PlayStation®.Blog
PlayStation®.Blog

【PS VR】武田真治の筋肉がBeatする!? 新感覚リズムゲーム『Beat Saber』体験映像&インタビュー公開!

by PS.Blogスタッフ 2019/03/12

PlayStation®4用ソフトウェア(PlayStation®VR必須)『Beat Saber』が3月7日(木)ついに発売! VR空間の中でライトセイバーのように光る剣を振る、シンプルなルールと操作方法で誰でも直感的にプレイできるリズムアクションです。また『Beat Saber』には、左右へのステップやしゃがむ動作など、エクササイズやトレーニングにも通じる要素がふんだんに盛り込まれています。

今回は、見事な肉体美を誇る俳優の武田真治さんが、この体感型リズムアクションを体験! 特別映像とともに武田真治さんのインタビューをお届けします。


VR空間で光る剣を振るリズムアクション『Beat Saber』

『Beat Saber』は、両手に持ったPlayStation®Move モーションコントローラーを剣のように操作し、前方から迫ってくるノーツ(キューブ型のリズムアイコン)を斬り落とすことでリズムを刻んでいく体感型リズムアクションです。

ノーツには色と向きがあり、左右どちらの剣でどの方向に斬るかが決まっています。同時にノーツが迫ってきた場合は両手で斬り落とし、それぞれの向きが異なっている場合には左右交互に斬ったり、腕をクロスさせて斬るような動作も必要。剣を強く振らないと壊せないノーツや、触れると爆発してしまうノーツなども出現します。

さらに前方から大きな壁が迫ってくることもあり、体を横に移動したり、しゃがんで避けたりする場面も登場。激しく斬るアクションや左右に避けるステップ、そしてスクワットのようにしゃがむ動作を次々に行なうなど、プレイ後にはまるでエクササイズやトレーニングをしたあとのような、心地好い疲労感も感じられます。

躍動する肉体! 俳優・武田真治さんが『Beat Saber』を体験プレイ!

著名人がPS VRに関するさまざまなニュースを紹介するスペシャルサイト「VRラボ」で、武田真治さんがプレイする『Beat Saber』の特別映像を公開しました。




クールな印象と見事な肉体美のギャップが話題を呼んだ武田真治さんが、新感覚リズムアクション『Beat Saber』を体験プレイ! 果たして武田さんの筋肉はBeatしたのか? 『Beat Saber』プレイ後にお聞きしたインタビューをお楽しみください。

PlayStation®VR presents 「VRラボ」はこちら



「運動に夢中になるという感覚をつかんでもらいたい」──『Beat Saber』は 新しいエクササイズ!?


――ハードな撮影が続きましたが、今日の撮影はいかがでしたか?


楽しかったです。PS VRのヘッドセットを装着して撮影したり実際にゲームをプレイしたり、まるで未来に飛んだような感覚が味わえました。撮影は撮っては止めてのくり返しですが、もし『Beat Saber』に没頭してプレイし続けたら相当な運動量だと思います。



――普段はゲームをプレイされますか?


普段はほとんどプレイしませんね。VRというものを体験したのも今日が初めてです。


――PS VRを体験した感覚はいかがでしたか?


僕は普段バイクに乗るんですが、ヘルメットをかぶるのと同じかそれ以上に、PS VRヘッドセットを装着すると日常生活にはない緊張感が高まっていくのが感じられました。そこからゲーム体験はスタートしているんだなと。ゲーム分野では全く無知な僕は、VRというもの自体まだまだ発展途上なものなのかと思っていたんですが、こんなにも完成されていて、これほど簡単に僕を未来の別世界へ連れ出してくれるものなんだと驚きました。SF映画で観たことあるような、ゲームの中に迷い込み、戦いを余儀なくされた崖っぷちの主人公のような気持ちになりましたね。


