「エースコンバット」シリーズ公式Twitterはこちら

ACE COMBAT™ 7:SKIES UNKNOWN & © BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
© DigitalGlobe, Inc. All Rights Reserved.
All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, aircraft, models, trade names, brands and visual images depicted in this game are the property of their respective owners, and used with such permissions.
※画面は開発中のものです

記事を探す
トップに戻るボタン