PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

危険で過酷な世界で試される、生き残るための知恵と戦略! 『Days Gone』メディア体験会レビュー

by PS.Blogスタッフ 2019/03/06

最新ビルドで体験した序盤のストーリーと自由な探索をレビュー!

4月26日(金)発売予定のPlayStation®4用ソフトウェア『Days Gone』(デイズ・ゴーン)。本作は、世界規模で発生したパンデミックにより人間社会が崩壊してから2年あまりが経過した世界が舞台。狂気と化した感染者「フリーカー」たちが蔓延する世界で、人間として生き残ろうとする生存者たちの苦悩や葛藤、争いを描く、オープンワールドサバイバルアクションゲームだ。

2月28日(木)、メディア向けの先行体験会が開催された。日本語版の最新ビルドが用意され、オープニングから序盤のストーリーを約1時間、続いては少し進めたセーブデータを使って自由探索を約2時間。合計3時間もの試遊時間が与えられ、じっくりと体験することができたので、そのプレイインプレッションをお伝えしていこう。




パンデミックの発生から2年後、賞金稼ぎとしてのサバイバルが始まる!

オープニングシーンは、パンデミックによる混乱の真っただ中。ディーコンは負傷した妻のサラと親友のブーザーを連れて救助ヘリを目指していたが、すでに定員いっぱいに近づいており3人とも乗ることはできない。ディーコンは苦渋の決断の末にサラと別れ、ブーザーとともに「フリーカー」が蔓延る街に残ることに......。

なんとも悲痛なシーンから場面転換すると、そこは2年後の世界。社会が崩壊し、人口が激減したことで環境は荒れ果て、生き残った人間も守るべき秩序を失っているようだ。ディーコンはブーザーとともにパンデミックの混乱から生き延びたが、すっかり印象が変わった顔つきからは幾多の修羅場をくぐり抜けてきたことがうかがえる。



ここからは、仲間を殺した男の追跡へ。逃げる相手も追うディーコンたちもバイクに乗っており、疾走感とエンジン音が心地いい。しかし、道路から山道への入ったところで、そんな余裕はなくなってしまう。荒廃したとはいえ舗装された道路なら見通しがよくコーナーの準備をしやすいが、急カーブと激しい高低差が続く山道の運転はかなり難しい。今は追う側だが、追われる側になったときを考えると、この世界でバイクの運転に慣れることは急務だろう。



その後、山中で男を追い詰める際には基本の移動アクションや周囲の手掛かりをハイライトで表示する機能を学び、バイクの修理パーツを探しに「フリーカー」が巣食うエリアに乗り込んだ際は戦い方やクラフトを学ぶといったように、チュートリアルを兼ねたミッションを攻略していった。

ちなみに、難易度「NORMAL」で開始した序盤のプレイで、ディーコンは1回力尽きている。アクションの基本を学ぶシチュエーションでありながら、油断や強引な進め方が死に直結する、歯応えのある緊張感がたっぷり。冒頭1時間で、この世界がいかに危険であり、生き延びるためには慎重でクレバーな行動が必要だということを叩き込まれた気分だ。

スキルの習得や武器のアップグレードでディーコンの強化を実感!

序盤のストーリーに続いては、ゲームを少し進めたセーブデータを使った試遊を体験。行動の選択肢が大きく広がったシチュエーションであり、マップを開けば目的や行き先を自分自身で決められるようになっている。



また、スキルポイントや資金が貯まっており、ディーコンの強化を試すこともできた。まずはスキルの習得から。「格闘」「射撃」「サバイバル」というカテゴリで分かれ、さまざまな効果のスキルが並んでいる。この中で真っ先に選んだのは、「射撃」カテゴリの「フォーカスショット」。発動すると少しのあいだ、周囲の時間の流れがスローモーションになるスキルだ。さっそく試してみると、その効果は抜群。襲われても落ち着いて照準を定めることができるので、ヘッドショットも決めやすく、結果として銃弾の節約にもなる。連続発動はできないが、クールタイムを短縮するスキルもある。プレイスタイルに合わせてスキルの強化方針を決めることも、戦略のひとつになりそうだ。



キャンプでは新たな武器も購入。行動の一つひとつでディーコンの強化を実感できるので、メインミッションを進めるだけでなく、サイドミッションにも挑戦して報酬を手に入れ、ディーコンの育成に集中するプレイスタイルも楽しそう!


あの手この手で敵を殲滅! 工夫が奏功したときの気持ち良さ!

自由に探索できる試遊では時間をたっぷり使い、「フリーカー」の巣の掃討や野盗キャンプの壊滅など、さまざまな戦闘を試してみた。その中で感じたのは、倒し方の選択肢はいくつもあり、工夫や戦略に智恵を使う楽しさだ。

当初は限りある物資をできるだけ節約しようと、背後からナイフで仕留めるステルスキルや、頻繁に拾うことができる近接格闘武器に頼った戦い方に終始していた。敵の数が少なければ正解だとは思うが、複数の敵が相手ではピンチに陥ることが多かった。



そこで途中からクラフトを活用してみると、戦闘の幅が一気に広がった。バットにスクラップを合わせた釘バットはダメージが大きく上がるし、燃料と空き瓶で作る火炎瓶は複数の敵にも有効だ。ほかにも、簡易グレネードを作ってみたり、木の枝をクロスボウの矢にしてみたり、クラフトそのものが楽しくなってくる。これらの材料は、少し探索すればすぐに手に入り、節約していたときは新たに所持できないくらい持ち歩いていたのだから、我ながらもったいない。

強力な銃火器で一掃するだけでなく、材料を拾い集めてクラフトしたり、燃料タンクを爆発させて吹き飛ばしたり、さまざまな方法で敵を倒せるという戦略の幅広さがとにかく楽しい。



ゲームが進むにつれて、今回の試遊とは比べ物にならないほど危険なシチュエーションに直面するだろうが、同時に利用できるアイテムや手段も増えているはず。工夫しだいで敵の大群を殲滅できるのは、このサバイバルアクションの大きな魅力と言えるだろう。

膨大なゲームボリュームからサバイバルのコツまで、ローカライズスタッフに直撃!

体験プレイ終了後は、質疑応答の時間が設けられた。ローカライズプロデューサーの浦野圭と、ローカライズスペシャリストである立山斉の両名に、体験中に感じた疑問を尋ねることができたので紹介しよう。


SIE ワールドワイドスタジオ JAPAN Studio
ローカライズプロデューサー 浦野圭(写真左)
ローカライズスペシャリスト 立山斉(写真右)



──ローカライズにあたってのこだわりをお聞かせください。


開発のこだわりのひとつとして、パンデミックによって社会が崩壊してしまった後、生き残った人間たちの生き様であったり、在り方であったり、リアルに追求した作品です。また、生き残るための方法は正解がひとつではなく、あらゆる可能性があり、さまざまな人物やコミュニティが登場します。ローカライズにあたっては、それぞれの特徴を活かすために、キャンプや生存者の特徴を捉える際にいろいろと考えさせられました。(立山)


──ローカライズを担当したお二人の好きなミッションやシーンがあれば教えてください。


やはり、「フリーカー」の大群と戦うところです。私も初めて体験したときは、場合によっては今も、すぐに死んでしまいます。でも、装備を整えたり、新しい罠を設置したりと、もう一度挑戦したくなるところが良いと思います。

また、バイクに乗っていろいろと探検できるのは、ほかのオープンワールドゲームにはあまり見られない、新しい部分だと思います。森の中など、道路ではないオフロードでの操作は慣れが必要ですが、自分の上達具合やカスタマイズした効果を実感できるところが楽しいです。(浦野)



好きなシーンが多すぎて、答えるのは難しいのですが......。まずゲームプレイ面では、リッパーたちと戦うシーンが好きです。この世界にはいろいろな在り方の生存者がいますが、その中でもとくにこだわったのがリッパーたちです。ディーコンを襲うときに「安らかに眠れ!」とか「魂の解放!」とか、よくわからないことを叫んでいるのは、個人的にかわいいと思ってしまいますね。

ストーリーでは、ディーコンとブーザーの関係性が気に入っています。負傷したブーザーのために、必死になって物資を探し、命がけで戦うディーコンの姿はとても好きです。(立山)


──海外版から変更や調整したところはありますか?


現在、日本国内の販売においてはCERO「Z」(18才以上のみ対象)を想定しています。ゲームプレイ中の表現は、基本的には海外版と同じですが、CEROの規定に準拠しております。(浦野)


──本作は、ストーリーラインがとてもしっかり作られている印象を受けました。そのうえで、メインミッションを追うだけでクリアできるのか、サイドミッションもプレイしないとクリアできないのか、どのようなゲームバランスになっているでしょうか。


サイドミッションの具体的なボリュームはお答えできませんが、基本的にはメインミッションをプレイすることでエンディングに到達できます。ただ、非常に多くのサイドミッションが用意してあり、アイテムを収集する要素もあります。それらを探してマップの隅々まで探検することで、合計100時間以上のボリュームになるので、ディーコンになりきって壮大な冒険を楽しめると思います。(浦野)


サイドミッションをプレイすることで、ディーコンの成長が深まるのはもちろん、より多くの人々との関係性を構築できます。ディーコンは賞金稼ぎなので、賞金首を追うミッションや生存者を救出するミッションに挑戦する中で、より多くの人物と関わっていく楽しさを味わえます。(立山)


──メインミッションだけを進めた際のプレイ時間はどのくらいになるでしょうか。また、マップの広さについてもお聞かせください。


メインミッションだけなら30時間以上、サイドミッションを含めると100時間以上となります。マップの具体的な広さはお答えできませんが、開発したBend Studioが拠点としているアメリカ・オレゴン州が舞台です。私たちも実際に訪れたことがありますが、山や川の様子、いきなり雨や雪が降り出す天候も再現し、ゲーム内のマップに集約されています。(浦野)



──本作のターゲット層を教えてください。コアゲーマー向けなのか、ライトなユーザーでも楽しめるのか、どちらを想定しているでしょうか。


PS4ユーザー全員に遊んでほしいですし遊んでいただける内容になっていると思いますが、個人的な意見を言うと、どちらかというとコアゲーマー向けにはなっていると思います。今日、みなさんのプレイでも、死んでしまうシーンを何度か見かけました。ただ、今回のプレイは、物語途中のセーブデータで体験してもらったので、オープニングから続けて操作に慣れていれば、上達具合はまた違っていたと思います。イージーモードでスムーズなプレイを楽しむこともできますが、ノーマルモードでも十分に対応できるようになると思います。(浦野)


──パンデミックによって大量の感染者が発生していますが、どのような感染経路で「フリーカー」になるのでしょうか。


主に噛まれるなどして、「フリーカー」の体液を取り込んでしまうと感染します。ただ、ゲームプレイ中は、感染した人間が「フリーカー」に変貌する様はあまり描写していません。(立山)


──時間や天候の変化がおよぼす影響について教えてください。


「フリーカー」は日差しが苦手なので、日中は巣の中に潜んでいることが多いです。夜は活発になって外に出てくるほか、雨や雪、あるいは寒いときには、より凶暴化します。また、雨が降って地面がぬかるんでいると、ディーコンのバイクがスリップしやすくなって、操作が難しくなる影響があります。マップのエリアによって特徴があり、例えば山奥なら雨や雪が降りやすいという地域になっています。(浦野)


──バイクのガソリンや銃の弾丸はキャンプで補給できますが、手持ちのお金に対して高額な印象を受けました。ガス欠になったバイクを押して移動するしかなくなった場面もあり、対処法をお聞きしたいです。


オープンワールドサバイバルアクションという本作において、そこは大きなポイントです。広大なマップを探索する中で、バイクのガソリンがどれだけ持つかは常に考えなくてはなりません。ゲームを進めるうちに、キャンプでバイクのカスタマイズができるようになり、より大きな燃料タンクに強化することも可能です。

金策については、「フリーカー」の耳がこの世界の通貨になっています。私たちの人生と同じように、お金がないなら仕事をするしかありません。賞金稼ぎであるディーコンは、たくさんの「フリーカー」を狩っていくことになります。(浦野)

早期購入特典は「バイクアップグレードパック」と「ドリフタークロスボウ(早期アンロック)」!

パッケージ版とダウンロード版共通の早期購入特典として、「バイクアップグレードパック」と、より強力な武器「ドリフターズクロスボウ(早期アンロック)」が付属。どちらも持っていればゲームを有利に進めることができるので、ぜひ早期購入で手に入れよう。




【パッケージ版/ダウンロード版共通】早期購入特典

■バイクアップグレードパック
 シュラウド アップグレード1
 燃料タンク アップグレード1
 ニトロブースト アップグレード1
■ドリフタークロスボウ 早期アンロック

※パッケージ版は、初回生産限定の特典となります。パッケージに封入されている特典のチラシより、12桁のプロダクトコードを入力して入手してください。
※ダウンロード版は、2019年5月9日(木)までにPS Storeにて購入いただいた方が対象の特典となります。
※「プロダクトコード」についてはこちらをご確認ください。

さらにダウンロード版にはPS4用テーマ「Days Gone製材所テーマ」も早期購入特典として付属!

PlayStation™Storeにてダウンロード版の通常版、または後述する「デジタルデラックスエディション」を早期に購入すると、PS4用テーマ「Days Gone製材所テーマ」を入手可能!



【ダウンロード版限定】早期購入特典

■PS4用テーマ「Days Gone製材所テーマ」
※2019年5月9日(木)までにPS Storeにて購入いただいた方が対象の特典となります。
※PS4用テーマ「Days Gone製材所テーマ」は、予約購入の決済が完了した時点からご使用いただけます。

ダウンロード版限定! 「デジタルサウンドトラック」や「デジタルミニアートブック」などが手に入る「デジタルデラックスエディション」も登場!

ダウンロード版は通常版に加え、「デジタルデラックスエディション」を販売。ゲーム本編だけでなく、ここでしか手に入らない「デジタルサウンドトラック」や「デジタルミニアートブック」、ゲーム内アイテムも付属する豪華版だ。



「デジタルデラックスエディション」 内容

■『Days Gone』ゲーム本編

■デジタルサウンドトラック

■デジタルミニアートブック

■PS4用プレミアムテーマ

■ドリフターバイクスキン 3種類

■スパナマスター(早期アンロック)
バイク修理のために消費する「スクラップ」の効果が2倍になる、とても便利なスキル。

PS Storeでダウンロード版の予約受付中!

PS Storeでは、ダウンロード版『Days Gone』の通常版および「デジタルデラックスエディション」の予約を受付中! 予約購入後にゲーム本編の事前ダウンロードが可能になるため、発売日4月26日(金)の午前0時よりダウンロードを待つことなくプレイできる。

前述の通り、早期購入特典として「バイクアップグレードパック」と「ドリフターズクロスボウ(早期アンロック)」、PS4用テーマ「Days Gone製材所テーマ」が付属する。この機会に、ぜひ予約しよう!



▼PS4の『Days Gone』のPS Storeでの予約購入はこちらから


------------------------------------------

Days Gone (デイズ・ゴーン)

・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:オープンワールドサバイバルアクション
・発売日:2019年4月26日(金)予定
・価格:パッケージ版 希望小売価格 6,900円+税
    ダウンロード版 通常版 販売価格 7,452円(税込)
    ダウンロード版 デジタルデラックスエディション 販売価格 8,532円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:審査予定

------------------------------------------

PS.Blogの『Days Gone』記事はこちら

------------------------------------------


『Days Gone』公式サイトはこちら

©Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Bend Studio.

記事を探す
トップに戻るボタン