PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

あの名作シリーズの最新作が登場! 温かみのある世界観を継承したRPG『ウィザーズ シンフォニー』!

by PS.Blogスタッフ 2018/11/01

注目のティザームービーも公開! 名作の世界観を受け継いだ新たな冒険ストーリー

1995年に発売され、独自の世界観やキャラクター造形が高く評価された名作アドベンチャー&育成ゲーム『ウィザーズハーモニー』。その世界観や設定を継承したダンジョンRPGが、このたびPlayStation®4で発売となる。発売は2019年2月28日(木)だ。

「ドラマチックダンジョンRPG」と銘打たれた本作『ウィザーズ シンフォニー』のキャラクターデザインは、当時の『ウィザーズハーモニー』に引き続きmoo氏(代表作『悠久幻想曲』ほか)が担当! 懐かしくも温かみのある世界で繰り広げられる冒険譚に、こうご期待!



「ウィザーズ」シリーズおなじみの「好感度」システムは本作でも健在。絆を深めた仲間たちとともに、ダンジョンに挑もう!

ティザームービーでは未公開キャラクターのチラ見せも......!?

本作のゲームシステムや魔物との戦闘シーンなど、どんなゲームになるのかが気になる人は、まずはこちらのティザームービーをチェック! 剣と魔法と絆の冒険活劇が、PS4で幕を開ける!





『ウィザーズ シンフォニー』ティザームービーPV

主人公のアルトとともに旅をする頼もしい仲間たち

「ウィザーズ」シリーズの世界観をそのままに、やりごたえのあるダンジョンRPGとして生まれ変わったシリーズ新章。主人公のアルトを手助けしてくれる仲間たちは、みな個性豊かなキャラクターばかり。今回は、エルフの少女・シルヴィアと、凄腕の剣客・紫翠の2人を紹介!


凛々しい風貌の青年から、獣人キャラ、キュートな女の子まで、さまざまなタイプのキャラクターが揃っている点も、「ウィザーズ」シリーズならでは!



シルヴィア・ミルスティーン

CV:岩井映美里

エルフの魔法剣士。生真面目でおしとやかな性格で、やや押しの弱いところがある少女。エルフでありながら魔法の才能に恵まれず、そのハンデを乗り越えるために剣術の鍛錬を続けている努力家でもある。


戦闘では普段あまり見せない、彼女の勇ましい姿も見ることができる。幼い頃から鍛錬を重ねた結果、強力な魔法剣を習得している。



なにやら訳ありの様子で主人公のもとを訪れるシルヴィ。箱入り娘のお嬢様という彼女が、冒険へ旅立つ理由とは......?



紅 紫翠

くれない しすい

CV:室元気

東方の武家出身である、義と規律を重んじる傭兵剣術士。剣術の腕前は一流という彼は、さらなる高みを求めて修行の旅に出た。その途中に立ち寄った街で、主人公らと出会うことになる。


一流の剣士でありながら、自分の腕におごることなく、日々地道な鍛練を怠らない。



常に冷静で規律や義を重んじる紫翠だが、意外な一面も......。

『ウィザーズシンフォニー』公式サイトで、ゲームの世界観や最新情報をチェック!

ゲームの発売日発表に合わせてグランドオープンした公式サイトでは、「WORLD」「CHARACTER」「SYSTEM」といった本作の魅力を伝えるためのさまざまなコンテンツが用意されている。さらなる情報も今後追加されていく予定なので、チェックしてみよう!



『ウィザーズ シンフォニー』公式サイトはこちら

早期購入特典はパッケージ版とダウンロード版それぞれに用意!

本作の早期購入特典として用意されたアイテムは、パッケージ版が「ゲームオリジナルサウンドトラックCD」。そして、ダウンロード版は「冒険の序盤に役立つアイテムセット(DLC)」(仮称)の予定だ。




ティザームービーでは主人公と10人の仲間と思われるキャラクターが登場し、彼らのパーソナリティが非常に気になる『ウィザーズ シンフォニー』。来年2月の発売が、今から待ち遠しい!


------------------------------------------

ウィザーズ シンフォニー

・発売元:アークシステムワークス
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ドラマチックダンジョンRPG
・発売日:2019年2月28日(木)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,800円+税
    ダウンロード版 販売価格 6,800円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:C(15才以上対象)

------------------------------------------


『ウィザーズ シンフォニー』公式サイトはこちら

『ウィザーズ シンフォニー』公式ツイッターはこちら

© ARC SYSTEM WORKS

記事を探す
トップに戻るボタン