PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

『クロックタワー』の魂を受け継ぐホラーADV『NightCry』──不死の殺戮者から逃げることはできるのか

by PS.Blogスタッフ 2019/02/01

豪華客船で起こる殺害事件......それは惨劇の序章にすぎなかった!

良質なインディーゲームを世に送り出すPLAYISM(プレーイズム)が贈る、豪華客船が舞台のホラーアドベンチャーゲーム『NightCry(ナイトクライ)』。

PlayStation®Vitaで好評配信中の本作は、「クロックタワー」シリーズの生みの親である河野一二三氏と「呪怨」監督の清水崇氏がコンビを組んで制作にあたった話題作。



<ストーリー>

豪華客船での華やかな船旅の中、突如として起こる殺害事件。犯人は誰か......船客の間に猜疑心が生まれ、事件のさなかに巻き込まれていく主人公たち。
やがて、姿を現す不死身の殺戮者「シザーウォーカー」......。洋上の客船という閉鎖空間の中、惨殺死体は際限なく増えていく。
この殺戮者から逃れられるかどうかは、すべてプレイヤー自身の選択にかかっている!



ゲームの雰囲気や世界観が気になるという人は、まずはこちらのムービーをチェックしてみよう。



PCからPS Vitaへの移植にあたり、ゲームの基本操作をスティック移動&ポイント選択に一新。より快適に遊べるよう、改良がなされている。



シザーウォーカー

巨大なハサミのようなものを手にし、プレイヤーを執拗に追い詰める不死身の怪物。彼はただ通路を歩いてくるだけの存在ではなく、「あらゆる手段」を用いてプレイヤーへと迫ってくる。


「探索モード」と「逃走モード」を駆使して迫る恐怖を回避せよ!

物語の中心人物となるのは、年齢も立場も異なる3人の主人公たち。逃げ場のない船上で彼らができることは、迫るシザーウォーカーの追跡をなんとか振り切ること......。

ここでは、船上という閉鎖空間を探索する、2つのモードを紹介していこう。



通常探索モード

シザーウォーカーが現れる恐怖におびえつつ、客船で起こる不思議な事件や人物を捜査。さまざまな謎を解きながらゲームを進行させていく。




逃走モード

神出鬼没のシザーウォーカーが現れると、ゲームは自動で逃走モードへ切り替わる。シザーウォーカーから逃れられるポイントを探りつつ、船内を逃走するこのモード。

後ろを振り向くことで追ってくるシザーウォーカーとの距離を測ることができるが、走りすぎるとキャラクターが息切れして思うように動かなくなるため、注意が必要。



迫るシザーウォーカーに追いつかれてしまうと、待つのはもちろん......。

プレイヤーの行動でストーリーもエンディングも変化!

本作はマルチエンディング制を採用しており、ゲーム中さまざまな分岐がプレイヤーの行動いかんで発生する。選択によってストーリーも変化していくが、分岐時は自動でセーブされる仕様となっている。そのため、分岐地点からの再開も容易である。


船内で誰を助けるのか、何を発見するのか......さまざまな行動が、主人公たちの運命を左右する。



3人の主人公を通して体験する、身の毛もよだつ恐怖体験! ホラーアドベンチャー好きにオススメの『NightCry』。主人公たちがたどる結末は、ハッピーエンド? それともバッドエンド......?


------------------------------------------

NightCry(ナイトクライ)

・発売元:PLAYISM
・フォーマット:PlayStation Vita
・ジャンル:3Dホラーアドベンチャー
・発売日:好評発売中
・価格:ダウンロード版 販売価格 2,480円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:D(17才以上対象)

※ダウンロード専用

------------------------------------------


『NightCry』公式サイトはこちら



©BCH/LPEI. Licensed to and published by Active Gaming Media Inc.
※画面はすべて開発中のものです。

記事を探す
トップに戻るボタン