PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

年間王者は誰の手に!? 日本代表ナスリ選手ら新世代が活躍する「FIFA 19 グローバルシリーズ」前半戦まとめ

by PS.Blogスタッフ 2019/03/08

「FIFA 19 グローバルシリーズ」で歩む年間王者への道。今シーズンから大会数が大幅に増え、活躍の場がさらに拡大!

「EA SPORTS FIFA 19 Global Series(FIFA 19 グローバルシリーズ)」は、エレクトロニック・アーツの人気サッカーゲーム『FIFA 19』を使用した、国際サッカー連盟(FIFA)が主催する世界最高峰の大会「FIFA eWorld Cup 2019」への出場権を懸けた年間トーナメントです。

昨シーズンは、60の国から2,000万人以上のプレイヤーが参加しました。サッカーのルールを知っていれば気軽に観戦できるという親しみやすさから、観客数も増加。配信視聴者数やエンゲージメント(ファンとのつながりの強さ)が過去最高を記録し、年々さらなる盛り上がりを見せています。

今シーズンは、2018年10月にパリで開催された「CONTINENTAL CUP 2018 Presented by PlayStation®(CONTINENTAL CUP 2018)」を皮切りに、2019年5月まで実施される予定です。シリーズの成績上位者が、6月に開催予定のプレイオフ大会へ進出。その後、シリーズの最終目的となる「FIFA eWorld Cup 2019」へと至ります。

「FIFA 19 グローバルシリーズ」は、今シーズンから大会数が大幅に増え、世界と戦える舞台が広がりました。「CONTINENTAL CUP 2018」に代表される公式世界大会のほか、6つの主要大会「FUT Champions Cup」、クラブ世界一を決める「FIFA eClub World Cup」、新設の「FIFA eNations Cup」、リーグパートナーイベント、その他PlayStation®で実施されるトーナメントにより、同シリーズは構成されています。

「FIFA 19 グローバルシリーズ」の概要はこちら


「FIFA 19 グローバルシリーズ」の年間スケジュール。毎月ヨーロッパを中心に、世界各地でオフライン大会が開催されています。

新たに導入されたポイントシステムの上位60選手がプレイオフへ進出!

今シーズンより、「EA SPORTS FIFA 19 Global Series ポイントシステム」という新たなポイントシステムが導入されました。プラットフォームの部門ごとに、オンライン予選「ウィークエンドリーグ」と各種オフライン大会を通じてポイントを獲得していきます。

5月のシーズン終了時点で、各プラットフォームのポイント獲得数の上位60位に入った選手がプレイオフ大会へ進出。プレイオフ後の各プラットフォームのランキング上位16名の選手が「FIFA eWorld Cup 2019」へと進み、今シーズンの優勝者が決まります。なお、昨シーズンの優勝賞金は25万USドル(約2,800万円)と、年々増額されています。



2月26日(火)時点のPlayStation®4部門のランキングでは、アルゼンチン人プレイヤーのニコラス選手がポイントトップ。昨シーズン準優勝のステファノピナ選手が2位で追う展開です。

「FIFA 19 グローバルシリーズ」の最新ランキングはこちら



ここからは日本人選手の活躍を中心に、「FIFA 19 グローバルシリーズ」の前半戦を振り返っていきましょう。

強心臓の19歳! 日本代表ナスリ選手の持ち味は、ミスを見逃さない冷静沈着なプレイスタイル

「FIFA 19 グローバルシリーズ」のPS4部門において2月12日(火)時点でランキング21位に位置し、プレイオフ大会出場圏内にいるのが19歳の日本人プレイヤー、ナスリ選手です。昨シーズンの「FIFA eWorld Cup 2018」に出場した唯一の日本人であり、今、日本で最も旬なFIFAプレイヤーと言えるでしょう。

世界の強豪を相手に活躍するナスリ選手、実は国際舞台にデビューしてからまだ1年と経っていません。2018年6月に昨シーズンのプレイオフ、オランダ・アムステルダム大会で海外の大会へ初出場すると、破竹の快進撃でいきなりのベスト4入りを果たしました。

ボールポゼッションをベースに細かくパスをつなぐ攻撃スタイルと、どのような状況にも動じない安定したメンタリティが持ち味。ベスト4の結果もさることながら、その冷静沈着なプレイスタイルは、他の選手や関係者をあっと驚かせました。


大舞台でも浮き足立たず、落ち着いてプレイできるところがナスリ選手の強みです。

グローバルシリーズ初戦「CONTINENTAL CUP 2018」で、ナスリ選手が世界ベスト8に!

2018年10月、今シーズン最初の世界大会「CONTINENTAL CUP 2018」が、フランス・パリの「Paris Games Week」PlayStation®ブースで開催されました。世界32以上の国と地域から選抜された各国代表が出場し、日本からは代表選考会を無敗で優勝したナスリ選手が参戦しました。

ナスリ選手は予選グループで、「FIFA eWorld Cup 2018」を制したサウジアラビアのMSドッサリ選手と同組に。現役世界王者との対決を4対0の圧勝で飾り、歴史的金星を挙げたのです。その後、決勝トーナメント準々決勝でアメリカのジョクサン選手に惜しくも敗れましたが、世界ベスト8の好成績を残し、大舞台で実力を発揮する強心臓ぶりを見せてくれました。


準々決勝終了後、健闘を称え合う両選手。ホーム&アウェイ形式の2試合で、合計スコア5対4という激戦の末にナスリ選手を下したジョクサン選手は、最終的に大会優勝という栄冠に輝いています。


PS.Blogでは、ナスリ選手が躍進した「CONTINENTAL CUP 2018」の日本代表選考会および本大会のレポート記事を公開しています。日本代表の座を勝ち取り、世界の強豪と渡り合った大会の模様を、試合内容の詳細とともに紹介しているので、ぜひご覧ください。

日本代表つぁくと選手もプレイオフ出場圏内で活躍中!

今シーズンはナスリ選手に続く日本人選手も活躍しており、つぁくと選手はそのひとり。アメリカ・ニューヨークに本拠を構えるスポーツマーケティング企業Blue United社が新設したeフットボールクラブ、Blue United eFCに所属しています。

「FIFA 19 グローバルシリーズ」の主要大会である「FUT Champions Cup」において、2018年11月のルーマニア・ブカレスト大会、続く12月のイギリス・ロンドン大会へ、日本代表として連続出場しました。ロンドン大会では強豪ぞろいの予選グループラウンドを見事に突破。3月に行なわれるシンガポール大会への出場を再び決定するなど、大いに活躍しています。


つぁくと選手は2月12日(火)時点、PS4部門のランキング48位でプレイオフ出場圏内。ロンドン大会では「世界と五分五分で戦えるところまできた」と力強く語っていました。

16歳のドイツ人選手がFUT大会最年少優勝を飾るなど、10代の新星が続々と名乗りを上げる!

「FIFA 19 グローバルシリーズ」の最近の傾向として、若い10代の選手の活躍が目立ってきています。「FUT Champions Cup」では、17歳のテックズ選手が2018年11月のブカレスト大会を制し、まだ19歳の現役王者MSドッサリ選手が翌12月のロンドン大会で再び栄冠に輝きました。そしてドイツ人の新星、16歳のダレンマイク選手は、1月のブカレスト大会で「FUT Champions Cup」の最年少優勝を果たしています。

今シーズンのPS4部門ランキング上位には、2月12日(火)時点でさらなる若手が名を連ねています。ブラジルからは、10位のフラヴィオ選手と13位のトーレ選手。また、デンマーク国内でランキング1位のジョルス選手が15位につけており、彼らはまだ10代半ばの選手です。

今シーズンの選手たちを見ていると、若い世代に活躍の中心が移りつつある過渡期だと感じられます。彼らが「FIFA」のプレイを始めたのは、ほんの2~3年前というケースが多いと聞きます。今、まさに『FIFA 19』から始めようとする日本の才能あるティーンエージャーにも、近い将来、世界で活躍するチャンスが十分にあると言えるでしょう。


緻密で創造的なプレイスタイルで人気のニコラス選手は、19歳のアルゼンチン人プレイヤー。1月にロンドンで行なわれた公式世界大会で優勝を飾っています。

クラブ世界一を決める「FIFA eClub World Cup 2019」は、ニコラス&テックズの最強10代コンビKiNG eSportsが初優勝!

2月9日(土)から10日(日)にかけて、『FIFA 19』のeスポーツチーム世界一を決める国際大会「FIFA eClub World Cup 2019」がロンドンで開催されました。同大会は、個人戦となる他の大会とは違い、FIFAの「eフットボールマネジメントシステム」に登録された正式チームによる国際大会です。

2月26日(火)時点でPS4部門ランキングトップのニコラス選手を擁するeスポーツチームKiNG eSportsが、決勝戦でフランスリーグ1部ディジョンのeスポーツチームを2対0で下し、期待通り初優勝を飾りました。この試合は、プレミアリーグの放送でおなじみSky Sportsが自社の番組枠で世界生放送を行ない、リアルのフットボールファンにもeフットボールの試合を届ける新たな試みとなりました。


「FIFA eClub World Cup 2019」の決勝戦に出場した4選手。左からディジョンのムーズラン選手とヘロージア選手、KiNG eSportsのテックズ選手とニコラス選手。



日本からは、ナスリ選手が所属するeスポーツチームのPrime NINJAが出場しました。前年王者であるデンマーク1部リーグのブレンビーIFや、マンチェスターシティ、ウォルバーハンプトンといった実際の有名サッカークラブに設立されたeスポーツチームと対戦。まるで、本物のサッカー国際大会と同じような構図で競うなか、Prime NINJAは最終戦まで決勝トーナメント進出の可能性を残していたものの、惜しくも敗退しています。


Prime NINJAは、ナスリ選手とコロンビア人のヤノス選手とのペアによる多国籍チーム。ヤノス選手は、2017年世界トップ4の実績を持つプレイヤーです。

グローバルシリーズはいよいよ終盤戦へ。得意のポゼッションスタイルに磨きをかける日本代表ナスリ選手に期待!

ナスリ選手は「FIFA 19 グローバルシリーズ」に参戦するため、約1ヶ月もの間ヨーロッパに滞在することもありました。慣れない環境の中で世界と対峙する日本の若者の姿は、実際のアスリートとなんら変わらないストイックさと挑戦に満ちています。

戦い方への迷いから調子を落とす時期もありましたが、ロンドン大会で語った言葉からは、日本で得意としてきたポゼッションスタイルをやりきろうと心に決め、自信を取り戻した様子がうかがえます。


「この日本式のスタイルで、イメージを掴むことができました。これからの大会でも、パスをまわしていきたいです。負けることは悔しいですが、次に希望が見えました」(ナスリ選手)


2月のアトランタ大会に続き、3月のロンドン大会への出場も決めているナスリ選手。ポイントを着実に積み重ねており、プレイオフ進出はほぼ確実です。2年連続の「FIFA eWorld Cup」出場と、その先の結果を目指します。



「FIFA 19 グローバルシリーズ」も、いよいよ終盤戦へと突入。ランキングトップのニコラス選手に追いつくプレイヤーは現れるでしょうか。そして、ナスリ選手はどこまでポイントを伸ばすことができるでしょうか。6月のプレイオフ進出を目指して、ほかの日本人選手にもチャンスは残っています。「FIFA 19 グローバルシリーズ」から、ますます目が離せません!



▼PS4『FIFA 19』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

FIFA 19

・発売元:エレクトロニック・アーツ
・フォーマット:PlayStation 4 (*)
・ジャンル:スポーツゲーム
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 Standard Edition 希望小売価格 7,800円+税
    パッケージ版 Champions Edition希望小売価格 9,800円+税
    ダウンロード版 Standard Edition 販売価格 8,424円(税込)
    ダウンロード版 Champions Edition 販売価格 10,584円(税込)
    ダウンロード版 Ultimate Edition 販売価格 12,744円(税込)
・プレイ人数:1~4人(オンライン時:2~22人)
・CERO:A(全年齢対象)

*PlayStation®3版の『FIFA 19』はPS4版と異なる部分があります。ご了承ください。

------------------------------------------

PS.Blogの『FIFA 19』記事はこちら

------------------------------------------


『FIFA 19』公式サイトはこちら



© 2018 Electronic Arts Inc. EA, EA SPORTS and the EA SPORTS logo are trademarks of Electronic Arts Inc. Official FIFA licensed product. © FIFA and FIFA's Official Licensed Product Logo are copyrights and/or trademarks of FIFA. All rights reserved. Manufactured under license by Electronic Arts Inc.

記事を探す
トップに戻るボタン