――『Beat Saber』をプレイした感想を教えてください。


極めて簡単なルールながら、まるでノーツや壁が自分の身体に当たるかのように錯覚するので、かなりゲームの世界観に入り込めます。斬るだけでなく避ける動作もあり、身体全体を使ってゲームをするのでエクササイズ効果もあるのではないでしょうか。僕は日頃から筋トレをしていますが、運動がなかなか習慣になりにくいという方はトレーニングに夢中になれない場合が多いと思うんです。しかし、『Beat Saber』はあっという間に夢中になって、そのまま身体を動かすことができるので、新しいエクササイズとして流行する可能性もあるのかなと思っています。


――『Beat Saber』をプレイすることでトレーニングできそうな筋肉の部位はありますか?


左右にステップを踏みますし上下運動もあるので、まず足腰が鍛えられると思います。さらに日常生活の中では大きく腕を振り回すこともあまりありませんから、そういった普段動かすことの少ない肩や腕の筋肉も鍛えられるのではないでしょうか。


――『Beat Saber』はトレーニングにおすすめですか?


僕自身も取り入れたいですし、人にも勧めたいですね! 『Beat Saber』で身体を動かして息があがるような状態を楽しさとして味わってもらい、運動に夢中になる感覚を掴んでほしいです。そしてヘッドセットを外しても運動を続けてほしい。『Beat Saber』は運動を好きになるきっかけになり得ると感じました。



――『Beat Saber』の音楽やグラフィックについてはどのように感じましたか?


音楽は気持ちをとても煽ってくれて「戦うぞ」「やりきるぞ」という気分にさせてくれるかっこいいサウンドでした。人間誰しも「崖っぷちの状況でも自分の腕っぷしだけで人生を切り拓きたい」「破壊の向こう側に自分の新しい人生を見い出したい」というような願望を持っていると思うんです。それが『Beat Saber』では、うまくビジュアル化されていて音楽もかっこよく、ゲームとして高いレベルで表現されているんだと思いました。


――シンプルな操作方法も自然と身体を動かすことにつながりそうですね。


ボタンを押すわけでもなくPS Move モーションコントローラーを振ることで操作できるので、これはすごく優れたエクササイズ用品と言えるのではないでしょうか、ってゲームなのに(笑)。なんだかトレーニング面からの話ばかりしてしまいますが、もちろんゲームとしてとても面白いですよ! セイバーを振るアクションも楽しい。日本の男の子は誰しもチャンバラ魂を持っていると思うので、そんな気持ちも思いっきり味わえると思います。自分が伝説のサムライになったような気持ちになるんです。西洋の剣術は突くことが多いと思いますが、斬るという部分に刀を振り回すサムライ感が出ていると思います。


――最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。


幸運にも僕は皆さんより早く体験することができましたが、控えめに言って......メチャメチャ楽しいです!! 想像していたより100倍、200倍、300倍楽しい。これはもう、みなさんにもぜひ体験していただきたいです。絶対にハマるはず。本当にお勧めですから!


武田 真治 (たけだ しんじ)

1972年生まれ。北海道出身。1990年のデビューから俳優やタレント、サックス奏者など、多方面に渡って活躍。2018年8月と2019年1月にNHKで放送された「みんなで筋肉体操」では、見事に鍛え上げられた筋肉美を披露している。



▼『Beat Saber』のPS Storeでの購入はこちらから


------------------------------------------

Beat Saber (ビートセイバー)

・発売元:Beat Games
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:リズムアクション
・配信日:好評配信中
・価格:ダウンロード版 販売価格 3,200円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

※PlayStation VR専用
※PlayStation Move モーションコントローラー必須(2本必要)
※ダウンロード専用タイトル

------------------------------------------

PS.Blogの『Beat Saber』記事はこちら

------------------------------------------


『Beat Saber』公式サイトはこちら(海外サイト)



©2019 Beat Games. All Rights Reserved.

記事を探す
トップに戻るボタン