PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『レッド・デッド・リデンプション2』が発売週末3日間で史上最高の売り上げを達成! 楽曲などの新着情報も!

by PS.Blogスタッフ 2018/11/01


好評発売中のPlayStation®4用ソフトウェア『レッド・デッド・リデンプション2』。ロックスター・ゲームスは本作が、10月26日(金)の発売から最初の3日間でワールドワイド通算7億2,500万ドル(約820億円)の売り上げを記録したことを発表した。これは発売後3日間で1,000億円を達成したロックスター・ゲームスの前作『グランド・セフト・オートV』に次ぐ2番目に高い売り上げとなる。
※『レッド・デッド・リデンプション2』は発売後3日間が「オープニング・ウィークエンド(金曜、土曜、日曜の3日間を指す)」にあたる金曜日に発売されましたが、『グランド・セフト・オートV』は火曜日に発売されました。

『レッド・デッド・リデンプション2』の主な記録的快挙は以下の通り。

・発売週末3日間におけるエンターテイメント作品史上過去最高の売り上げを達成
・発売後3日間におけるエンターテイメント作品史上過去2番目に高い売り上げを達成
・2018年のエンターテイメント作品における最大のロンチ


今回は、記録的な売り上げによりさらに盛り上がる本作の、楽曲の魅力や各キャラクターの生い立ちといった情報をお届けする。



『レッド・デッド・リデンプション2』の音楽

オリジナル『レッド・デッド・リデンプション』の感情に訴えかける音源をベースにし、『レッド・デッド・リデンプション2』のサウンドトラックは、アメリカの無法者時代の末期を力強く、情緒的に奏でられている。

聴き手にダイナミックに訴えかけ、共鳴させる情感溢れる『レッド・デッド・リデンプション2』の楽曲は、Woody Jacksonによって手掛けられている。ロックスター・ゲームスのファンにとってはお馴染みの名前となっているWoody Jacksonは、前作『レッド・デッド・リデンプション』や『L.A.ノワール』、『グランド・セフト・オートV』でTangerine Dream、The Alchemist、Oh Noと共に音楽を担当。



スコアには、Jeff Silverman(Truth and Soul/Aloe Black)のプロデュース・アレンジ作品が含まれるほか、Colin Stetson(Bon Iver/Hereditary)、David Ferguson(Johnny Cash's engineer)、David Ralicke(Beck/Sons of Anarchy)、Gabe Witcher(Punch Brothers/True Detective)、Luke O'Malley、Mario Batkovic(Geoff Barrow's Invada)、Matt Sweeney(Chavez/Superwolf/Iggy Pop/Bonnie Prince Billy)、Rabih Beaini、Senyawaらも作曲および編曲を行ない、総勢で110以上ものミュージシャンが参加している。

その中の一部を紹介すると、Arca (Bjork、Kanye West、Frank Ocean、Kelelaと多く共作)、Duane Eddy(Lee Hazlewood protégé)、Mars VoltaおよびQueens of the Stone AgeのドラマーであるJon Theodore、Michael Shuman aka Mikey Shoes (Queens of the Stone Age/Mini Mansions)などが名を連ねている。



『レッド・デッド・リデンプション2』のボーカルトラックは全て、グラミー賞受賞者のDaniel Lanoisが担当。Bob Dylan、Neil Young、Willie Nelsonのアルバムプロデュースでも知られる彼は、パイオニアとして名高いBrian Enoと共にU2のアルバムも複数プロデュースし、マルチプラチナを売り上げた「The Joshua Tree」もその内の1枚。Lanoisを始めとした、さまざまな賞に輝いた経験を持つ一流アーティストたちのボーカルパフォーマンスに注目してほしい。アーティストには、D'Angelo、Willie Nelson、Nas、Rhiannon Giddens、Josh Hommeなどが、さらにDavid Fergusonにより作曲、プロデュースを手掛けられた追加のトラックも含まれる。スコア、サウンドトラックを含め、どの曲も『レッド・デッド・リデンプション2』のために作られたものだ。

来たる『レッド・デッド・リデンプション2』の公式サウンドトラックの公開ほか、さらなる情報をお見逃しなく。



ダッチギャングとそのライバル

ダッチとホゼア。先駆者たち


お互いに義賊的野心と破壊的理想を持つ有能なペテン師であったダッチとホゼアは、二十代前半で出会う。数年は2人で組んで活動していたが、やがて路頭に迷う者たちを仲間に加えていく。



アビゲイル、ジャック、ジョン。型破りな家族


ジョンは12歳の頃にダッチに命を救われ、それ以降ギャングの一員となった。アビゲイルが仲間に加わったのは5、6年前のことだ。そして幼いジャックはと言えば、ギャング以外の暮らしを知らずに生きている。




ライバルたちを写した1枚。西部の無法者集団はダッチギャングだけではない......。ならず者や傭兵が寄り集まるデルロボス一味は、そんな集団の1つだ。彼らはあくどい強盗を仕掛け、復讐のために人を殺すことで知られる。




一方のコルム一味は、ダッチギャングと長年競合関係にある大規模な組織だ。その活動は多岐に渡り、危険を顧みない若き無法者たちが次々と加わっている。



ダッチギャング。永遠の無法者


腐敗した権威への服従を拒否し、己の信条に従って生きることを選んだ犯罪者、異端者、自由思想者たちの集まり。その首にかかる懸賞金額が上がるほど、自由を貫くことは難しくなっていく。



『レッド・デッド・リデンプション2』のガンマンたち


ブラック・ベル、ビリー・ミッドナイト、スリム・グラントや、他の悪名高きガンマンを開拓地で探し出そう。



『レッド・デッド・リデンプション2』のスタンプが「GIPHY」に登場


さまざまなGIF画像を検索・ダウンロードできるサービス「GIPHY」に、『レッド・デッド・リデンプション2』のスタンプセットが登場。本作のトレーラーから作成されたGIFスタンプもあるので、気になる方はチェックしてみては?

「GIPHY」の#RDR2 スタンプはこちら(海外サイト)



▼PS4『レッド・デッド・リデンプション2』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

レッド・デッド・リデンプション2

・発売元:Rockstar Games
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:オープンワールド
・発売日:2018年10月26日(金)予定
・価格:パッケージ版 通常版 希望小売価格 8,800円+税
    パッケージ版 スペシャルエディション 希望小売価格 10,800円+税
    パッケージ版 アルティメットエディション 希望小売価格 12,800円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,600円(税込)
    ダウンロード版 スペシャルエディション 販売価格 10,500円(税込)
    ダウンロード版 アルティメットエディション 販売価格 12,450円(税込)
・プレイ人数:1人(オンライン時:未定)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

------------------------------------------

PS.Blogの『レッド・デッド・リデンプション2』記事はこちら

------------------------------------------


『レッド・デッド・リデンプション2』公式サイトはこちら

ロックスター・ゲームス公式YouTubeチャンネルはこちら



© 2018 Rockstar Games, Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン