PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』公式世界大会で日本チームが好成績!

by PS.Blogスタッフ 2018/12/12


12月7日(金)から9日(日)(現地時間)にかけて、『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』の公式世界大会「Call of Duty World League 2019」(以下「CWL2019」)のシーズン開幕戦「CWL2019 Las Vegas Open」(以下「CWL Las Vegas」)がアメリカ・ラスベガスで開催されました。

本大会は、通年で戦う世界のプロリーグ「CWL2019 Pro League」への参加資格が上位4チームに与えられるとあって、今後のシーズンを占う上でも重要な一戦となります。

世界中から250以上のチームがエントリーした本大会には、2018年を通して日本で開催した「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」の優勝チームであるLibalent Vertex(リバレント ヴァーテックス)と、CWLのオンライン予選であるJapan National Qualifierで勝利したRush Gaming(ラッシュ ゲーミング)の2チームが日本から参戦しました。

「コール オブ デューティ ワールドウォーII プロ対抗戦」公式サイトはこちら


試合会場となったのはラスベガスのHard Rock Hotel。


日本チームが参戦したのは、ダブルイリミネーション方式で行なわれるオープントーナメント戦。試合はBO3形式、2ゲームを先取したチームが勝ち上がりとなります。

日本代表の2チームの戦いは如何に!?

「東京ゲームショウ2018」で開催された「CoD:WWIIプロ対抗戦」グランドファイナルから大幅にメンバーを入れ替えて本大会に臨んだLibalent Vertex。リーダーのsitimentyoo(シチメンチョウ)選手、Inaba UR(イナバユーアール)選手に加え、グランドファイナルで優勝を競ったDetonatioN GamingからAliceWonderland(アリス)選手、GenGar AX(ゲンガー)選手、xAxSy(アクシー)選手が移籍し、世界を目指します。

Open WinnersをRound 1、Round 2とストレートで勝ち進むも、Round 3でプロポイントランキング9位の「ExcelerateGG」に敗北を喫し、Open Losersから再スタート。そこからは破竹の勢いでOpen Losers Round 6まで駒を進め、同ランキング10位の「WaR」に惜しくも敗退。これからの可能性を感じさせる活躍を見せました。


Libalent Vertexの新リーダー、sitimentyoo選手(写真手前)。


リーダー sitimentyooo選手
「250以上のチームがしのぎを削るCWL Las Vegasでは、会場の雰囲気にのまれそうになりましたが、初戦を勝利できたことでいつも通りのプレイができたと思います。Open LosersのRound 6で敗れてしまい、世界との壁を感じましたが、個人としてもチームとしても、決して越えられない壁ではないと考えています」

チームマネージャー EVA氏
「CWL Las Vegasでは、Best 4に入って「CWL2019 Pro League」の参加資格を得ることを目標にしていました。結果は、49位タイでしたが、プロポイントランキング1桁台のチームと戦い、そして負けたことはチームにいい影響を与えてくれたと思います。これから選手5人、アナリスト、マネージャー、チーム一丸となって頑張りますので応援のほどよろしくお願いします」



「CoD:WWIIプロ対抗戦」の最終戦を戦ったメンバーに、GP(グッピー)選手の元チームメイトHunt(ハント)選手を加えてCWLに挑む新生Rush Gamingは、Open WinnersのRound 1で「ReacT Gaming」に敗れ、Open Losersで三連勝。Round 4で「Terror Rising」との対決に挑みますが、あと一歩及ばず、ここで敗退となりました。


Rush Gamingのエース、WinRed(ウィンレッド)選手(写真奥)。


GreedZz(グリード)選手
「2回目となるCWLへの挑戦は、確実に今までとは違う感触がありました。前回よりも、より具体的に自分たちの課題を理解でき、抜本的に見直した練習内容の成果も感じる事ができました。また同時に、世界との違いを改めて再確認した大会でもありました。かつてのオーストラリアやイギリスのように、日本もこれから世界に追いつけるよう、今後もRush Gamingは挑戦を続けていこうと思います」

チームオーナー 西谷氏
「シーズンの開幕戦で、本当に良い経験が選手、チームともにできたのではと思います。世界のプロ選手たちのプレイや存在感、そしてライバルとなる強豪チームのやりとりなどを間近で見たり感じたりできたのは、大きな収穫だったと思います。また、今回を機にあらためて自分の選手人生を考える人もいると思います。eスポーツが、人生を考えるキッカケになるというのは、非常に素晴らしく、オーナーとして引き続き全力でサポートをしていきます」


日本の代表チームLibalent Vertex、Rush Gamingの選手たち。



CWL2019シーズンのスケジュールが先日発表されており、今後の日本チームの躍進にますます期待が膨らみます。




▼PS4『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

コール オブ デューティ ブラックオプス 4

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:ファーストパーソンシューティング
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 7,900円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 8,532円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス 販売価格 12,900円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックス改 販売価格 16,900円(税込)
・CERO:Z(18才以上のみ対象)

※ダウンロード版ご購入の際のご注意
このコンテンツをPS Storeでご購入いただくには、クレジットカードによる決済が必要です。

------------------------------------------

PS.Blogの『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』記事はこちら

------------------------------------------


『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』公式サイトはこちら

『コール オブ デューティ ブラックオプス 4』プレイヤーズインフォメーションはこちら

「コール オブ デューティ」SIE公式Twitterはこちら



© 2018 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, CALL OF DUTY BLACK OPS, and the shield logo are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are property of their respective owners.

記事を探す
トップに戻るボタン