PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

「生と死」が交錯するアクションアドベンチャー『The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 -』

by PS.Blogスタッフ 2018/10/11

倒錯した不条理な描写......「SWERISM」を味わうアクションアドベンチャー

本日10月11日(木)にPlayStation®4で配信開始となった『The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 -』。『Red Seeds Profile』や『D4: Dark Dreams Don't Die』といった数々の人気作で知られるクリエイターSWERY氏が手がける新作アクションアドベンチャーだ。

美しいビジュアルで表現された広大な自然と、アメリカーナな雰囲気あふれる風景の中......「SWERISM」と称される、氏が表現する「倒錯した不条理な描写」を軸としたストーリーが展開されていく。

他に類を見ない独特の世界観で描かれる、「苦痛と再生」の物語。本作のゲーム性や世界観が気になるという人は......公開されているPVをチェックしてみよう!

『The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 -』PVはこちら
※海外版の映像です。




プレイヤーは主人公の「J.J.」を操作して、さまざまな仕掛けが施されたステージをクリアしていく。その仕掛けをクリアするには、自らを「犠牲にしないと」難しい場所も......。

死んでも死ねない悪夢のような島で親友を探すJ.J.の探索行が始まる

本作の舞台となるのは、たとえ重症を負って不自由な身体になっても、死ぬことができないという悪夢のような場所......「追憶島」。危険な目に遭遇しながら島をさまよう少女・J.J.は、何度も死の淵から蘇りながら島を探索することになる。

千切れた身体を引きずり、苦痛にもがき、苦しみながらも島の奥地を目指す彼女の目的は、行方不明になった親友を探すこと。

なぜ彼女はいなくなったのか。この世界の奇妙な違和感は何なのか。すべては、このゲームをクリアしたとき明らかとなるだろう......。


こつ然と姿を消した親友のエミリー(右)。彼女を探すため、J.J.は危険と不条理に満ちた島を探索することになる。



ポップなキャラクターを使ったスマートフォンによる演出や、大きな看板などもゲームに登場。先へ進むためのヒントが、こうした演出などから得られることもある!?



J.J.

本作の主人公。斜に構えた性格で物怖じしない活発なタイプの女性だが、気弱な一面もあり、子供の頃からいつもボロボロのぬいぐるみ「F.K.」を連れている。

エミリー・トンプソン

J.J.の親友。ふたりで一緒に「追憶島」へ来ていたが、夜中のうちにこつぜんと姿を消してしまう。甘えん坊な性格で、いつもJ.J.にくっついている。少しドジだが、ときおり芯をとらえたような発言をして、J.J.を驚かせる。

F.K.

J.J.が子供の頃から大切にしているぬいぐるみ。どこへ行くにもF.K.を連れているため、すでにボロボロで原型がわからないほどの修繕(つぎはぎ)がなされている。

髪鳴り女

ボサボサの白髪を揺らしながら、大きな刃物を振りかざして追憶島へやってきた者に襲いかかる謎の存在。髪の毛からカサカサ......ピキポキ......という音が聞こえてくることから、「髪鳴り女」と呼ばれている。

奇妙で奇怪なゲームシステム......身体がバラバラになっても蘇る点を「利用」する!?

ゲームは横スクロール形式のアクションアドベンチャー。だが、この島の奇妙なトリックにより、身体をバラバラにされたり瀕死レベルの重症を負ったとしても、何度でもプレイヤーキャラが「蘇る」点が従来にはない斬新なポイント。

そのため、切断されてしまった肉体を「重り」として活用したり、狭いスペースを進むため「あえて罠にかかってバラバラにされる」といった工夫が、本作の攻略では必要になってくる。


通常のアクションアドベンチャーでは考えられない奇抜な発想が必要とされる本作。仕掛けにかかってバラバラになっても、それで「終わり」ではない......!?



敵から斬りつけられたり、炎の中に飛び込んでみたり、自らを犠牲にすることで得られるヒントもあるだろう。すぐに身体が再生される、という利点を活かしてチャレンジすれば、攻略の糸口が見えてくるかもしれない。


先へ進めそうにない場所も、発想の転換(少々「怖い」発想であることも少なくない)で通れるようになることがあるのも、本作の醍醐味と言える。



普通はありえない「倒錯の世界」......鉄球にぶつかると重力が反転!?

J.J.が挑むことになるステージの中には、クレーンの鉄球に当たると「重力が反転」するといった、謎めいたギミックが用意されていることもある。周囲に何か使えそうなものはないか......常識にとらわれず、利用できるものはないか考え、まずは行動してみよう。


どうにも手詰まりだと感じたら......あえて危険に身を晒すことで、思わぬ発見があることも。



世界観も異様なら、攻略も一筋縄ではいかない!? 『The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 -』は、肉体がバラバラになったり、再生することが前提のゲーム性が、なんとも斬新なアクションアドベンチャー。ホラーな世界観も込みで、楽しみたい。


------------------------------------------

The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 -

・発売元:アークシステムワークス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:アクションアドベンチャー
・発売日:好評発売中
・価格:ダウンロード版 販売価格 2,990円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------


『The MISSING - J.J.マクフィールドと追憶島 -』公式サイトはこちら

© White Owls Inc. / ARC SYSTEM WORKS
※ゲーム画面は全て開発中のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン