PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『FIFA 19』で大人気の「FIFA ULTIMATE TEAM」をやらないのはもったいない!【特集第4回/電撃PS】

by 電撃PS編集部 2018/10/05


現在、PlayStation®4で絶賛発売中の、世界的な人気を誇るサッカーゲーム『FIFA 19』。4回目の特集となる今回は、ファンが多い人気コンテンツ「FIFA ULTIMATE TEAM(以下、FUT)」について紹介していく。電撃PlayStation担当ライターによるプレイレポートを通して、初心者にも「FUT」の魅力をわかりやすくお届けしていこう。


まるでトレーディングカードゲーム!? 選手集めとチーム作りを楽しめる「FUT」

というわけでここからは、イタリアのASローマを愛してやまない電撃PS『FIFA 19』担当ライターの自分が、「FUT」の魅力をご説明します。もう言うまでもないことですが、『FIFA 19』では、「FIFA(国際サッカー連盟)」公認のゲームということもあって、世界中の有名選手が実名で登場。「FUT」では、これらの実名選手をアイテムとして手に入れることが可能です。

これらの選手を集めて、自分の好きなようにチームを作っていくのが、「FUT」の何よりの醍醐味。まさに、ちょっとしたサッカートレーディングカードがゲームの中で楽しめちゃうわけです。というか、作ったチームでほかのモード同様に試合もプレイできるのだから、ちょっとしたどころか、とんでもない充実度!



さらにこのモードの何がすごいかと言えば、その週の実際のサッカーで活躍した選手たちが特別な能力を持ったアイテムとして登場するなど、リアルサッカーと連動した仕掛けも満載なところ。このモードをプレイしているだけで、普段見ていないほかの国のリーグの情勢などにも明るくなって、まさにサッカー好きとしては一石二鳥!

自分はリアルではやっぱりセリエAを観戦することが多いのですが、ベン・イェデルやギュンドアンといった各国のリーグで活躍する顔ぶれを見ているとそっちの試合も見たい! とか思っちゃいますね(笑)。ちなみに、この原稿執筆時の週には、なんとポルトガル1部リーグのポルティモンセに所属する日本の中島翔哉選手が、週間最優秀チームの一員に選ばれてました! これはうれしい!!



また、「FUT」にはCPU戦、対人戦の両方が用意。CPU戦はプレイ難易度も選べるので、アクションゲームやスポーツゲームの操作が得意じゃないっていう人でも、気軽に試合と選手集めを楽しむことができます。

それではここからは、実際に「FUT」では、どうやってカードを集めてチームを作り上げていくのかを、「FUT」を開始すると最初にプレイすることになる、チュートリアルの流れに沿ってお伝えしていきます。

まずは国籍別のスターターパックを選んでベースを構築

「FUT」を開始して最初にすることは、スターターパックの選択になります。スターターパックとは、チームを作るうえでのベースとなる、複数の選手カードが入ったパックのこと。パックは選手の国籍別に複数あって、イングランドやブラジルなど主要9カ国のパックから好きなものを選びます。レアル・マドリードの選手を中心にしたいならスペインのパックを、バイエルン・ミュンヘンが好きならドイツのパックをというように、基本的には自分がまず作ってみたいチームに沿った国籍のパックを引けばOK。自分の場合は根っからのASローマファンということもあって、迷わずイタリア国籍のパックを選択!



このように、最初のパックからは選んだ国籍の選手を中心にした21人のアイテムが出てきます。ACミランで昨季ブレイクしたFWのクトローネや、トリノの中盤バゼッリなど、21人中、実に12人がイタリア人選手! このあたりの割合などは個人差もあるかと思いますが、かなりいい感じに選手がそろった感じです。残念ながらASローマの選手は出ませんでしたが......(苦笑)。

選手の国籍や所属クラブなどを揃えてケミストリー(連携)を高める

最初の選手がそろったところで、いよいよスターティングメンバーの11人を構築していきます。ここで気にするべきは、画面右上に表示される「ケミストリー」の数値です。



この数値はチーム内の連携のよさを表していて、ある意味「FUT」においては最重要ポイントと言っても過言ではないでしょう。選手個々の能力が高くても、ケミストリーが低いと思うように能力が発揮できず、ミスも多くなります。逆に選手自体の能力はまだそこまで高くない状態でも、ケミストリーさえ高ければ、試合での動きもよくなり、おもしろいようにボールがよく回ったり、パスカットできたりするわけです。そのケミストリーを高めるために大切なのが、所属リーグ、所属クラブ、国籍の3つのデータとなります。



スターティングメンバーのこれらのデータが一致すればするほど、チームのケミストリーも高まっていきます。隣り合って線で結ばれている選手同士、ひとつのデータが一致すれば線の色が黄色に、2つ以上が一致すれば緑色になります。つまり黄色や緑色の線が多ければ多いほど、ケミストリーは高くなります!



さて、スターターパックでイタリア国籍の選手が多数手に入っているので、最初は国籍を中心にスターティングメンバーを組んでみます。フォーメーションの各ポジションに合った選手を選びつつ、できるだけ同国籍の選手が多くなるように配置。ちなみに、最初のチーム作成の流れでは「4-4-2」のシステム(フォーメーション)で固定されていますが、チュートリアルが終わったあとは、システムも自由に変えることが可能。CDMの選手がいれば「4-2-3-1」、RWやLWの選手がいれば「4-3-3」にするなど、より自分の選手に適したシステムに変更するとGOODです。

自分の場合は先述のとおり、初っ端から12人のイタリア人選手をゲットしていたため、いきなりスタメン全員イタリア国籍で組むことができちゃいました♪ 最初に持っている選手だけでもケミストリーが91まで上昇! ただし両サイドバックはポジションの適性がよくないため、表示が赤色になっています。



一旦のベースとなるシステムを組んだあとは、限られた試合数のみ使用可能な「レンタル選手」を1人獲得できます。ここで登場する選手は非常に能力が高いため、序盤のチームの主力となってくれます!



まさにワールドクラスの選手がズラリ! カードの右下の水色の丸に記載された数字が、レンタル出場可能数です。実はバイエルン・ミュンヘンも好きなのでそちらの選手も欲しくなっちゃいますが、今回はイタリア人チームということでユベントスのキエッリーニをGET。

その後、最初にランダムで用意されたなかから、ユニフォームとクラブのバッジ(エンブレム)を選択。これらはあとから入手、変更が可能なので、まずはパッと見で気に入ったものを選べばOKです。こうしてベースとなるチームが完成。このチームを使って、いざ最初の試合へと臨みましょう!


初期目標を達成していき、カードやコインをGET!

「FUT」開始時にはいくつかの初期目標が提示されていて、それをひとつこなすごとに、カードパックや、選手を獲得するために必要となるコインなどが、報酬として手に入ります。



最初の目標である「チームを作成する」を達成したことで、報酬として200コインを獲得。そのあとは「試合開始」→「選手を購入する」→「新加入選手のデビュー」という流れで目標が提示されます。この流れに沿ってプレイするだけで、「FUT」の基礎はバッチリ。それでは、さっそく最初の試合を開始します!



毎試合前には、改めてチームのシステムを確認できます。先ほど手に入れたレンタル選手も、忘れずに入れておきましょう。キエッリーニの本来のポジションはCBですが、過去にLBの経験もある選手なのでLBを任せてみることに。ケミストリーも94までアップ!

RBにはまだ適した選手がいないので、ひとまず目をつぶっておきます(汗)。同国籍でこれだけケミストリーが高ければ、十分やれるはず! なお「FUT」では、ほかのモード同様に操作方法やアシスト機能の設定も可能。初心者向けの1ボタン操作もあります。



自分の最初の相手はなんと、明治安田生命Jリーグに所属するサガン鳥栖。明治安田生命Jリーグの選手やクラブも実名で登場するのは、やっぱり日本のプレイヤーにはうれしいところですね♪ もちろん、サガン鳥栖にはフェルナンド・トーレスもいますよ!



ケミストリーの効果もあってか、試合はスムーズにパスも回って2-0の快勝! 幸先のいいスタートとなりました。「FUT」では試合の結果や細かなプレイ内容に応じて、報酬のコインも手に入ります。ガンガン試合をプレイして、どんどんコインを集めましょう♪



このように初期目標を順番にこなしていけば、すべて完了する頃には選手カードやコインがかなりたまっているはず。それを元手にして、引き続き好きなカードを集めていくもよし、いざ他プレイヤーとの対人戦に乗り込むもよし。「FUT」に用意された多彩なコンテンツを好きなように楽しんでいきましょう!

パックやトレードで、自分の好きな選手を集めていこう!

試合などの報酬として集めたコインを使えば、自分でパックを購入することができます。パックを開封して選手カードが出てくるまでのドキドキ感は、やっぱり何度やってもたまりません。運が良ければ、パックからスター選手が手に入ることも!



ただ、もちろんカードパックからの運任せのみでは、なかなか自分の欲しい選手が手に入らないこともあるわけで。そこで役に立つのが「移籍市場」でのトレードです。移籍市場には、ほかのプレイヤーの選手が無数に出品されていて、自分の欲しい選手のオークションに参加して入手することができます。出品者が提示した価格を基準に入札していき、制限時間内に自分以上の入札がなければそのカードを獲得可能。また、即決価格で入札すれば、競合なしでそのまま入手できます。


自分はパック購入でASローマの選手が手に入らなかったので、「移籍市場」からASローマの選手を検索してみました。たくさん出品されていて目移りしちゃいます。やっぱり最初はデ・ロッシでしょ! というわけで入札してみたらGETできちゃった!! ほかに欲しい人がいて競り合いが始まると価格が高騰することもあるけど、ちょうどいいタイミングだったかも?


好きな選手を獲得したら、積極的に契約延長を!

「FUT」では、どの選手にも契約(出場可能な試合数)が設定されていて、それが0になってしまうと、試合で使うことができなくなります。ただし、レンタル選手以外ならば、選手契約アイテムを使用することで契約を延長することが可能。選手契約アイテムは、「移籍市場」において選手よりも安価で手に入れやすいため、自分のお気に入りの選手や、チームの中心となる選手は、ガンガン契約延長していくのが基本です!


リーグ戦やオンライン対人戦のほか、リアルサッカーを反映したコンテンツも!

自分が作成したチームでプレイできるCPU戦のなかには、通常のリーグ戦のほか、他プレイヤーが作成したチームと戦う「SQUAD BATTLES」や、先に紹介した現実サッカーとリンクする形の「週間最優秀チーム」などがあります。どのモードもプレイヤーに合わせた難易度を選択可能で、気軽に自分のペースで試合を重ねて、コインやパックを集めていくことができます。



もちろん、オンラインによる他プレイヤーとの対人戦も存在。実力に応じたディビジョンで、同程度の腕前のプレイヤーたちとの手に汗握る戦いを楽しめます。良い成績を残せば、それだけ良い報酬も手に入りますので、腕に自信のある人はぜひともチャレンジ!



こうしてお伝えしてきたように、"選手の収集""オリジナルチームの作成&プレイ""リアルタイムに現実とリンクしたデータ"などなど、「FUT」にはサッカーファンにはたまらない要素の数々が詰め込まれています。少しでもサッカーに興味がある人なら、プレイしないのはもったいない! ぜひ、今シーズンのサッカーゲームの決定版として、『FIFA 19』と、この「FUT」を楽しんでみてください!


トレードや契約延長を重ねて、徐々にASローマの選手が揃ってきました♪ 行く行くは、トッティファンで知られるモドリッチやエリクセンなども加えちゃって、まさに"夢の"ASローマを作ってみたいです!(笑)



▼PS4『FIFA 19』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

FIFA 19

・発売元:エレクトロニック・アーツ
・フォーマット:PlayStation 4(*)
・ジャンル:スポーツゲーム
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 Standard Edition 希望小売価格 7,800円+税
    パッケージ版 Champions Edition希望小売価格 9,800円+税
    ダウンロード版 Standard Edition 販売価格 8,424円(税込)
    ダウンロード版 Champions Edition 販売価格 10,584円(税込)
    ダウンロード版 Ultimate Edition 販売価格 12,744円(税込)
・プレイ人数:1~4人(オンライン時:2~22人)予定
・CERO:A(全年齢対象)

*PlayStation®3版の『FIFA 19』は、上記でご紹介したPS4版と異なる部分がございます。ご了承ください。

------------------------------------------

PS.Blogの『FIFA 19』記事はこちら

------------------------------------------


『FIFA 19』公式サイトはこちら

©2018 Electronic Arts Inc. EA, EA SPORTS and the EA SPORTS logo are trademarks of Electronic Arts Inc. Official FIFA licensed product.
©FIFA and FIFA's Official Licensed Product Logo are copyrights and/or trademarks of FIFA. All rights reserved. Manufactured under license by Electronic Arts Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン