PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『ファイナルファンタジーXIV』最新拡張パッケージ『漆黒のヴィランズ』2019年初夏発売!

by PS.Blogスタッフ 2018/11/26

2019年初夏発売予定の『漆黒のヴィランズ』で、"アシエン"とついに直接対決! しかし光の戦士は闇の戦士に......?

8月27日(月)にサービス開始5周年を迎え、全世界で累計プレイヤー数1,400万人(*1)を突破した『ファイナルファンタジーXIV』(以下『FFXIV』)は、壮大な世界「エオルゼア」を舞台に、ネットワークを通じて世界中のプレイヤーとともに冒険ができるオンラインゲーム。戦いだけでなく、アイテムの製作やチョコボの育成など、遊び方は冒険者であるあなた次第だ。
*1 日本・北米・欧州・中国・韓国の5リージョンの累計アカウント数。フリートライアル版のアカウントを含む。

日本時間11月17日(土)にアメリカ・ラスベガスで行なわれた「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2018 in Las Vegas」の基調講演にて、最新拡張パッケージ『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』(以下『漆黒のヴィランズ』)が2019年初夏に発売予定であることが発表された。

ティザートレーラーとティザーサイトが公開され、『漆黒のヴィランズ』で新展開を迎えるメインストーリーをはじめ、新たなジョブとプレイヤー種族の追加、数々のバトルコンテンツ、そしてギャザラーとクラフター向けのコンテンツなどを含む、多くの新情報が発表されている。さっそくチェックしていこう!



『ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ』ティザーサイトはこちら

新たな展開を迎えるメインストーリー

パッチ5.0となる『漆黒のヴィランズ』では、世界に混沌をもたらす存在"アシエン"との直接対決の時が迫る。そして「光の戦士」は「闇の戦士」となり、世界の脅威と戦うため、新たな冒険へ旅立つことに。光の戦士は、いかにして闇の戦士になるのか、そしてその理由は何なのか──。答えは、次回のアップデートであるパッチ4.5「英雄への鎮魂歌」に隠されているとのこと。衝撃の展開に乞うご期待!


新しい冒険の舞台となる広大な新エリア

ラケティカ大森林



アム・アレーン

レベルキャップの開放と新たなジョブを複数実装

レベル70から80へとレベルキャップの開放が行なわれ、すべてのバトルジョブ、クラフター、ギャザラーに新しいアクションが追加される。また、複数の新たなジョブの追加が発表されている。どのようなジョブが実装されるのか、続報に期待しよう。

新たなプレイヤー種族が登場

全世界のプレイヤーが待ち望んでいた、新しいプレイヤー種族が追加! 基調講演では、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏がウサギを連想させるヒントを出していたが......?

多数のバトルコンテンツを実装

新たなインスタンスダンジョンが同時に多数追加されるうえ、アライアンスレイドダンジョンや、新たなシリーズとなる高難度レイドダンジョンも実装。

新たな蛮族・蛮神の登場

『漆黒のヴィランズ』では、新たな蛮族、そして新たな蛮神が登場! 基調講演では、新しい蛮族の1種族として、『ファイナルファンタジーXII』でもおなじみの「ン・モゥ族」が発表された。


蛮族「ン・モゥ族」

キーキャラクターとダンジョンに挑戦できる「フェイス」システム

キーキャラクターとともに遊べる新システム「フェイス」が実装。追加されるメインストーリーを進行中に訪れるダンジョンは、キーキャラクターと一緒に挑戦することが可能だ。どんなキャラクターたちと冒険ができるのだろうか?


クラフターとギャザラーの新コンテンツ「イシュガルド復興」

千年にわたる竜詩戦争によって傷ついたイシュガルドを復興するため、クラフターとギャザラーの力でその手助けをする「イシュガルド復興」が実装される。クラフターとギャザラーのエンドコンテンツとして楽しめる大きな遊びであり、パッチ5.xシリーズ全体を通じてアップデートが行なわれていく予定だ。

同一データセンター内の別ワールドへ自由に移動できる、ワールド間テレポ

三大都市国家「ウルダハ」「グリダニア」「リムサ・ロミンサ」のエーテライトから、同一データセンター内の別ワールドへ自由に移動可能な「ワールド間テレポ」が実装される。このシステムにより、従来よりも多くのさまざまなコンテンツやクエストを一緒に遊ぶことができるようになる。
※「ワールド間テレポ」は『漆黒のヴィランズ』発売前に実装となります。


ほかにも、『漆黒のヴィランズ』で以下の内容を予定していることが発表されている。

■バトルシステムのメンテナンスを実施
■冒険を支えるクラフト品を多数追加
■新たなシステム「強くてニューゲーム」を実装
■北米と欧州に論理データセンターを追加し、ワールドのグループを再編成 など

2019年1月上旬予定のパッチ4.5「英雄への鎮魂歌」で、初のリミテッドジョブ「青魔道士」を実装!

『漆黒のヴィランズ』に先駆け行なわれるパッチ4.5「英雄への鎮魂歌」で、これまでのジョブとは異なる初のリミテッドジョブとして「青魔道士」が実装される。装備やロールアクションは遠隔魔法DPSとなっており、レベル1からスタート。実装当初はレベル50までで、レベルキャップは順次開放予定だ。




青魔道士は、ハイデリンに生息するさまざまなモンスターと戦い、その技をラーニングすることでアクションを修得。修得したアクションは、ソロで挑戦する青魔道士専用コンテンツの「マスクカーニバル」で使用でき、その力で勝ち抜いていくことになる。自らを高めるためにハイデリンを駆け巡り、あらゆる技をその身に刻もう!



『紅蓮のリベレーター』最後となるパッチ4.5「英雄への鎮魂歌」は、2019年1月上旬と3月下旬の2回に分けて公開予定。メインクエストや新インスタンスダンジョンに加え、新たな討伐・討滅戦「青龍征魂戦」やリターン・トゥ・イヴァリース第3弾「楽欲の僧院 オーボンヌ」など、盛りだくさんの内容となっている。

2019年2月にフランス・パリで開催される「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2019 in Paris」では、今回発表された内容の詳細や、まだ明かされていない新要素など、『漆黒のヴィランズ』のさらなる追加情報を発表! さらなる盛り上がりを続ける『FFXIV』から目が離せない。

期間の制限なくレベル35まで無料で遊べる、フリートライアル版が配信中!

『FFXIV』に興味を持ったら、まずはPlayStation™Storeからフリートライアル版をダウンロードして遊んでみよう。期間の制限なく無料で、レベル35までのメインストーリー&サブストーリーを体験することができる。

もちろん、キャラクターのデータは製品版へ引き継げる。1人でのプレイはもちろん、4人で挑むパーティコンテンツにも参加可能。進化し続ける『FFXIV』で、世界中のプレイヤーと心ゆくまで冒険を満喫しよう!

フリートライアル版特設ページはこちら

※レベル35までのコンテンツをプレイできます。また、コンテンツ「ディープダンジョン」は地下10階までプレイ可能です。
※所持金の上限やチャット機能など、一部機能の利用に制限があります。フリーカンパニーに加入することはできません。
※キャラクターデータは製品版に引き継ぎ、プレイすることができます。



また、『漆黒のヴィランズ』実装前にこれから始める人に向けてオススメなのが、『新生エオルゼア』から『紅蓮のリベレーター』までのすべてのパッケージがセットになった、お得な『コンプリートパック』。それに加えてダウンロード版限定で、過去の『コレクターズエディション』の特典インゲームアイテムがすべて付属する『コンプリートパック コレクターズエディション』も販売されている。



▼PS4『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』『ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック』のPS Storeでの購入はこちらから



なお『FFXIV』では、先に遊んでいる友達と同じ場所に行きたい、今一番盛り上がっている最新のコンテンツをすぐ楽しみたいという人向けに、そういった状況を解消するためのオプションアイテム「冒険録」が用意されている。興味があれば、チェックしておくとよいだろう。

冒険録の使い方はこちら


----------------------------------------

PS.Blogの『ファイナルファンタジーXIV』記事はこちら

----------------------------------------


『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター』プロモーションサイトはこちら

『ファイナルファンタジーXIV』公式プロモーションサイトはこちら

『ファイナルファンタジーXIV』公式Twitterはこちら

© 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
LOGO ILLUSTRATION: © 2018 YOSHITAKA AMANO

記事を探す
トップに戻るボタン